null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

みんなは一体どうしてる?仕事と介護の両立実態の調査まとめ

仕事と介護の両立という事は、これから高齢者が増えていく日本では大きな課題となっていきます。しかしその実態は見えにくく、実際に自分がその立場に立たないとわからないことも多いものです。現在どのような状況にあるのか、実態をつかむことも大切です。また、企業でどのような支援体制があるかもチェックしてみましょう。

仕事と介護の両立実態調査

介護が原因で離職する方は、年間10万人もいます。その多くは女性です。女性の社会進出が進んでいるとはいえ、こうした介護などの際にキャリアが途切れてしまうことになり、結果的に他の国と比べ管理職などで活躍する女性が少ない原因となっているといえます。介護離職後の再就職も厳しく、正社員として就職できないばかりか、その後就職自体が出来ない人が4分の1ほどいるのも大きな問題です。離職を防ぐための介護休業も取りづらい状態にあり、取得経験のある人は1割程度にとどまっています。制度自体はあっても、その後のキャリアへの影響を考えると実際には取得しづらいという状況があるようです。経済発展への影響も考慮すると、こうした介護と仕事の環境について手を打っていく必要性が高いことがうかがえます。

企業における両立支援具体例1

離職を防ぐための介護休業を充実させているという事例もあります。法定の介護休業制度を超え、日数や対象となる家族の範囲を広げていくという形で対応する会社が出ています。最長10年まで介護休業が取れるという会社もあります。単に休業期間を延ばすだけではなく、時短勤務や休暇の半日取得など、柔軟な形で取得できるような制度も設けられています。こうした形で必要に応じて介護休業をとれることで、優秀な社員の外部流出を抑えることが出来るというメリットがあります。実際にこうした休業の制度を充実させることで離職率を抑えることが出来た、というケースもあり、企業の人材育成にかかるコストを減らすための方法としてもよい影響を及ぼしているようです。

企業における両立支援具体例2

介護サービスの利用を支援するという形で企業が社員の両立支援をしているケースもあります。介護や通院の付き添いなどが必要になり離職するというケースが多かった会社では、そのような離職を少なくするため、訪問介護サービスを提供している会社と提携し、一定時間の介護サービス分の費用を会社側が負担するという仕組みを設けているところもあります。介護による離職を防ぎ、仕事へ集中しやすくする役に立っているようです。また、サービスの利用に至る前段階でケアマネージャーによる相談窓口を設け、介護サービスや施設の紹介を行うという会社もあります。こうした多様な介護の支援がされていれば、社員が仕事をしやすい環境へとかえていくことが出来るでしょう。

企業における両立支援具体例3

もう一つの両立支援例として、在宅勤務の推進が挙げられます。介護は人手が確かに必要ですが、常に介護ばかりをしているわけではないこともあります。そばで見守っていればよい時間帯も出てくるはずです。そういった時間に仕事が出来れば介護と仕事を両立することが出来る場合もあるのです。特定の仕事をしている人に在宅勤務を導入する会社は多いですが、すべての社員に無期限で在宅勤務を導入するという会社も出てきています。こうした形で柔軟な働き方が出来るのであれば、安心して働き続けることが出来るでしょう。通常の社員と差をつけず、成果で判断するという仕組みのところもあり、そういった形であれば仕事へのモチベーションも高まると考えられます。

まとめ

介護のために仕事ができない、という状況は、もちろん労働者本人の生活を苦しくするものでもありますが、優秀な社員を失うという会社のリスクにもなります。また、日本経済全体に与える影響も大きくなってきます。多くの会社で介護と仕事の両立支援が導入され始めています。もしかするとあなたが働いている会社にも支援制度があるかもしれません。介護の必要性を感じ始めたらどのような支援制度があるか、一度チェックしておくことをお勧めします。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 圧倒的な「つけ心地」。整体×下半身美人ベルトの効果とは?
    圧倒的な「つけ心地」。整体×下半身美人ベルトの効果とは?
    日本では認知度の低い“骨盤臓器脱”は性器脱とも言われ、膀胱脱、子宮脱、直腸脱などの臓器が外に突出してしまう症状です。圧倒的に女性患者数が多く、海外の報告では女性の生涯羅患率が11.1%と報告されている文献もあります。 羞恥心から我慢を重ね、症状が進んでから病院を受診すると手術しかないと言われるケースが多いのが現状のようです。 今回は、独自開発の整体プログラムと“下半身美人ベルト”でメスを入れずに改善を目指す、バランス工房代表の岡林秀和さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 正しい使い方を!介護ベッドまわりの事故事例まとめ
    正しい使い方を!介護ベッドまわりの事故事例まとめ
    在宅介護の増加に伴い、家庭での電動式介護ベッドの利用が多くなっています。しかし、誤った使い方による重大な事故が発生しています。今回は介護ベッドの事故事例をまとめました。
    記事を見る
  • 認認夫婦、2人で生活できる?
    認認夫婦、2人で生活できる?
    認知症同士の高齢者夫婦のことを認認夫婦と呼びます。高齢化、核家族化に伴いこうした認認夫婦や老老介護は増えていく一方です。今回は認認夫婦の実態についてまとめました。
    記事を見る
  • 最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    故人との最後のお別れである「葬儀」が年々多様化しています。生前葬、家族葬、自由葬、直葬など価値観の多様化に伴い「自分らしい最後」も色々な選択肢が出てきています。 今回は、単に簡素化を目的とせず、形式や時間に縛られず故人とゆっくりお別れをする「自宅葬」を提案する、株式会社鎌倉自宅葬儀社の馬場翔一郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【セミナーレポート】哀しみをいやす講演会/主催:日本グリーフ専門士協会
    【セミナーレポート】哀しみをいやす講演会/主催:日本グリーフ専門士協会
    2017年11月23日に国際ファッションセンターで日本グリーフ専門士協会主催の「哀しみをいやす講演会」が開催されました。 グリーフ(悲嘆)に寄り添う専門家5名によるスライドや映像を使った講演会、パネルディスカッションがメインコンテンツとして提供されました。 会場には、グリーフ(悲嘆)ケアを学んでいる方、興味がある方だけでなく、喪失の哀しみを抱えている方もいらっしゃいました。
    記事を見る