null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

在宅介護を楽にする!住宅改修のポイントまとめ

リフォーム前に申請することで、介護保険から住宅改修費を補助してもらえます。早く設置したいという思いから、手すりや段差解消など申請せずに行ってしまうケースも少なくありません。少しのリフォームで多額となることもあるため、こういった制度を上手く活用しましょう。

解釈の違いがないか

リフォーム業者との打ち合わせで希望を伝えていても、その通りに改修されないこともあります。図面で大まかな希望だけ伝えると解釈の違いが発生してしまうため、打ち合わせの段階から、手すりの位置や設置する数など細かい部分まで確認しましょう。
なるべく施工の際には立ち合い、一緒に位置決めなど行うと失敗することもなくなります。
このような解釈の違いはリフォーム業者との間だけで発生するのではなく、介護を必要とする方と介護者の間にも生じる可能性があります。

業者の施工が適切であるか

必ずしも経験が豊富なリフォーム業者ばかりとは限りません。介護目的のリフォームを専門としていない業者だと、失敗してしまう可能性もあります。リフォーム業者を選ぶときは、ホームページやパンフレットなどを見て実績を確認する他、過去の改修例の写真やリフォーム件数など参考にします。
リフォーム業者によっては、必要のない手すりまで取り付けて工事費を増やすこともあります。失敗やトラブルを避けるため、こまめな打ち合わせを行い、その改修が必要であるのかどうかを確認しながら進めましょう。住宅改修は在宅サービスの1つとなっており、ケアマネージャーなどの専門家と連携して進めると安心です。

要介護者を優先し過ぎていないか

介護を必要とする方が使いやすく、住みやすい環境にすることも大事ですが、あまり尊重しすぎてしまうと家族が暮らしにくくなることがあります。
改修や福祉用具の設置により、ドアや引き出しが開けにくくなる場合もあります。家族が暮らしにくくなってしまうと、十分に介護を行えない可能性も出てきます。
介護を必要とする方の希望を聞くことはもちろんですが、同居する家族の住みやすさも考えながらバランス良くリフォームを行いましょう。
先を見据えて早まったリフォームをし、失敗するケースも少なくありません。実際に必要になってから改修を行っても十分に間に合います。

手すり設置のポイント

歩行が不安定になると、手すりを設置するケースが多いです。
階段など昇り降りする、ベッドやいすから立ち上がる、扉の開け閉めといった場合に手すりを要します。それぞれの用途によって、手すりの形態も変わってきます。
足腰が弱り立ち上がりの動作ができなくなると、寝たきりになってしまうこともあります。そのような状態にならないためにも、お風呂やトイレなどに手すりを設置すると良いでしょう。
手すりを設置する場合、高さや太さが重要です。例えば、地面と水平の手すりであれば、手首の高さが持ちやすいと言われています。材質や滑りにくさにも考慮することで、さらに使いやすくなります。

まとめ

実際に介護が必要になってから、手すりなどの改修を行うことがポイントです。また、失敗やトラブルを引き起こさないよう、業者選びは慎重に行います。ケアマネに相談して快適な暮らしで毎日を過ごしましょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • これが本当の終活?遺影の写真を写真館で撮る人増えてます
    これが本当の終活?遺影の写真を写真館で撮る人増えてます
    遺影は通常、亡くなったあとに家にあるスナップ写真から家族が選びますが、最近は「終活」ブームと連動して元気なうちに写真館で撮る高齢者が増えているそうです。今回は遺影の写真撮影をしている写真館とその特徴をご紹介します。
    記事を見る
  • 物忘れ外来ってどんなところ?
    物忘れ外来ってどんなところ?
    物忘れには正常加齢によるものと病的認知症の初期段階であるものがあり、早期診断が重要となります。物忘れ外来では、ちょっとした物忘れが病的認知症によるものかどうかを診断し治療を行います。今回は物忘れ外来の特徴や受診のポイントについてご紹介します。
    記事を見る
  • 親の介護と仕事の両立は難しい?両立するための3つのポイント
    親の介護と仕事の両立は難しい?両立するための3つのポイント
    いまや4人に1人が高齢者となった超高齢社会の日本において、介護は決して他人事ではありません。親が階段から落ちた、だんだん物忘れが始まってきた、脳卒中による突然の入院...など、ある日突然、親の介護が必要になることも珍しくありません。今日本では、介護と仕事の両立に悩む人がとても多く、仕事を辞めざるを得なくなった人も。ここでは介護を理由に仕事を辞めないほうがいい理由、介護と仕事の両立のために気を付けたいポイント、それでも仕事を辞めたいときに約束してほしいことをご紹介しようと思います。
    記事を見る
  • 自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    平成26年の厚生労働省『人生の最終段階における医療に関する意識調査』では、「自分で判断できない状態になった場合に備えて意思表示の書面を作成しておく」ことに「賛成である」と回答した一般国民は69.7%にのぼります。 一方で「実際に書面を作成している」と回答した方は、わずか3.2%でした。 今回は、生前意思「リビングウィル」の事前表明を推進する日本尊厳死協会理事の丹澤太良さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 高齢者の住み替え・賃貸住宅事情
    高齢者の住み替え・賃貸住宅事情
    高齢者になるにつれて住みやすい家の内容はどんどん変化していきます。家族がいたころは一軒家や部屋数の多い部屋が良かったが、独居や病気などの理由により、利便性が良く部屋数も少ない家に引越したいという要望も増えているようです。 今回は高齢者向け賃貸住宅事情についてまとめてみました。
    記事を見る