null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

病院からの自宅復帰までをサポートする「老健」って?

骨折をして入院をすると、すぐに家に戻って以前の生活をするのは難しいですよね。そんなときに利用したいのが、介護老人保健施設(通称:老健)です。どういったサービスが利用できるのか、そのメリット・デメリットを見てみましょう。

施設サービス3種類

老健は介護保健上、施設サービスに位置付けられています。他には特別養護老人ホーム(通称:特養)、介護療養型医療施設(通称:療養型)が存在します。それぞれ異なる役割を担っており、老健は在宅に戻るまでの繋ぎとして、特養は終の住処として、療養型は専門的な医療処置が必要な方向けといった具合です。ちなみに療養型は今後段階的に廃止されていく見込みとなっています。

老健は在宅復帰が原則

老健の特徴は、在宅復帰を目指す施設であることです。他の施設サービスと異なり、家に帰って生活できるように、リハビリに重点を置いています。そのため理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などが在籍しており、それぞれの利用者の状態に応じたリハビリを行っています。

老健のメリットとは?

老健に入所するメリットは大きく2つあります。一つは、専門的なリハビリテーションを短期間で集中的に受けられること。先に挙げたような専門職が協働で、毎日リハビリを実施してくれるので、回復の目処が立ちやすいのです。もう一つは、母体が医療法人であり、同じ法人内の病院と連携しているという点でしょう。結果として、病院から自宅生活までの道筋を作ってくれるのです。

デメリットはなに?

一方でデメリットも存在します。一つは施設サービスとはいえ、在宅復帰が原則のため、利用期間が限られていること。原則は3ヶ月であり、その期間内に思った通りに回復できない場合でも、次の行き先を探す必要に迫られます。もう一点費用の問題もあります。在宅で訪問リハビリや通所リハビリを利用するのに比べて、宿泊もするため費用が高額になりがちです。また、部屋の空きがなければ入所できませんから、希望通りに入れない可能性があるのも、デメリットといえるでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 介護初心者なら、介護講習会を受けてみよう
    介護初心者なら、介護講習会を受けてみよう
    いざ介護開始となっても、実際具体的にどうやって介護していいか戸惑うものです。そんな方に利用してほしいのが、自治体や介護施設が開催している家族向けの介護セミナーです。介護の相談ができるものや実際の介護のやり方を実技で学べるところもあります。ぜひ有効に活用しましょう。
    記事を見る
  • 親の介護の悩みは一人で抱え込まないで!頼りになる相談先、解消方法
    親の介護の悩みは一人で抱え込まないで!頼りになる相談先、解消方法
    介護を続けていると、介護をしている人のほうが、精神的・肉体的に参ってしまうことも多々あります。特に精神的なストレスは、介護の天敵。ストレスに上手く対処することは、介護を続けていく上で欠かせない技術です。ここでは介護ストレスを抱えている人にぜひ試してもらいたい、ストレスや悩みの解消方法や相談先について紹介します。
    記事を見る
  • 知っておけばもう安心!遠距離介護のポイント解説
    知っておけばもう安心!遠距離介護のポイント解説
    仕事や家庭の都合で、遠距離介護の必要に迫られることも少なくありません。常に目を配れないため不安が伴いがちですが、ポイントを押さえておけば遠距離介護でも安心です。また無理な呼び寄せは、逆に両者にとって負担になる可能性もあります。 遠距離介護の例やポイント、呼び寄せ症候群などについて紹介します。
    記事を見る
  • 【お知らせ】『介護離職ゼロ』セミナー実施します!
    【お知らせ】『介護離職ゼロ』セミナー実施します!
    いつもマモリアニュースをご覧いただきありがとうございます。 この度、本サイト『mamoria』をご紹介するセミナーを実施することとなりましたので、お知らせいたします。
    記事を見る
  • 【中国・四国地方】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【中国・四国地方】車椅子で行けるお花見スポット3選
    高齢者の方も足が不自由になると、車椅子に頼ることになり、お花見に行くのは無理なのではと考えている人もいるかもしれません。しかし、最近の公園はバリアフリー化も進み、車椅子でも快適に花見ができるのです。そんな、花見が楽しめる公園を厳選して3つ紹介します。
    記事を見る