null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

この春からはおくすり手帳を持って薬局へ!知っておくべき薬の節約術

高齢になると高血圧や糖尿病などの生活習慣病で定期的に病院のお世話になる人が多いのではないでしょうか。病院にかかるとき、ちょっとでもお薬代が浮けば嬉しいかも...実はこの4月から「おくすり手帳」を持っていくだけで可能になりそうです。具体的に紹介していきましょう。

2016年の4月から調剤報酬制度が改定

病院や薬局で支払う医療費の中の調剤報酬制度が2016年の4月から改訂が行われます。その中には、おくすり手帳を持っている場合の料金についての改定が含まれているのです。おくすり手帳を持っているか、持っていないかで料金が変わってきます。

これまでの薬局の料金の仕組み

薬局で支払うお金は、薬の料金と考えている人も多いかもしれません。しかし、領収証をよく見てみると、”調剤技術料“や”薬学管理料”などの項目があるはず。これらは、薬剤師に対して、薬の飲み方の指導や説明を行ってくれる"技術料"として支払っていました。おくすり手帳もこの技術料に含まれていて、70円の技術料、75歳以上の高齢者であれば1回あたり7円の実質負担となっていました。

今後はこう変わる

2016年の4月からの調剤報酬制度改定により、薬剤服用履歴管理指導料として、500円が設定されることになりましたが、おくすり手帳を持参すると380円に割引されることもあわせて決定されました。これまでは、おくすり手帳を持って行くと7円分損であったのが、これからはおくすり手帳を持って行った方が120円の割引、実質負担額に換算すると12円分の割引が受けられることとなったのです。ただし、手帳を持って行くことによる減額が適用されるのは、“6カ月以内に同じ薬局で調剤を受けたとき”のみになるので注意が必要です。

これからはおくすり手帳を持って薬局に行こう

これまで、おくすり手帳を持って行ったら取られていた7円の技術料が、4月からは逆に12円お特になります。また、おくすり手帳は、自分の飲んでいる薬の履歴が記載された大切な情報です。これからはおくすり手帳を大切に保管して、薬局に行く際には必ず提示するようにしたいものです。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 介護予防に力を入れているデイサービス【4選】
    介護予防に力を入れているデイサービス【4選】
    高齢化社会を迎えて、介護とともに、介護が必要にならないように予防することが重要であるという認識が広がりを見せています。今回は介護予防に重点を置いたデイサービスについてご紹介します。
    記事を見る
  • 認知症のひと集まれ!最近話題の認知症カフェとは?
    認知症のひと集まれ!最近話題の認知症カフェとは?
    認知症カフェとは、認知症の方やその家族、介護・医療従事者、地域の人々が集い、交流や情報交換を行うカフェのことです。ヨーロッパではじまり、日本では全国で約30か所ほどあり、年々増加傾向にあります。今回は認知症カフェとは何か、その特徴をまとめました。
    記事を見る
  • 物忘れ外来ってどんなところ?
    物忘れ外来ってどんなところ?
    物忘れには正常加齢によるものと病的認知症の初期段階であるものがあり、早期診断が重要となります。物忘れ外来では、ちょっとした物忘れが病的認知症によるものかどうかを診断し治療を行います。今回は物忘れ外来の特徴や受診のポイントについてご紹介します。
    記事を見る
  • 改めて知っておきたい、入れ歯の役割
    改めて知っておきたい、入れ歯の役割
    高齢になるにつれ、歯や口腔機能の老化も進行していきます。口腔機能を維持することは体全体の健康を維持するために軽視できません。今回は、高齢者の口腔機能の健康維持を助ける入れ歯についてまとめました。
    記事を見る
  • いつ起こるかわからない自然災害、要介護者がいる家庭に必要な備えとは?
    いつ起こるかわからない自然災害、要介護者がいる家庭に必要な備えとは?
    地震や津波、台風などの自然災害はいつどこで起こるかがわかりません。とくに要介護の高齢者がいる家庭では、不安が大きいことでしょう。実際に自然災害が起きてから慌てふためくことのないよう、日ごろの備えや心構えが大切です。
    記事を見る