null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

誰でも分かる!デイサービスとデイケアの違いをポイント解説

介護のことを色々と調べていると、日中に過ごせる場として「デイサービス」や「デイケア」という単語を目にします。どちらも、介護が必要な方が利用可能なサービスなのですが、両者の違いをご存知でしょうか?「デイサービス」と「デイケア」の特徴や違いを正しく知ることで、よりその方に合った介護を行うことができます。それぞれの特徴を確認してみましょう。

デイサービスとデイケアの共通点

介護のサービスは、大きく「施設サービス」と「居宅サービス」の2つに分けることができます。
施設サービスは、病院に入院している方や、特別養護老人ホームに入所している方などが受けられる介護サービスのこと。居宅サービスとは、普段は自宅で生活している方が、病院や特定の介護サービスを提供している場に出向いて受けられる介護サービスのことです。自宅から通って受ける介護サービスのため、別名「通所サービス」と呼ばれることもあります。

デイサービスとデイケアは「居宅サービス」に分類され、自宅から通う方が受けられる介護サービスとなっています。どちらも要支援、または要介護認定を受けている方を対象にしたサービスです。

デイサービスとは?特徴やサービス内容

デイサービスは、「通所介護」と呼ばれています。介護サービスを提供している施設へ出向き、食事や入浴などのサービスや、レクリエーションや機能訓練などのサービスを受けることができます。

デイサービスでは、介護を受ける方が自宅に引きこもってしまうことを避けること、介護を受ける方の心身機能の維持をはじめ、介護する家族の方の負担軽減なども目的とされています。後期高齢者の介護予防や認知症の進行予防などが主な利用者のニーズとなっています。

そのため、サービス提供時間は朝から夕方頃までと比較的長く、デイサービスの利用者と触れ合える昼食やレクリエーションの時間が設けられていることが特徴です。

デイケアの特徴とは?特徴やサービス内容

デイケアは「通所リハビリテーション」と呼ばれています。病院や介護老人保健施設などで提供されているサービスで、運動機能や日常生活動作の向上などを目的としたリハビリが主な目的となっています。

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などが担当し、専門性の高いリハビリを行っていることが特徴であり、デイサービスとの違いになります。

障害をもったお子さんを対象にしたデイケアもあり、サービスを提供している施設によってデイケアの対象が異なります。そのため、介護を目的としたデイケアサービスを受ける場合には、事前にデイケアの対象者を確認しておくことが必要です。

ショートステイの活用で家族もリフレッシュ

デイサービスとデイケアはいずれも日帰りで受けられる介護サービスですが、「ショートステイ(短期入所)」と呼ばれる宿泊で受けられる介護サービスもあります。介護に疲れてしまってリフレッシュしたい時や、旅行に出かける場合などに利用することが可能です。

ショートステイの注意事項として、ショートステイでは、30日以上連続して宿泊できないことが挙げられます。また、宿泊可能な日数は、要支援度・要介護度によって変わるので、利用時に確認しておくことが必要です。

介護を受ける方に合わせたサービス選び

デイサービスでも機能訓練に力を入れている場合や、デイケアでも生活機能の向上やレクリエーションに力を入れている場合もあります。
介護は1日で終わるわけではないので、「継続して通えるか」「スタッフや施設の雰囲気は合っているか」「介護を受ける方に必要なサービスが受けられるか」などをポイントにサービスを検討することが重要です。実際提供されているサービスは、施設によって異なるので、利用する前には介護を受ける方と一緒に見学してみると良いでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 実際どのくらいの人が介護受給者なのか
    実際どのくらいの人が介護受給者なのか
    メディアやニュースで高齢化や介護について目にしない日は無いというくらい、超高齢化社会を迎えようとしている日本ですが、実際介護を必要としいている人はどのくらいいるのでしょうか。
    記事を見る
  • プロと一緒に片づける。「お部屋とココロの整理収納アドバイス」
    プロと一緒に片づける。「お部屋とココロの整理収納アドバイス」
    平成26年度「高齢者の日常生活に関する意識調査」では「自分や配偶者の健康や病気への不安」が、最も多く67.6%を占めています。 具体的な不安の内容は、「体力の衰え」が62.2%、「認知症」が55.0%と続きます。 体力があるうちに、自分流儀の心地良く暮らせる環境作りをしておくことが、QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)向上に繋がるかもしれません。 今回は、対話重視のお片づけサービスを提供する、トトノエトトノウ代表、「お部屋とココロの整理収納アドバイザー」オオタニナオコさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • これが本当の終活?遺影の写真を写真館で撮る人増えてます
    これが本当の終活?遺影の写真を写真館で撮る人増えてます
    遺影は通常、亡くなったあとに家にあるスナップ写真から家族が選びますが、最近は「終活」ブームと連動して元気なうちに写真館で撮る高齢者が増えているそうです。今回は遺影の写真撮影をしている写真館とその特徴をご紹介します。
    記事を見る
  • 【中国・四国地方】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【中国・四国地方】車椅子で行けるお花見スポット3選
    高齢者の方も足が不自由になると、車椅子に頼ることになり、お花見に行くのは無理なのではと考えている人もいるかもしれません。しかし、最近の公園はバリアフリー化も進み、車椅子でも快適に花見ができるのです。そんな、花見が楽しめる公園を厳選して3つ紹介します。
    記事を見る
  • 【後編】仏教の癒しをいま、音楽に乗せて伝えたい。松島龍戒住職
    【後編】仏教の癒しをいま、音楽に乗せて伝えたい。松島龍戒住職
    最近女性を中心に神社・仏閣巡りがブームになり、雑貨屋でお洒落なご朱印帳を目にする機会も多くなりました。 前回に続き、高野山真言宗南山進流の龍源山功徳院(くどくいん)住職であり、一般社団法人 現代仏教音楽研究会 代表理事の松島龍戒さんにお話を伺いました。 松島住職は、多くの人に仏教の癒しを届けることを目指して、伝統仏教声楽「聲明(声明・しょうみょう)」を現代音楽とコラボレーションさせた「現代仏教音楽」を各所で演奏しています。 2018年1月には監修本『お坊さんが教える 新発見!日本の古寺』(三栄書房)も出版されています。 YouTubeで一部楽曲を聴くことができます。 @link{https://www.youtube.com/channel/UCZNXh4NWoz24jXzWETQHIEg}
    記事を見る