null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

【九州】車椅子で行けるお花見スポット3選

春は、土にも色とりどりの草花が芽吹いて、外に出るのが楽しみな季節です。
そんな春のイベントといえばお花見。お花見は、短い期間しか楽しめないからこそ、その年の思い出作りになります。今回は九州のなかから、車椅子で行っても楽しめるお花見のスポットを3か所ご紹介します。

【福岡】ユニバーサルデザインの国営公園

場所 海の中道海浜公園
住所 福岡県福岡市東区大字西戸崎

海の中道は、ユニバーサルデザインの観点をいち早く取り入れ改善を始めたために、車椅子の方にも便利な環境が整っています。各所には2000本の桜がちりばめられ、菜の花畑やチューリップも同時に楽しめるのがうれしいポイントです。車椅子専用駐車場から遊歩道へのアクセスはもちろん、車椅子専用のトイレ、スロープ、広い道なりにはかなりの数のベンチも用意されていて、休憩スポットも安心。動物ふれあい舎やバラ園などバリアフリーで行ける範囲に楽しめる施設がたくさんあり、車椅子で利用できる広いレストランもあります。

【熊本】お堀のそばには桜の並木道、日本三大名城

場所 熊本城
住所 熊本県熊本市中央区本丸1−1

通常、お城は段差が多いものなので、車椅子での移動は難しい所が多くなります。しかし熊本城は二の丸・駐車場から天守閣まで、スロープが完全整備されており、高台からの雄大な景色を楽しむこともできます。お城と桜とのコントラストが存分に楽しめるので、思い出作りにはぴったりです。施設内にはお土産巡りや食事が楽しめる通り「城彩苑」があり、全てのお店が車椅子で利用できます。近くに車椅子専用のトイレも完備しているので安心です。車椅子の無料貸し出しも2か所に分けてあり、車椅子ユーザーにとって優しいスポットといえます。

【鹿児島】霧島山を一望、県内外から人気のお花見スポット

場所 丸岡公園
住所 鹿児島県霧島市横川町上ノ3201

丸岡公園は、鹿児島県霧島市にある公園です。春には6000本を超える桜の満開の姿を楽しむことができます。園内には車椅子で利用できるトイレ・駐車場はもちろん、地元の季節の食材が楽しめるレストランも。レストランでは車椅子のまま食事ができます。日本庭園もあるので、桜と伝統庭園を合わせた景色も見るのもいいでしょう。また、霧島市には車椅子のまま乗れる福祉タクシーも運営しているので、利用してみるのもいいかもしれません。

春のお花見は、きちんとした準備が必要

九州のお花見の季節は、おおむね3月下旬~4月上旬です。この頃には、暖かい日で日中には気温20度以上になることもあります。車椅子で入れるトイレに気を遣うのはもちろんですが、飲み物を携帯して出かけた方がよいでしょう。
また、雲の出方によって気温が一気に下がることもあります。余分な上着は車に置いておくのではなく、持ち歩くのが無難です。
桜の散る景色は、日本人の古き良き心をくすぐる季節の代名詞。上記の情報を参考に、ぜひ出かけてみてください。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 「かいご」に楽しさをプラスする! 突然はじまる介護を前に出来る事
    「かいご」に楽しさをプラスする! 突然はじまる介護を前に出来る事
    漠然とどうにかしないといけない、とは思いつつも先延ばしにしがちな介護の問題。課題として挙げられるのが「情報不足」です。今回は、親と子供のコミュニケーションツール「親ブック」の販売や企業に対しての「介護離職に関するセミナー」を行っているケアポット株式会社代表取締役高橋佳子様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • プチボランティアで介護に関わる
    プチボランティアで介護に関わる
    介護や高齢者に関わりたいと感じている若者でも現在の仕事や学業を辞めて介護業界に踏み込むことはハードルが高くなかなか実現するのは難しいものです。気軽に関わってみる方法の一つとして、NPO法人ドットファイブトーキョーが主催するプチボランティアに参加してみてはいかがでしょうか。今回は、このプチボランティアの取り組み内容についてまとめてみました。
    記事を見る
  • 車椅子の事故原因で多いフットレスト!使用方法のまとめと注意点
    車椅子の事故原因で多いフットレスト!使用方法のまとめと注意点
    車椅子は、多くの要介護者に必要とされている移動手段の1つです。お手洗いに行く時など室内間でのちょっとした移動から、買い物や散歩といった外出時の移動まで幅広く活躍してくれます。しかし、一見すると安全に見える車椅子の移動にも危険が伴う場合があります。中でも意外と多いのがフットレストによる事故。そこで、フットレストによる事故例やその対策、フットレストの選び方についてご紹介します。
    記事を見る
  • 既存のショートステイを利用したユニマットの新規事業
    既存のショートステイを利用したユニマットの新規事業
    今回は介護事業者大手のユニマットが新たに行う介護事業についてご紹介します。
    記事を見る
  • いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    世界銀行の統計(2015年)によると、各国の総人口に占める65歳以上の高齢者の割合は日本が世界第1位26.3%、2位イタリア22.4%、3位ギリシャ21.4%と続いています。 2016年9月には総務省が日本の高齢者の割合が27.3%、国内における80歳以上の人口が1,045万人と、前年に続き過去最高となったことを発表しました。 今回は、終活ジャーナリストであり「ライフ・ターミナル・ネットワーク」代表の金子稚子さんにお話を伺いました。 金子さんは、雑誌・書籍の編集者や広告制作ディレクターとしての経験を生かし、執筆、講演、相談業務、各専門家との橋渡し等、多岐にわたり活動をしておられます。 ご主人は、2012年10月に他界した流通ジャーナリストの金子哲雄氏です。
    記事を見る