null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

配偶者が要介護になる可能性を考えよう

配偶者の介護を想定している人はごくわずかしかいません、しかし、実際には誰にとってもいずれはやってくる可能性が高いものです。お互いが元気なうちに、情報収集やどういった介護を望むのか話し合いをしておくと良いでしょう。

配偶者の介護を想定している人はわずか

2015年ホルモンケア推進プロジェクトが行った介護に関する調査によると、40代~50代の夫婦の約6割が夫、あるいは妻の介護が必要になる可能性は低いと考えていることが分かりました。しかし実際には親の介護と配偶者の介護を同時に抱えるケースも増えつつあります。お互いが元気なうちにもしもの場合に備え、情報収集や心の準備をしておくことが大切です。

介護について相談できる場所はどこ?

妻や夫が要介護状態になったら、自宅近辺の自治体の福祉課や地域包括支援センターに相談してみましょう。利用できるサービスを教えてくれるはずです。また大きな病院に入院している場合には、医療ソーシャルワーカーが勤務している場合があります。退院後の生活について相談してみましょう。医療ソーシャルワーカーは介護の相談に乗ってくれるほか、在宅療養についてのアドバイスや介護保険サービスのしくみ、申請についても教えてくれる頼もしい存在です。

まずは公的サービス利用の検討を

介護保険サービスの利用は65歳からです。しかし末期がんや認知症、脳血管疾患などの場合は40~64歳でも利用できます。また介護をする上で必要な自宅の改修についても介護保険の対象になる場合があるほか、車いすやベッド、ポータブルトイレなどの福祉用品を安く貸し出してくれる制度もあります。65歳以上の方はもちろん、65歳未満の方も、利用できる制度やサービスを確認してみましょう。

介護に対する男性と女性の意識の違い

2013年にメディケア生命保険株式会社が行った、親・配偶者・子どものいる40~59歳の男性・女性1,000名に対するに調査によれば、配偶者が要介護状態になっても自宅で一緒に過ごしたいと思っている方が7割近いことが分かりました。また介護の際に、介護サービスの利用を望まない男性が実に5人に1人と女性の3倍も多いことが分かりました。このことから、もしも夫が要介護状態に陥った場合には、妻に介護の負担が重くのしかかる可能性が大きいと言えます。

介護を抱え込まないために

近年、家族の中だけで介護を抱え込んだことにより、介護うつを含む様々な問題が起こっています。可能な限り周囲の人の助けを借りながら行えると良いでしょう。そのためには元気なうちから、お互いの介護についての考え方を良く話し合い、夫婦で意識の溝を埋める努力をすることが大切と言えます。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【関西】
    車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【関西】
    紅葉シーズンは早い地域だと9月からはじまり、遅い地域では12月中旬ころまでと言われています。秋の風景を堪能できるこの季節をご家族で楽しんではいかがでしょうか。今回は車椅子でも楽しめる関西の紅葉スポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 知らないと損!高齢者の運転における危険性と対策法
    知らないと損!高齢者の運転における危険性と対策法
    「高齢者による高速道路の逆走運転で交通事故!」こんなニュースを耳にすると、近い存在に高齢者のいる方などはドキッとするのではないでしょうか。年々増加する高齢者ドライバーによる交通事故。ここではその問題点と対策等について考えてみます。
    記事を見る
  • 介護保険を利用してお得に手すり設置しよう!
    介護保険を利用してお得に手すり設置しよう!
    介護が必要でなくとも、体を思うように動かせなくなってきた高齢者にとって手すりがあることは大きな助けとなります。今回は自宅を改修して手すりを設置するノウハウについてまとめてみました。
    記事を見る
  • 喪失の哀しみを解放する専門家“グリーフ専門士”
    喪失の哀しみを解放する専門家“グリーフ専門士”
    今後の高齢社会に向けて、喪失の悲しみをケアする“グリーフケア”が注目されています。特に介護家族や医療・介護従事者へのケアは社会課題として顕在化することが見込まれ、各大学・研究機関での取組みが進められています。 今回は、大切な人との死別、加齢による身体機能の低下、怪我や病気など、様々な喪失による悲嘆を抱える人が、悲しみとともに自分らしく生きていけるように専門的立場からサポートする一般社団法人日本グリーフ専門士協会代表理事の井手敏郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    1950年代以降、病院や介護施設等、自宅外で死を迎える割合は増加し続け、厚生労働省が発行した『平成29年 我が国の人口動態』では、2015年の自宅外死亡の割合は87.3%を占めています。 近年、感染・腐敗防止(エンバーミング※1)と、個人の葬送・遺族ケア、2つの目的を持つ、「エンゼル・ケア(※2)」が、遺族ケアの第一歩として注目され始めています。 今回は家族の最後の大切な時間を共に作る死化粧師として活動するキュア・エッセンス代表の宿原(じゅくはら)寿美子さんにお話を伺いました。 宿原さんは、法医学の復元方法を学び、死化粧師の後進育成、専門学校や医療・介護施設でのエンゼル・ケア講座も多数開催しています。 ※1:エンバーミング:薬品などを用いて防腐・保存のための処置を施すこと。特に遺体に対していう(三省堂大辞林) ※2:エンゼル・ケア:死亡した患者に看護師らが、遺族とともに、死者の旅立ちの準備を施すエンゼル・メイクなどの死後処置(『用例でわかるカタカナ新語辞典』出版/株式会社学研教育出版)
    記事を見る