null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

終の棲家を選ぶときに気をつけるポイント

有料老人ホームをはじめとする介護施設は、高齢者にとって「終の棲家」となる場所です。それだけに、介護施設を選ぶことは簡単なことではありません。介護施設を選ぶ際は実際に見学してどんなところなのかを体験してみることが大切です。

介護施設へ見学に行った際にチェックしておきたいポイントとは

見学に行った際、施設の設備が整っているかを確認することも大切ですが、それよりも職員の様子をしっかりチェックしましょう。具体的には、職員の笑顔が多いか、食事の配膳や清掃などが丁寧かどうかをチェックすると良いです。そのため、見学だけでなく実際に食事や宿泊体験ができるとしっかり確認することが出来ます。
また、既に入居している高齢者の方々に、実際に入居してみての感想も聞いてみましょう。この施設に入居して良かったといったプラス面だけでなく、逆にここが困っているといったマイナス面も聞いておくと、入居したときのイメージがつかみやすくなります。

介護職員の定着率もチェック

インターネットには介護保険法に基づいて介護職員の「退職者数」や「経験年数」に関する数値が公表されています。労働環境などに問題があり、介護職員の入れ替わりが激しい施設だと、高齢者一人ひとりを把握した介護をすることが出来ないため、勤続年数が長いベテラン職員の多い施設の方が安心感があります。実際に高齢者の死亡事故が発生した介護施設では、退職者数が6割に達するなど定着率が低くなっています。

安心して暮らせる「終の棲家」を手に入れる

介護施設を選ぶ際には、請求したパンフレットだけで決めてしまうのではなく、なにより見学してみることが大切です。また、複数の施設を見学することで、施設の比較ができるようになるので、第一候補だけでなく予備を含めた複数の施設を見学してみることも必要です。見学や宿泊体験等を通じて、実際にそこで生活していくシミュレーションをし、要介護者がいきいきと安心して暮らしていけると感じられた施設を選ぶとよいでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    平成26年の厚生労働省『人生の最終段階における医療に関する意識調査』では、「自分で判断できない状態になった場合に備えて意思表示の書面を作成しておく」ことに「賛成である」と回答した一般国民は69.7%にのぼります。 一方で「実際に書面を作成している」と回答した方は、わずか3.2%でした。 今回は、生前意思「リビングウィル」の事前表明を推進する日本尊厳死協会理事の丹澤太良さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 病院からの自宅復帰までをサポートする「老健」って?
    病院からの自宅復帰までをサポートする「老健」って?
    骨折をして入院をすると、すぐに家に戻って以前の生活をするのは難しいですよね。そんなときに利用したいのが、介護老人保健施設(通称:老健)です。どういったサービスが利用できるのか、そのメリット・デメリットを見てみましょう。
    記事を見る
  • 老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼は、一般的に40歳を過ぎたころから自覚症状始まると言われていますが、最近はパソコンや携帯電話の利用者の増加から、目を酷使する環境下にあるため、早い人では30代で症状を訴える人も少なくないようです。高齢による老眼と身体能力の低下が重なっても生活しやすい状態にするにはどういったことに気を付けるべきでしょうか。
    記事を見る
  • 車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【関東】
    車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【関東】
    関東の紅葉は早いところでは10月上旬から見ごろを迎え、12月上旬まで楽しめます。山間部の紅葉スポットもいろいろありますが、アクセスしやすい都心部でも楽しめるところがたくさんあります。今回は、車椅子で紅葉を見ることができるおすすめスポットをご紹介します。
    記事を見る
  • ケアマネジャーの仕事内容って何?どこまで頼める?
    ケアマネジャーの仕事内容って何?どこまで頼める?
    介護は急に始まることも多く、戸惑うことが多いものです。 そんな中で、介護を必要とする人が在宅での適切なサービスを利用できるように相談に応じたり、関係機関への連絡・調整を行ったりするのが『ケアマネジャー』(介護支援専門員)です。 利用者は、費用負担なしでケアマネのサービスを受けることができます。 ケアマネがどんなことをしてくれるのかを理解し、ケアマネと協力し合って満足のいく介護サービスを受けましょう。
    記事を見る