null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

終活|親が元気なうちにが主流に!?お墓の購入ってどうする?

国内の少子高齢化が進むにつれて、高齢者の「終活」に注目が集まるようになりました。エンディングノートや遺言状を作成し、遺された家族に負担をかけず、自分らしく最期を迎えたいと考える人が増えてきています。こうした中で、高齢者が生前に墓を整理したり、購入したりする動きが加速しているようです。今回は、少し先ですがお墓の購入について考えてみましょう。

墓じまいで区切りをつける

代々受け継がれてきた墓地があっても、墓参りに行くのに何時間もかかってしまうと、次第に管理が難しくなってくることがあります。こうした状況では、将来的な墓の管理で子供や孫に負担がかかることが予想されるため、高齢者が「墓じまい」をするケースが増えてきています。「墓じまい」にあたっては、さまざまな手続きが必要となるため、高齢者が自分の墓を検討する機会にあわせて改葬先を探すことが多いようです。

負担のかからない墓を購入

墓を持たない高齢者のなかには、子どもたちに負担をかけず、自分好みのデザインで仕上げることができる「生前墓」を購入する人も増えています。「生前墓」を購入するメリットとして、自ら見学会に足を運び、立地や区画のほか、墓石やデザインなどを選ぶことができる点があげられます。都市部から快適にアクセスできる納骨堂で永代供養の室内墓所を購入する人も増えており、墓石を残さない樹木葬を選ぶ人もみられます。

相続の負担軽減の面も

また、最近では相続税・贈与税の税制が改正されたことから、課税対象となる資産をできるだけ減らしておこうという動きもあります。墓の購入費用は相続税の課税対象外となりますし、その他にも、仏像や仏具の購入費用については、課税の対象とならないとされています。こうしたことから、18金の高価な仏像や仏具を購入する動きも出てきています。

家族での話し合いを大切に

墓をどのような形で残していくのかという問題は、子供や孫に代々引き継がれていく課題です。そのため、墓の準備を「終活」に取り組む高齢者だけで進めてしまうと、子供世代との意識にギャップが生じることがあります。あらかじめ元気なうちに、どのような墓を望むのか、意見を交わしておくことが望まれます。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 知らないと損!意外と負担になる介護用おむつ費用の節約術
    知らないと損!意外と負担になる介護用おむつ費用の節約術
    毎日利用するのに介護保険の対象にはならず、大きな荷物になるため買い物も大変、そんな頭を悩ませる存在の介護用おむつ。きちんと制度やサービスを利用してできるだけ負担を軽減できるようにしたいものです。今回は介護用おむつの意外と知られていない節約術をご紹介します。
    記事を見る
  • サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)について知ろう!
    サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)について知ろう!
    サービス付き高齢者向け住宅、通称サ高住は、バリアフリーになっている賃貸住宅で、各種介護サービスを受けられる住宅のことをいいます。今回はサ高住の特徴や入居条件などをご紹介します。
    記事を見る
  • 車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【関東】
    車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【関東】
    関東の紅葉は早いところでは10月上旬から見ごろを迎え、12月上旬まで楽しめます。山間部の紅葉スポットもいろいろありますが、アクセスしやすい都心部でも楽しめるところがたくさんあります。今回は、車椅子で紅葉を見ることができるおすすめスポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    故人との最後のお別れである「葬儀」が年々多様化しています。生前葬、家族葬、自由葬、直葬など価値観の多様化に伴い「自分らしい最後」も色々な選択肢が出てきています。 今回は、単に簡素化を目的とせず、形式や時間に縛られず故人とゆっくりお別れをする「自宅葬」を提案する、株式会社鎌倉自宅葬儀社の馬場翔一郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    1950年代以降、病院や介護施設等、自宅外で死を迎える割合は増加し続け、厚生労働省が発行した『平成29年 我が国の人口動態』では、2015年の自宅外死亡の割合は87.3%を占めています。 近年、感染・腐敗防止(エンバーミング※1)と、個人の葬送・遺族ケア、2つの目的を持つ、「エンゼル・ケア(※2)」が、遺族ケアの第一歩として注目され始めています。 今回は家族の最後の大切な時間を共に作る死化粧師として活動するキュア・エッセンス代表の宿原(じゅくはら)寿美子さんにお話を伺いました。 宿原さんは、法医学の復元方法を学び、死化粧師の後進育成、専門学校や医療・介護施設でのエンゼル・ケア講座も多数開催しています。 ※1:エンバーミング:薬品などを用いて防腐・保存のための処置を施すこと。特に遺体に対していう(三省堂大辞林) ※2:エンゼル・ケア:死亡した患者に看護師らが、遺族とともに、死者の旅立ちの準備を施すエンゼル・メイクなどの死後処置(『用例でわかるカタカナ新語辞典』出版/株式会社学研教育出版)
    記事を見る