null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【関西】【癒やし】

もうすぐGWがやってきます。どこにお出かけしようか考えている方も多いでしょう。中には、車椅子で出かけられるスポットはないだろうかと頭を悩ませている方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらでは、関西の車椅子OKのスポットを紹介します。この記事を参考にして、車椅子の方も含めご家族でGWを楽しんでください。

バリアフリー対応のロープウェイで「ハーブ園」へ

神戸市中央区の神戸布引ロープウェイを利用して山の頂上まで上り、降り立ったところに広がるのが神戸布引ハーブ園です。バリアフリー対応になっているロープウェイで、車椅子のまま楽々乗車することができます。山頂にある展望プラザや、女性に人気のバラが咲き乱れるローズシンフォニーガーデン、フレグランスガーデンなどはそのまま車椅子で回れますし、レストランやカフェも全てバリアフリーとなっています。歩道を下っていくときには、施設に備え付けの電動車椅子に乗り換えて散策することができます。

※写真は神戸布引ハーブ園様からお借りしています。
名前 神戸布引ハーブ園
住所 〒650-0002 兵庫県神戸市中央区北野町1-4-3
アクセス JR新幹線新神戸駅近くの駐車場(ANAクラウンプラザホテル神戸等)を利用し、 ロープウェイ「ハーブ園山麓駅」より約10分。ハーブ園山頂駅下車。
HP http://www.kobeherb.com/

完全バリアフリーであふれる自然に触れられる「あいとうマーガレットステーション」

季節の花や農作物などを楽しめる、あいとうマーガレットステーションは、車椅子で訪れても嬉しい完全バリアフリー対応です。GWの時期に開催されるイチゴ狩りの会場にも車椅子で入場できるようになっていますので、存分にイチゴ狩りを楽しむことができます。イチゴ狩りは45分食べ放題制ですが、先着順で人気の高いイベントですから、当日は早めに受付を済ませることをおすすめします。その他、甘く熟した温室メロンが販売されるなど、旬のフルーツを味わうこともできます。園内の建物の入口にはスロープがあるほか、車椅子用のトイレも設置してあります。車椅子専用の駐車場も用意されていて、安心して利用できるスポットです。

名前 あいとうマーガレットステーション
住所 〒527-0162 滋賀県東近江市妹町184-1
アクセス 名神高速八日市インターより約4.5km(約7分)
名神高速湖東三山スマートインター(ETC専用)より約6.5km(約10分)
名神高速彦根インターより約20km(約30分)
その他バスや電車でもアクセス可能
HP http://www.aito-ms.or.jp/

世界中の海の生き物を車椅子でも堪能できる定番の「海遊館」

「すべてのものは、つながっている」というコンセプトのもと、世界各国の海の生き物を環太平洋の位置関係を軸にして展示しているのが海遊館です。それはまさに太平洋の縮図とも言え、単に生き物を見るだけではなく、それらの関係性を通じて自然の雄大さを感じられる仕組みになっています。駐車場には車椅子専用スペースがあるほか、車椅子で入れるトイレも随所に設置されています。その他、混雑時には車椅子の方が観覧しにくくなってしまうことに考慮し、観覧場所に車椅子優先ゾーンが設けられていますので、GWのお出かけも心配いりません。

名前 海遊館
住所 〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1-1-10
アクセス 車 阪神高速湾岸線・大阪港線 : 「天保山」ICより約5分
その他バスや電車でもアクセス可能
HP http://www.kaiyukan.com/index.html

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 自宅で安心して看取る。看取り寄り添いナースとは?
    自宅で安心して看取る。看取り寄り添いナースとは?
    超高齢化社会が進む現在、自宅で最期を迎えたいと考える人が増えています。しかしひとり暮らしの高齢者も多く、家族は今まで誰かを看取ったという経験がなく、戸惑うことも少なくありません。そこで今回はその強力な助っ人となる看取り寄り添いナースについてまとめてみました。
    記事を見る
  • 今すぐ出来る!高齢者の転倒防止対策まとめ(自宅編)
    今すぐ出来る!高齢者の転倒防止対策まとめ(自宅編)
    転倒による骨折・ケガから介護が必要になる人は少なくありません。あらかじめ転倒しないような工夫が必要です。今回は今から実践できる転倒防止対策をご紹介します。
    記事を見る
  • プロと一緒に片づける。「お部屋とココロの整理収納アドバイス」
    プロと一緒に片づける。「お部屋とココロの整理収納アドバイス」
    平成26年度「高齢者の日常生活に関する意識調査」では「自分や配偶者の健康や病気への不安」が、最も多く67.6%を占めています。 具体的な不安の内容は、「体力の衰え」が62.2%、「認知症」が55.0%と続きます。 体力があるうちに、自分流儀の心地良く暮らせる環境作りをしておくことが、QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)向上に繋がるかもしれません。 今回は、対話重視のお片づけサービスを提供する、トトノエトトノウ代表、「お部屋とココロの整理収納アドバイザー」オオタニナオコさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 大切な人を亡くした方が思いを語らう“癒しの場” ハグハワイ
    大切な人を亡くした方が思いを語らう“癒しの場” ハグハワイ
    大切な人との思い出は時間が経っても、それぞれの人生に大きな影響を与えることが多いのではないでしょうか。 死別直後の方や、何年も時間が経った方、それぞれが抱える喜びや悲しみを“死別”という体験をした者同士が安心して語り合える場所があります。 ハワイ生まれのNPO法人ハワイ日本語グリーフケア協会(通称:HUG Hawaii/ハグハワイ)です。 今回は、それぞれの思いを尊重してサポートしあう場を提供する、HUG Hawaii(ハグハワイ)東京ファシリテーターの内宮美知子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • みんなが、みんなを助け合う場に。がん共同勉強会の取り組み
    みんなが、みんなを助け合う場に。がん共同勉強会の取り組み
    1981年以来、日本人の主な死因トップの座にあり続ける「がん」。国立がんセンターの統計では、全がんは60歳代から増加し、「高齢になるほど死亡率が高い」との統計が発表されています。 本日は、腫瘍内科医で『孤独を克服するがん治療〜患者と家族のための心の処方箋〜』の著者であり、患者さん同士が治療体験を話しあう場を提供し続ける、NPO法人宮崎がん共同勉強会理事長の押川勝太郎医師にお話を伺いました。
    記事を見る