null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

病院からの自宅復帰までをサポートする「老健」って?

骨折をして入院をすると、すぐに家に戻って以前の生活をするのは難しいですよね。そんなときに利用したいのが、介護老人保健施設(通称:老健)です。どういったサービスが利用できるのか、そのメリット・デメリットを見てみましょう。

施設サービス3種類

老健は介護保健上、施設サービスに位置付けられています。他には特別養護老人ホーム(通称:特養)、介護療養型医療施設(通称:療養型)が存在します。それぞれ異なる役割を担っており、老健は在宅に戻るまでの繋ぎとして、特養は終の住処として、療養型は専門的な医療処置が必要な方向けといった具合です。ちなみに療養型は今後段階的に廃止されていく見込みとなっています。

老健は在宅復帰が原則

老健の特徴は、在宅復帰を目指す施設であることです。他の施設サービスと異なり、家に帰って生活できるように、リハビリに重点を置いています。そのため理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などが在籍しており、それぞれの利用者の状態に応じたリハビリを行っています。

老健のメリットとは?

老健に入所するメリットは大きく2つあります。一つは、専門的なリハビリテーションを短期間で集中的に受けられること。先に挙げたような専門職が協働で、毎日リハビリを実施してくれるので、回復の目処が立ちやすいのです。もう一つは、母体が医療法人であり、同じ法人内の病院と連携しているという点でしょう。結果として、病院から自宅生活までの道筋を作ってくれるのです。

デメリットはなに?

一方でデメリットも存在します。一つは施設サービスとはいえ、在宅復帰が原則のため、利用期間が限られていること。原則は3ヶ月であり、その期間内に思った通りに回復できない場合でも、次の行き先を探す必要に迫られます。もう一点費用の問題もあります。在宅で訪問リハビリや通所リハビリを利用するのに比べて、宿泊もするため費用が高額になりがちです。また、部屋の空きがなければ入所できませんから、希望通りに入れない可能性があるのも、デメリットといえるでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • がん治療で注目の「緩和ケア」とは?
    がん治療で注目の「緩和ケア」とは?
    がんの緩和ケアをご存知でしょうか。緩和ケアとは、病気に伴う心と体の痛みを和らげるために行われる対処方で初期からケアを行うことにより治療に必要な体力と気力の低下を防ぐ効果があるとされています。今回は緩和ケアについてまとめました。
    記事を見る
  • 介護離婚を避けるために、夫が知るべき心構え5か条
    介護離婚を避けるために、夫が知るべき心構え5か条
    親の介護をめぐるトラブルに苛まれ、それまで仲のよかった夫婦であっても離婚という結果に至ってしまうケースが近年増えています。一生を誓ったパートナーを失うということはその後の人生の行き先にも影響しますから、介護によって離婚ということにならないために大切なポイントを押さえておきましょう。
    記事を見る
  • 注意!よくある高齢者をターゲットに対する詐欺
    注意!よくある高齢者をターゲットに対する詐欺
    高齢者に対する詐欺事件が多く発生しています。自分は騙されないと思っている人でも引っかかってしまうケースも多いようです。高齢者ならではの介護などの不安に付け込んだ事件も多いです。現在どういった事件が多く起きているのか知っておきましょう。
    記事を見る
  • さまざまなサービスがうけられる!小規模多機能型居宅介護とは?
    さまざまなサービスがうけられる!小規模多機能型居宅介護とは?
    通常、自宅に居ながら介護サービスを受ける場合、訪問介護のヘルパー・デイサービスのスタッフなど関わる人はそれぞれ違い、ストレスを感じる高齢者もいます。小規模多機能型居宅介護ではどんな介護サービスも一つの施設のスタッフから受けることができます。
    記事を見る
  • 亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    1950年代以降、病院や介護施設等、自宅外で死を迎える割合は増加し続け、厚生労働省が発行した『平成29年 我が国の人口動態』では、2015年の自宅外死亡の割合は87.3%を占めています。 近年、感染・腐敗防止(エンバーミング※1)と、個人の葬送・遺族ケア、2つの目的を持つ、「エンゼル・ケア(※2)」が、遺族ケアの第一歩として注目され始めています。 今回は家族の最後の大切な時間を共に作る死化粧師として活動するキュア・エッセンス代表の宿原(じゅくはら)寿美子さんにお話を伺いました。 宿原さんは、法医学の復元方法を学び、死化粧師の後進育成、専門学校や医療・介護施設でのエンゼル・ケア講座も多数開催しています。 ※1:エンバーミング:薬品などを用いて防腐・保存のための処置を施すこと。特に遺体に対していう(三省堂大辞林) ※2:エンゼル・ケア:死亡した患者に看護師らが、遺族とともに、死者の旅立ちの準備を施すエンゼル・メイクなどの死後処置(『用例でわかるカタカナ新語辞典』出版/株式会社学研教育出版)
    記事を見る