null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

終活|終末期を安らかに過ごすために、仏教の力を借りてみた

長い人生をどう生きるかとともに、最期のときをどう迎えるかは人生にとって大きな課題です。終末期のケアにおいて、日本人に馴染み深い仏教観を取り入れた「ビハーラケア」が最近注目されています。ここでは、ターミナルケアの1つである「ビハーラケア」についてまとめました。

ビハーラケアとは?

「ビハーラ」とはサンクスリット語で僧院、寺院、安住の場所などの意味を持ち、「ビハーラケア」は仏教の主体性・独自性に基づくターミナルケア(終末期医療・看護)が大きな特徴です。また、末期患者に対する苦痛緩和や癒しの支援活動は、患者本人だけでなく家族も対象にしています。ビハーラの意味には「終末期医療とその施設」を対象とした狭義のものだけでなく、「仏教者を主体とした社会活動」とする幅広い捉え方にも特徴がみられます。なお、ターミナルケアでは、キリスト教系の「ホスピス」が広く知られています。

ビハーラケアが必要とされるのは?

ターミナルケアには医療や看護の領域だけでは解決できないこともあり、日本人の生き方に合わせたケアの必要性が問われています。そのため、医療スタッフなどの医療チームにビハーラ(仏教者)が加わってケアを行う点に特徴があります。また、1998年に結成された「ビハーラ医療団」は、仏教を学ぶ医療関係者による全国的組織であり、その活躍ぶりが期待されています。

メディアで注目されるビハーラケア

ビハーラケアに関する話題は、医療関係の雑誌などでも取り上げられています。その1つに「緩和ケア」(2014年9月号)の「TOPIC 私のターミナルケアと看取りへの疑問とその解決の方向をさぐる-『ビハーラケアと日本的ケアの可能性』での提言」があります。また、「看護学雑誌」(58巻8号)には、特別記事「より日本的なターミナルケアを求めて ビハーラケアとは」が掲載されるなど、その注目度は上がっています。

ビハーラケアを行っている介護施設は

最初にビハーラケア病棟ができたのは新潟県長岡西病院です。1993年に設立されたこちらの病棟では、「3つの理念」に基づき、寿命を受け入れた上で限られた日々を穏やかに過ごすことができます。また、お釈迦様の仏堂を安置、常勤者の仏教者を中心に、地元僧侶の有志によるボランティア組織が各種仏教行事を行っています。他には、京都府のあそかビハーラ病院・愛媛県のグループホーム ルンビニーなど、数は少ないですが、全国に導入している施設があります。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • オレンジカフェを知っていますか?【埼玉県川越市の取り組み例】
    オレンジカフェを知っていますか?【埼玉県川越市の取り組み例】
    近年、自治体や介護事業者が開催する介護中の介護者・被介護者の集まりが全国に広がりを見せています。今回は、川越市が開催するオレンジカフェについて、活動目的や内容、今後の課題などについてご紹介します。
    記事を見る
  • 家族の歴史を一枚の額におさめる「思い出写真整理活用アドバイザー」
    家族の歴史を一枚の額におさめる「思い出写真整理活用アドバイザー」
    デジカメが主流になり、家に残る古いアルバムの整理・活用情報に関する書籍やセミナーが話題になっています。 せっかくの家族の思い出が、クローゼットや本棚に眠ったままではもったいないですよね。 本日は、古いアルバム写真の中から、家族の歴史を一枚の額におさめてくれる、GOOD LUCK PICTURE(グッドラックピクチャ)代表、「思い出写真整理活用アドバイザー」の生江(イクエ) 賢一郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 加齢による衰え?本当は『フレイル』かも
    加齢による衰え?本当は『フレイル』かも
    フレイルという言葉をご存知でしょうか。ごく簡単にいうと、高齢者が心身ともに弱くなっていく状態をいいます。高齢になれば足腰など弱くなるのが自然ですが、何もしなければ介護が必要な状態になってしまいます。できるだけ早くにフレイル状態に気づいて改善することで、要介護になるのを防ぐことができます。
    記事を見る
  • 【後編】仏教の癒しをいま、音楽に乗せて伝えたい。松島龍戒住職
    【後編】仏教の癒しをいま、音楽に乗せて伝えたい。松島龍戒住職
    最近女性を中心に神社・仏閣巡りがブームになり、雑貨屋でお洒落なご朱印帳を目にする機会も多くなりました。 前回に続き、高野山真言宗南山進流の龍源山功徳院(くどくいん)住職であり、一般社団法人 現代仏教音楽研究会 代表理事の松島龍戒さんにお話を伺いました。 松島住職は、多くの人に仏教の癒しを届けることを目指して、伝統仏教声楽「聲明(声明・しょうみょう)」を現代音楽とコラボレーションさせた「現代仏教音楽」を各所で演奏しています。 2018年1月には監修本『お坊さんが教える 新発見!日本の古寺』(三栄書房)も出版されています。 YouTubeで一部楽曲を聴くことができます。 @link{https://www.youtube.com/channel/UCZNXh4NWoz24jXzWETQHIEg}
    記事を見る
  • 通販有効活用のコツ!悩みの種のおむつ購入はこれで解決!
    通販有効活用のコツ!悩みの種のおむつ購入はこれで解決!
    今や高齢者や忙しい家族向けに、インターネットでほとんどの介護用品が購入できるようになりました。そんな介護用品の中でも消耗品として頻繁に買う必要のある『おむつ』。持ち運びはかさばるので気が重いですよね。今回はそんなおむつを玄関先まで届けてもらえる、インターネット通販利用のコツやおすすめ購入サイト(お店)をご紹介します。
    記事を見る