null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?

老眼は、一般的に40歳を過ぎたころから自覚症状始まると言われていますが、最近はパソコンや携帯電話の利用者の増加から、目を酷使する環境下にあるため、早い人では30代で症状を訴える人も少なくないようです。高齢による老眼と身体能力の低下が重なっても生活しやすい状態にするにはどういったことに気を付けるべきでしょうか。

老眼でも生活をしやすく:気を付けたいポイント

目が悪くなる原因は多々あり、若いころから近眼に悩まされる人は少なくありません。視力の問題は高齢者だけに限りませんが、加齢での老眼はいろいろと勝手が違い、老眼で周りのものが見えにくくなることは、本当に辛いものです。自分の身の回りすらもよく見えず、その場からも動けなくなるような事態に陥ることもあるでしょう。そのため、老眼でも自立して生活するための工夫や気を付けたいポイントを知っておきましょう。

生活において少しの調整と工夫を

近くのもの、ほんの目の前のものが見えづらくなる老眼は、家の中の調整や生活の工夫でぐっと過ごしやすくなります。家の中でのポイントは、家具の配置や色、手触りで分かるように調整することです。例えば、ぶつかったりする危険性がある配置は止め、使い勝手が良いようにコンパクトにまとめます。また、家具の色も明るくて見やすいものにしたり、目で見て分かりにくいものは、ザラザラだったりデコボコしていたりと触って分かるものにすると良いでしょう。見えづらいことによって起こる事故を防ぐことが高齢者にとっては重要です。そして、生活の工夫として、室内を明るくすることや物を増やさないことが挙げられます。やはり暗いよりも明るい方が見やすいですし、物が少なければ転んだりすることも必然的に減ります。

視力低下を補う、予防する

加齢による老眼から逃れることはできないかもしれませんが、視力低下をメガネで補ったり、悪化を防いだりすることはできます。テレビやパソコン、スマートフォンやタブレットなど、ブルーライトと呼ばれる光は目に負担をかけます。これらを予防し、文字を読みやすくするツールを使うこともお薦めです。予防という点では、定期的な眼科受診が大切です。目の健康診断や視力の検査をすることで、病気や見えづらさのチェックになります。現状に安心せず、マメな定期健診をおすすめします。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 車椅子でも行ける!イルミネーションスポット【関東近郊】
    車椅子でも行ける!イルミネーションスポット【関東近郊】
    寒い冬は空気が澄んでイルミネーションが一層輝く季節です。心も明るくなるようなイベントに出かけませんか。車椅子でも行けるスポットをご案内します。
    記事を見る
  • 介護予防に力を入れているデイサービス【4選】
    介護予防に力を入れているデイサービス【4選】
    高齢化社会を迎えて、介護とともに、介護が必要にならないように予防することが重要であるという認識が広がりを見せています。今回は介護予防に重点を置いたデイサービスについてご紹介します。
    記事を見る
  • 車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【九州】
    車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【九州】
    紅葉シーズンは早い地域だと9月からはじまり、遅い地域では12月中旬ころまでと言われています。秋の風景を堪能できるこの季節をご家族で楽しんではいかがでしょうか。今回は車椅子でも楽しめる九州の紅葉スポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 知らないと損!高齢者の運転における危険性と対策法
    知らないと損!高齢者の運転における危険性と対策法
    「高齢者による高速道路の逆走運転で交通事故!」こんなニュースを耳にすると、近い存在に高齢者のいる方などはドキッとするのではないでしょうか。年々増加する高齢者ドライバーによる交通事故。ここではその問題点と対策等について考えてみます。
    記事を見る
  • その薬は本当に必要?医師が提唱する「薬のやめどき」
    その薬は本当に必要?医師が提唱する「薬のやめどき」
    医療の専門分科が進む中、多剤投与の危険性への関心が高まっています。 『高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015』(日本老年医学会)では、薬物有害事象が増加する要因として、多剤併用、併科受診が挙げられています。 今回は「365日無休の外来診療と24時間体制」の在宅医療に取り組み、2016年には地域の介護職員のレベルアップを目的に「国立かいご学院」を開設、近著『痛くない死に方』、『薬のやめどき』を始め、多くの著書を世に送り出し続ける長尾クリニック院長、長尾和宏先生にお話を伺いました。
    記事を見る