null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【九州】 【子どもと一緒】

九州には温泉をはじめ、豊かな自然や美味しい食べ物、テーマパークなどの観光スポットが豊富にあります。最近では、バリアフリー対応の施設が増加して、車椅子で観光を満喫できるようになりました。ここでは、GWに車椅子で楽しめる九州のお出かけスポットについてご紹介します。

貸し切りの温泉でゆったり「ホテルパーレンス小野屋」

車椅子で満喫できる温泉としておすすめなのが、福岡県の原鶴温泉にある“ホテルパーレンス小野屋”です。館内の“中央館”はバリアフリー仕様となっており、車椅子専用昇降機やバリアフリー対応の貸し切り風呂がありますので、ゆったりと温泉を楽しむことができます。車椅子の方でも安心して宿泊できるよう設計されたバリアフリールームでは、入り口から寝室、浴室まで車椅子のまま行き来することが可能で、電動ベッドも完備されています。

※写真はホテルパーレンス小野屋様からお借りしています。
名前 ホテルパーレンス小野屋
住所 〒838-1514 福岡県朝倉市杷木久喜宮1841-1
アクセス 大分自動車道杷木(はき)I.C. 5分
筑後吉井駅車で10分(送迎あり)
福岡(天神)より高速バスで60分杷木(はき)バス停から5分(送迎あり)

駐車場:150台
HP http://www.parens.jp/

車椅子でテーマパークを満喫「ハウステンボス」

小さなお子さんと一緒にテーマパークに行きたいけれど、車椅子だと不安に感じている方がいらっしゃるかもしれません。長崎県の“ハウステンボス”には、車椅子で楽しめるアトラクションがあります。ガイドマップには車椅子で利用可能な施設や、アトラクションが分かりやすく掲載されています。例えば、“白い観覧車”は車椅子のまま乗ることができますし、“アトラクションタウン”や”アートガーデン”のエリアでは、車椅子で利用ができるアトラクションが比較的多くあります。また、移動手段のパークバスやカナルクルーザーも車椅子の対応が可能となっています。パーク内外に車椅子利用可能なトイレが整備され、そのうち3カ所には簡易ベッドも付いています。


名前 ハウステンボスリゾート
住所 〒859-3243 長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1
アクセス 西九州自動車道佐世保大塔I.C.より
駐車場:6000台
九州各地からハウステンボス行きのバスツアーも毎日運行中
HP http://www.huistenbosch.co.jp/

優先エリアで水族館を満喫「大分マリーンパレス水族館 うみたまご」

車椅子で水族館を訪れたときに館内が混雑していて、水槽を眺めることができなかった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。大分県大分市の“大分マリーンパレス水族館 うみたまご ”では、各展示場所とパフォーマンスの観覧場所に車椅子の優先エリアが設けられているので、GWでも心配いりません。館内にはガイドスタッフが巡回していますので、困りごとがあるときにもすぐに対応してもらえます。館内はバリアフリー仕様となっており、駐車場から館内への移動がスムーズにできるほか、車椅子用トイレが館内に6カ所設けられています。

※写真は大分マリーンパレス水族館 うみたまご様からお借りしています。
名前 大分マリーンパレス水族館 うみたまご
住所 〒870-0802 大分県大分市大字神崎字ウト3078−22
アクセス 大分自動車道 別府I.C.
東九州自動車道大分I.C

駐車場:800台、第一駐車場に身障者専用駐車スペースが5台分あり
HP http://www.umitamago.jp/

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 親の介護と仕事の両立は難しい?両立するための3つのポイント
    親の介護と仕事の両立は難しい?両立するための3つのポイント
    いまや4人に1人が高齢者となった超高齢社会の日本において、介護は決して他人事ではありません。親が階段から落ちた、だんだん物忘れが始まってきた、脳卒中による突然の入院...など、ある日突然、親の介護が必要になることも珍しくありません。今日本では、介護と仕事の両立に悩む人がとても多く、仕事を辞めざるを得なくなった人も。ここでは介護を理由に仕事を辞めないほうがいい理由、介護と仕事の両立のために気を付けたいポイント、それでも仕事を辞めたいときに約束してほしいことをご紹介しようと思います。
    記事を見る
  • アプリで「住み慣れた地域とつながる。」新しい“見守りのカタチ”
    アプリで「住み慣れた地域とつながる。」新しい“見守りのカタチ”
    厚生労働省の「平成27年 国民生活基礎調査の概況」によると、高齢者(65歳以上)がいる2,372万世帯のうち、全体の57.8%を「単独、または夫婦のみ世帯」が占めているとの推計が発表され、家族だけでは支えきれない不安が浮き彫りになっています。 今回は、高齢者、家族、地域が携帯アプリでつながり、共に、無理なく助け合う。 新しいカタチの見守りサービスを創造する、リバティ・イノベーションの森社長にお話を伺いました。
    記事を見る
  • これが本当の終活?遺影の写真を写真館で撮る人増えてます
    これが本当の終活?遺影の写真を写真館で撮る人増えてます
    遺影は通常、亡くなったあとに家にあるスナップ写真から家族が選びますが、最近は「終活」ブームと連動して元気なうちに写真館で撮る高齢者が増えているそうです。今回は遺影の写真撮影をしている写真館とその特徴をご紹介します。
    記事を見る
  • 介護がつらい...。身体を楽にする古武術介護をご紹介!
    介護がつらい...。身体を楽にする古武術介護をご紹介!
    両親の介護を始めたばかりだと、どう接していいか分からないものです。身体を支えて動かす時も、つい力任せになったり慎重になったりと勝手が分かりません。自分で思っているよりも介護は身体に負担をかけます。一つ間違えばすぐに腰痛やぎっくり腰など自分が介護を受ける羽目になるかもしれません。そんな介護を楽にしてくれるのが古武術介護です。古武術介護のメリットについて紹介します。
    記事を見る
  • 加齢による衰え?本当は『フレイル』かも
    加齢による衰え?本当は『フレイル』かも
    フレイルという言葉をご存知でしょうか。ごく簡単にいうと、高齢者が心身ともに弱くなっていく状態をいいます。高齢になれば足腰など弱くなるのが自然ですが、何もしなければ介護が必要な状態になってしまいます。できるだけ早くにフレイル状態に気づいて改善することで、要介護になるのを防ぐことができます。
    記事を見る