null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

誰でも分かる!デイサービスとデイケアの違いをポイント解説

介護のことを色々と調べていると、日中に過ごせる場として「デイサービス」や「デイケア」という単語を目にします。どちらも、介護が必要な方が利用可能なサービスなのですが、両者の違いをご存知でしょうか?「デイサービス」と「デイケア」の特徴や違いを正しく知ることで、よりその方に合った介護を行うことができます。それぞれの特徴を確認してみましょう。

デイサービスとデイケアの共通点

介護のサービスは、大きく「施設サービス」と「居宅サービス」の2つに分けることができます。
施設サービスは、病院に入院している方や、特別養護老人ホームに入所している方などが受けられる介護サービスのこと。居宅サービスとは、普段は自宅で生活している方が、病院や特定の介護サービスを提供している場に出向いて受けられる介護サービスのことです。自宅から通って受ける介護サービスのため、別名「通所サービス」と呼ばれることもあります。

デイサービスとデイケアは「居宅サービス」に分類され、自宅から通う方が受けられる介護サービスとなっています。どちらも要支援、または要介護認定を受けている方を対象にしたサービスです。

デイサービスとは?特徴やサービス内容

デイサービスは、「通所介護」と呼ばれています。介護サービスを提供している施設へ出向き、食事や入浴などのサービスや、レクリエーションや機能訓練などのサービスを受けることができます。

デイサービスでは、介護を受ける方が自宅に引きこもってしまうことを避けること、介護を受ける方の心身機能の維持をはじめ、介護する家族の方の負担軽減なども目的とされています。後期高齢者の介護予防や認知症の進行予防などが主な利用者のニーズとなっています。

そのため、サービス提供時間は朝から夕方頃までと比較的長く、デイサービスの利用者と触れ合える昼食やレクリエーションの時間が設けられていることが特徴です。

デイケアの特徴とは?特徴やサービス内容

デイケアは「通所リハビリテーション」と呼ばれています。病院や介護老人保健施設などで提供されているサービスで、運動機能や日常生活動作の向上などを目的としたリハビリが主な目的となっています。

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などが担当し、専門性の高いリハビリを行っていることが特徴であり、デイサービスとの違いになります。

障害をもったお子さんを対象にしたデイケアもあり、サービスを提供している施設によってデイケアの対象が異なります。そのため、介護を目的としたデイケアサービスを受ける場合には、事前にデイケアの対象者を確認しておくことが必要です。

ショートステイの活用で家族もリフレッシュ

デイサービスとデイケアはいずれも日帰りで受けられる介護サービスですが、「ショートステイ(短期入所)」と呼ばれる宿泊で受けられる介護サービスもあります。介護に疲れてしまってリフレッシュしたい時や、旅行に出かける場合などに利用することが可能です。

ショートステイの注意事項として、ショートステイでは、30日以上連続して宿泊できないことが挙げられます。また、宿泊可能な日数は、要支援度・要介護度によって変わるので、利用時に確認しておくことが必要です。

介護を受ける方に合わせたサービス選び

デイサービスでも機能訓練に力を入れている場合や、デイケアでも生活機能の向上やレクリエーションに力を入れている場合もあります。
介護は1日で終わるわけではないので、「継続して通えるか」「スタッフや施設の雰囲気は合っているか」「介護を受ける方に必要なサービスが受けられるか」などをポイントにサービスを検討することが重要です。実際提供されているサービスは、施設によって異なるので、利用する前には介護を受ける方と一緒に見学してみると良いでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • ポイント解説!アルツハイマー型認知症の初期症状と特徴
    ポイント解説!アルツハイマー型認知症の初期症状と特徴
    アルツハイマー型認知症は、予備軍である軽度認知症からやがて発症へと至り、進行する病気です。治療で進行の抑制は可能ですが、完治はせず早期の発見が重要になります。しかし初期症状では、本人が物忘れを周囲に気付かれない様カバーする場合が多く、発見し難いのが一般的です。重症化させないためにも初期症状を家族や周囲にいる人が見落とさない様にしましょう。ここではアルツハイマー型認知症の予備軍であるMCIや、初期症状、特徴について紹介します。
    記事を見る
  • どうする?認知症になった場合の財産管理
    どうする?認知症になった場合の財産管理
    高齢になると認知症の発症確率が高まります。その時に問題となるのが財産管理です。管理が難しくなった時にどのように手助けすべきか、家族が考えておく必要があります。リバースモゲージによる生活費の確保、成年後見人、市民後見人による管理など、様々な方法を知ることから始めてみましょう。
    記事を見る
  • 介護予防にも!高齢者のおすすめ外出スポット7選!
    介護予防にも!高齢者のおすすめ外出スポット7選!
    高齢になると、若い頃より活動範囲が狭まってしまうことがあります。しかし最近では、高齢者向けの映画、カラオケ、ゲームセンターなどの娯楽サービスが多様に展開されています。高齢者の外出や娯楽は介護予防にもつながり、好影響をもたらします。今回は、気軽に利用できる外出スポットをご紹介します。
    記事を見る
  • お寺を“第2の我が家”に。宗派も世代も超えて人々をつなぐ「お寺さんの会」
    お寺を“第2の我が家”に。宗派も世代も超えて人々をつなぐ「お寺さんの会」
    ネット通販大手が参入し、一時期、話題になった「僧侶派遣サービス」。 運営母体の多くが企業である中、「寺院」が運営主体となり、宗派の垣根を飛び超え、家庭や地域とつながるユニークな団体があります。 大阪・東京を中心に70以上の寺院が協力し、多岐に渡って”人々をつなぐ“活動を展開する「一般社団法人お寺さんの会」。本日は東京の活動拠点である西栄寺東京別院の榎本住職にお話を伺いました。
    記事を見る
  • サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)について知ろう!
    サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)について知ろう!
    サービス付き高齢者向け住宅、通称サ高住は、バリアフリーになっている賃貸住宅で、各種介護サービスを受けられる住宅のことをいいます。今回はサ高住の特徴や入居条件などをご紹介します。
    記事を見る