null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

『拘縮(こうしゅく)』って知っていますか?

海外のリハビリ先進国では、以前よりリハビリの早期開始の重要性がうたわれてきました。高齢になり体を一定期間動かさないと、体の関節が固くなってしまう『拘縮』になりがちです。今回は、拘縮とその予防方法についてご紹介します。

拘縮予防に早期リハビリは欠かせない!

オーストラリアなどのリハビリ先進国では以前より急性期からのリハビリの重要性がうたわれてきました。日本でも近年ようやく、早期リハビリの重要性が認識されつつあります。理由の一つに拘縮の予防が挙げられます。拘縮とは、関節が硬くなってしまい、本来の可動域よりも狭くなってしまう症状のことです。もともと年齢を重ねるにつれて、関節の可動域は狭くなるものですが、拘縮が進んでしまうと、日常生活にも支障をきたすようになります。

拘縮によって起こる生活の不具合

例えば両膝が曲がったままになってしまうと、立つことはできなくなってしまいますし、背中が曲がらなくなると、座ることすら困難になります。尖足は、ベッド上で長時間横になった状態が続いた結果、足先が伸びきってしまい、足首が拘縮を起こし、曲がらなくなった状態のことを言います。これでは歩くことはおろか、立つことすらままなりません。

早期リハビリは日常生活への復帰の第一歩

病院では、該当する疾患の治療だけで、寝たきりによる心身機能の低下は考慮されないことも少なくありません。家族が早期リハビリを要望していくことも大切です。リハビリを始める時期によって、入院前と同じ生活が送れるかどうかが変わってきます。家族にとっても負担は大きく変わります。本人だけでなく家族もこれまでの生活を継続するために、廃用症候群の予防に努めたいものですね。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • さまざまなサービスがうけられる!小規模多機能型居宅介護とは?
    さまざまなサービスがうけられる!小規模多機能型居宅介護とは?
    通常、自宅に居ながら介護サービスを受ける場合、訪問介護のヘルパー・デイサービスのスタッフなど関わる人はそれぞれ違い、ストレスを感じる高齢者もいます。小規模多機能型居宅介護ではどんな介護サービスも一つの施設のスタッフから受けることができます。
    記事を見る
  • 誰でも5分で分かる!レスパイトサービスの意味と具体例
    誰でも5分で分かる!レスパイトサービスの意味と具体例
    レスパイトケアとは乳幼児や障害児・者、高齢者などを在宅でケアしている家族を癒やすため、一時的にケアを代替し、リフレッシュを図ってもらう家族支援サービスのことです。在宅介護をされている方はデイサービスやショートステイなどの介護保険サービスを利用されている方もいると思いますが、それらもレスパイトサービスの一部と言えます。
    記事を見る
  • 介護認定の申請条件と不満が残った時にはどうすればいいの?
    介護認定の申請条件と不満が残った時にはどうすればいいの?
    介護サービスを受ける際には、介護認定が必要です。認定基準によって受けられるサービスが異なるため、本人や家族が納得できる認定を受けることが大切です。認定の仕組みや申請方法、不満が残った際の対応方法をご紹介します。
    記事を見る
  • 喪失の哀しみを解放する専門家“グリーフ専門士”
    喪失の哀しみを解放する専門家“グリーフ専門士”
    今後の高齢社会に向けて、喪失の悲しみをケアする“グリーフケア”が注目されています。特に介護家族や医療・介護従事者へのケアは社会課題として顕在化することが見込まれ、各大学・研究機関での取組みが進められています。 今回は、大切な人との死別、加齢による身体機能の低下、怪我や病気など、様々な喪失による悲嘆を抱える人が、悲しみとともに自分らしく生きていけるように専門的立場からサポートする一般社団法人日本グリーフ専門士協会代表理事の井手敏郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼は、一般的に40歳を過ぎたころから自覚症状始まると言われていますが、最近はパソコンや携帯電話の利用者の増加から、目を酷使する環境下にあるため、早い人では30代で症状を訴える人も少なくないようです。高齢による老眼と身体能力の低下が重なっても生活しやすい状態にするにはどういったことに気を付けるべきでしょうか。
    記事を見る