null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

在宅介護を楽にする!住宅改修のポイントまとめ

リフォーム前に申請することで、介護保険から住宅改修費を補助してもらえます。早く設置したいという思いから、手すりや段差解消など申請せずに行ってしまうケースも少なくありません。少しのリフォームで多額となることもあるため、こういった制度を上手く活用しましょう。

解釈の違いがないか

リフォーム業者との打ち合わせで希望を伝えていても、その通りに改修されないこともあります。図面で大まかな希望だけ伝えると解釈の違いが発生してしまうため、打ち合わせの段階から、手すりの位置や設置する数など細かい部分まで確認しましょう。
なるべく施工の際には立ち合い、一緒に位置決めなど行うと失敗することもなくなります。
このような解釈の違いはリフォーム業者との間だけで発生するのではなく、介護を必要とする方と介護者の間にも生じる可能性があります。

業者の施工が適切であるか

必ずしも経験が豊富なリフォーム業者ばかりとは限りません。介護目的のリフォームを専門としていない業者だと、失敗してしまう可能性もあります。リフォーム業者を選ぶときは、ホームページやパンフレットなどを見て実績を確認する他、過去の改修例の写真やリフォーム件数など参考にします。
リフォーム業者によっては、必要のない手すりまで取り付けて工事費を増やすこともあります。失敗やトラブルを避けるため、こまめな打ち合わせを行い、その改修が必要であるのかどうかを確認しながら進めましょう。住宅改修は在宅サービスの1つとなっており、ケアマネージャーなどの専門家と連携して進めると安心です。

要介護者を優先し過ぎていないか

介護を必要とする方が使いやすく、住みやすい環境にすることも大事ですが、あまり尊重しすぎてしまうと家族が暮らしにくくなることがあります。
改修や福祉用具の設置により、ドアや引き出しが開けにくくなる場合もあります。家族が暮らしにくくなってしまうと、十分に介護を行えない可能性も出てきます。
介護を必要とする方の希望を聞くことはもちろんですが、同居する家族の住みやすさも考えながらバランス良くリフォームを行いましょう。
先を見据えて早まったリフォームをし、失敗するケースも少なくありません。実際に必要になってから改修を行っても十分に間に合います。

手すり設置のポイント

歩行が不安定になると、手すりを設置するケースが多いです。
階段など昇り降りする、ベッドやいすから立ち上がる、扉の開け閉めといった場合に手すりを要します。それぞれの用途によって、手すりの形態も変わってきます。
足腰が弱り立ち上がりの動作ができなくなると、寝たきりになってしまうこともあります。そのような状態にならないためにも、お風呂やトイレなどに手すりを設置すると良いでしょう。
手すりを設置する場合、高さや太さが重要です。例えば、地面と水平の手すりであれば、手首の高さが持ちやすいと言われています。材質や滑りにくさにも考慮することで、さらに使いやすくなります。

まとめ

実際に介護が必要になってから、手すりなどの改修を行うことがポイントです。また、失敗やトラブルを引き起こさないよう、業者選びは慎重に行います。ケアマネに相談して快適な暮らしで毎日を過ごしましょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 介護認定の申請条件と不満が残った時にはどうすればいいの?
    介護認定の申請条件と不満が残った時にはどうすればいいの?
    介護サービスを受ける際には、介護認定が必要です。認定基準によって受けられるサービスが異なるため、本人や家族が納得できる認定を受けることが大切です。認定の仕組みや申請方法、不満が残った際の対応方法をご紹介します。
    記事を見る
  • 自宅で安心して看取る。看取り寄り添いナースとは?
    自宅で安心して看取る。看取り寄り添いナースとは?
    超高齢化社会が進む現在、自宅で最期を迎えたいと考える人が増えています。しかしひとり暮らしの高齢者も多く、家族は今まで誰かを看取ったという経験がなく、戸惑うことも少なくありません。そこで今回はその強力な助っ人となる看取り寄り添いナースについてまとめてみました。
    記事を見る
  • 音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    2025年には65歳以上の認知症患者数が約700万人、高齢者の5人に1人は認知症になると見込まれています。(『平成28年版高齢社会白書』より) これまで「予防できない」と言われていた認知症ですが、近年の脳科学研究では、記憶・学習等の脳機能、認知症やパーキンソン病等の脳病態等が明らかになってきています。 今回は「生涯現役」をテーマに、音楽の効果を活用した健康促進、介護・認知症予防に取り組む、日本音楽レ・クリエーション指導協会理事長の堀口直子さん、会長の小野惣一さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • オレンジカフェを知っていますか?【埼玉県川越市の取り組み例】
    オレンジカフェを知っていますか?【埼玉県川越市の取り組み例】
    近年、自治体や介護事業者が開催する介護中の介護者・被介護者の集まりが全国に広がりを見せています。今回は、川越市が開催するオレンジカフェについて、活動目的や内容、今後の課題などについてご紹介します。
    記事を見る
  • 【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    かつては身近な生活の一部であったお寺や神社。近年の統計ではお墓参り、初詣、法事のみの関わりになっている方が増加傾向にある一方で、若い世代でも座禅や写経、法話に関心を示す人々も増えてきました。信仰や宗派を超えて、人々のこころの平穏のためにお釈迦さまの教えを知ってもらおうと、様々な活動を展開する神社・仏閣も多く見受けられるようになってきました。 今回は、多くの人に仏教の癒しを届けることを目指して、伝統仏教声楽「聲明(しょうみょう)」を現代音楽とコラボレーションさせた「現代仏教音楽」を各所で演奏している、高野山真言宗南山進流の龍源山功徳院(くどくいん)住職であり、一般社団法人 現代仏教音楽研究会 代表理事の松島龍戒さんにお話を伺いました。
    記事を見る