null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

『拘縮(こうしゅく)』って知っていますか?

海外のリハビリ先進国では、以前よりリハビリの早期開始の重要性がうたわれてきました。高齢になり体を一定期間動かさないと、体の関節が固くなってしまう『拘縮』になりがちです。今回は、拘縮とその予防方法についてご紹介します。

拘縮予防に早期リハビリは欠かせない!

オーストラリアなどのリハビリ先進国では以前より急性期からのリハビリの重要性がうたわれてきました。日本でも近年ようやく、早期リハビリの重要性が認識されつつあります。理由の一つに拘縮の予防が挙げられます。拘縮とは、関節が硬くなってしまい、本来の可動域よりも狭くなってしまう症状のことです。もともと年齢を重ねるにつれて、関節の可動域は狭くなるものですが、拘縮が進んでしまうと、日常生活にも支障をきたすようになります。

拘縮によって起こる生活の不具合

例えば両膝が曲がったままになってしまうと、立つことはできなくなってしまいますし、背中が曲がらなくなると、座ることすら困難になります。尖足は、ベッド上で長時間横になった状態が続いた結果、足先が伸びきってしまい、足首が拘縮を起こし、曲がらなくなった状態のことを言います。これでは歩くことはおろか、立つことすらままなりません。

早期リハビリは日常生活への復帰の第一歩

病院では、該当する疾患の治療だけで、寝たきりによる心身機能の低下は考慮されないことも少なくありません。家族が早期リハビリを要望していくことも大切です。リハビリを始める時期によって、入院前と同じ生活が送れるかどうかが変わってきます。家族にとっても負担は大きく変わります。本人だけでなく家族もこれまでの生活を継続するために、廃用症候群の予防に努めたいものですね。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 【後編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    【後編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    前回に続き「苦しむ人への援助」について、「一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会」理事、めぐみ在宅クリニック院長の小澤竹俊先生にお話を伺いました。 小澤先生は、援助者養成講座や執筆・講演活動等を通じて「スピリチュアルな苦しみに対する具体的援助」の普及に取り組んでおられます。 前編はこちら→@link{https://mamoria.jp/clip/20170621/end-of-life}
    記事を見る
  • “やさしい腸活“で心身をスッキリほぐす「腸律セラピー」
    “やさしい腸活“で心身をスッキリほぐす「腸律セラピー」
    排泄は高齢者にとって、QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)や尊厳に関わる非常に重要な要素です。排泄ケアが必要になると、在宅生活の継続が困難になるケースも多く、未病ケアや自立支援の発展に期待が寄せられています。 また、平成25年度国民生活基礎調査による便秘人口分布によると、60代から男女共に便秘の有訴者数が増えています。 今回は、自分で腸のケアができるようになる「セルフ腸ほぐし」の指導にも力を入れている、腸律セラピーサロンセラピーエ代表の小澤かおりさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 正しい使い方を!介護ベッドまわりの事故事例まとめ
    正しい使い方を!介護ベッドまわりの事故事例まとめ
    在宅介護の増加に伴い、家庭での電動式介護ベッドの利用が多くなっています。しかし、誤った使い方による重大な事故が発生しています。今回は介護ベッドの事故事例をまとめました。
    記事を見る
  • 知っておけばもう安心!遠距離介護のポイント解説
    知っておけばもう安心!遠距離介護のポイント解説
    仕事や家庭の都合で、遠距離介護の必要に迫られることも少なくありません。常に目を配れないため不安が伴いがちですが、ポイントを押さえておけば遠距離介護でも安心です。また無理な呼び寄せは、逆に両者にとって負担になる可能性もあります。 遠距離介護の例やポイント、呼び寄せ症候群などについて紹介します。
    記事を見る
  • 車椅子でも楽しめる!大阪のイルミネーションスポット【4選】
    車椅子でも楽しめる!大阪のイルミネーションスポット【4選】
    いよいよ今年も残すところあとわずかとなりました。街中をきらきらと輝かせるイルミネーションをご家族で楽しんではいかがでしょうか。今回は車椅子でも楽しめる大阪のイルミネーションスポットをご紹介します。
    記事を見る