null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

【信州・北陸】車椅子で行けるお花見スポット3選

信越・北陸方面にお住まいの高齢者の方で、お花見をしたいと思っても車椅子で行けるところはない、とあきらめている人はいませんか。調べてみると、バリアフリー対応の花見ができる公園を見つけることができます。今回は信越・北陸地方の車椅子でも快適に花見ができるスポットをご紹介します。

金沢といえばココ!

場所 特別名勝兼六園
住所 石川県金沢市兼六町1-20

日本三名園の一つである、特別名勝兼六園は、加賀歴代藩主により、作られてきた歴史的文化遺産で、四季折々の美しさを楽しめる公園です。春には、シオガマザクラ、フゲンゾウ、ウコン、ソメイヨシノなどの見事な花々が楽しめます。この公園は“廻遊式”の要素を取り入れ、さまざまな時代の庭園手法を駆使して総合的に設計された公園です。散策コース内にはバリアフリーコースも設置されていて、公園内の主要スポットを車椅子でも快適に回れます。食事処の兼六亭でも、車椅子での入店をスタッフが手伝ってくれます。

広大な園内に300メートルの桜のトンネル

場所 富山県中央植物園
住所 富山県富山市婦中町上轡田42

24.7万平方メートルの広大な公園で、園内にはサクラ・ウメ園があり、300メートルに渡る見事な桜のトンネルが楽しめます。桜だけでなく、”世界の植物ゾーン“や”日本の植物ゾーン”があり、いろいろな草花を観察できるのです。桜の美しい春の時期には夜間にライトアップが行われ、幻想的な夜桜も楽しめます。駐車場には障害者用のスペースが7台分ある上、貸し出し車椅子15台、多目的トイレの設置など、車椅子利用者に対する配慮もあります。園内にはスロープも設置されていて、車椅子での散策も快適です。

春の風物詩 花見茶屋が立ち並ぶ公園

場所 長野市城山公園
住所 長野県長野市箱清水1-7-1

公園内には約470本のソメイヨシノが植栽されていて、壮観な桜並木を楽しめる公園です。毎年花見の時期になると、長野市内の老舗飲食店が運営するお店や花見茶屋と呼ばれる出店が立ち並び賑わいを見せます。園内には入場無料の動物園もあり、ニホンザルやペンギン、フラミンゴなどの動物たちの見学や、ウサギやモルモットなどとのふれあい体験も可能です。園内は、バリアフリー設計されているので散策も車椅子で快適に行えます。バリアフリートイレの設置もあるので安心です。

信越・北陸地方へお花見に出掛けよう

最近は公園のバリアフリー化も進み、車椅子の利用者も快適に利用できる公園が増えてきています。信越・北陸地方も例外ではありません。せっかく暖かくなって、桜も見頃の時期に家にいるのはもったいないです。思い切って、見事な桜を見に出かけてみてはいかがでしょうか。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 【認知症基礎知識】認知症の原因・症状をポイント解説
    【認知症基礎知識】認知症の原因・症状をポイント解説
    高齢社会が進む日本で問題となっているのが、認知症患者の急増です。しかし認知症はただの呆けと誤解されるなど、当事者家族以外に正しい知識が定着しているとは言い難い状況です。今回は決して他人事ではない認知症の原因や症状、予防法についてお話していきます。
    記事を見る
  • 車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【北海道・東北】【食べる】
    車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【北海道・東北】【食べる】
    日差しが暖かくなり、外に出かけるのが楽しみな季節となりました。ですが、車椅子だと出先の設備が不安でなかなか出かけられない、と感じている方も多いかもしれません。ここでは、GWに車椅子で安心して出かけられる、北海道・東北のおすすめのスポットをご紹介します。
    記事を見る
  • ミスユニバースさいたま指導者直伝!無理なく楽しい「姿勢ストレッチ」
    ミスユニバースさいたま指導者直伝!無理なく楽しい「姿勢ストレッチ」
    高齢になり運動機能が低下すると「転倒」による怪我が、寝たきり状態のキッカケになる危険性があります。 『平成27年版高齢社会白書』では、「骨折・転倒」が要介護になった主な原因の12.2%を占め、特に女性は15.4%で男性の6%を大きく上回っています。 重症化リスクを予防するためには、無理なく運動できる「ストレッチ」がオススメです。 今回は『ミスユニバースさいたま2017』の育成・指導を始め、多くのモデル指導の経験を活かし、独自の高齢者向けストレッチを提案する「魅ボディ研究所」代表の比嘉美佐子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【北海道・東北】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【北海道・東北】車椅子で行けるお花見スポット3選
    桜の季節になると老若男女を問わず心まで春めいて、お花見に出かけたいという気持ちになるものですよね。ご年配の方でも、寒い冬の季節は家の中に閉じこもりがちだったものの、春になってあたたかくなると外に出かけても良いかなと感じる人は多いでしょう。そこで、今回は車椅子に乗ったままでもお花見がしやすい北海道や東北地方のお花見スポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼は、一般的に40歳を過ぎたころから自覚症状始まると言われていますが、最近はパソコンや携帯電話の利用者の増加から、目を酷使する環境下にあるため、早い人では30代で症状を訴える人も少なくないようです。高齢による老眼と身体能力の低下が重なっても生活しやすい状態にするにはどういったことに気を付けるべきでしょうか。
    記事を見る