null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

終活|終末期を安らかに過ごすために、仏教の力を借りてみた

長い人生をどう生きるかとともに、最期のときをどう迎えるかは人生にとって大きな課題です。終末期のケアにおいて、日本人に馴染み深い仏教観を取り入れた「ビハーラケア」が最近注目されています。ここでは、ターミナルケアの1つである「ビハーラケア」についてまとめました。

ビハーラケアとは?

「ビハーラ」とはサンクスリット語で僧院、寺院、安住の場所などの意味を持ち、「ビハーラケア」は仏教の主体性・独自性に基づくターミナルケア(終末期医療・看護)が大きな特徴です。また、末期患者に対する苦痛緩和や癒しの支援活動は、患者本人だけでなく家族も対象にしています。ビハーラの意味には「終末期医療とその施設」を対象とした狭義のものだけでなく、「仏教者を主体とした社会活動」とする幅広い捉え方にも特徴がみられます。なお、ターミナルケアでは、キリスト教系の「ホスピス」が広く知られています。

ビハーラケアが必要とされるのは?

ターミナルケアには医療や看護の領域だけでは解決できないこともあり、日本人の生き方に合わせたケアの必要性が問われています。そのため、医療スタッフなどの医療チームにビハーラ(仏教者)が加わってケアを行う点に特徴があります。また、1998年に結成された「ビハーラ医療団」は、仏教を学ぶ医療関係者による全国的組織であり、その活躍ぶりが期待されています。

メディアで注目されるビハーラケア

ビハーラケアに関する話題は、医療関係の雑誌などでも取り上げられています。その1つに「緩和ケア」(2014年9月号)の「TOPIC 私のターミナルケアと看取りへの疑問とその解決の方向をさぐる-『ビハーラケアと日本的ケアの可能性』での提言」があります。また、「看護学雑誌」(58巻8号)には、特別記事「より日本的なターミナルケアを求めて ビハーラケアとは」が掲載されるなど、その注目度は上がっています。

ビハーラケアを行っている介護施設は

最初にビハーラケア病棟ができたのは新潟県長岡西病院です。1993年に設立されたこちらの病棟では、「3つの理念」に基づき、寿命を受け入れた上で限られた日々を穏やかに過ごすことができます。また、お釈迦様の仏堂を安置、常勤者の仏教者を中心に、地元僧侶の有志によるボランティア組織が各種仏教行事を行っています。他には、京都府のあそかビハーラ病院・愛媛県のグループホーム ルンビニーなど、数は少ないですが、全国に導入している施設があります。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 認知症でも仕事ができる!仕事をするためのコツ
    認知症でも仕事ができる!仕事をするためのコツ
    認知症と聞くと、何もかも忘れてしまうのではないかと思ってしまいがちですが、初期から重症化するまでには期間があります。「認知症=何もかも忘れてしまう、何もかもができなくなってしまう」ということではありませんので、初期段階で軽度の認知症であれば、十分に日常生活はできますし、仕事を続けられる可能性があります。
    記事を見る
  • 車椅子でも楽しめる!愛知県のイルミネーションスポット【4選】
    車椅子でも楽しめる!愛知県のイルミネーションスポット【4選】
    いよいよ今年も残すところあとわずかとなりました。街中をきらきらと輝かせるイルミネーションをご家族で楽しんではいかがでしょうか。今回は車椅子でも楽しめる愛知県のイルミネーションスポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 【お知らせ】『介護離職ゼロ』セミナー実施します!
    【お知らせ】『介護離職ゼロ』セミナー実施します!
    いつもマモリアニュースをご覧いただきありがとうございます。 この度、本サイト『mamoria』をご紹介するセミナーを実施することとなりましたので、お知らせいたします。
    記事を見る
  • ひょっとしたら認知症?気になる初期症状とチェックポイント
    ひょっとしたら認知症?気になる初期症状とチェックポイント
    厚生労働省の調査で、65歳以上の約15%が発症していると明らかになった認知症。認知症の初期症状は、物忘れや何度も同じ話をするなど、家族でもなかなか気づきにくいものです。認知症にはいくつかの種類があり、それに応じた対応をしなくてはなりません。今回は認知症のタイプ別初期症状とチェックポイントをご紹介します。
    記事を見る
  • 亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    1950年代以降、病院や介護施設等、自宅外で死を迎える割合は増加し続け、厚生労働省が発行した『平成29年 我が国の人口動態』では、2015年の自宅外死亡の割合は87.3%を占めています。 近年、感染・腐敗防止(エンバーミング※1)と、個人の葬送・遺族ケア、2つの目的を持つ、「エンゼル・ケア(※2)」が、遺族ケアの第一歩として注目され始めています。 今回は家族の最後の大切な時間を共に作る死化粧師として活動するキュア・エッセンス代表の宿原(じゅくはら)寿美子さんにお話を伺いました。 宿原さんは、法医学の復元方法を学び、死化粧師の後進育成、専門学校や医療・介護施設でのエンゼル・ケア講座も多数開催しています。 ※1:エンバーミング:薬品などを用いて防腐・保存のための処置を施すこと。特に遺体に対していう(三省堂大辞林) ※2:エンゼル・ケア:死亡した患者に看護師らが、遺族とともに、死者の旅立ちの準備を施すエンゼル・メイクなどの死後処置(『用例でわかるカタカナ新語辞典』出版/株式会社学研教育出版)
    記事を見る