null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

終の棲家を選ぶときに気をつけるポイント

有料老人ホームをはじめとする介護施設は、高齢者にとって「終の棲家」となる場所です。それだけに、介護施設を選ぶことは簡単なことではありません。介護施設を選ぶ際は実際に見学してどんなところなのかを体験してみることが大切です。

介護施設へ見学に行った際にチェックしておきたいポイントとは

見学に行った際、施設の設備が整っているかを確認することも大切ですが、それよりも職員の様子をしっかりチェックしましょう。具体的には、職員の笑顔が多いか、食事の配膳や清掃などが丁寧かどうかをチェックすると良いです。そのため、見学だけでなく実際に食事や宿泊体験ができるとしっかり確認することが出来ます。
また、既に入居している高齢者の方々に、実際に入居してみての感想も聞いてみましょう。この施設に入居して良かったといったプラス面だけでなく、逆にここが困っているといったマイナス面も聞いておくと、入居したときのイメージがつかみやすくなります。

介護職員の定着率もチェック

インターネットには介護保険法に基づいて介護職員の「退職者数」や「経験年数」に関する数値が公表されています。労働環境などに問題があり、介護職員の入れ替わりが激しい施設だと、高齢者一人ひとりを把握した介護をすることが出来ないため、勤続年数が長いベテラン職員の多い施設の方が安心感があります。実際に高齢者の死亡事故が発生した介護施設では、退職者数が6割に達するなど定着率が低くなっています。

安心して暮らせる「終の棲家」を手に入れる

介護施設を選ぶ際には、請求したパンフレットだけで決めてしまうのではなく、なにより見学してみることが大切です。また、複数の施設を見学することで、施設の比較ができるようになるので、第一候補だけでなく予備を含めた複数の施設を見学してみることも必要です。見学や宿泊体験等を通じて、実際にそこで生活していくシミュレーションをし、要介護者がいきいきと安心して暮らしていけると感じられた施設を選ぶとよいでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 不要な介護サービスを提供されているかも?自分でチェックする方法
    不要な介護サービスを提供されているかも?自分でチェックする方法
    介護サービスの種類は非常に多く、必要とする人の状況に合わせて、その組み合わせも様々です。その複雑さゆえ、ケアプランの作成をケアマネージャーにすべて一任してしまいがちです。しかし、万が一不要なサービスを提供されたときにそのまま利用すると利用料金を請求されてしまいます。今回は不要な介護サービスを見極めるポイントをご紹介します。
    記事を見る
  • 【PR】「脳トレ×コミュニケーション」新しいカタチのもの忘れ対策とは?
    【PR】「脳トレ×コミュニケーション」新しいカタチのもの忘れ対策とは?
    日本では高齢化が進むとともに認知症患者数が増加しており、今後もますます増えていくと考えられています。厚生労働省の推計では、65 歳以上の方の認知症有病率は15%、約462 万人となっており、高齢者の7 人に1 人が認知症有病者と言えます。現代の医学には認知症を完治させる治療法や薬はまだないと言われています。したがって認知症予防が非常に重要です。本日は、もの忘れ対策に関するサービス『脳レク』を展開する株式会社エストコーポレーションの脳レク事業部担当者の水谷さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 要介護認定調査とは?気を付けるべきポイントを徹底解説!
    要介護認定調査とは?気を付けるべきポイントを徹底解説!
    介護保険のサービスを利用するためには、要介護認定を受けなければなりません。 認定結果は自立(非該当)以外、『要支援1~2』『要介護1~5』の7段階に分かれ、この介護度によって、受けられるサービスの範囲や負担額などが違ってきます。 ですので、間違った介護認定をされないよう、注意が必要です。 今回は要介護認定を受ける際のポイントをご紹介します。
    記事を見る
  • 知らないと損!高齢者の運転における危険性と対策法
    知らないと損!高齢者の運転における危険性と対策法
    「高齢者による高速道路の逆走運転で交通事故!」こんなニュースを耳にすると、近い存在に高齢者のいる方などはドキッとするのではないでしょうか。年々増加する高齢者ドライバーによる交通事故。ここではその問題点と対策等について考えてみます。
    記事を見る
  • 配偶者が要介護になる可能性を考えよう
    配偶者が要介護になる可能性を考えよう
    配偶者の介護を想定している人はごくわずかしかいません、しかし、実際には誰にとってもいずれはやってくる可能性が高いものです。お互いが元気なうちに、情報収集やどういった介護を望むのか話し合いをしておくと良いでしょう。
    記事を見る