null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

【中国・四国地方】車椅子で行けるお花見スポット3選

高齢者の方も足が不自由になると、車椅子に頼ることになり、お花見に行くのは無理なのではと考えている人もいるかもしれません。しかし、最近の公園はバリアフリー化も進み、車椅子でも快適に花見ができるのです。そんな、花見が楽しめる公園を厳選して3つ紹介します。

尾道の街並みが見渡せるシンボル的な公園

場所 千光寺公園
住所 広島県尾道市東土堂町

千光寺山の山頂から中腹にかけて位置しているのが”千光寺公園”です。桜の名所100選にも選ばれている、この地域で有数の桜の名所です。他にも、ツツジやふじの花が咲き誇り、初夏にはふじの紫と桜のピンクの見事なコラボレーションが楽しめます。山頂の展望台からは、尾道市内が一望でき、さらには瀬戸内海の島々が眺められます。特に夜景は美しく、”夜景100選“にも選ばれています。園内には車椅子対応スロープや車椅子対応トイレが充実していて、車椅子でも安心して出掛けられます。

開花期には深山さくらまつりが開催

場所 みやま公園
住所 岡山県玉野市田井2-4464

岡山県玉野市にある公園です。園内には約7,000本の桜が咲き誇ります。品種はソメイヨシノがメインで、他にもタイハクザクラ、カンヒザクラなど、多数の桜が楽しめます。桜の他にも梅、ツツジ、紅葉など300種類以上の植物が植えられていて、さまざまな草花を楽しめる公園です。駐車場は1,000台が無料で利用でき、4台のバリアフリー駐車場が完備されているので、車椅子での乗り入れもしやすいです。公園内にはバリアフリー化されたトイレも完備されています。

中村城跡の市民公園

場所 為松公園
住所 高知県四万十市中村

園内に約500本の桜が植えられていて、3月下旬から4月上旬頃に見頃を迎えます。土佐くろしお鉄道中村・宿毛線の中村駅から車で10分くらいのところにあります。桜の時期には”四万十川花絵巻 桜の巻“というお祭りが開催され、期間中はボンボリが設置されるので、独特の幻想的なムードに包まれます。夜に訪れてみるのも、おすすめです。公園内はバリアフリー対応のスロープも充実していて、車椅子でも園内を快適に回れます。トイレも車椅子に対応していますので心配いりません。

春にはお花見を楽しもう

中国・四国地方にお住まいの車椅子を利用する高齢者の方でも、その付近にはバリアフリー対応の公園が多数ありますので、気兼ねなくお花見が楽しめるでしょう。今回紹介した公園は、スロープや車椅子対応トイレなどの設備が充実していて、車椅子でも快適に楽しめるはずです。暖かくなってきたら、桜並木を楽しみに思い切って外出してみませんか。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • プロと一緒に片づける。「お部屋とココロの整理収納アドバイス」
    プロと一緒に片づける。「お部屋とココロの整理収納アドバイス」
    平成26年度「高齢者の日常生活に関する意識調査」では「自分や配偶者の健康や病気への不安」が、最も多く67.6%を占めています。 具体的な不安の内容は、「体力の衰え」が62.2%、「認知症」が55.0%と続きます。 体力があるうちに、自分流儀の心地良く暮らせる環境作りをしておくことが、QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)向上に繋がるかもしれません。 今回は、対話重視のお片づけサービスを提供する、トトノエトトノウ代表、「お部屋とココロの整理収納アドバイザー」オオタニナオコさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 地域での孤独死防止のために自分たちが出来ること
    地域での孤独死防止のために自分たちが出来ること
    高齢者の増加に伴い、孤独死の件数も増加しています。孤独死を防止するために、地域では見守りサービスなどが整えられつつあります。また、孤独死を防ぐためには、食事に対する配慮、すなわち孤食をなくすことも重要です。今回は孤独死の実情や対策を紹介します。
    記事を見る
  • 【関西】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【関西】車椅子で行けるお花見スポット3選
    いよいよお花見の楽しめる季節がやって参りました。高齢者の方にも存分にお花見を楽しんでもらいたいものです。でも足元が不自由で車椅子だと花見は難しいと思っている人もいるかもしれません。でも、大丈夫。今回は関西周辺で車椅子でも快適に花見ができるスポットをご紹介します。
    記事を見る
  • アプリで「住み慣れた地域とつながる。」新しい“見守りのカタチ”
    アプリで「住み慣れた地域とつながる。」新しい“見守りのカタチ”
    厚生労働省の「平成27年 国民生活基礎調査の概況」によると、高齢者(65歳以上)がいる2,372万世帯のうち、全体の57.8%を「単独、または夫婦のみ世帯」が占めているとの推計が発表され、家族だけでは支えきれない不安が浮き彫りになっています。 今回は、高齢者、家族、地域が携帯アプリでつながり、共に、無理なく助け合う。 新しいカタチの見守りサービスを創造する、リバティ・イノベーションの森社長にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 自分の親・高齢者のリハビリが必要になったけど、どうすれば?
    自分の親・高齢者のリハビリが必要になったけど、どうすれば?
    身体機能が低下した状態にある高齢者は、ちょっとした疾病やけがで寝たきりになってしまうことがあります。寝たきりを防ぎ、自立支援のために利用したいリハビリですが、いつどのようなリハビリを行えば良いのでしょうか。リハビリが必要になる疾病・けがやリハビリの費用、期間などについてご紹介します。
    記事を見る