null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【関西】【癒やし】

もうすぐGWがやってきます。どこにお出かけしようか考えている方も多いでしょう。中には、車椅子で出かけられるスポットはないだろうかと頭を悩ませている方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらでは、関西の車椅子OKのスポットを紹介します。この記事を参考にして、車椅子の方も含めご家族でGWを楽しんでください。

バリアフリー対応のロープウェイで「ハーブ園」へ

神戸市中央区の神戸布引ロープウェイを利用して山の頂上まで上り、降り立ったところに広がるのが神戸布引ハーブ園です。バリアフリー対応になっているロープウェイで、車椅子のまま楽々乗車することができます。山頂にある展望プラザや、女性に人気のバラが咲き乱れるローズシンフォニーガーデン、フレグランスガーデンなどはそのまま車椅子で回れますし、レストランやカフェも全てバリアフリーとなっています。歩道を下っていくときには、施設に備え付けの電動車椅子に乗り換えて散策することができます。

※写真は神戸布引ハーブ園様からお借りしています。
名前 神戸布引ハーブ園
住所 〒650-0002 兵庫県神戸市中央区北野町1-4-3
アクセス JR新幹線新神戸駅近くの駐車場(ANAクラウンプラザホテル神戸等)を利用し、 ロープウェイ「ハーブ園山麓駅」より約10分。ハーブ園山頂駅下車。
HP http://www.kobeherb.com/

完全バリアフリーであふれる自然に触れられる「あいとうマーガレットステーション」

季節の花や農作物などを楽しめる、あいとうマーガレットステーションは、車椅子で訪れても嬉しい完全バリアフリー対応です。GWの時期に開催されるイチゴ狩りの会場にも車椅子で入場できるようになっていますので、存分にイチゴ狩りを楽しむことができます。イチゴ狩りは45分食べ放題制ですが、先着順で人気の高いイベントですから、当日は早めに受付を済ませることをおすすめします。その他、甘く熟した温室メロンが販売されるなど、旬のフルーツを味わうこともできます。園内の建物の入口にはスロープがあるほか、車椅子用のトイレも設置してあります。車椅子専用の駐車場も用意されていて、安心して利用できるスポットです。

名前 あいとうマーガレットステーション
住所 〒527-0162 滋賀県東近江市妹町184-1
アクセス 名神高速八日市インターより約4.5km(約7分)
名神高速湖東三山スマートインター(ETC専用)より約6.5km(約10分)
名神高速彦根インターより約20km(約30分)
その他バスや電車でもアクセス可能
HP http://www.aito-ms.or.jp/

世界中の海の生き物を車椅子でも堪能できる定番の「海遊館」

「すべてのものは、つながっている」というコンセプトのもと、世界各国の海の生き物を環太平洋の位置関係を軸にして展示しているのが海遊館です。それはまさに太平洋の縮図とも言え、単に生き物を見るだけではなく、それらの関係性を通じて自然の雄大さを感じられる仕組みになっています。駐車場には車椅子専用スペースがあるほか、車椅子で入れるトイレも随所に設置されています。その他、混雑時には車椅子の方が観覧しにくくなってしまうことに考慮し、観覧場所に車椅子優先ゾーンが設けられていますので、GWのお出かけも心配いりません。

名前 海遊館
住所 〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1-1-10
アクセス 車 阪神高速湾岸線・大阪港線 : 「天保山」ICより約5分
その他バスや電車でもアクセス可能
HP http://www.kaiyukan.com/index.html

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 特別養護老人ホームの待機問題・入れない場合はどうなるの?
    特別養護老人ホームの待機問題・入れない場合はどうなるの?
    全国に52万人にも上ると言われる待機老人。その数は待機児童の約25倍の数に相当します。これほど多くの介護を必要とする高齢者が、さらに今後増えていくだろうと予想もされています。では、ご両親が特養にもし入れなかった場合は?対応をまとめました。
    記事を見る
  • 「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    日本では1991年に登場したと言われる「エンディングノート」。2012年の経済産業省の統計では70歳以上の作成意向は69.2%に上り、年々向上していると予測されます。 延命措置、介護、相続等について、もしもの時、代わりに意思決定を迫られる家族の心的負担を減らすための意思表示を目的に、認知度も向上しています。 今回は、誰しもに訪れる「死」をゴールに「いかに生きるか?」を子供から大人まで、世代問わず考えることができるエンディングノートを開発した「マンダラエンディングノート普及協会」代表の小野寺秀友さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 遠距離介護に便利!飛行機やタクシーなどの介護割引
    遠距離介護に便利!飛行機やタクシーなどの介護割引
    介護はなにかとお金がかかります、そんなときにはいろんなサービスの「介護割引」を使って上手に節約していきましょう。 今回は、遠距離介護にはとくに便利な、交通サービスの介護割引をご紹介します。
    記事を見る
  • 【PR】「脳トレ×コミュニケーション」新しいカタチのもの忘れ対策とは?
    【PR】「脳トレ×コミュニケーション」新しいカタチのもの忘れ対策とは?
    日本では高齢化が進むとともに認知症患者数が増加しており、今後もますます増えていくと考えられています。厚生労働省の推計では、65 歳以上の方の認知症有病率は15%、約462 万人となっており、高齢者の7 人に1 人が認知症有病者と言えます。現代の医学には認知症を完治させる治療法や薬はまだないと言われています。したがって認知症予防が非常に重要です。本日は、もの忘れ対策に関するサービス『脳レク』を展開する株式会社エストコーポレーションの脳レク事業部担当者の水谷さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 既存のショートステイを利用したユニマットの新規事業
    既存のショートステイを利用したユニマットの新規事業
    今回は介護事業者大手のユニマットが新たに行う介護事業についてご紹介します。
    記事を見る