null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

ペッパーくんの介護導入事例まとめ

2015年に発売され大きな話題となったソフトバンク社が開発したロボット『ペッパー君』。発売から即完売となり、さまざまなところで導入が広がってきています。今回は、介護現場での導入事例についてご紹介します。

高齢者向け音楽療養コンテンツを、ペッパーくんによる介護予防プログラムとして提供

神奈川県の「平成27年度未病産業の創出に係るモデル事業」において、ソフトバンクグループの人型ロボット「ペッパー」くんが活躍しています。高齢者向け音楽療養コンテンツ”健康王国”より提供されているカラオケや体操、クイズなどをペッパーくんと共に楽しむことで、介護予防が可能なのか、運動機能や認知機能の改善・維持や未病対策に有効かどうかに着目しています。また、介護業界や施設が抱える人材不足の問題や提供できるコンテンツの不足を、ペッパーくん導入により解決できるかどうかにも期待が集まっています。

介護施設へのペッパーくん導入による効果や課題の実証実験

川崎市の介護施設で、3月に引き続き2回目のペッパーくん導入への実証実験が行われました。ソフトバンクとアプリケーション開発会社によるこの実験では、ペッパーくんといっしょに楽しめるアプリを使うことで入居高齢者への効果や導入する課題を明らかにすることが狙いです。実験とはいえ、レクリエーションでは、ペッパーくんと歌ったり踊ったり、テレビモニターと連携して脳を鍛えるクイズゲームをしたり、モニターをくすぐってペッパーくんを笑わせたりと、参加者たちは充分に楽しんでいました。

ペッパーくん導入で利用高齢者を和ませ、介護職のイメージアップも

長崎市古賀町の介護施設ではペッパーくんを導入し、話題を集めています。マイクやセンサーを使って人の感情を読み取って会話し、感情までも表現するペッパーくんとの触れ合いは、施設を和ませているだけでなく、ペッパーくん目当てとはいえ地域の小学生が遊びに来ることにつながり、利用高齢者に喜ばれています。ペッパーくんを通じて、介護に興味を持ってもらい、介護職のイメージアップを図る狙いもあるのです。また、体操の指導や健康データの記録などこれからもペッパーくんには新たな活躍が望まれています。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • “やさしい腸活“で心身をスッキリほぐす「腸律セラピー」
    “やさしい腸活“で心身をスッキリほぐす「腸律セラピー」
    排泄は高齢者にとって、QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)や尊厳に関わる非常に重要な要素です。排泄ケアが必要になると、在宅生活の継続が困難になるケースも多く、未病ケアや自立支援の発展に期待が寄せられています。 また、平成25年度国民生活基礎調査による便秘人口分布によると、60代から男女共に便秘の有訴者数が増えています。 今回は、自分で腸のケアができるようになる「セルフ腸ほぐし」の指導にも力を入れている、腸律セラピーサロンセラピーエ代表の小澤かおりさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 今から始める介護予防!お手軽介護予防教室の中身とは?
    今から始める介護予防!お手軽介護予防教室の中身とは?
    高齢者の増加により介護の必要性が高まっています。しかし、介護は費用も労力もかかり、本人の暮らしにも大きな影を落とします。元気なうちから介護予防をするために教室やサービスを利用していきましょう。 気軽に利用しやすいサービスも多く登場しています。
    記事を見る
  • 在宅介護を楽にする!住宅改修のポイントまとめ
    在宅介護を楽にする!住宅改修のポイントまとめ
    リフォーム前に申請することで、介護保険から住宅改修費を補助してもらえます。早く設置したいという思いから、手すりや段差解消など申請せずに行ってしまうケースも少なくありません。少しのリフォームで多額となることもあるため、こういった制度を上手く活用しましょう。
    記事を見る
  • かゆいところに手が届く!自治体による軽度生活支援事業
    かゆいところに手が届く!自治体による軽度生活支援事業
    軽度生活支援事業という言葉を知っていますか?この事業は、高齢者に対し日常生活の援助を行うことにより、自立した生活の継続、要介護状態への進行を防止することを目的として各自治体が行っています。今回は自治体による軽度生活支援事業の実施例をご紹介します。
    記事を見る
  • 【後編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    【後編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    前回に続き「苦しむ人への援助」について、「一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会」理事、めぐみ在宅クリニック院長の小澤竹俊先生にお話を伺いました。 小澤先生は、援助者養成講座や執筆・講演活動等を通じて「スピリチュアルな苦しみに対する具体的援助」の普及に取り組んでおられます。 前編はこちら→@link{https://mamoria.jp/clip/20170621/end-of-life}
    記事を見る