null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

認知症高齢者が便をいじってしまうのはなぜ?「弄便」の原因と対策

家族が弄便をすると、家の汚れや悪臭に悩まされることになります。弄便への対策として重要なのは、発見したときの対応と事前の予防です。今回は弄便とはなにか、またその対策について紹介します。

弄便の症状とは?

便を手でいじって、屋内の床や壁などに擦りつけたりする行動を弄便と呼びます。認知症の人に見られる行動で、手で便をこねたり、口内に入れたりする場合もあります。オムツを脱いで、寝具や身体を汚すことも多いです。

弄便の原因は?

弄便の主な原因は、便が便であることを理解できないことです。排泄した後に不快感があってオムツを外すのですが、そこにあるのが便であると分からないのです。その結果、どうしたら良いのか分からずにいじってしまいます。

弄便を見つけときの対応

弄便の症状を発見したら、不快感を無くしてあげることが大切です。怒って注意することは避けましょう。風呂場に連れて行って、綺麗に洗ってあげてください。その後、汚れた屋内の掃除と消毒を行うと良いです。

効果的な予防方法

弄便はオムツの不快感によって起こる場合が多いです。そのため、トイレでの排便を促すことが予防になります。排便する前にトイレに導くことが重要です。ポータブルのトイレを近くに置いておくと便利です。トイレへの誘導を行うには、排便のタイミングを知る必要があります。排便前の力んでいる様子などを見逃さないように気を配りましょう。食後など特定のタイミングを決めて、誘導しても良いです。また、便がモレていることを不快に感じるケースもあるので、モレにくいオムツを使うのも効果的です。

介護者側の負担にも注意!

弄便の要介護者がいると、介護者や家族は悪臭や汚れが原因でストレスを感じることが多いです。そのため要介護者を叱ったり、声を荒げたりしてしまうこともあるでしょう。介護者が一人で抱え込むと、精神的に病んでしまうこともあります。そうなる前に、専門機関への相談や施設の利用も検討しましょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    大切な人がターミナル期に入ると、家族の緊張はピークに達し、その人にしてあげられることが限られていくことに悲しみを抱くことも多くあるのではないでしょうか。 少しでも穏やかに、安らかに過ごしてほしいと祈る思いを、直前まで機能が維持されるといわれる聴覚に訴えかけることのできる音楽で届ける方がいます。 今回は、リミナル・ハープ奏者の佐野正子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【まとめ】車椅子のレンタル 購入のメリット、デメリット比較
    【まとめ】車椅子のレンタル 購入のメリット、デメリット比較
    要介護度が上がるにつれて、必要になってくるのが車椅子です。要介護者の移動手段として、屋内外共に使用されることになる車椅子ですが、必要になった際には買うのか、借りるのか悩むという方もいます。今回は、車椅子を購入した場合とレンタルする場合のメリットとデメリットを比較していきます。
    記事を見る
  • ドキュメンタリー映画「いきたひ ~家族で看取る~」監督にインタビュー
    ドキュメンタリー映画「いきたひ ~家族で看取る~」監督にインタビュー
    「平成28年版高齢社会白書」の統計によると、「治る見込みがない病気になった場合、どこで最期を迎えたいか」について「自宅」が54.6%で最も多く、次いで「病院などの医療施設」が27.7%となっています。 今回は、映画「いきたひ ~家族で看取る~」監督の長谷川ひろ子さんにお話を伺いました。 長谷川さんは、ご自宅で4児の幼いお子さんと共に、ご主人を看取った記録映像を含む「みとりびと」のドキュメンタリー映画を製作されました。 この映画は2015年4月以来、2年間で180回以上もの自主上映・講演会が催され、全国に 上映の輪が広がっています。
    記事を見る
  • 買い物弱者を救う?有償ライドシェアの導入について
    買い物弱者を救う?有償ライドシェアの導入について
    過疎化で近くの商店が廃業したり撤退したりしたほか、足腰が弱くなって買い物に出かけられない人を買い物弱者・買い物難民と呼び、その数は推定600万人いると言われています。そんな買い物弱者を救う対策の検討が各所でなされていますが、有償ライドシェアもその一つです。今回は、有償ライドシェアとは何か、導入までの課題などをまとめました。
    記事を見る
  • 認知症があっても大丈夫”共感のギャップを埋める“VR認知症プロジェクト
    認知症があっても大丈夫”共感のギャップを埋める“VR認知症プロジェクト
    認知症を問題と定義するのではなく、認知症になっても生きやすい社会をつくろうとしている企業があります。認知症を体験できる「VR(※1)認知症プロジェクト」に取り組んでいる株式会社シルバーウッド。高齢者住宅の運営から、テクノロジーを用いたアプローチまで幅広く事業を展開しており、現在、注目を浴びています。今回は代表取締役下河原忠道様にお話を伺いました。
    記事を見る