null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

いつ起こるかわからない自然災害、要介護者がいる家庭に必要な備えとは?

地震や津波、台風などの自然災害はいつどこで起こるかがわかりません。とくに要介護の高齢者がいる家庭では、不安が大きいことでしょう。実際に自然災害が起きてから慌てふためくことのないよう、日ごろの備えや心構えが大切です。

自宅待機ができるよう最低でも3日分の備蓄を

自然災害が起きた時、「とにかく逃げなくては!」と焦って避難しがちです。津波は緊急に避難が必要ですが、災害の種類や状況によっては自宅待機の方が安全なケースもあります。自宅で生き延びられるよう最低3日間、可能であれば1週間分の備蓄を用意しておきましょう。ただ、災害のためだけに備蓄するとなると、費用の面でも置き場所の面でも負担になります。普段食べられる物を多めに備蓄しておき、賞味期限の近い物から食べつつ買い足すという方法がお勧めです。

要介護の高齢者がいる家庭での備蓄内容

✔ 食品
レトルトや缶詰、米や麺類、餅などの食品や飲料水が一般的です。おかゆのレトルトパウチは高齢者でも食べやすく、温めなくてもそのまま食べられるので便利です。チョコレートやのど飴、梅干しなども用意しておきましょう。

✔ 飲料水
1人あたり2~3L/1日が一般的です。ミネラルウォーターだけでなく、野菜ジュースも用意しておくと野菜不足の解消になります。

✔ 簡易食器や補助など
ガスボンベとカセットコンロがあると、ライフラインが止まっても調理が可能なので、備えておくとよいでしょう。

✔ 常備薬や簡易トイレ、介護用品
トイレットペーパーなどの生活必需品、常備薬なども必要です。簡易トイレは移動がしづらい高齢者は必ず持っておきたいですね。携帯用シャワートイレも人気です。要介護で紙オムツを使用している高齢者がいる場合は、多めにストックしておくと安心です。

✔ 軍手、帽子、ヘルメット
避難ををすることになったとき、転倒時に体を守るためできるだけ肌の露出を少なくできるような恰好をすることが望ましいですね。

「災害準備ノート」で情報を共有

自然災害に備えて、家族で定期的に避難計画についての話し合いをすることも重要です。とくに認知症の高齢者は、災害時の状況が飲み込めずパニックに陥りがちです。まずは家族が落ち着いて対応できるよう、事前の心構えが必要となります。「災害準備ノート」を作成して連絡先、病歴やアレルギーなどを書き留めておきましょう。情報を共有することができます。

いざという時頼りになるのは隣人

自然災害はいつ起きるかわからないので、家族が仕事や買い物で留守中に起きる可能性もあります。その場合は、ご近所の方が頼みの綱となります。要介護の高齢者と暮らしていることを知らせておくと、困った時に助けてもらえます。いざという時のためにも、普段からご近所付き合いは大切にしておきたいですね。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 動脈硬化を予防!食事で注意すべきポイントをご紹介
    動脈硬化を予防!食事で注意すべきポイントをご紹介
    動脈硬化は血管の老化現象とも呼ばれます。血管は普段目に見えない部分ですので、意識することは少ないかもしれません。しかし、血管も確実に老化現象が進んでいるのです。今回は血管年齢を若返らせることができる方法をご紹介します。
    記事を見る
  • え、家が美容室に!?高齢者向け訪問サービスで清潔感を持って暮らす
    え、家が美容室に!?高齢者向け訪問サービスで清潔感を持って暮らす
    高齢者は外出が難しくなることが多くなります。そのため、若いころなら普通にできていたことが困難になるというケースも出てきます。家に閉じこもりがちになり他人と触れ合う機会も少なくなり、生きがい等も失われていきます。こうしたときに訪問サービスが暮らしの質を高める役に立つのです。
    記事を見る
  • 在宅介護を楽にする!住宅改修のポイントまとめ
    在宅介護を楽にする!住宅改修のポイントまとめ
    リフォーム前に申請することで、介護保険から住宅改修費を補助してもらえます。早く設置したいという思いから、手すりや段差解消など申請せずに行ってしまうケースも少なくありません。少しのリフォームで多額となることもあるため、こういった制度を上手く活用しましょう。
    記事を見る
  • 【イベントレポート】エンドオブライフ・ケア協会設立3周年シンポジウム
    【イベントレポート】エンドオブライフ・ケア協会設立3周年シンポジウム
    2018年4月14日、「笹川平和財団ビル11階 国際会議場」にて、一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会の設立3周年シンポジウムが開かれました。 今回はこちらのシンポジウムをご紹介します。
    記事を見る
  • 自分で自分らしさを取り戻すために。マギーズ東京センター
    自分で自分らしさを取り戻すために。マギーズ東京センター
    厚生労働省『平成26年受領行動調査(概数)の概況』によると、外来患者の診察時間は67.7%が10分未満です。 外来受診の目的は診察・治療・検査等の受診が主のため、病気に伴う日常生活の不安や詳しい治療方針、心身の影響などについては、なかなか医師にじっくり相談することは難しい状況にあると言えます。 今回は、がんに影響を受けるすべての人に専門的サポートと第二の我が家のような居場所を提供するNPO法人maggie’s tokyo(マギーズ東京センター)センター長の秋山正子さんにお話を伺いました。 マギーズ東京センターは、相談者に無料で支援を提供するためにチャリティ活動やクラウドファウンディングに積極的に挑戦し続けています。
    記事を見る