null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【北海道・東北】【食べる】

日差しが暖かくなり、外に出かけるのが楽しみな季節となりました。ですが、車椅子だと出先の設備が不安でなかなか出かけられない、と感じている方も多いかもしれません。ここでは、GWに車椅子で安心して出かけられる、北海道・東北のおすすめのスポットをご紹介します。

みどりの牧場を満喫する「小岩井農場まきば園」

岩手県にある「小岩井農場まきば園」は、施設がほぼバリアフリーとなっており、車椅子でゆったりと散策が楽しめます。園内にあるレストラン・売店の「山麓館」・「牧場館(東屋)」や、軽食・スイーツの楽しめる「ミルク館」・「ソフトクリームハウス」などは車椅子で利用でき、それぞれの施設に車椅子利用可能なトイレが設けられています。新緑の季節にぴったりのスポットですよ。

※写真は越後の小岩井農場まきば園様からお借りしています。
名前 小岩井農場まきば園
住所 〒020-0507 岩手県岩手郡雫石町丸谷地36-1
アクセス 東北自動車道盛岡I.C.より約15分(12km)

駐車場:2,000台
盛岡駅前「10番」乗場より「小岩井農場まきば園行き」
または「網張温泉行き」バス乗車(約17km 約30分)
HP http://www.koiwai.co.jp/makiba/

うららかな日差しの下、桜を楽しむ「ゆにガーデン」

北海道夕張郡の「ゆにガーデン」は、四季折々の花が咲き乱れるハーブガーデンです。「幸せ」をテーマとして、15のガーデンエリアが設けられ、車椅子で快適に散策できます。4月下旬から「スプリングフラワー フェスタ」が、GW後半には「さくらまつり」も行われ、お花見にはもってこいです。施設内の5カ所のトイレは全て多目的トイレとなっているので、安心して出掛けられますね。また、施設内の3カ所のレストランも、すべて車椅子対応可能となっています。

※写真は越後のゆにガーデン様からお借りしています。
名前 ゆにガーデン
住所 〒069-1218 北海道夕張郡由仁町伏見134-2
アクセス ● 札幌から車で約50分
国道36号線 → 国道274号線または道道札幌夕張線/約40km
● 新千歳空港から車で約35分
国道337号線→国道274号線→国道234号線/約30km

駐車場:800台、障がい者用駐車スペースあり
HP http://www.yuni-garden.co.jp/

自然の中でアートを体感「札幌芸術の森」

「札幌芸術の森」は、緑豊かな丘陵地に広がる複合的な芸術施設です。「札幌芸術の森美術館」では、国内外の近現代美術や北海道ゆかりの作家の作品が展示され、「野外美術館」では、常設で74点の彫刻の展示が行われています。「札幌芸術の森美術館」では、車椅子で回れるほか、美術館内の喫茶店・トイレも車椅子で利用が可能です。また、野外美術館入口のチケット売り場では、野外美術館を車椅子で回れるモデルコースのマップが受け取れますので、ぜひ参考にしてください。その他、「芸術の森センター」内のレストラン・トイレも車椅子で利用ができます。


※写真は越後の札幌芸術の森様からお借りしています。
名前 札幌芸術の森
住所 〒005-0864 札幌市南区芸術の森2丁目75番地
アクセス 北広島ICより、国道36号線、道道341号線を常盤方面へ約21km
札幌北ICより、国道5号線を札幌駅方面に向い国道453号線にでて支笏湖方面へ約23km

駐車場:650台
HP http://artpark.or.jp/access/

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 車椅子生活を便利にするためのお役立ちグッズ・アプリまとめ
    車椅子生活を便利にするためのお役立ちグッズ・アプリまとめ
    両親が高齢になり、足腰が弱ってきたりすると、外出など移動も大変になってくる事でしょう。 そうなるとそろそろ車椅子を使った生活も考えていろいろと準備をする必要もでてくるのではないでしょうか。 しかしながら、いざ準備となると車椅子をはじめ、どのような物が必要になってくるのか考えてしまう人も多いのかもしれません。 そこで今回、車椅子生活を快適かつ便利に過ごせるためのグッズやアプリ、また最新の電動車椅子の特徴などを紹介していきます。
    記事を見る
  • 高齢者の「外食したい!」を叶える介護食対応のレストラン【関東近郊】
    高齢者の「外食したい!」を叶える介護食対応のレストラン【関東近郊】
    介護食とは、咀嚼(そしゃく)や嚥下(えんげ)の機能に合わせて、食事をとりやすいように調整された食事のことです。普段は自宅や施設で介護食をとられている方も外食だといつもと違った雰囲気で楽しめるかもしれませんね。今回は関東近郊で介護食を提供しているレストランをまとめてみました。
    記事を見る
  • 介護予防に力を入れているデイサービス【4選】
    介護予防に力を入れているデイサービス【4選】
    高齢化社会を迎えて、介護とともに、介護が必要にならないように予防することが重要であるという認識が広がりを見せています。今回は介護予防に重点を置いたデイサービスについてご紹介します。
    記事を見る
  • 圧倒的な「つけ心地」。整体×下半身美人ベルトの効果とは?
    圧倒的な「つけ心地」。整体×下半身美人ベルトの効果とは?
    日本では認知度の低い“骨盤臓器脱”は性器脱とも言われ、膀胱脱、子宮脱、直腸脱などの臓器が外に突出してしまう症状です。圧倒的に女性患者数が多く、海外の報告では女性の生涯羅患率が11.1%と報告されている文献もあります。 羞恥心から我慢を重ね、症状が進んでから病院を受診すると手術しかないと言われるケースが多いのが現状のようです。 今回は、独自開発の整体プログラムと“下半身美人ベルト”でメスを入れずに改善を目指す、バランス工房代表の岡林秀和さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【後編】30万部越ベストセラー『おかげさまで生きる』矢作直樹氏
    【後編】30万部越ベストセラー『おかげさまで生きる』矢作直樹氏
    「死を心配する必要はない」30万部を超えるベストセラー『おかげさまで生きる』の冒頭でそう語る矢作直樹・東京大学名誉教授。 2017年3月末まで東京大学医学部附属病院救急部・集中治療部部長を務め、生と死の境界線で命と向き合い続け、確信した“魂”の存在。 現在は執筆・講演活動、“日本のこころ”を取り戻すために「我が国のこころ塾」を主宰し、“いかに生きるか”を考える機会や日本の歴史・文化・伝統を学ぶ場を提供しておられます。 後編では、与えられた目の前の仕事に没頭し続けることを日々大切にする矢作名誉教授に『おかげさまで生きる』について、お話を伺いました。 前編はコチラ→『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方-矢作直樹氏インタビュー @link{https://mamoria.jp/clip/20170818/live}
    記事を見る