null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

【中国・四国地方】車椅子で行けるお花見スポット3選

高齢者の方も足が不自由になると、車椅子に頼ることになり、お花見に行くのは無理なのではと考えている人もいるかもしれません。しかし、最近の公園はバリアフリー化も進み、車椅子でも快適に花見ができるのです。そんな、花見が楽しめる公園を厳選して3つ紹介します。

尾道の街並みが見渡せるシンボル的な公園

場所 千光寺公園
住所 広島県尾道市東土堂町

千光寺山の山頂から中腹にかけて位置しているのが”千光寺公園”です。桜の名所100選にも選ばれている、この地域で有数の桜の名所です。他にも、ツツジやふじの花が咲き誇り、初夏にはふじの紫と桜のピンクの見事なコラボレーションが楽しめます。山頂の展望台からは、尾道市内が一望でき、さらには瀬戸内海の島々が眺められます。特に夜景は美しく、”夜景100選“にも選ばれています。園内には車椅子対応スロープや車椅子対応トイレが充実していて、車椅子でも安心して出掛けられます。

開花期には深山さくらまつりが開催

場所 みやま公園
住所 岡山県玉野市田井2-4464

岡山県玉野市にある公園です。園内には約7,000本の桜が咲き誇ります。品種はソメイヨシノがメインで、他にもタイハクザクラ、カンヒザクラなど、多数の桜が楽しめます。桜の他にも梅、ツツジ、紅葉など300種類以上の植物が植えられていて、さまざまな草花を楽しめる公園です。駐車場は1,000台が無料で利用でき、4台のバリアフリー駐車場が完備されているので、車椅子での乗り入れもしやすいです。公園内にはバリアフリー化されたトイレも完備されています。

中村城跡の市民公園

場所 為松公園
住所 高知県四万十市中村

園内に約500本の桜が植えられていて、3月下旬から4月上旬頃に見頃を迎えます。土佐くろしお鉄道中村・宿毛線の中村駅から車で10分くらいのところにあります。桜の時期には”四万十川花絵巻 桜の巻“というお祭りが開催され、期間中はボンボリが設置されるので、独特の幻想的なムードに包まれます。夜に訪れてみるのも、おすすめです。公園内はバリアフリー対応のスロープも充実していて、車椅子でも園内を快適に回れます。トイレも車椅子に対応していますので心配いりません。

春にはお花見を楽しもう

中国・四国地方にお住まいの車椅子を利用する高齢者の方でも、その付近にはバリアフリー対応の公園が多数ありますので、気兼ねなくお花見が楽しめるでしょう。今回紹介した公園は、スロープや車椅子対応トイレなどの設備が充実していて、車椅子でも快適に楽しめるはずです。暖かくなってきたら、桜並木を楽しみに思い切って外出してみませんか。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 「かいご」に楽しさをプラスする! 突然はじまる介護を前に出来る事
    「かいご」に楽しさをプラスする! 突然はじまる介護を前に出来る事
    漠然とどうにかしないといけない、とは思いつつも先延ばしにしがちな介護の問題。課題として挙げられるのが「情報不足」です。今回は、親と子供のコミュニケーションツール「親ブック」の販売や企業に対しての「介護離職に関するセミナー」を行っているケアポット株式会社代表取締役高橋佳子様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 高齢者と大学生でルームシェア?異世代ホームシェアの魅力とは
    高齢者と大学生でルームシェア?異世代ホームシェアの魅力とは
    ホームシェアといえば、若者が友人や知らない人と家賃を負担しあい、一緒に暮らすというイメージがありますが、異世代ホームシェアという言葉はまだまだ認知されていません。 今回は日本でも広がりを見せつつある異世代ホームシェアについてご紹介します。
    記事を見る
  • 介護が必要になるきっかけの原因1位は?予防法まで一挙に紹介!
    介護が必要になるきっかけの原因1位は?予防法まで一挙に紹介!
    高齢になると足腰が弱くなり、段差でつまずきやすくなったり、転倒しやすくなったりします。杖や手押し車を日常利用していても、人の手を借りる介護はどうしても必要になってきます。実際に、要介護になるにはどんな原因があるのでしょうか。その原因と症状、予防法などの対策も合わせてご紹介します。
    記事を見る
  • みんなどう思ってる?自分の老後についての意識調査
    みんなどう思ってる?自分の老後についての意識調査
    みなさんは自分の老後や介護について心配になったり不安になったりしたことはありますか。今回は中年の男女に聞いた「老後の生活に関する意識調査」の内容をまとめました。
    記事を見る
  • 自分で自分らしさを取り戻すために。マギーズ東京センター
    自分で自分らしさを取り戻すために。マギーズ東京センター
    厚生労働省『平成26年受領行動調査(概数)の概況』によると、外来患者の診察時間は67.7%が10分未満です。 外来受診の目的は診察・治療・検査等の受診が主のため、病気に伴う日常生活の不安や詳しい治療方針、心身の影響などについては、なかなか医師にじっくり相談することは難しい状況にあると言えます。 今回は、がんに影響を受けるすべての人に専門的サポートと第二の我が家のような居場所を提供するNPO法人maggie’s tokyo(マギーズ東京センター)センター長の秋山正子さんにお話を伺いました。 マギーズ東京センターは、相談者に無料で支援を提供するためにチャリティ活動やクラウドファウンディングに積極的に挑戦し続けています。
    記事を見る