null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【信越・北陸】【散歩】

美しい自然や歴史的遺産に恵まれた信越・北陸地方は、お出かけを楽しんでみたいエリアの1つでしょう。親御さんと一緒にのんびり散策をするのにもピッタリです。そんな信越・北陸地方には車椅子でも安心して出かけることのできるスポットが様々あります。ここでは、そのスポットの幾つかをご紹介します。

新潟の食を満喫できる「ぽんしゅ館」!

お酒やお米、おそばなど、新潟の様々な食を楽しむことができる「ぽんしゅ館」は、新幹線「越後湯沢」駅の中にあります。駅には駐車場が完備されており西口にはスロープが設置されていますし、駅構内にあるお手洗いは車椅子対応となっているので安心です。また、館内には段差がほとんどないので、車椅子で快適に移動ができますよ。お酒のミュージアムではお酒の試飲ができますし、イートインコーナーではへぎそばや魚沼産のお米を食べることもできます。もちろん、色々な食材が販売されているので、買い物も楽しめます。

※写真は越後のお酒ミュージアムぽんしゅ館越後湯沢店様からお借りしています。
名前 越後のお酒ミュージアムぽんしゅ館越後湯沢店
住所 〒949-6101 新潟県南魚沼群湯沢町湯沢2472-3
アクセス 湯沢I.C.より車で5分
JR越後湯沢駅直通
HP http://www.ponshukan.com/

キレイな景観を楽しめる「松本城」でお散歩

美しい景観が魅力の松本城は、散歩を楽しむのに最適の場所でしょう。城内の全てとはいきませんが、内堀沿いの公園や本丸、二の丸といった多くの場所を車椅子で見てまわることができます。また車椅子対応のお手洗いも本丸や公園、駐車場とあちこちに設けてあります。食事や土産物等の買い物は城外にある「縄手通り」で楽しむことができ、信州そばやたい焼きなど、多くのお店がバリアフリー対応となっています。

※写真は松本城公式HP様からお借りしています。
名前 国宝 松本城
住所 〒390-0873 長野県松本市丸の内4番1号
アクセス 長野自動車道 松本ICから国道158号を松本市街地方面へ向かい約3km(約15分)
松本周遊バス「タウンスニーカー」北コース「松本城・市役所前」下車すぐ
HP http://www.matsumoto-castle.jp/

のびのびと買い物ができる「軽井沢プリンスショッピングプラザ」

「軽井沢プリンスショッピングプラザ」は、ブランドショップはもちろん、洋服や靴、雑貨等のお店が沢山入っているアウトレットモールです。道がキレイに整備されており、車椅子での移動も楽なため買い物を楽しむのに最適です。広々とした敷地にある建物は1階のみのため、エレベーターを探す必要がありません。モール内にあるお手洗いほぼ全てに、車椅子対応のトイレがあるのも魅力です。レストランやカフェもバリアフリーになっている場所が多いため、食事を快適に楽しむことができます。モール内はとても広いためシャトルバスが出ていますが、車椅子でも対応してくれるので安心です。

※写真は軽井沢プリンスショッピングプラザ様からお借りしています。
名前 軽井沢プリンスショッピングプラザ
住所 〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢
アクセス 上信越自動車道碓井軽井沢I.C.から車で15分
※混雑時は、松井田妙技I.C.からの利用も可能(ただし道幅が狭い)
HP http://www.karuizawa-psp.jp/page/

バリアフリーコースもある「兼六園」

日本の名勝であり、様々な美しい景色を眺めることのできる「兼六園」。花の見どころとしても有名で、六勝コースと呼ばれる車椅子でも利用できる散歩コースがあります。駐車場やお手洗いに車椅子利用者対応のものがきちんと設置されているため、安心して散歩を楽しむことができます。公園のすぐ近くには「石川観光物産館」と呼ばれる土産物屋や飲食店が入っている施設があります。こちらもバリアフリー対応となっているため、快適に美味しい食事や買い物を満喫することができます。

※写真は兼六園様からお借りしています。
名前 兼六園
住所 〒920-0937 石川県金沢市丸の内1番1号
アクセス 北陸自動車道 金沢西ICから約30分
北陸自動車道 金沢東ICから約30分
北陸自動車道 金沢森本ICから約20分
兼六園シャトルバス/レトロバス「城下まち金沢周遊」号などもあり
HP http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 意外と知らない!?自治体による高齢者向け配食サービスとは
    意外と知らない!?自治体による高齢者向け配食サービスとは
    高齢になればなるほど食事の用意は体力的負担になり、またコンロの火の消し忘れなど思わぬ事故に繋がる危険性も出てきます。 高齢者世帯に対し自治体によって配食をしてくれるサービスがあり、企業が提供する配食サービスより比較的安価に利用することができます。今回は自治体による配食サービスをいくつかご紹介します。今回紹介できない自治体でも配食サービスを実施しているところはたくさんあるので、調べてみてはいかがでしょうか。
    記事を見る
  • 車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【九州】 【子どもと一緒】
    車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【九州】 【子どもと一緒】
    九州には温泉をはじめ、豊かな自然や美味しい食べ物、テーマパークなどの観光スポットが豊富にあります。最近では、バリアフリー対応の施設が増加して、車椅子で観光を満喫できるようになりました。ここでは、GWに車椅子で楽しめる九州のお出かけスポットについてご紹介します。
    記事を見る
  • 【後編】仏教の癒しをいま、音楽に乗せて伝えたい。松島龍戒住職
    【後編】仏教の癒しをいま、音楽に乗せて伝えたい。松島龍戒住職
    最近女性を中心に神社・仏閣巡りがブームになり、雑貨屋でお洒落なご朱印帳を目にする機会も多くなりました。 前回に続き、高野山真言宗南山進流の龍源山功徳院(くどくいん)住職であり、一般社団法人 現代仏教音楽研究会 代表理事の松島龍戒さんにお話を伺いました。 松島住職は、多くの人に仏教の癒しを届けることを目指して、伝統仏教声楽「聲明(声明・しょうみょう)」を現代音楽とコラボレーションさせた「現代仏教音楽」を各所で演奏しています。 2018年1月には監修本『お坊さんが教える 新発見!日本の古寺』(三栄書房)も出版されています。 YouTubeで一部楽曲を聴くことができます。 @link{https://www.youtube.com/channel/UCZNXh4NWoz24jXzWETQHIEg}
    記事を見る
  • 【北海道・東北】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【北海道・東北】車椅子で行けるお花見スポット3選
    桜の季節になると老若男女を問わず心まで春めいて、お花見に出かけたいという気持ちになるものですよね。ご年配の方でも、寒い冬の季節は家の中に閉じこもりがちだったものの、春になってあたたかくなると外に出かけても良いかなと感じる人は多いでしょう。そこで、今回は車椅子に乗ったままでもお花見がしやすい北海道や東北地方のお花見スポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 介護認定の申請条件と不満が残った時にはどうすればいいの?
    介護認定の申請条件と不満が残った時にはどうすればいいの?
    介護サービスを受ける際には、介護認定が必要です。認定基準によって受けられるサービスが異なるため、本人や家族が納得できる認定を受けることが大切です。認定の仕組みや申請方法、不満が残った際の対応方法をご紹介します。
    記事を見る