null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

在宅介護を楽にする!住宅改修のポイントまとめ

リフォーム前に申請することで、介護保険から住宅改修費を補助してもらえます。早く設置したいという思いから、手すりや段差解消など申請せずに行ってしまうケースも少なくありません。少しのリフォームで多額となることもあるため、こういった制度を上手く活用しましょう。

解釈の違いがないか

リフォーム業者との打ち合わせで希望を伝えていても、その通りに改修されないこともあります。図面で大まかな希望だけ伝えると解釈の違いが発生してしまうため、打ち合わせの段階から、手すりの位置や設置する数など細かい部分まで確認しましょう。
なるべく施工の際には立ち合い、一緒に位置決めなど行うと失敗することもなくなります。
このような解釈の違いはリフォーム業者との間だけで発生するのではなく、介護を必要とする方と介護者の間にも生じる可能性があります。

業者の施工が適切であるか

必ずしも経験が豊富なリフォーム業者ばかりとは限りません。介護目的のリフォームを専門としていない業者だと、失敗してしまう可能性もあります。リフォーム業者を選ぶときは、ホームページやパンフレットなどを見て実績を確認する他、過去の改修例の写真やリフォーム件数など参考にします。
リフォーム業者によっては、必要のない手すりまで取り付けて工事費を増やすこともあります。失敗やトラブルを避けるため、こまめな打ち合わせを行い、その改修が必要であるのかどうかを確認しながら進めましょう。住宅改修は在宅サービスの1つとなっており、ケアマネージャーなどの専門家と連携して進めると安心です。

要介護者を優先し過ぎていないか

介護を必要とする方が使いやすく、住みやすい環境にすることも大事ですが、あまり尊重しすぎてしまうと家族が暮らしにくくなることがあります。
改修や福祉用具の設置により、ドアや引き出しが開けにくくなる場合もあります。家族が暮らしにくくなってしまうと、十分に介護を行えない可能性も出てきます。
介護を必要とする方の希望を聞くことはもちろんですが、同居する家族の住みやすさも考えながらバランス良くリフォームを行いましょう。
先を見据えて早まったリフォームをし、失敗するケースも少なくありません。実際に必要になってから改修を行っても十分に間に合います。

手すり設置のポイント

歩行が不安定になると、手すりを設置するケースが多いです。
階段など昇り降りする、ベッドやいすから立ち上がる、扉の開け閉めといった場合に手すりを要します。それぞれの用途によって、手すりの形態も変わってきます。
足腰が弱り立ち上がりの動作ができなくなると、寝たきりになってしまうこともあります。そのような状態にならないためにも、お風呂やトイレなどに手すりを設置すると良いでしょう。
手すりを設置する場合、高さや太さが重要です。例えば、地面と水平の手すりであれば、手首の高さが持ちやすいと言われています。材質や滑りにくさにも考慮することで、さらに使いやすくなります。

まとめ

実際に介護が必要になってから、手すりなどの改修を行うことがポイントです。また、失敗やトラブルを引き起こさないよう、業者選びは慎重に行います。ケアマネに相談して快適な暮らしで毎日を過ごしましょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 通販有効活用のコツ!悩みの種のおむつ購入はこれで解決!
    通販有効活用のコツ!悩みの種のおむつ購入はこれで解決!
    今や高齢者や忙しい家族向けに、インターネットでほとんどの介護用品が購入できるようになりました。そんな介護用品の中でも消耗品として頻繁に買う必要のある『おむつ』。持ち運びはかさばるので気が重いですよね。今回はそんなおむつを玄関先まで届けてもらえる、インターネット通販利用のコツやおすすめ購入サイト(お店)をご紹介します。
    記事を見る
  • 介護福祉士シンガーかんのめぐみ「歌で介護の現場をつなぐ」
    介護福祉士シンガーかんのめぐみ「歌で介護の現場をつなぐ」
    介護をしていると、誰にも言えないことや諦めてしまうことが折り重なっていくことがあるかもしれません。 介護福祉士シンガーソングライターとして、介護の現場で働きながら、アコースティックギターの弾き語りで、大好きなお年寄りの歴史や介護にまつわる喜怒哀楽を歌にして届けている方がいらっしゃいます。 今回は、県内を中心に活動の場を全国に拡大していっているシンガーソングライター、かんのめぐみさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • この春からはおくすり手帳を持って薬局へ!知っておくべき薬の節約術
    この春からはおくすり手帳を持って薬局へ!知っておくべき薬の節約術
    高齢になると高血圧や糖尿病などの生活習慣病で定期的に病院のお世話になる人が多いのではないでしょうか。病院にかかるとき、ちょっとでもお薬代が浮けば嬉しいかも...実はこの4月から「おくすり手帳」を持っていくだけで可能になりそうです。具体的に紹介していきましょう。
    記事を見る
  • 音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    2025年には65歳以上の認知症患者数が約700万人、高齢者の5人に1人は認知症になると見込まれています。(『平成28年版高齢社会白書』より) これまで「予防できない」と言われていた認知症ですが、近年の脳科学研究では、記憶・学習等の脳機能、認知症やパーキンソン病等の脳病態等が明らかになってきています。 今回は「生涯現役」をテーマに、音楽の効果を活用した健康促進、介護・認知症予防に取り組む、日本音楽レ・クリエーション指導協会理事長の堀口直子さん、会長の小野惣一さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 「地域のみなさん」と一緒に取り組む「包括ケアシステム」
    「地域のみなさん」と一緒に取り組む「包括ケアシステム」
    『保健医療2035』の提言を皮切りに、超高齢化社会に向けて「かかりつけ医の育成・全地域への配置」が推進されています。 今回は、多彩な経歴を持ちながら「まちのお医者さん」として地域医療モデルを切り拓く、みいクリニック院長の宮田俊男医師にお話を伺いました。 地域医療モデルの構築・発信だけでなく、内閣官房補佐官をはじめ、若手育成、医療機器開発にも取り組んでおられます。
    記事を見る