null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【東海】【歴史】

東海地方は、美味しい海の幸や山の幸、歴史的な名所に恵まれたエリア。お出かけを楽しめる場所も沢山あります。最近はバリアフリー対応の施設も増えてきているため、車椅子を利用している方でもお出かけしやすいでしょう。特にGWは気温も温かいため外出するにはぴったりではないでしょうか。そこで車椅子利用の方でも安心して利用できる、東海地方のおでかけスポットを見つけてみました。

素晴らしい美術品の数々に感動!「静岡県立美術館」

静岡県立美術館は静岡市内にある、美しい外観を持つ美術館です。日本画や西洋画、彫刻等、数多くの素晴らしい美術品が展示されているため、感動を覚えることでしょう。館内にはエレベーターやスロープが設置してあるため、快適に鑑賞ができます。車椅子の方対応の多目的トイレが各フロアにあるのも便利です。本館の中にはお洒落なレストラン、可愛いカフェがありバリアフリー対応となっています。ミュージアムショップも広々としているため車椅子でも通りやすく、買い物もしやすい環境となっています。

※写真は静岡美術館様のFacebookページからお借りしています。
名前 静岡県立美術館
住所 〒422-8002 静岡市駿河区谷田53-2
アクセス 東名静岡I.C.・東名清水I.C.・新東名新静岡I.C.からアクセス可能 JR草薙駅からワンコインバスで「県立美術館」
HP http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/

キレイな花々に癒される「名古屋港ワイルドフラワーガーデンブルーボネット」

名古屋市内にある「名古屋港ワイルドフラワーガーデンブルーボネット」は、美しい花々が観賞できる庭園です。園内は広々としており、車椅子でもゆっくりと見てまわることができます。車椅子に座ったままの状態で草木の鑑賞が楽しめる「立ち上がり花壇」があるのも魅力です。また、車椅子専用の駐車場スペースがあることや、園内にある建物の1階には全て車椅子対応のトイレが設けてあることで安心して利用ができます。テラスのあるレストランもバリアフリー対応となっており、花を眺めながら美味しい食事が楽しめます。

※写真は名古屋港ワイルドフラワーガーデンブルーボネット様からお借りしています。
名前 名古屋港ワイルドフラワーガーデンブルーボネット
住所 〒455-0028 名古屋市港区潮見町42番地
アクセス 伊勢湾岸自動車道名港潮見ICを降りて約5分
名古屋高速4号東海線船見ICを降りて約5分
水上バスもあり
HP http://www.wfg-bluebonnet.com/index.php

天気が良い日にお勧め!歴史溢れる「伊勢神宮」

三重県を代表する歴史スポット、伊勢神宮。自然溢れる霊験あらたかなスポットは、訪れるだけでも気分をリフレッシュしてくれることでしょう。階段でないと登れない場所もありますが、土宮や風宮など、車椅子で行ける場所も様々あるので車椅子利用の方もしっかりと参拝ができます。神宮内は砂利道等が多いため手動の車椅子よりも電動車椅子が適しており、北門にある外宮裏見張所では電動車椅子の貸し出しを無料で行っています。介助者が必要となりますが、速度が3段階選べるといった性能があるため参拝が快適なものなります。また、神宮にある駐車場には車椅子専用のスペースがありますし、各所に車椅子対応のお手洗いもあるので安心です。更に伊勢神宮には「外宮参道」と呼ばれる参道があり、多くの土産物屋や食事処があります。バリアフリー対応になっているお店も多いので、参拝後に買い物や食事が楽しめるでしょう。

名前 伊勢神宮
住所 内宮(皇大神宮)三重県伊勢市宇治館町1
外宮(豊受大神宮)三重県伊勢市豊川町279
アクセス 伊勢自動車道高速伊勢西I.C.より15分 伊勢駅より三重交通 路線バス【51系統・55系統】と周遊バス【CANばす】で10分
HP http://www.isejingu.or.jp/

世界遺産「白川郷荻町合掌造り集落」をのんびり散策

「白川郷荻町合掌造り集落」は日本にある世界遺産の1つ。情緒溢れる風景を一目見ようと多くの観光客が集まってきます。気候の良いGWに訪れるにはぴったりの場所でしょう。町の中にはあちらこちらにスロープが設けているため、車椅子でも移動がしやすいのが魅力です。お蕎麦や飛騨牛が味わえる食事処など、バリアフリー対応となっているお店が多くあるので車椅子でも気兼ねなく入店できます。車椅子対応のお手洗いや駐車場も数箇所に設置されているため安心です。

名前 白川郷荻町合掌造り集落
住所 〒501-5627 岐阜県大野郡白川村荻町2495-3
アクセス 東名高速荘川I.C.より50分 東海北陸自動車道白川郷I.C.よりすぐ
HP http://www.shirakawa-go.gr.jp/top/

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 【九州】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【九州】車椅子で行けるお花見スポット3選
    春は、土にも色とりどりの草花が芽吹いて、外に出るのが楽しみな季節です。 そんな春のイベントといえばお花見。お花見は、短い期間しか楽しめないからこそ、その年の思い出作りになります。今回は九州のなかから、車椅子で行っても楽しめるお花見のスポットを3か所ご紹介します。
    記事を見る
  • 5分100円の家事代行。つながりのインフラをつくる「御用聞き」の挑戦
    5分100円の家事代行。つながりのインフラをつくる「御用聞き」の挑戦
    今回は、高齢者の困りごとを5分100円から解決する家事代行サービスを行っている「株式会社御用聞き(@link{http://www.goyo-kiki.com/})」代表取締役社長の古市さんにお話を伺いました。文京区のNPOやNGO、行政、企業の3社をつなぐ活動をされているフミコムカフェ(@link{https://www.d-fumi.com/})にて取材を行わせていただきました。
    記事を見る
  • 喪失の哀しみを解放する専門家“グリーフ専門士”
    喪失の哀しみを解放する専門家“グリーフ専門士”
    今後の高齢社会に向けて、喪失の悲しみをケアする“グリーフケア”が注目されています。特に介護家族や医療・介護従事者へのケアは社会課題として顕在化することが見込まれ、各大学・研究機関での取組みが進められています。 今回は、大切な人との死別、加齢による身体機能の低下、怪我や病気など、様々な喪失による悲嘆を抱える人が、悲しみとともに自分らしく生きていけるように専門的立場からサポートする一般社団法人日本グリーフ専門士協会代表理事の井手敏郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 実際どのくらいの人が介護受給者なのか
    実際どのくらいの人が介護受給者なのか
    メディアやニュースで高齢化や介護について目にしない日は無いというくらい、超高齢化社会を迎えようとしている日本ですが、実際介護を必要としいている人はどのくらいいるのでしょうか。
    記事を見る
  • 料理しづらいと思ったら、調理器具を見直そう
    料理しづらいと思ったら、調理器具を見直そう
    高齢になると調理する際、重い鍋や柄の長い包丁など通常の調理器具を使い辛い、使うのが怖いと感じる可能性があります。高齢者にとって使いやすい調理器具とはどのようなものでしょうか。
    記事を見る