null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

この春からはおくすり手帳を持って薬局へ!知っておくべき薬の節約術

高齢になると高血圧や糖尿病などの生活習慣病で定期的に病院のお世話になる人が多いのではないでしょうか。病院にかかるとき、ちょっとでもお薬代が浮けば嬉しいかも...実はこの4月から「おくすり手帳」を持っていくだけで可能になりそうです。具体的に紹介していきましょう。

2016年の4月から調剤報酬制度が改定

病院や薬局で支払う医療費の中の調剤報酬制度が2016年の4月から改訂が行われます。その中には、おくすり手帳を持っている場合の料金についての改定が含まれているのです。おくすり手帳を持っているか、持っていないかで料金が変わってきます。

これまでの薬局の料金の仕組み

薬局で支払うお金は、薬の料金と考えている人も多いかもしれません。しかし、領収証をよく見てみると、”調剤技術料“や”薬学管理料”などの項目があるはず。これらは、薬剤師に対して、薬の飲み方の指導や説明を行ってくれる"技術料"として支払っていました。おくすり手帳もこの技術料に含まれていて、70円の技術料、75歳以上の高齢者であれば1回あたり7円の実質負担となっていました。

今後はこう変わる

2016年の4月からの調剤報酬制度改定により、薬剤服用履歴管理指導料として、500円が設定されることになりましたが、おくすり手帳を持参すると380円に割引されることもあわせて決定されました。これまでは、おくすり手帳を持って行くと7円分損であったのが、これからはおくすり手帳を持って行った方が120円の割引、実質負担額に換算すると12円分の割引が受けられることとなったのです。ただし、手帳を持って行くことによる減額が適用されるのは、“6カ月以内に同じ薬局で調剤を受けたとき”のみになるので注意が必要です。

これからはおくすり手帳を持って薬局に行こう

これまで、おくすり手帳を持って行ったら取られていた7円の技術料が、4月からは逆に12円お特になります。また、おくすり手帳は、自分の飲んでいる薬の履歴が記載された大切な情報です。これからはおくすり手帳を大切に保管して、薬局に行く際には必ず提示するようにしたいものです。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 要介護者を自立させる!【和光市の取り組み】
    要介護者を自立させる!【和光市の取り組み】
    介護資金は、要介護度が重度であればあるほど、利用者やその家族にとって大きな負担となります。しかし、要介護者が自立して生活していくことができれば、介護にかかる自己負担は減ります。そこで和光市が力を入れている、要介護者の自立に繫がる取り組みについてご紹介します。
    記事を見る
  • “やさしい腸活“で心身をスッキリほぐす「腸律セラピー」
    “やさしい腸活“で心身をスッキリほぐす「腸律セラピー」
    排泄は高齢者にとって、QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)や尊厳に関わる非常に重要な要素です。排泄ケアが必要になると、在宅生活の継続が困難になるケースも多く、未病ケアや自立支援の発展に期待が寄せられています。 また、平成25年度国民生活基礎調査による便秘人口分布によると、60代から男女共に便秘の有訴者数が増えています。 今回は、自分で腸のケアができるようになる「セルフ腸ほぐし」の指導にも力を入れている、腸律セラピーサロンセラピーエ代表の小澤かおりさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 介護がつらい...。身体を楽にする古武術介護をご紹介!
    介護がつらい...。身体を楽にする古武術介護をご紹介!
    両親の介護を始めたばかりだと、どう接していいか分からないものです。身体を支えて動かす時も、つい力任せになったり慎重になったりと勝手が分かりません。自分で思っているよりも介護は身体に負担をかけます。一つ間違えばすぐに腰痛やぎっくり腰など自分が介護を受ける羽目になるかもしれません。そんな介護を楽にしてくれるのが古武術介護です。古武術介護のメリットについて紹介します。
    記事を見る
  • え、家が美容室に!?高齢者向け訪問サービスで清潔感を持って暮らす
    え、家が美容室に!?高齢者向け訪問サービスで清潔感を持って暮らす
    高齢者は外出が難しくなることが多くなります。そのため、若いころなら普通にできていたことが困難になるというケースも出てきます。家に閉じこもりがちになり他人と触れ合う機会も少なくなり、生きがい等も失われていきます。こうしたときに訪問サービスが暮らしの質を高める役に立つのです。
    記事を見る
  • 遠距離介護で困ったら徹底サポート -NPO法人海を越えるケアの手
    遠距離介護で困ったら徹底サポート -NPO法人海を越えるケアの手
    仕事と介護の両立第4弾!今回は、最近多くの企業が会員登録をされている、働く介護者のための介護のトータルコーディネートを提供する「NPO法人海を越えるケアの手」をご紹介いたします!代表の勝部様、事務局の入谷様にお話をお伺いしました。
    記事を見る