null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

大分県の70歳の男性が自らの介護経験を生かして”認知症予防カルタ”を作成

認知症に対する不安は、高齢者の大きな悩みの一つではないでしょうか?何か予防策はあるのでしょうか?その予防を考えたグッズが、実体験をもとに作成されました。今回は、介護経験を活かして作成された『認知症予防カルタ』についてまとめました。

70歳代の男性が“認知症予防カルタ”を作成

認知症はトレーニングすることで予防できます。最近、大分県の佐伯市に住んでいる70歳代の男性が、何か認知症を予防できる楽しいグッズは作れないものかと考えて、”認知症予防カルタ“を作成しました。カルタを読むことと、カルタを取るために体を動かすことで、心と体の運動になり、認知症の予防になると地元を中心に話題になっています。

自分の母を介護することで、カルタを思いついた

この認知症予防カルタは、大分県の佐伯市に住む70歳代の男性が考案して作成したものです。認知症の母親を在宅介護した経験が生かされています。認知症にかかった母親は、入れ歯が痛いといい入れ歯を外したことをきっかけに短期間で認知症が進行しました。そのことから、食べ物をしっかりとかむことと、定期的に運動を行うことが認知症の予防には重要なことだと気づいたそうです。その結果思いついたのがカルタなのです。

カルタの内容はオリジナルでユニーク

カルタに記載された内容は、作者がオリジナルで考えたもので、その内容はとてもユニークです。”わからない 覚えられない 認知症”など認知症の症状を表現して注意喚起を行うものや、”さあ歩け 認知症予防の第一歩”、”鶴は千年 かめば万年成年だ”、”理屈などいわず せっせと歯を磨く”、”ヒマだから 寝るばかりでは 認知へ進む”など認知症の予防に関する言葉などが記載されていて、楽しく認知症の知識が広められます。

佐伯市中心に配布され広まりつつある“認知症カルタ”

一人でも認知症になる人の数が減らせればという、熱い思いで作られた認知症カルタは、言葉もイラストも作者本人の自筆でつくられたユーモアと暖かみにあふれたカルタです。現在では、佐伯市内の高齢者用デイサービスセンターなどに配布され、佐伯市を中心に広まりつつあり、レクリエーションの一環にも役立っています。このカルタによって、認知症になる人が一人でも減ると良いですね。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 配偶者が要介護になる可能性を考えよう
    配偶者が要介護になる可能性を考えよう
    配偶者の介護を想定している人はごくわずかしかいません、しかし、実際には誰にとってもいずれはやってくる可能性が高いものです。お互いが元気なうちに、情報収集やどういった介護を望むのか話し合いをしておくと良いでしょう。
    記事を見る
  • ~Reライフ~ 自分のため、次世代のために生きる
    ~Reライフ~ 自分のため、次世代のために生きる
    高齢化社会が進む現代において、「地域のつながり」が再重要視されています。 一般社団法人シニアライフマネジメント協会 代表理事の肘井哲也さんは、「人を育てる町づくり」を掲げ、子どもの貧困支援、起業家やフリーランスの活動支援、「いのち」と向き合う数多くのイベントやプロジェクト運営をしています。 本日は、高齢者と、ご家族をトータルにサポートするための、「私のまちのRe(リ)ライフ相談室」の取組みについて、お話を伺いました。
    記事を見る
  • 【イベントレポート】エンドオブライフ・ケア協会設立3周年シンポジウム
    【イベントレポート】エンドオブライフ・ケア協会設立3周年シンポジウム
    2018年4月14日、「笹川平和財団ビル11階 国際会議場」にて、一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会の設立3周年シンポジウムが開かれました。 今回はこちらのシンポジウムをご紹介します。
    記事を見る
  • 物忘れ外来ってどんなところ?
    物忘れ外来ってどんなところ?
    物忘れには正常加齢によるものと病的認知症の初期段階であるものがあり、早期診断が重要となります。物忘れ外来では、ちょっとした物忘れが病的認知症によるものかどうかを診断し治療を行います。今回は物忘れ外来の特徴や受診のポイントについてご紹介します。
    記事を見る
  • “やさしい腸活“で心身をスッキリほぐす「腸律セラピー」
    “やさしい腸活“で心身をスッキリほぐす「腸律セラピー」
    排泄は高齢者にとって、QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)や尊厳に関わる非常に重要な要素です。排泄ケアが必要になると、在宅生活の継続が困難になるケースも多く、未病ケアや自立支援の発展に期待が寄せられています。 また、平成25年度国民生活基礎調査による便秘人口分布によると、60代から男女共に便秘の有訴者数が増えています。 今回は、自分で腸のケアができるようになる「セルフ腸ほぐし」の指導にも力を入れている、腸律セラピーサロンセラピーエ代表の小澤かおりさんにお話を伺いました。
    記事を見る