null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

【愛知県】車椅子で行けるお花見スポット3選

春の足音も着々と近づいていますね。これから見事な桜が楽しめそうです。東海地方で、車椅子でも楽しめるお花見スポットを探してみました。

見どころ満載の動植物園

場所 東山動植物園
住所 愛知県名古屋市千種区東山元町3-70

1937年に開園した動植物園です。歴史ある公園のため、巨木の桜を楽しめます。その中には、高さ約13メートルで、幹周りが170センチメートルにもおよぶ見事な桜があるほどです。植物園の“桜の回廊”というスペースでは、日本全国の桜が約100種類、1,000本の桜が楽しめます。この公園は、丘陵地にあるため坂道が多いですが、スロープや橋、エレベーターなどが設置されているので、園内を車椅子でもスムーズに移動できるように配慮されています。トイレも車椅子で使用できるようにバリアフリータイプになっています。

歴史と文化の城跡公園

場所 岡崎公園
住所 愛知県岡崎市康生町561

徳川家康公が生まれたといわれる岡崎城跡を整備した公園です。その城は復元され、見事な天守閣を望むことができます。日本さくら名所100選にも選ばれていて、園内には主にソメイヨシノを中心とした約800本の桜が咲き誇ります。4月には“岡崎の桜まつり”が開催され、家康行列などの楽しいイベントも見学できます。夜にはライトアップも実施されるので、幻想的な雰囲気の夜桜も楽しめますよ。園内はバリアフリー設計されていてスロープも充実しているので車椅子でも不自由はありません。バリアフリー設計のトイレも各所にあります。補助犬も同伴できるので安心ですね。

国の登録記念物である花の公園

場所 舞鶴公園
住所 愛知県名古屋市昭和区鶴舞一丁目1番168号

1909年に開園した、名古屋市が最初に設置した都市公園です。こちらも日本さくら名所100選に選ばれた名所で、ソメイヨシノを中心として750本の桜が植えられた見事な桜並木が楽しめます。他にも、バラや花菖蒲なども楽しむことができ、花の名所として知られた公園です。園内には噴水塔や、普選記念壇、奏楽堂、鶴々亭などの歴史的建造物が数多くあり、公園のほぼ全域が国の登録記念物として文化財に登録されています。施設の出入り口はフラットに設計し、施設出入り口には自動ドアが導入され、園内もスロープが充実しているので車椅子でも十分に楽しめます。障害者用の駐車場も完備されているので車でも快適に行けます。

車椅子で思いきり花見を楽しもう

東海地方で、大規模な桜並木を楽しめる公園を3つ厳選して紹介しました。どの公園もスロープの設置とバリアフリートイレが設置されていて、車椅子でも快適に花見が楽しめます。高齢者の方々も、春には思い切って外に飛び出し、見事な桜を楽しんでみてはいかがでしょうか。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 徘徊から家族を守るためにできること
    徘徊から家族を守るためにできること
    認知症の症状の一つに徘徊行動があります。認識障害を起こしている上に外を歩き回るため、徘徊行動には事故や事件のリスクがたくさん存在しています。大切な家族を徘徊のリスクから守るために何ができるでしょうか。
    記事を見る
  • もしかして認知症・・?不安になったらすべきこと
    もしかして認知症・・?不安になったらすべきこと
    介護の始まりは病気や怪我によるものがほとんどですが、その中でも認知症は全体の約15%を占めています。認知症もいくつかの種類に分類されますが、加齢による『物忘れ』と『認知症』の初期症状は似ており、『もしかして・・』『まさかうちの親が・・』などと思い悩む方も多いと思います。 『もしかして・・』と思ったらすべきことをまとめました。
    記事を見る
  • 「かいご」に楽しさをプラスする! 突然はじまる介護を前に出来る事
    「かいご」に楽しさをプラスする! 突然はじまる介護を前に出来る事
    漠然とどうにかしないといけない、とは思いつつも先延ばしにしがちな介護の問題。課題として挙げられるのが「情報不足」です。今回は、親と子供のコミュニケーションツール「親ブック」の販売や企業に対しての「介護離職に関するセミナー」を行っているケアポット株式会社代表取締役高橋佳子様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 介護が必要になるきっかけの原因1位は?予防法まで一挙に紹介!
    介護が必要になるきっかけの原因1位は?予防法まで一挙に紹介!
    高齢になると足腰が弱くなり、段差でつまずきやすくなったり、転倒しやすくなったりします。杖や手押し車を日常利用していても、人の手を借りる介護はどうしても必要になってきます。実際に、要介護になるにはどんな原因があるのでしょうか。その原因と症状、予防法などの対策も合わせてご紹介します。
    記事を見る
  • 買い物弱者を救う?有償ライドシェアの導入について
    買い物弱者を救う?有償ライドシェアの導入について
    過疎化で近くの商店が廃業したり撤退したりしたほか、足腰が弱くなって買い物に出かけられない人を買い物弱者・買い物難民と呼び、その数は推定600万人いると言われています。そんな買い物弱者を救う対策の検討が各所でなされていますが、有償ライドシェアもその一つです。今回は、有償ライドシェアとは何か、導入までの課題などをまとめました。
    記事を見る