null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

終の棲家を選ぶときに気をつけるポイント

有料老人ホームをはじめとする介護施設は、高齢者にとって「終の棲家」となる場所です。それだけに、介護施設を選ぶことは簡単なことではありません。介護施設を選ぶ際は実際に見学してどんなところなのかを体験してみることが大切です。

介護施設へ見学に行った際にチェックしておきたいポイントとは

見学に行った際、施設の設備が整っているかを確認することも大切ですが、それよりも職員の様子をしっかりチェックしましょう。具体的には、職員の笑顔が多いか、食事の配膳や清掃などが丁寧かどうかをチェックすると良いです。そのため、見学だけでなく実際に食事や宿泊体験ができるとしっかり確認することが出来ます。
また、既に入居している高齢者の方々に、実際に入居してみての感想も聞いてみましょう。この施設に入居して良かったといったプラス面だけでなく、逆にここが困っているといったマイナス面も聞いておくと、入居したときのイメージがつかみやすくなります。

介護職員の定着率もチェック

インターネットには介護保険法に基づいて介護職員の「退職者数」や「経験年数」に関する数値が公表されています。労働環境などに問題があり、介護職員の入れ替わりが激しい施設だと、高齢者一人ひとりを把握した介護をすることが出来ないため、勤続年数が長いベテラン職員の多い施設の方が安心感があります。実際に高齢者の死亡事故が発生した介護施設では、退職者数が6割に達するなど定着率が低くなっています。

安心して暮らせる「終の棲家」を手に入れる

介護施設を選ぶ際には、請求したパンフレットだけで決めてしまうのではなく、なにより見学してみることが大切です。また、複数の施設を見学することで、施設の比較ができるようになるので、第一候補だけでなく予備を含めた複数の施設を見学してみることも必要です。見学や宿泊体験等を通じて、実際にそこで生活していくシミュレーションをし、要介護者がいきいきと安心して暮らしていけると感じられた施設を選ぶとよいでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    若年性認知症とは64歳以下で発症する認知症の総称です。働き盛りの年齢で発症するため、高齢になってから発症する認知症と比べ、社会や家庭において問題を抱えることが少なくありません。また仕事の疲労やうつといった症状の可能性などを考えてしまい、発見が遅れてしまうことも多く、そのため診断が遅れてしまうことの多い病気です。高齢者に多く発症する認知症は女性が多いことに対し、若年性認知症は男性に比較的多いのが特徴です。しかし女性でも発症の可能性がないとはいえません。特に専業主婦の場合は症状に気づきにくく、症状がかなり進行してから判明するといったことも少なくありません。若年性認知症を予防するために、その症状についてよく知るとともに、普段の生活からできる予防方法について見ていきましょう。
    記事を見る
  • 「死」についてフラットに話せる場。対等に学び合う死生学カフェ
    「死」についてフラットに話せる場。対等に学び合う死生学カフェ
    静岡県のとあるカフェに、「死ぬこと、生きること」について学ぶ場があります。 死生学カフェでは、隔月の土曜日に30名程度の人が集まります。年代も性別も様々な人が話すテーマは「死」。 普段生活していく上で、「死ぬこと」について話す機会はなかなかないのではないでしょうか。 今回は死生学カフェの世話人代表でもある、静岡大学教授の竹之内裕文様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 「地域のみなさん」と一緒に取り組む「包括ケアシステム」
    「地域のみなさん」と一緒に取り組む「包括ケアシステム」
    『保健医療2035』の提言を皮切りに、超高齢化社会に向けて「かかりつけ医の育成・全地域への配置」が推進されています。 今回は、多彩な経歴を持ちながら「まちのお医者さん」として地域医療モデルを切り拓く、みいクリニック院長の宮田俊男医師にお話を伺いました。 地域医療モデルの構築・発信だけでなく、内閣官房補佐官をはじめ、若手育成、医療機器開発にも取り組んでおられます。
    記事を見る
  • 既存のショートステイを利用したユニマットの新規事業
    既存のショートステイを利用したユニマットの新規事業
    今回は介護事業者大手のユニマットが新たに行う介護事業についてご紹介します。
    記事を見る
  • 【後編】仏教の癒しをいま、音楽に乗せて伝えたい。松島龍戒住職
    【後編】仏教の癒しをいま、音楽に乗せて伝えたい。松島龍戒住職
    最近女性を中心に神社・仏閣巡りがブームになり、雑貨屋でお洒落なご朱印帳を目にする機会も多くなりました。 前回に続き、高野山真言宗南山進流の龍源山功徳院(くどくいん)住職であり、一般社団法人 現代仏教音楽研究会 代表理事の松島龍戒さんにお話を伺いました。 松島住職は、多くの人に仏教の癒しを届けることを目指して、伝統仏教声楽「聲明(声明・しょうみょう)」を現代音楽とコラボレーションさせた「現代仏教音楽」を各所で演奏しています。 2018年1月には監修本『お坊さんが教える 新発見!日本の古寺』(三栄書房)も出版されています。 YouTubeで一部楽曲を聴くことができます。 @link{https://www.youtube.com/channel/UCZNXh4NWoz24jXzWETQHIEg}
    記事を見る