null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

どうする?認知症になった場合の財産管理

高齢になると認知症の発症確率が高まります。その時に問題となるのが財産管理です。管理が難しくなった時にどのように手助けすべきか、家族が考えておく必要があります。リバースモゲージによる生活費の確保、成年後見人、市民後見人による管理など、様々な方法を知ることから始めてみましょう。

認知症になった場合の財産管理

認知症になると生活の多くの部分で支障が出てくることになりますが、その中でも財産管理というものは高度な知識と判断力が求められるため、困難になることが多い部分であるといえます。特に家族が離れて暮らしている場合、必要な契約が出来ないのは困りますし、かといって本人に任せたまま財産を失うようなことは避けなければなりません。

また、家族だからこそ財産管理でトラブルになるケースも見られます。家族がきめ細やかな支援をできないような状況であれば、プロに管理をお願いするという方法があります。また、市民の中から管理をお願いする方を探すという方法もあります。

さらに、持ち家があるけれども年金が少なく生活が立ち行かないようなときは家を貯蓄の一部と見立て、それを担保として生活資金を得るという方法もあるのです。こうした方法を使いながら、適切な財産管理ができるようにしていきましょう。

リバースモゲージについて

近年注目されている生活費の確保方法としてリバースモゲージがあります。これは、家を担保にして定期的に融資を受ける形です。年金のように融資を受け取ることが出来ます。月々の給付という形にしておけば、多額の貯蓄を詐欺などで失うリスクを減らせますし、浪費傾向のある高齢者に対する利用の制限もしやすくなります。家に住み続けたまま融資を受けることが出来るので、生きている間は今の生活を変えることがないのも大きなメリットです。

しかし、不動産の価格によって借りられる額が決まりますから、不動産の価値の上下によって給付が左右されがちであること、想定より長期間生存した場合に収入が打ち切られることなどデメリットも存在します。希望しても条件に合わなければ利用できないこともあります。定期的な生活費の確保を考えるのであれば、方法の一つとして検討してみたい制度です。

日常生活自立支援事業

本人にある程度認知能力が残っているけれど、細かい手続きや書類の管理などが難しい、という方のために、日常生活自立支援事業というものがあります。生活に必要な福祉サービスの利用、行政手続き、様々な契約や支払いについてなど、有料で手助けをしてくれる制度です。利用には本人にこのサービスを利用する意思があり、その点について判断できる必要があるという条件があります。

本格的な後見制度を利用するほどではないけれど、難しいことは自分でこなせるかどうか不安、という方に向いた事業です。各地域の社会福祉協議会などで行われており、自ら利用するほか、福祉サービスの支援に入っているケアマネージャーに紹介されて利用するケースも多いようです。

市民後見人と成年後見人

判断能力に問題があるとされた場合には、後見という制度を使います。裁判所を通して選定される後見人のほか、自ら契約して後見してもらう任意後見という方法もあります。これまでは成年後見人として、法律や福祉のプロが携わるケースが多い状況でした。弁護士や司法書士、社会福祉士などが成年後見人として活躍しています。しかし、プロの貢献では費用が高くなりがちなのが欠点でした。後見人のなり手も限られるという問題もあります。

そこで、広く市民が後見人となることを認めようとして登場したのが市民後見人です。専門性や倫理観が必要な仕事であり、大変ではありますが報酬はほとんど発生しません。これがどれだけ広がり機能していくかがこれからの日本の課題といえるでしょう。

まとめ

財産管理と一口に言っても、生活の細かな部分までカバーしなくてはならないので難しさがあります。認知症になってからではなく、なる前からのリサーチと話し合いが重要になります。財産管理を助けてくれるリバースモゲージや成年後見制度などを上手に用いながら、本人の暮らしを支える方法を模索していきましょう。トラブルを防ぐため、たとえ後見人にお願いするとしても、任せっぱなしではなくきちんと家族もかかわっていくという姿勢も必要となります。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 介護保険を利用して住宅改修。介護しやすい家にしよう!
    介護保険を利用して住宅改修。介護しやすい家にしよう!
    介護がはじまったり、車椅子生活になると、今まで住んでいた家のちょっとした構造が移動の負担になったり、転倒などのケガにつながる場合があります。今回は介護保険を利用した住宅改修ノウハウについてご紹介します。
    記事を見る
  • 最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    故人との最後のお別れである「葬儀」が年々多様化しています。生前葬、家族葬、自由葬、直葬など価値観の多様化に伴い「自分らしい最後」も色々な選択肢が出てきています。 今回は、単に簡素化を目的とせず、形式や時間に縛られず故人とゆっくりお別れをする「自宅葬」を提案する、株式会社鎌倉自宅葬儀社の馬場翔一郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • ケアプランは自分で作れる!知っておきたい自己作成事情
    ケアプランは自分で作れる!知っておきたい自己作成事情
    介護サービスを利用する上で必要なケアプラン。一般的にはケアマネに作成依頼するものですが、実は自分や家族が作成できることを知っていますか?手間はかかりますが、自分が受けたい介護サービスを選ぶことは「自分らしく」生きることにつながります。今回は自分でケアプランを作ることのメリットや作成時に気を付けるポイントをお伝えします。
    記事を見る
  • “終活大学”の学生になって終活のオモテウラを楽しく学ぼう!
    “終活大学”の学生になって終活のオモテウラを楽しく学ぼう!
    長寿国日本の平均寿命は今年、男女とも過去最高を更新し、男性80.75歳、女性86.99歳と発表されました。(厚生労働省 第22回生命表) 平均寿命は今後も伸びると予測される中、自分自身の人生の幕引きの準備と共に、介護・医療・葬儀・埋葬の準備について、選ぶ側の知識と選別眼がより重要になってくると思われます。 今回は、全体像が見えにくい終活について、業界のウラ事情も含めて、みんなでたのしく講義形式で学ぶことができる“終活大学”を主催するNPO法人終活サポートセンター理事の水上由輝德さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 介護がつらい...。身体を楽にする古武術介護をご紹介!
    介護がつらい...。身体を楽にする古武術介護をご紹介!
    両親の介護を始めたばかりだと、どう接していいか分からないものです。身体を支えて動かす時も、つい力任せになったり慎重になったりと勝手が分かりません。自分で思っているよりも介護は身体に負担をかけます。一つ間違えばすぐに腰痛やぎっくり腰など自分が介護を受ける羽目になるかもしれません。そんな介護を楽にしてくれるのが古武術介護です。古武術介護のメリットについて紹介します。
    記事を見る