null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

大分県の70歳の男性が自らの介護経験を生かして”認知症予防カルタ”を作成

認知症に対する不安は、高齢者の大きな悩みの一つではないでしょうか?何か予防策はあるのでしょうか?その予防を考えたグッズが、実体験をもとに作成されました。今回は、介護経験を活かして作成された『認知症予防カルタ』についてまとめました。

70歳代の男性が“認知症予防カルタ”を作成

認知症はトレーニングすることで予防できます。最近、大分県の佐伯市に住んでいる70歳代の男性が、何か認知症を予防できる楽しいグッズは作れないものかと考えて、”認知症予防カルタ“を作成しました。カルタを読むことと、カルタを取るために体を動かすことで、心と体の運動になり、認知症の予防になると地元を中心に話題になっています。

自分の母を介護することで、カルタを思いついた

この認知症予防カルタは、大分県の佐伯市に住む70歳代の男性が考案して作成したものです。認知症の母親を在宅介護した経験が生かされています。認知症にかかった母親は、入れ歯が痛いといい入れ歯を外したことをきっかけに短期間で認知症が進行しました。そのことから、食べ物をしっかりとかむことと、定期的に運動を行うことが認知症の予防には重要なことだと気づいたそうです。その結果思いついたのがカルタなのです。

カルタの内容はオリジナルでユニーク

カルタに記載された内容は、作者がオリジナルで考えたもので、その内容はとてもユニークです。”わからない 覚えられない 認知症”など認知症の症状を表現して注意喚起を行うものや、”さあ歩け 認知症予防の第一歩”、”鶴は千年 かめば万年成年だ”、”理屈などいわず せっせと歯を磨く”、”ヒマだから 寝るばかりでは 認知へ進む”など認知症の予防に関する言葉などが記載されていて、楽しく認知症の知識が広められます。

佐伯市中心に配布され広まりつつある“認知症カルタ”

一人でも認知症になる人の数が減らせればという、熱い思いで作られた認知症カルタは、言葉もイラストも作者本人の自筆でつくられたユーモアと暖かみにあふれたカルタです。現在では、佐伯市内の高齢者用デイサービスセンターなどに配布され、佐伯市を中心に広まりつつあり、レクリエーションの一環にも役立っています。このカルタによって、認知症になる人が一人でも減ると良いですね。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 【九州】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【九州】車椅子で行けるお花見スポット3選
    春は、土にも色とりどりの草花が芽吹いて、外に出るのが楽しみな季節です。 そんな春のイベントといえばお花見。お花見は、短い期間しか楽しめないからこそ、その年の思い出作りになります。今回は九州のなかから、車椅子で行っても楽しめるお花見のスポットを3か所ご紹介します。
    記事を見る
  • アプリで「住み慣れた地域とつながる。」新しい“見守りのカタチ”
    アプリで「住み慣れた地域とつながる。」新しい“見守りのカタチ”
    厚生労働省の「平成27年 国民生活基礎調査の概況」によると、高齢者(65歳以上)がいる2,372万世帯のうち、全体の57.8%を「単独、または夫婦のみ世帯」が占めているとの推計が発表され、家族だけでは支えきれない不安が浮き彫りになっています。 今回は、高齢者、家族、地域が携帯アプリでつながり、共に、無理なく助け合う。 新しいカタチの見守りサービスを創造する、リバティ・イノベーションの森社長にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 今日からでも始めよう、認知症予防のためのトレーニング
    今日からでも始めよう、認知症予防のためのトレーニング
    高齢になると認知症のリスクが高まりますが、認知症を予防できる取り組みがあるのをご存知でしょうか。今回は認知症予防に有効とされているトレーニングやゲームなどをまとめてみました。
    記事を見る
  • 【後編】30万部越ベストセラー『おかげさまで生きる』矢作直樹氏
    【後編】30万部越ベストセラー『おかげさまで生きる』矢作直樹氏
    「死を心配する必要はない」30万部を超えるベストセラー『おかげさまで生きる』の冒頭でそう語る矢作直樹・東京大学名誉教授。 2017年3月末まで東京大学医学部附属病院救急部・集中治療部部長を務め、生と死の境界線で命と向き合い続け、確信した“魂”の存在。 現在は執筆・講演活動、“日本のこころ”を取り戻すために「我が国のこころ塾」を主宰し、“いかに生きるか”を考える機会や日本の歴史・文化・伝統を学ぶ場を提供しておられます。 後編では、与えられた目の前の仕事に没頭し続けることを日々大切にする矢作名誉教授に『おかげさまで生きる』について、お話を伺いました。 前編はコチラ→『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方-矢作直樹氏インタビュー @link{https://mamoria.jp/clip/20170818/live}
    記事を見る
  • ミスユニバースさいたま指導者直伝!無理なく楽しい「姿勢ストレッチ」
    ミスユニバースさいたま指導者直伝!無理なく楽しい「姿勢ストレッチ」
    高齢になり運動機能が低下すると「転倒」による怪我が、寝たきり状態のキッカケになる危険性があります。 『平成27年版高齢社会白書』では、「骨折・転倒」が要介護になった主な原因の12.2%を占め、特に女性は15.4%で男性の6%を大きく上回っています。 重症化リスクを予防するためには、無理なく運動できる「ストレッチ」がオススメです。 今回は『ミスユニバースさいたま2017』の育成・指導を始め、多くのモデル指導の経験を活かし、独自の高齢者向けストレッチを提案する「魅ボディ研究所」代表の比嘉美佐子さんにお話を伺いました。
    記事を見る