null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【中国・四国】

楽しいGWもそろそろ間近。しかし、車椅子だと出かけるのにも一苦労、ということもあります。そこで、車椅子でも出かけられるおすすめスポットを、中国・四国地方でピックアップしてみました。バリアフリー対応で、ご家族みなさんで出かけられる安心のスポットです。

シーズン真っ盛りのいちご狩りを車椅子でも「いちご家おおもり」

旬のいちごを思う存分堪能できるいちご狩り。そんないちご狩りを実施しているいちご家おおもりは、伊予I.Cから車で20分のところにある人気のいちご園です。こちらで育てているいちごは、あきひめやさちのかなど全6種類あり、それぞれ甘く熟した状態のいちごを楽しむことができます。園内は完全バリアフリーになっており、車椅子はもちろんベビーカーでの利用も可能で、3世代家族におすすめです。また、車で5分の位置には夕陽の名所でもあるふたみシーサイド公園があり、レストランは車椅子でも利用することができます。

名前 いちご家おおもり
住所 〒799-3202 愛媛県伊予市双海町上灘甲9
アクセス 伊予I,Cから車で約20分
ふたみシーサイド公園から車で5分
HP http://ww91.tiki.ne.jp/~ichigoya/

バリアフリー浴槽もある日帰り温泉郷「湯原ふれあい交流センター」

岡山県の湯原温泉に位置する湯原ふれあい交流センターは、市営の日帰り温泉施設です。湯原温泉の泉質は無味無臭の弱アルカリ単純泉で、美肌に効果があるとされています。館内には内湯のほかにジャグジーやサウナがあるほか、バリアフリー浴槽が設けられていて家族みんなで楽しむことができます。その他休憩室やお土産コーナーもあり、湯上りにリラックスしながら館内を散策するのもよいでしょう。館内も完全バリアフリーになっていて、移動も楽々です。

※写真は湯原ふれあい交流センター様からお借りしています。
名前 湯原ふれあい交流センター
住所 〒717-0402 岡山県真庭市湯原温泉23-2
アクセス JR姫新線中国勝山駅/湯原温泉・蒜山高原行きバス35分/湯原温泉下車徒歩10分
米子自動車道湯原IC/車5分

駐車場:普通車3台、近くに市営駐車場(50台)有
HP http://www.yubara.com/

四季折々の花を眺めながら車椅子で散策「しまね花の郷」

山陰自動車道の出雲I.Cから車で10分のところにあるしまね花の郷は、四季折々の美しい花を堪能できる自然たっぷりのスポットです。広いスペースの一面に咲き誇る花を望めたり、花で絵を描いた模様花壇や緑豊かな小径を楽しみながら散策したりなど、楽しみ方はいろいろ。園内はすべてバリアフリーとなっているので段差はなく、車椅子でもゆっくりと自然を眺めて回ることができます。車椅子の貸し出しも行っていますから、現地に着いてから車椅子を調達してもOKです。また、子供がめいっぱい体を使って遊べる子供広場もあり、家族みんなでくつろげる空間です。

※写真はしまね花の郷様からお借りしています。
名前 しまね花の郷
住所 〒693-0037 島根県出雲市西新町二丁目1101-1
アクセス 山陰道出雲ICから車で5分
HP http://www.shimane-hananosato.com/

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 今話題になっているカジノ型デイサービスについて調べてみた
    今話題になっているカジノ型デイサービスについて調べてみた
    高齢者の認知症予防、ウェルビーイングと考えると、介護になってもその人らしい生活を続けてもらうことが重要です。その手段の一つとして、パチンコや麻雀などをして過ごす、カジノ型の介護施設(デイサービス)なども存在しています。このような施設に対して世間の評判や公的機関の対応はどうなのでしょうか。利用者本人たちがどう思っているのかも気になるところです。これらの施設の現状と、世間の見方についてまとめてみました。
    記事を見る
  • 要介護者を自立させる!【和光市の取り組み】
    要介護者を自立させる!【和光市の取り組み】
    介護資金は、要介護度が重度であればあるほど、利用者やその家族にとって大きな負担となります。しかし、要介護者が自立して生活していくことができれば、介護にかかる自己負担は減ります。そこで和光市が力を入れている、要介護者の自立に繫がる取り組みについてご紹介します。
    記事を見る
  • 【後編】30万部越ベストセラー『おかげさまで生きる』矢作直樹氏
    【後編】30万部越ベストセラー『おかげさまで生きる』矢作直樹氏
    「死を心配する必要はない」30万部を超えるベストセラー『おかげさまで生きる』の冒頭でそう語る矢作直樹・東京大学名誉教授。 2017年3月末まで東京大学医学部附属病院救急部・集中治療部部長を務め、生と死の境界線で命と向き合い続け、確信した“魂”の存在。 現在は執筆・講演活動、“日本のこころ”を取り戻すために「我が国のこころ塾」を主宰し、“いかに生きるか”を考える機会や日本の歴史・文化・伝統を学ぶ場を提供しておられます。 後編では、与えられた目の前の仕事に没頭し続けることを日々大切にする矢作名誉教授に『おかげさまで生きる』について、お話を伺いました。 前編はコチラ→『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方-矢作直樹氏インタビュー @link{https://mamoria.jp/clip/20170818/live}
    記事を見る
  • 大切な人を亡くした方が思いを語らう“癒しの場” ハグハワイ
    大切な人を亡くした方が思いを語らう“癒しの場” ハグハワイ
    大切な人との思い出は時間が経っても、それぞれの人生に大きな影響を与えることが多いのではないでしょうか。 死別直後の方や、何年も時間が経った方、それぞれが抱える喜びや悲しみを“死別”という体験をした者同士が安心して語り合える場所があります。 ハワイ生まれのNPO法人ハワイ日本語グリーフケア協会(通称:HUG Hawaii/ハグハワイ)です。 今回は、それぞれの思いを尊重してサポートしあう場を提供する、HUG Hawaii(ハグハワイ)東京ファシリテーターの内宮美知子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 介護初心者なら、介護講習会を受けてみよう
    介護初心者なら、介護講習会を受けてみよう
    いざ介護開始となっても、実際具体的にどうやって介護していいか戸惑うものです。そんな方に利用してほしいのが、自治体や介護施設が開催している家族向けの介護セミナーです。介護の相談ができるものや実際の介護のやり方を実技で学べるところもあります。ぜひ有効に活用しましょう。
    記事を見る