null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

今話題になっているカジノ型デイサービスについて調べてみた

高齢者の認知症予防、ウェルビーイングと考えると、介護になってもその人らしい生活を続けてもらうことが重要です。その手段の一つとして、パチンコや麻雀などをして過ごす、カジノ型の介護施設(デイサービス)なども存在しています。このような施設に対して世間の評判や公的機関の対応はどうなのでしょうか。利用者本人たちがどう思っているのかも気になるところです。これらの施設の現状と、世間の見方についてまとめてみました。

カジノ型デイサービスは増加の傾向

高齢者が介護を受けるデイサービスは、自宅から日帰りで食事やお風呂、レクリエーションサービスを受けられる施設ですが、最近ではその施設内で、パチンコや麻雀などが行える”疑似カジノ型デイサービス“が徐々に増加の傾向にあります。この事態を受けて、2015年の9月から神戸市では、過剰な遊戯サービスについての改正条例が成立しました。その対応が、ニュースやネットにて大きな反響を呼んでいます。

カジノ型デイサービスの実態は?

Twitterなどのソーシャルネットワークサービスでは、カジノ型デイサービスの実態についての紹介なども行われています。それらを見ると、高齢者たちが楽しくコミュニケーションを取りながら遊んでいる様子がうかがえます。東京都足立区にある「デイサービスラスベガス足立」では、本格的なスロット台やパチンコ台、カジノテーブルまでそろっているようです。しかし、使用する通貨は”ベガス“と呼ばれる架空の通貨で、実際のお金をかけているわけではありません。

「デイサービスラスベガス 足立」の詳細を見る
「デイサービスラスベガス 横浜」の詳細を見る
「デイサービスラスベガス 上尾」の詳細を見る
「デイサービスラスベガス 岐阜羽島」の詳細を見る

経営者の意見

デイサービスは高齢者が仕方なく通所している場所というイメージがあり、高齢者自身が楽しく通える施設を目指したというのが経営者の意見のようです。たまたま、ラスベガスに海外視察にいった時に、高齢者が生き生きと楽しそうに遊んでいるのを見て思いついたとのこと。また、医学的見地から見てもギャンブルを行うと脳に刺激を与えて活性化させるため、認知症の予防にもつながるそうです。高齢者自身が楽しみながら、認知症予防の機能訓練に取り組んでくれているようだと語っています。

利用者の声

特に男性の高齢者から喜びの声が多いようです。一般的なデイサービスは8割が女性の入所者でしめられますが、カジノ型のデイサービスは男女の比率が半々というのも珍しいことだそうです。高齢者本人たちが楽しみにして、自ら遊びに来ている様子がうかがえます。

世間では賛否両論

神戸市の条例を可決した内容をうけて、世間の人はどう思っているのでしょうか。「公金を投資している施設として不適切」という反対派の意見もあれば、「高齢者が生き生きして楽しめていれば良いのでは」といった肯定的な意見まで、賛否両論あるようです。最後までその人らしい生活を過ごせるように、さまざまな人のニーズに合った施設が増えていくことは「高齢者になってもいきいきとできる世界」に近づく一歩なのではないでしょうか。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【中国・四国】
    車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【中国・四国】
    楽しいGWもそろそろ間近。しかし、車椅子だと出かけるのにも一苦労、ということもあります。そこで、車椅子でも出かけられるおすすめスポットを、中国・四国地方でピックアップしてみました。バリアフリー対応で、ご家族みなさんで出かけられる安心のスポットです。
    記事を見る
  • さまざまなサービスがうけられる!小規模多機能型居宅介護とは?
    さまざまなサービスがうけられる!小規模多機能型居宅介護とは?
    通常、自宅に居ながら介護サービスを受ける場合、訪問介護のヘルパー・デイサービスのスタッフなど関わる人はそれぞれ違い、ストレスを感じる高齢者もいます。小規模多機能型居宅介護ではどんな介護サービスも一つの施設のスタッフから受けることができます。
    記事を見る
  • 【後編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    【後編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    前回に続き「苦しむ人への援助」について、「一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会」理事、めぐみ在宅クリニック院長の小澤竹俊先生にお話を伺いました。 小澤先生は、援助者養成講座や執筆・講演活動等を通じて「スピリチュアルな苦しみに対する具体的援助」の普及に取り組んでおられます。 前編はこちら→@link{https://mamoria.jp/clip/20170621/end-of-life}
    記事を見る
  • 『拘縮(こうしゅく)』って知っていますか?
    『拘縮(こうしゅく)』って知っていますか?
    海外のリハビリ先進国では、以前よりリハビリの早期開始の重要性がうたわれてきました。高齢になり体を一定期間動かさないと、体の関節が固くなってしまう『拘縮』になりがちです。今回は、拘縮とその予防方法についてご紹介します。
    記事を見る
  • ポイント解説!アルツハイマー型認知症の初期症状と特徴
    ポイント解説!アルツハイマー型認知症の初期症状と特徴
    アルツハイマー型認知症は、予備軍である軽度認知症からやがて発症へと至り、進行する病気です。治療で進行の抑制は可能ですが、完治はせず早期の発見が重要になります。しかし初期症状では、本人が物忘れを周囲に気付かれない様カバーする場合が多く、発見し難いのが一般的です。重症化させないためにも初期症状を家族や周囲にいる人が見落とさない様にしましょう。ここではアルツハイマー型認知症の予備軍であるMCIや、初期症状、特徴について紹介します。
    記事を見る