null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

最期の晴れ舞台衣装、ウエディングドレスならぬエンディングドレス!?

近年では、お葬式の内容も多様化して来ました。海や山へ散骨する「自然葬」や、故人が好きだった曲を生演奏する「音楽葬」、生きているうちにお世話になった人々へ感謝を伝える「生前葬」など...。「終活」という言葉も生まれ、「自分らしい最期を迎えたい」と考える人が増えて来ています。そんな中、「エンディングドレス(死装束)」の人気が上昇中です。

「エンディングドレス」は誰が選ぶのか

一昔前までは、亡くなった時に着せる「死装束」は「白装束」が一般的でした。ところが最近では、自分の気に入った「エンディングドレス」を生前の元気なうちから選ぶ人も増えて来ています。また、「最期を綺麗な姿で旅立たせてあげたい」と大切な家族のために遺族がドレスを選ぶケースもあります。

「エンディングドレス」の色やデザイン

「エンディングドレス」は、定番の白だけでなくブルー系や花柄もあります。人気が高いのは淡いピンク色で、自分で選ぶ人の約8割がピンクを選んでいます。刺繍やレースがほどこされ、ふんわりとした生地で着る者をやさしく包み込んでくれます。ドレスと着物の両方から好みのタイプを選ぶことができます。気になる価格は約3万円~27万円です。

「エンディングドレス」を選ぶ際の注意点

「エンディングドレス」を選ぶ時には、どんなことに気をつければ良いのでしょうか。衣装は着たまま火葬しますので、燃やすことのできる素材で作られていることが第一です。また、横たわると身体の線が出やすくなるため、生地はやわらかくてもある程度のハリが必要でしょう。あまりに派手すぎる色柄も、厳粛な場にそぐわないので避けた方が無難です。淡い色合いの衣装は、故人の顔色を良く見せてくれるのでお勧めですよ。

「エンディングドレス」を着るメリット

「生前気に入っていた服を着たい」または「着せてあげたい」と思っていても、亡くなった姿にその服が似合うとは限りません。それに、「死後硬直」によって洋服を着せることが難しい場合もあります。その点、亡くなった人向けに作られた「エンディングドレス」はスムーズに着せることができます。また、点滴や手術の跡をさりげなくカバーできたり、レースでボリュームを出して痩せ細った身体を豊かに見せたりできるのも「エンディングドレス」の魅力です。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 介護予防に力を入れているデイサービス【4選】
    介護予防に力を入れているデイサービス【4選】
    高齢化社会を迎えて、介護とともに、介護が必要にならないように予防することが重要であるという認識が広がりを見せています。今回は介護予防に重点を置いたデイサービスについてご紹介します。
    記事を見る
  • 配偶者が要介護になる可能性を考えよう
    配偶者が要介護になる可能性を考えよう
    配偶者の介護を想定している人はごくわずかしかいません、しかし、実際には誰にとってもいずれはやってくる可能性が高いものです。お互いが元気なうちに、情報収集やどういった介護を望むのか話し合いをしておくと良いでしょう。
    記事を見る
  • 【PR】体を通して心が変わる「脳科学ストレッチ」
    【PR】体を通して心が変わる「脳科学ストレッチ」
    脳と体の関係を活かした「脳科学ストレッチ」が注目を浴びています。 本日は脳科学ストレッチの開発者であるパーソナルトレーナーのNATSUKI様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【北海道・東北】【食べる】
    車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【北海道・東北】【食べる】
    日差しが暖かくなり、外に出かけるのが楽しみな季節となりました。ですが、車椅子だと出先の設備が不安でなかなか出かけられない、と感じている方も多いかもしれません。ここでは、GWに車椅子で安心して出かけられる、北海道・東北のおすすめのスポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 【PR】「脳トレ×コミュニケーション」新しいカタチのもの忘れ対策とは?
    【PR】「脳トレ×コミュニケーション」新しいカタチのもの忘れ対策とは?
    日本では高齢化が進むとともに認知症患者数が増加しており、今後もますます増えていくと考えられています。厚生労働省の推計では、65 歳以上の方の認知症有病率は15%、約462 万人となっており、高齢者の7 人に1 人が認知症有病者と言えます。現代の医学には認知症を完治させる治療法や薬はまだないと言われています。したがって認知症予防が非常に重要です。本日は、もの忘れ対策に関するサービス『脳レク』を展開する株式会社エストコーポレーションの脳レク事業部担当者の水谷さんにお話を伺いました。
    記事を見る