null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

この春からはおくすり手帳を持って薬局へ!知っておくべき薬の節約術

高齢になると高血圧や糖尿病などの生活習慣病で定期的に病院のお世話になる人が多いのではないでしょうか。病院にかかるとき、ちょっとでもお薬代が浮けば嬉しいかも...実はこの4月から「おくすり手帳」を持っていくだけで可能になりそうです。具体的に紹介していきましょう。

2016年の4月から調剤報酬制度が改定

病院や薬局で支払う医療費の中の調剤報酬制度が2016年の4月から改訂が行われます。その中には、おくすり手帳を持っている場合の料金についての改定が含まれているのです。おくすり手帳を持っているか、持っていないかで料金が変わってきます。

これまでの薬局の料金の仕組み

薬局で支払うお金は、薬の料金と考えている人も多いかもしれません。しかし、領収証をよく見てみると、”調剤技術料“や”薬学管理料”などの項目があるはず。これらは、薬剤師に対して、薬の飲み方の指導や説明を行ってくれる"技術料"として支払っていました。おくすり手帳もこの技術料に含まれていて、70円の技術料、75歳以上の高齢者であれば1回あたり7円の実質負担となっていました。

今後はこう変わる

2016年の4月からの調剤報酬制度改定により、薬剤服用履歴管理指導料として、500円が設定されることになりましたが、おくすり手帳を持参すると380円に割引されることもあわせて決定されました。これまでは、おくすり手帳を持って行くと7円分損であったのが、これからはおくすり手帳を持って行った方が120円の割引、実質負担額に換算すると12円分の割引が受けられることとなったのです。ただし、手帳を持って行くことによる減額が適用されるのは、“6カ月以内に同じ薬局で調剤を受けたとき”のみになるので注意が必要です。

これからはおくすり手帳を持って薬局に行こう

これまで、おくすり手帳を持って行ったら取られていた7円の技術料が、4月からは逆に12円お特になります。また、おくすり手帳は、自分の飲んでいる薬の履歴が記載された大切な情報です。これからはおくすり手帳を大切に保管して、薬局に行く際には必ず提示するようにしたいものです。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 車椅子で気を付けるべき、よくあるヒヤリハットまとめ
    車椅子で気を付けるべき、よくあるヒヤリハットまとめ
    みなさんは車椅子の操作時、転倒しそうになるなどヒヤッとしたことはありませんか。今回は現役のデイサービス職員に聞いた車椅子操作時のよくあるヒヤリハットを場面別にご紹介します。日頃よく操作をする介助者のかた、これから初めて使用される方など、ぜひ操作時の参考にしてみてください。
    記事を見る
  • 特別養護老人ホームの待機問題・入れない場合はどうなるの?
    特別養護老人ホームの待機問題・入れない場合はどうなるの?
    全国に52万人にも上ると言われる待機老人。その数は待機児童の約25倍の数に相当します。これほど多くの介護を必要とする高齢者が、さらに今後増えていくだろうと予想もされています。では、ご両親が特養にもし入れなかった場合は?対応をまとめました。
    記事を見る
  • 薬の飲み忘れ危険!服薬支援サービスの内容とは?
    薬の飲み忘れ危険!服薬支援サービスの内容とは?
    高齢になるにつれ、様々な持病や疾患が生じ、毎日の薬が欠かせなくなる場合があります。そんな時、正しい種類・量の薬を正しい時間に服用することが重要になります。しかし高齢者にとって服薬管理は難しく、1度の失敗が生命に関わることもあります。そのような状況を受け、居宅療養管理指導を始めとする服薬支援のサービスが充実しつつあります。
    記事を見る
  • 【PR】体を通して心が変わる「脳科学ストレッチ」
    【PR】体を通して心が変わる「脳科学ストレッチ」
    脳と体の関係を活かした「脳科学ストレッチ」が注目を浴びています。 本日は脳科学ストレッチの開発者であるパーソナルトレーナーのNATSUKI様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 買い物弱者を救う?有償ライドシェアの導入について
    買い物弱者を救う?有償ライドシェアの導入について
    過疎化で近くの商店が廃業したり撤退したりしたほか、足腰が弱くなって買い物に出かけられない人を買い物弱者・買い物難民と呼び、その数は推定600万人いると言われています。そんな買い物弱者を救う対策の検討が各所でなされていますが、有償ライドシェアもその一つです。今回は、有償ライドシェアとは何か、導入までの課題などをまとめました。
    記事を見る