null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

認知症に見られる睡眠障害。その改善補法とは?

認知症の困った症状の一つに睡眠障害があります。昼夜が逆転し、日中はほとんど寝ているので、夜中になると起きて騒いだり外出しようとしたりするのです。その結果、介護者が眠れなくなり、在宅介護が困難になってしまいます。今回はそんな認知症の睡眠障害を改善するための様々な取り組みをご紹介します。

認知症専門医・河野和彦先生考案の薬物療法「コウノメソッド」

コウノメソッドとは、名古屋フォレストクリニック院長・認知症専門医の河野和彦先生が考案した薬物療法です。薬の量や種類を調整することによって、認知症の困った周辺症状(興奮、徘徊、睡眠障害、妄想など)を改善していくというものです。介護者が患者さんの様子を見ながら薬の投与量を加減し、副作用が出ないようにする・介護者の保護を優先する・サプリメントを活用するという三つの大きな特徴があります。

介護される人の気持ちに寄り添う「ユマニチュード」

ユマニチュードとはフランスで生まれた認知症ケアの手法のことです。ケアの根底には、介護される人の気持ちを常に尊重し、大切な人として接するという想いが流れています。「見下ろす視線ではなく、同じ高さから見つめる」「正面できちんと表情を見ながら声をかける」「恐怖を感じさせないよう優しく触れる」「介護を行う場合には出来るだけ立った状態で行う」など、「見る」「話す」「触れる」「立つ」の4つのポイントを柱に150もの手法があります。ユマニチュードを使ってケアを行うと要介護者が穏やかになり認知症の周辺症状が改善すると話題になっています。

睡眠導入マネージメントプロダクト「Sleepion」

30年以上睡眠障害改善について研究してきた大阪府立大学名誉教授・医学博士の清水教永先生が協力し、cheero(ティ・アール・エイ株式会社)から発売されたのが、睡眠導入マネージメントプロダクト「Sleepion(スリーピオン)」です。睡眠を促すヒーリングサウンドと心地よい光、アロマで睡眠障害改善をはかる製品です。リラクゼーションCDが認知症の方の睡眠障害改善に効果があるという報告もあり、試してみる価値はあるでしょう。

介護者も要介護者も幸せに

認知症治療やケアの方法はもちろん、睡眠障害の研究も日々進歩しています。アプローチ法も対策も様々ですが、介護する方、される方が1日も早く楽に、幸せになれるよう願ってやみません。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 【愛知県】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【愛知県】車椅子で行けるお花見スポット3選
    春の足音も着々と近づいていますね。これから見事な桜が楽しめそうです。東海地方で、車椅子でも楽しめるお花見スポットを探してみました。
    記事を見る
  • 『拘縮(こうしゅく)』って知っていますか?
    『拘縮(こうしゅく)』って知っていますか?
    海外のリハビリ先進国では、以前よりリハビリの早期開始の重要性がうたわれてきました。高齢になり体を一定期間動かさないと、体の関節が固くなってしまう『拘縮』になりがちです。今回は、拘縮とその予防方法についてご紹介します。
    記事を見る
  • 自分の親が介護が必要になった際に掛かる、お金を今から知っておきましょう!
    自分の親が介護が必要になった際に掛かる、お金を今から知っておきましょう!
    親の介護と言っても、怪我や病気が原因で急に介護が必要になる人や、物忘れの症状が徐々に進行して目が離せなくなり、そろそろ介護が必要になりそうな人など、人それぞれです。共通して不安になることは、介護にかかるお金がどれくらいになるのかということでしょう。今回は、具体例を挙げながら、介護にかかるお金を月額で説明していきます。
    記事を見る
  • 自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    平成26年の厚生労働省『人生の最終段階における医療に関する意識調査』では、「自分で判断できない状態になった場合に備えて意思表示の書面を作成しておく」ことに「賛成である」と回答した一般国民は69.7%にのぼります。 一方で「実際に書面を作成している」と回答した方は、わずか3.2%でした。 今回は、生前意思「リビングウィル」の事前表明を推進する日本尊厳死協会理事の丹澤太良さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 「地域のみなさん」と一緒に取り組む「包括ケアシステム」
    「地域のみなさん」と一緒に取り組む「包括ケアシステム」
    『保健医療2035』の提言を皮切りに、超高齢化社会に向けて「かかりつけ医の育成・全地域への配置」が推進されています。 今回は、多彩な経歴を持ちながら「まちのお医者さん」として地域医療モデルを切り拓く、みいクリニック院長の宮田俊男医師にお話を伺いました。 地域医療モデルの構築・発信だけでなく、内閣官房補佐官をはじめ、若手育成、医療機器開発にも取り組んでおられます。
    記事を見る