null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

認知症に見られる睡眠障害。その改善補法とは?

認知症の困った症状の一つに睡眠障害があります。昼夜が逆転し、日中はほとんど寝ているので、夜中になると起きて騒いだり外出しようとしたりするのです。その結果、介護者が眠れなくなり、在宅介護が困難になってしまいます。今回はそんな認知症の睡眠障害を改善するための様々な取り組みをご紹介します。

認知症専門医・河野和彦先生考案の薬物療法「コウノメソッド」

コウノメソッドとは、名古屋フォレストクリニック院長・認知症専門医の河野和彦先生が考案した薬物療法です。薬の量や種類を調整することによって、認知症の困った周辺症状(興奮、徘徊、睡眠障害、妄想など)を改善していくというものです。介護者が患者さんの様子を見ながら薬の投与量を加減し、副作用が出ないようにする・介護者の保護を優先する・サプリメントを活用するという三つの大きな特徴があります。

介護される人の気持ちに寄り添う「ユマニチュード」

ユマニチュードとはフランスで生まれた認知症ケアの手法のことです。ケアの根底には、介護される人の気持ちを常に尊重し、大切な人として接するという想いが流れています。「見下ろす視線ではなく、同じ高さから見つめる」「正面できちんと表情を見ながら声をかける」「恐怖を感じさせないよう優しく触れる」「介護を行う場合には出来るだけ立った状態で行う」など、「見る」「話す」「触れる」「立つ」の4つのポイントを柱に150もの手法があります。ユマニチュードを使ってケアを行うと要介護者が穏やかになり認知症の周辺症状が改善すると話題になっています。

睡眠導入マネージメントプロダクト「Sleepion」

30年以上睡眠障害改善について研究してきた大阪府立大学名誉教授・医学博士の清水教永先生が協力し、cheero(ティ・アール・エイ株式会社)から発売されたのが、睡眠導入マネージメントプロダクト「Sleepion(スリーピオン)」です。睡眠を促すヒーリングサウンドと心地よい光、アロマで睡眠障害改善をはかる製品です。リラクゼーションCDが認知症の方の睡眠障害改善に効果があるという報告もあり、試してみる価値はあるでしょう。

介護者も要介護者も幸せに

認知症治療やケアの方法はもちろん、睡眠障害の研究も日々進歩しています。アプローチ法も対策も様々ですが、介護する方、される方が1日も早く楽に、幸せになれるよう願ってやみません。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • がん治療で注目の「緩和ケア」とは?
    がん治療で注目の「緩和ケア」とは?
    がんの緩和ケアをご存知でしょうか。緩和ケアとは、病気に伴う心と体の痛みを和らげるために行われる対処方で初期からケアを行うことにより治療に必要な体力と気力の低下を防ぐ効果があるとされています。今回は緩和ケアについてまとめました。
    記事を見る
  • シニアの幸せとともに。社会的な大家族をつくる
    シニアの幸せとともに。社会的な大家族をつくる
    2000年にWHO(世界保健機関)が「健康寿命」という概念を提唱しました。 それ以降、各国では数々の取り組みが推進され、日本においても定年を迎え、豊かな経験を持つアクティブシニアが健康に過ごすために、様々な取組みが行われているようです。 今回は、定年を迎えた後のシニアが社会で豊かに活躍出来る「グランドシッター養成認定講座」を主催する株式会社BOA代表取締役武市様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 病院からの自宅復帰までをサポートする「老健」って?
    病院からの自宅復帰までをサポートする「老健」って?
    骨折をして入院をすると、すぐに家に戻って以前の生活をするのは難しいですよね。そんなときに利用したいのが、介護老人保健施設(通称:老健)です。どういったサービスが利用できるのか、そのメリット・デメリットを見てみましょう。
    記事を見る
  • 介護認定の申請条件と不満が残った時にはどうすればいいの?
    介護認定の申請条件と不満が残った時にはどうすればいいの?
    介護サービスを受ける際には、介護認定が必要です。認定基準によって受けられるサービスが異なるため、本人や家族が納得できる認定を受けることが大切です。認定の仕組みや申請方法、不満が残った際の対応方法をご紹介します。
    記事を見る
  • 喪失の哀しみを解放する専門家“グリーフ専門士”
    喪失の哀しみを解放する専門家“グリーフ専門士”
    今後の高齢社会に向けて、喪失の悲しみをケアする“グリーフケア”が注目されています。特に介護家族や医療・介護従事者へのケアは社会課題として顕在化することが見込まれ、各大学・研究機関での取組みが進められています。 今回は、大切な人との死別、加齢による身体機能の低下、怪我や病気など、様々な喪失による悲嘆を抱える人が、悲しみとともに自分らしく生きていけるように専門的立場からサポートする一般社団法人日本グリーフ専門士協会代表理事の井手敏郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る