null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

ペッパーくんの介護導入事例まとめ

2015年に発売され大きな話題となったソフトバンク社が開発したロボット『ペッパー君』。発売から即完売となり、さまざまなところで導入が広がってきています。今回は、介護現場での導入事例についてご紹介します。

高齢者向け音楽療養コンテンツを、ペッパーくんによる介護予防プログラムとして提供

神奈川県の「平成27年度未病産業の創出に係るモデル事業」において、ソフトバンクグループの人型ロボット「ペッパー」くんが活躍しています。高齢者向け音楽療養コンテンツ”健康王国”より提供されているカラオケや体操、クイズなどをペッパーくんと共に楽しむことで、介護予防が可能なのか、運動機能や認知機能の改善・維持や未病対策に有効かどうかに着目しています。また、介護業界や施設が抱える人材不足の問題や提供できるコンテンツの不足を、ペッパーくん導入により解決できるかどうかにも期待が集まっています。

介護施設へのペッパーくん導入による効果や課題の実証実験

川崎市の介護施設で、3月に引き続き2回目のペッパーくん導入への実証実験が行われました。ソフトバンクとアプリケーション開発会社によるこの実験では、ペッパーくんといっしょに楽しめるアプリを使うことで入居高齢者への効果や導入する課題を明らかにすることが狙いです。実験とはいえ、レクリエーションでは、ペッパーくんと歌ったり踊ったり、テレビモニターと連携して脳を鍛えるクイズゲームをしたり、モニターをくすぐってペッパーくんを笑わせたりと、参加者たちは充分に楽しんでいました。

ペッパーくん導入で利用高齢者を和ませ、介護職のイメージアップも

長崎市古賀町の介護施設ではペッパーくんを導入し、話題を集めています。マイクやセンサーを使って人の感情を読み取って会話し、感情までも表現するペッパーくんとの触れ合いは、施設を和ませているだけでなく、ペッパーくん目当てとはいえ地域の小学生が遊びに来ることにつながり、利用高齢者に喜ばれています。ペッパーくんを通じて、介護に興味を持ってもらい、介護職のイメージアップを図る狙いもあるのです。また、体操の指導や健康データの記録などこれからもペッパーくんには新たな活躍が望まれています。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 介護予防にも!フィットネスクラブの高齢者向けサービスまとめ
    介護予防にも!フィットネスクラブの高齢者向けサービスまとめ
    近年高齢者の健康志向が高まっており、その影響で高齢者によるフィットネスクラブの利用者は年々増加傾向にあります。またそういったニーズに応えるようにフィットネスプクラブ側も高齢者向けのさまざまなサービスを提供しはじめています。今回は高齢者向けのフィットネスクラブのサービスをご紹介いたします。
    記事を見る
  • 車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【信越・北陸】【散歩】
    車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【信越・北陸】【散歩】
    美しい自然や歴史的遺産に恵まれた信越・北陸地方は、お出かけを楽しんでみたいエリアの1つでしょう。親御さんと一緒にのんびり散策をするのにもピッタリです。そんな信越・北陸地方には車椅子でも安心して出かけることのできるスポットが様々あります。ここでは、そのスポットの幾つかをご紹介します。
    記事を見る
  • 制度導入でなく運用を目的に 介護離職防止への取組 -株式会社NTTデータ
    制度導入でなく運用を目的に 介護離職防止への取組 -株式会社NTTデータ
    介護の悩みを職場で誰にも相談出来ない。会社の人に迷惑を掛けたくない。介護が原因で退職してしまう方はこのように思われているのではないでしょうか。介護休暇・休業など、仕事と介護の両立を支援する制度があるにも関わらず、自らを追い詰め退職を選ばれる事例が増えているようです。今回は株式会社NTTデータで介護離職防止に取り組まれる人事本部人事統括部労務厚生担当部長植野剛至様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【介護予防】自治体が行っている健康診断を受けよう!
    【介護予防】自治体が行っている健康診断を受けよう!
    高齢になると、何よりも日々の健康が最大の関心事になります。中には初期症状が出にくい病気もありますから、特に不調がなくても積極的に健康診断を受けたいものです。市区町村が行う健康診断なら、無料または安価に健康チェックすることができます。
    記事を見る
  • 「抱きしめて看取る」~マザー・テレサの夢の続き
    「抱きしめて看取る」~マザー・テレサの夢の続き
    日本は、諸外国に例をみないスピードで高齢化が進行し、65歳以上の人口は現在3,000万人を超え(国民の約4人に1人)、団塊の世代(約800万人)が75歳以上となる2025年以降、医療・介護の需要が、さらに増加することが見込まれています。 今回は、この2025年問題を解決するために「在宅での看取り」の仕組みを構築し「看取り士」を育成する、日本看取り士会代表理事の柴田久美子さんにお話を伺いました。
    記事を見る