null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

【信州・北陸】車椅子で行けるお花見スポット3選

信越・北陸方面にお住まいの高齢者の方で、お花見をしたいと思っても車椅子で行けるところはない、とあきらめている人はいませんか。調べてみると、バリアフリー対応の花見ができる公園を見つけることができます。今回は信越・北陸地方の車椅子でも快適に花見ができるスポットをご紹介します。

金沢といえばココ!

場所 特別名勝兼六園
住所 石川県金沢市兼六町1-20

日本三名園の一つである、特別名勝兼六園は、加賀歴代藩主により、作られてきた歴史的文化遺産で、四季折々の美しさを楽しめる公園です。春には、シオガマザクラ、フゲンゾウ、ウコン、ソメイヨシノなどの見事な花々が楽しめます。この公園は“廻遊式”の要素を取り入れ、さまざまな時代の庭園手法を駆使して総合的に設計された公園です。散策コース内にはバリアフリーコースも設置されていて、公園内の主要スポットを車椅子でも快適に回れます。食事処の兼六亭でも、車椅子での入店をスタッフが手伝ってくれます。

広大な園内に300メートルの桜のトンネル

場所 富山県中央植物園
住所 富山県富山市婦中町上轡田42

24.7万平方メートルの広大な公園で、園内にはサクラ・ウメ園があり、300メートルに渡る見事な桜のトンネルが楽しめます。桜だけでなく、”世界の植物ゾーン“や”日本の植物ゾーン”があり、いろいろな草花を観察できるのです。桜の美しい春の時期には夜間にライトアップが行われ、幻想的な夜桜も楽しめます。駐車場には障害者用のスペースが7台分ある上、貸し出し車椅子15台、多目的トイレの設置など、車椅子利用者に対する配慮もあります。園内にはスロープも設置されていて、車椅子での散策も快適です。

春の風物詩 花見茶屋が立ち並ぶ公園

場所 長野市城山公園
住所 長野県長野市箱清水1-7-1

公園内には約470本のソメイヨシノが植栽されていて、壮観な桜並木を楽しめる公園です。毎年花見の時期になると、長野市内の老舗飲食店が運営するお店や花見茶屋と呼ばれる出店が立ち並び賑わいを見せます。園内には入場無料の動物園もあり、ニホンザルやペンギン、フラミンゴなどの動物たちの見学や、ウサギやモルモットなどとのふれあい体験も可能です。園内は、バリアフリー設計されているので散策も車椅子で快適に行えます。バリアフリートイレの設置もあるので安心です。

信越・北陸地方へお花見に出掛けよう

最近は公園のバリアフリー化も進み、車椅子の利用者も快適に利用できる公園が増えてきています。信越・北陸地方も例外ではありません。せっかく暖かくなって、桜も見頃の時期に家にいるのはもったいないです。思い切って、見事な桜を見に出かけてみてはいかがでしょうか。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 介護問題解決の新たな一手!京都府が始めた認証制度とは
    介護問題解決の新たな一手!京都府が始めた認証制度とは
    介護職員の人手不足、労働環境など介護現場で働く職員の課題や問題についてあちこちで叫ばれています。京都府ではこういった問題を解決する一手として、人材育成などが整備されている福祉施設に対し「認証」を付与するという取り組みをはじめました。 今回はこの京都府の取り組みについてご紹介します。
    記事を見る
  • 最期の晴れ舞台衣装、ウエディングドレスならぬエンディングドレス!?
    最期の晴れ舞台衣装、ウエディングドレスならぬエンディングドレス!?
    近年では、お葬式の内容も多様化して来ました。海や山へ散骨する「自然葬」や、故人が好きだった曲を生演奏する「音楽葬」、生きているうちにお世話になった人々へ感謝を伝える「生前葬」など...。「終活」という言葉も生まれ、「自分らしい最期を迎えたい」と考える人が増えて来ています。そんな中、「エンディングドレス(死装束)」の人気が上昇中です。
    記事を見る
  • いま介護用品がおしゃれに進化している
    いま介護用品がおしゃれに進化している
    毎日の介護を楽しく行えるように、いま巷ではおしゃれな介護用品が増えてきています。今回は、機能性にもファッション性にも優れた介護用品をご紹介します。
    記事を見る
  • 介護初心者なら、介護講習会を受けてみよう
    介護初心者なら、介護講習会を受けてみよう
    いざ介護開始となっても、実際具体的にどうやって介護していいか戸惑うものです。そんな方に利用してほしいのが、自治体や介護施設が開催している家族向けの介護セミナーです。介護の相談ができるものや実際の介護のやり方を実技で学べるところもあります。ぜひ有効に活用しましょう。
    記事を見る
  • “やさしい腸活“で心身をスッキリほぐす「腸律セラピー」
    “やさしい腸活“で心身をスッキリほぐす「腸律セラピー」
    排泄は高齢者にとって、QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)や尊厳に関わる非常に重要な要素です。排泄ケアが必要になると、在宅生活の継続が困難になるケースも多く、未病ケアや自立支援の発展に期待が寄せられています。 また、平成25年度国民生活基礎調査による便秘人口分布によると、60代から男女共に便秘の有訴者数が増えています。 今回は、自分で腸のケアができるようになる「セルフ腸ほぐし」の指導にも力を入れている、腸律セラピーサロンセラピーエ代表の小澤かおりさんにお話を伺いました。
    記事を見る