null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

終活|親が元気なうちにが主流に!?お墓の購入ってどうする?

国内の少子高齢化が進むにつれて、高齢者の「終活」に注目が集まるようになりました。エンディングノートや遺言状を作成し、遺された家族に負担をかけず、自分らしく最期を迎えたいと考える人が増えてきています。こうした中で、高齢者が生前に墓を整理したり、購入したりする動きが加速しているようです。今回は、少し先ですがお墓の購入について考えてみましょう。

墓じまいで区切りをつける

代々受け継がれてきた墓地があっても、墓参りに行くのに何時間もかかってしまうと、次第に管理が難しくなってくることがあります。こうした状況では、将来的な墓の管理で子供や孫に負担がかかることが予想されるため、高齢者が「墓じまい」をするケースが増えてきています。「墓じまい」にあたっては、さまざまな手続きが必要となるため、高齢者が自分の墓を検討する機会にあわせて改葬先を探すことが多いようです。

負担のかからない墓を購入

墓を持たない高齢者のなかには、子どもたちに負担をかけず、自分好みのデザインで仕上げることができる「生前墓」を購入する人も増えています。「生前墓」を購入するメリットとして、自ら見学会に足を運び、立地や区画のほか、墓石やデザインなどを選ぶことができる点があげられます。都市部から快適にアクセスできる納骨堂で永代供養の室内墓所を購入する人も増えており、墓石を残さない樹木葬を選ぶ人もみられます。

相続の負担軽減の面も

また、最近では相続税・贈与税の税制が改正されたことから、課税対象となる資産をできるだけ減らしておこうという動きもあります。墓の購入費用は相続税の課税対象外となりますし、その他にも、仏像や仏具の購入費用については、課税の対象とならないとされています。こうしたことから、18金の高価な仏像や仏具を購入する動きも出てきています。

家族での話し合いを大切に

墓をどのような形で残していくのかという問題は、子供や孫に代々引き継がれていく課題です。そのため、墓の準備を「終活」に取り組む高齢者だけで進めてしまうと、子供世代との意識にギャップが生じることがあります。あらかじめ元気なうちに、どのような墓を望むのか、意見を交わしておくことが望まれます。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【関西】
    車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【関西】
    紅葉シーズンは早い地域だと9月からはじまり、遅い地域では12月中旬ころまでと言われています。秋の風景を堪能できるこの季節をご家族で楽しんではいかがでしょうか。今回は車椅子でも楽しめる関西の紅葉スポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【中国・四国】
    車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【中国・四国】
    楽しいGWもそろそろ間近。しかし、車椅子だと出かけるのにも一苦労、ということもあります。そこで、車椅子でも出かけられるおすすめスポットを、中国・四国地方でピックアップしてみました。バリアフリー対応で、ご家族みなさんで出かけられる安心のスポットです。
    記事を見る
  • ミスユニバースさいたま指導者直伝!無理なく楽しい「姿勢ストレッチ」
    ミスユニバースさいたま指導者直伝!無理なく楽しい「姿勢ストレッチ」
    高齢になり運動機能が低下すると「転倒」による怪我が、寝たきり状態のキッカケになる危険性があります。 『平成27年版高齢社会白書』では、「骨折・転倒」が要介護になった主な原因の12.2%を占め、特に女性は15.4%で男性の6%を大きく上回っています。 重症化リスクを予防するためには、無理なく運動できる「ストレッチ」がオススメです。 今回は『ミスユニバースさいたま2017』の育成・指導を始め、多くのモデル指導の経験を活かし、独自の高齢者向けストレッチを提案する「魅ボディ研究所」代表の比嘉美佐子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    かつては身近な生活の一部であったお寺や神社。近年の統計ではお墓参り、初詣、法事のみの関わりになっている方が増加傾向にある一方で、若い世代でも座禅や写経、法話に関心を示す人々も増えてきました。信仰や宗派を超えて、人々のこころの平穏のためにお釈迦さまの教えを知ってもらおうと、様々な活動を展開する神社・仏閣も多く見受けられるようになってきました。 今回は、多くの人に仏教の癒しを届けることを目指して、伝統仏教声楽「聲明(しょうみょう)」を現代音楽とコラボレーションさせた「現代仏教音楽」を各所で演奏している、高野山真言宗南山進流の龍源山功徳院(くどくいん)住職であり、一般社団法人 現代仏教音楽研究会 代表理事の松島龍戒さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 実際どのくらいの人が介護受給者なのか
    実際どのくらいの人が介護受給者なのか
    メディアやニュースで高齢化や介護について目にしない日は無いというくらい、超高齢化社会を迎えようとしている日本ですが、実際介護を必要としいている人はどのくらいいるのでしょうか。
    記事を見る