null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?

老眼は、一般的に40歳を過ぎたころから自覚症状始まると言われていますが、最近はパソコンや携帯電話の利用者の増加から、目を酷使する環境下にあるため、早い人では30代で症状を訴える人も少なくないようです。高齢による老眼と身体能力の低下が重なっても生活しやすい状態にするにはどういったことに気を付けるべきでしょうか。

老眼でも生活をしやすく:気を付けたいポイント

目が悪くなる原因は多々あり、若いころから近眼に悩まされる人は少なくありません。視力の問題は高齢者だけに限りませんが、加齢での老眼はいろいろと勝手が違い、老眼で周りのものが見えにくくなることは、本当に辛いものです。自分の身の回りすらもよく見えず、その場からも動けなくなるような事態に陥ることもあるでしょう。そのため、老眼でも自立して生活するための工夫や気を付けたいポイントを知っておきましょう。

生活において少しの調整と工夫を

近くのもの、ほんの目の前のものが見えづらくなる老眼は、家の中の調整や生活の工夫でぐっと過ごしやすくなります。家の中でのポイントは、家具の配置や色、手触りで分かるように調整することです。例えば、ぶつかったりする危険性がある配置は止め、使い勝手が良いようにコンパクトにまとめます。また、家具の色も明るくて見やすいものにしたり、目で見て分かりにくいものは、ザラザラだったりデコボコしていたりと触って分かるものにすると良いでしょう。見えづらいことによって起こる事故を防ぐことが高齢者にとっては重要です。そして、生活の工夫として、室内を明るくすることや物を増やさないことが挙げられます。やはり暗いよりも明るい方が見やすいですし、物が少なければ転んだりすることも必然的に減ります。

視力低下を補う、予防する

加齢による老眼から逃れることはできないかもしれませんが、視力低下をメガネで補ったり、悪化を防いだりすることはできます。テレビやパソコン、スマートフォンやタブレットなど、ブルーライトと呼ばれる光は目に負担をかけます。これらを予防し、文字を読みやすくするツールを使うこともお薦めです。予防という点では、定期的な眼科受診が大切です。目の健康診断や視力の検査をすることで、病気や見えづらさのチェックになります。現状に安心せず、マメな定期健診をおすすめします。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 病院からの自宅復帰までをサポートする「老健」って?
    病院からの自宅復帰までをサポートする「老健」って?
    骨折をして入院をすると、すぐに家に戻って以前の生活をするのは難しいですよね。そんなときに利用したいのが、介護老人保健施設(通称:老健)です。どういったサービスが利用できるのか、そのメリット・デメリットを見てみましょう。
    記事を見る
  • 実際どのくらいの人が介護受給者なのか
    実際どのくらいの人が介護受給者なのか
    メディアやニュースで高齢化や介護について目にしない日は無いというくらい、超高齢化社会を迎えようとしている日本ですが、実際介護を必要としいている人はどのくらいいるのでしょうか。
    記事を見る
  • 終活|親が元気なうちにが主流に!?お墓の購入ってどうする?
    終活|親が元気なうちにが主流に!?お墓の購入ってどうする?
    国内の少子高齢化が進むにつれて、高齢者の「終活」に注目が集まるようになりました。エンディングノートや遺言状を作成し、遺された家族に負担をかけず、自分らしく最期を迎えたいと考える人が増えてきています。こうした中で、高齢者が生前に墓を整理したり、購入したりする動きが加速しているようです。今回は、少し先ですがお墓の購入について考えてみましょう。
    記事を見る
  • 車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【九州】
    車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【九州】
    紅葉シーズンは早い地域だと9月からはじまり、遅い地域では12月中旬ころまでと言われています。秋の風景を堪能できるこの季節をご家族で楽しんではいかがでしょうか。今回は車椅子でも楽しめる九州の紅葉スポットをご紹介します。
    記事を見る
  • みんなが、みんなを助け合う場に。がん共同勉強会の取り組み
    みんなが、みんなを助け合う場に。がん共同勉強会の取り組み
    1981年以来、日本人の主な死因トップの座にあり続ける「がん」。国立がんセンターの統計では、全がんは60歳代から増加し、「高齢になるほど死亡率が高い」との統計が発表されています。 本日は、腫瘍内科医で『孤独を克服するがん治療〜患者と家族のための心の処方箋〜』の著者であり、患者さん同士が治療体験を話しあう場を提供し続ける、NPO法人宮崎がん共同勉強会理事長の押川勝太郎医師にお話を伺いました。
    記事を見る