null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

病院からの自宅復帰までをサポートする「老健」って?

骨折をして入院をすると、すぐに家に戻って以前の生活をするのは難しいですよね。そんなときに利用したいのが、介護老人保健施設(通称:老健)です。どういったサービスが利用できるのか、そのメリット・デメリットを見てみましょう。

施設サービス3種類

老健は介護保健上、施設サービスに位置付けられています。他には特別養護老人ホーム(通称:特養)、介護療養型医療施設(通称:療養型)が存在します。それぞれ異なる役割を担っており、老健は在宅に戻るまでの繋ぎとして、特養は終の住処として、療養型は専門的な医療処置が必要な方向けといった具合です。ちなみに療養型は今後段階的に廃止されていく見込みとなっています。

老健は在宅復帰が原則

老健の特徴は、在宅復帰を目指す施設であることです。他の施設サービスと異なり、家に帰って生活できるように、リハビリに重点を置いています。そのため理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などが在籍しており、それぞれの利用者の状態に応じたリハビリを行っています。

老健のメリットとは?

老健に入所するメリットは大きく2つあります。一つは、専門的なリハビリテーションを短期間で集中的に受けられること。先に挙げたような専門職が協働で、毎日リハビリを実施してくれるので、回復の目処が立ちやすいのです。もう一つは、母体が医療法人であり、同じ法人内の病院と連携しているという点でしょう。結果として、病院から自宅生活までの道筋を作ってくれるのです。

デメリットはなに?

一方でデメリットも存在します。一つは施設サービスとはいえ、在宅復帰が原則のため、利用期間が限られていること。原則は3ヶ月であり、その期間内に思った通りに回復できない場合でも、次の行き先を探す必要に迫られます。もう一点費用の問題もあります。在宅で訪問リハビリや通所リハビリを利用するのに比べて、宿泊もするため費用が高額になりがちです。また、部屋の空きがなければ入所できませんから、希望通りに入れない可能性があるのも、デメリットといえるでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 通販有効活用のコツ!悩みの種のおむつ購入はこれで解決!
    通販有効活用のコツ!悩みの種のおむつ購入はこれで解決!
    今や高齢者や忙しい家族向けに、インターネットでほとんどの介護用品が購入できるようになりました。そんな介護用品の中でも消耗品として頻繁に買う必要のある『おむつ』。持ち運びはかさばるので気が重いですよね。今回はそんなおむつを玄関先まで届けてもらえる、インターネット通販利用のコツやおすすめ購入サイト(お店)をご紹介します。
    記事を見る
  • 薬の飲み忘れ危険!服薬支援サービスの内容とは?
    薬の飲み忘れ危険!服薬支援サービスの内容とは?
    高齢になるにつれ、様々な持病や疾患が生じ、毎日の薬が欠かせなくなる場合があります。そんな時、正しい種類・量の薬を正しい時間に服用することが重要になります。しかし高齢者にとって服薬管理は難しく、1度の失敗が生命に関わることもあります。そのような状況を受け、居宅療養管理指導を始めとする服薬支援のサービスが充実しつつあります。
    記事を見る
  • 【前編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    【前編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    2017年6月に公表された厚生労働省「保険医療2035」での提言では、当年の「総合診療医」資格化に向けて、質の担保・人材育成、地域主体の保険医療再編の重要性等に関するレポートが発表されました。 今回は「一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会」理事、めぐみ在宅クリニック院長の小澤竹俊先生に「解決できない苦しみ」といかに向き合うか、お話を伺いました。 「スピリチュアルな苦しみに対する具体的援助」の普及に取り組んでおられます。
    記事を見る
  • 限界が来る前に!自宅で介護をするコツをご紹介
    限界が来る前に!自宅で介護をするコツをご紹介
    現在の日本は、全人口の約13%が75歳以上の後期高齢者という超高齢社会を迎えています。その結果、大きな社会問題になっているのが介護の問題です。長年に渡る身内の介護の結果、体力的及び精神的に追い詰められて、不幸な事件に結びついている例も少なくありません。そのような事態を回避するために何を行うべきなのか、そのコツをご紹介します。
    記事を見る
  • 相談・知る事が正しい選択を生む。スキルス胃がんのこと
    相談・知る事が正しい選択を生む。スキルス胃がんのこと
    2016年の国立がんセンターによる『最新がん統計予測』で、近年減少傾向にあった患者数が増加予測に転じた「胃がん」。 胃がんの10%前後を占めると言われる「スキルス胃がん」は、自覚症状がほとんどなく、胃壁の中をしみこむように浸潤するため、内視鏡検査でも見つけにくいことが特徴です。 今回は、スキルス胃がんの早期発見・治療のために活動を続ける、がん患者団体「認定NPO法人 希望の会」理事長の轟浩美さんにお話を伺いました。 轟さんは「みいクリニック がんサバイバーシップ室長」として、がん患者さんとご家族の不安を和らげ、理解を促す場づくりにもご尽力されています。
    記事を見る