null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

終活|親が元気なうちにが主流に!?お墓の購入ってどうする?

国内の少子高齢化が進むにつれて、高齢者の「終活」に注目が集まるようになりました。エンディングノートや遺言状を作成し、遺された家族に負担をかけず、自分らしく最期を迎えたいと考える人が増えてきています。こうした中で、高齢者が生前に墓を整理したり、購入したりする動きが加速しているようです。今回は、少し先ですがお墓の購入について考えてみましょう。

墓じまいで区切りをつける

代々受け継がれてきた墓地があっても、墓参りに行くのに何時間もかかってしまうと、次第に管理が難しくなってくることがあります。こうした状況では、将来的な墓の管理で子供や孫に負担がかかることが予想されるため、高齢者が「墓じまい」をするケースが増えてきています。「墓じまい」にあたっては、さまざまな手続きが必要となるため、高齢者が自分の墓を検討する機会にあわせて改葬先を探すことが多いようです。

負担のかからない墓を購入

墓を持たない高齢者のなかには、子どもたちに負担をかけず、自分好みのデザインで仕上げることができる「生前墓」を購入する人も増えています。「生前墓」を購入するメリットとして、自ら見学会に足を運び、立地や区画のほか、墓石やデザインなどを選ぶことができる点があげられます。都市部から快適にアクセスできる納骨堂で永代供養の室内墓所を購入する人も増えており、墓石を残さない樹木葬を選ぶ人もみられます。

相続の負担軽減の面も

また、最近では相続税・贈与税の税制が改正されたことから、課税対象となる資産をできるだけ減らしておこうという動きもあります。墓の購入費用は相続税の課税対象外となりますし、その他にも、仏像や仏具の購入費用については、課税の対象とならないとされています。こうしたことから、18金の高価な仏像や仏具を購入する動きも出てきています。

家族での話し合いを大切に

墓をどのような形で残していくのかという問題は、子供や孫に代々引き継がれていく課題です。そのため、墓の準備を「終活」に取り組む高齢者だけで進めてしまうと、子供世代との意識にギャップが生じることがあります。あらかじめ元気なうちに、どのような墓を望むのか、意見を交わしておくことが望まれます。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 【セミナーレポート】哀しみをいやす講演会/主催:日本グリーフ専門士協会
    【セミナーレポート】哀しみをいやす講演会/主催:日本グリーフ専門士協会
    2017年11月23日に国際ファッションセンターで日本グリーフ専門士協会主催の「哀しみをいやす講演会」が開催されました。 グリーフ(悲嘆)に寄り添う専門家5名によるスライドや映像を使った講演会、パネルディスカッションがメインコンテンツとして提供されました。 会場には、グリーフ(悲嘆)ケアを学んでいる方、興味がある方だけでなく、喪失の哀しみを抱えている方もいらっしゃいました。
    記事を見る
  • 自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    平成26年の厚生労働省『人生の最終段階における医療に関する意識調査』では、「自分で判断できない状態になった場合に備えて意思表示の書面を作成しておく」ことに「賛成である」と回答した一般国民は69.7%にのぼります。 一方で「実際に書面を作成している」と回答した方は、わずか3.2%でした。 今回は、生前意思「リビングウィル」の事前表明を推進する日本尊厳死協会理事の丹澤太良さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 知らないと損!意外と負担になる介護用おむつ費用の節約術
    知らないと損!意外と負担になる介護用おむつ費用の節約術
    毎日利用するのに介護保険の対象にはならず、大きな荷物になるため買い物も大変、そんな頭を悩ませる存在の介護用おむつ。きちんと制度やサービスを利用してできるだけ負担を軽減できるようにしたいものです。今回は介護用おむつの意外と知られていない節約術をご紹介します。
    記事を見る
  • 介護予防にも!高齢者のおすすめ外出スポット7選!
    介護予防にも!高齢者のおすすめ外出スポット7選!
    高齢になると、若い頃より活動範囲が狭まってしまうことがあります。しかし最近では、高齢者向けの映画、カラオケ、ゲームセンターなどの娯楽サービスが多様に展開されています。高齢者の外出や娯楽は介護予防にもつながり、好影響をもたらします。今回は、気軽に利用できる外出スポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 料理しづらいと思ったら、調理器具を見直そう
    料理しづらいと思ったら、調理器具を見直そう
    高齢になると調理する際、重い鍋や柄の長い包丁など通常の調理器具を使い辛い、使うのが怖いと感じる可能性があります。高齢者にとって使いやすい調理器具とはどのようなものでしょうか。
    記事を見る