null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

いつ起こるかわからない自然災害、要介護者がいる家庭に必要な備えとは?

地震や津波、台風などの自然災害はいつどこで起こるかがわかりません。とくに要介護の高齢者がいる家庭では、不安が大きいことでしょう。実際に自然災害が起きてから慌てふためくことのないよう、日ごろの備えや心構えが大切です。

自宅待機ができるよう最低でも3日分の備蓄を

自然災害が起きた時、「とにかく逃げなくては!」と焦って避難しがちです。津波は緊急に避難が必要ですが、災害の種類や状況によっては自宅待機の方が安全なケースもあります。自宅で生き延びられるよう最低3日間、可能であれば1週間分の備蓄を用意しておきましょう。ただ、災害のためだけに備蓄するとなると、費用の面でも置き場所の面でも負担になります。普段食べられる物を多めに備蓄しておき、賞味期限の近い物から食べつつ買い足すという方法がお勧めです。

要介護の高齢者がいる家庭での備蓄内容

✔ 食品
レトルトや缶詰、米や麺類、餅などの食品や飲料水が一般的です。おかゆのレトルトパウチは高齢者でも食べやすく、温めなくてもそのまま食べられるので便利です。チョコレートやのど飴、梅干しなども用意しておきましょう。

✔ 飲料水
1人あたり2~3L/1日が一般的です。ミネラルウォーターだけでなく、野菜ジュースも用意しておくと野菜不足の解消になります。

✔ 簡易食器や補助など
ガスボンベとカセットコンロがあると、ライフラインが止まっても調理が可能なので、備えておくとよいでしょう。

✔ 常備薬や簡易トイレ、介護用品
トイレットペーパーなどの生活必需品、常備薬なども必要です。簡易トイレは移動がしづらい高齢者は必ず持っておきたいですね。携帯用シャワートイレも人気です。要介護で紙オムツを使用している高齢者がいる場合は、多めにストックしておくと安心です。

✔ 軍手、帽子、ヘルメット
避難ををすることになったとき、転倒時に体を守るためできるだけ肌の露出を少なくできるような恰好をすることが望ましいですね。

「災害準備ノート」で情報を共有

自然災害に備えて、家族で定期的に避難計画についての話し合いをすることも重要です。とくに認知症の高齢者は、災害時の状況が飲み込めずパニックに陥りがちです。まずは家族が落ち着いて対応できるよう、事前の心構えが必要となります。「災害準備ノート」を作成して連絡先、病歴やアレルギーなどを書き留めておきましょう。情報を共有することができます。

いざという時頼りになるのは隣人

自然災害はいつ起きるかわからないので、家族が仕事や買い物で留守中に起きる可能性もあります。その場合は、ご近所の方が頼みの綱となります。要介護の高齢者と暮らしていることを知らせておくと、困った時に助けてもらえます。いざという時のためにも、普段からご近所付き合いは大切にしておきたいですね。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【中国・四国】
    車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【中国・四国】
    楽しいGWもそろそろ間近。しかし、車椅子だと出かけるのにも一苦労、ということもあります。そこで、車椅子でも出かけられるおすすめスポットを、中国・四国地方でピックアップしてみました。バリアフリー対応で、ご家族みなさんで出かけられる安心のスポットです。
    記事を見る
  • 車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【関西】
    車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【関西】
    紅葉シーズンは早い地域だと9月からはじまり、遅い地域では12月中旬ころまでと言われています。秋の風景を堪能できるこの季節をご家族で楽しんではいかがでしょうか。今回は車椅子でも楽しめる関西の紅葉スポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    2025年には65歳以上の認知症患者数が約700万人、高齢者の5人に1人は認知症になると見込まれています。(『平成28年版高齢社会白書』より) これまで「予防できない」と言われていた認知症ですが、近年の脳科学研究では、記憶・学習等の脳機能、認知症やパーキンソン病等の脳病態等が明らかになってきています。 今回は「生涯現役」をテーマに、音楽の効果を活用した健康促進、介護・認知症予防に取り組む、日本音楽レ・クリエーション指導協会理事長の堀口直子さん、会長の小野惣一さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    故人との最後のお別れである「葬儀」が年々多様化しています。生前葬、家族葬、自由葬、直葬など価値観の多様化に伴い「自分らしい最後」も色々な選択肢が出てきています。 今回は、単に簡素化を目的とせず、形式や時間に縛られず故人とゆっくりお別れをする「自宅葬」を提案する、株式会社鎌倉自宅葬儀社の馬場翔一郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 喪失の哀しみを解放する専門家“グリーフ専門士”
    喪失の哀しみを解放する専門家“グリーフ専門士”
    今後の高齢社会に向けて、喪失の悲しみをケアする“グリーフケア”が注目されています。特に介護家族や医療・介護従事者へのケアは社会課題として顕在化することが見込まれ、各大学・研究機関での取組みが進められています。 今回は、大切な人との死別、加齢による身体機能の低下、怪我や病気など、様々な喪失による悲嘆を抱える人が、悲しみとともに自分らしく生きていけるように専門的立場からサポートする一般社団法人日本グリーフ専門士協会代表理事の井手敏郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る