null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

既存のショートステイを利用したユニマットの新規事業

今回は介護事業者大手のユニマットが新たに行う介護事業についてご紹介します。

これまでのユニマット リタイアメント・コミュニティの事業内容

ユニマット・グループである「 ユニマット リタイアメント・コミュニティ」は、短期入所生活介護としてはシェア1位を誇る業界大手です。介護付き有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅、デイサービス、グループホーム、ショートステイ、訪問介護、訪問看護など、高齢者複合介護施設を「そよ風」ブランドで全国展開し、運営しています。また、グループ保有資源を活かしたリゾート型の不動産分譲事業を沖縄県宮古島にて展開するリタイアメント・コミュニティ事業も行っています。

新規事業(1)特化型デイサービス

ユニマット リタイアメント・コミュニティは、既存施設の一部改装という初期投資の抑制と建設期間の短縮で、新事業を展開することを発表しました。新規事業として、特化型デイサービスの通所介護事業所「梅郷ケアセンターそよ風」が2015年10月に開設され、こちらの施設ではシアタールーム始め12種類の個室など、利用者の趣味に合わせたさまざまなレクリエーションが実施できるという特色を持っています。また、すでに2015年7月より、業界初となる料理を通じてのケアサービスを特色とした「なないろクッキングスタジオ」を自由が丘に開設しており、高齢者の可能性を新しい視点で引き出すデイサービス事業所ということで注目を集めました。ユニマット リタイアメント・コミュニティは、今後このような特化型デイサービスの介護事業を拡充していくとのことです。

新規事業(2)自立高齢者向けシェアハウス

介護保険外事業として、既存の施設を改装した60歳以上の自立高齢者向けシェアハウスを開設する予定です。アクティブシニアに向けた、セカンドハウスや一人暮らしの不安解消など、家族の近くに住む「近居」や短期間のみの「ワープステイ」というニーズに応えることを目的としています。1月には船橋ケアセンターそよ風(1Fにてデイサービス運営)にて、開催見学会が行われています。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • どうする?認知症になった場合の財産管理
    どうする?認知症になった場合の財産管理
    高齢になると認知症の発症確率が高まります。その時に問題となるのが財産管理です。管理が難しくなった時にどのように手助けすべきか、家族が考えておく必要があります。リバースモゲージによる生活費の確保、成年後見人、市民後見人による管理など、様々な方法を知ることから始めてみましょう。
    記事を見る
  • ポイント解説!アルツハイマー型認知症の初期症状と特徴
    ポイント解説!アルツハイマー型認知症の初期症状と特徴
    アルツハイマー型認知症は、予備軍である軽度認知症からやがて発症へと至り、進行する病気です。治療で進行の抑制は可能ですが、完治はせず早期の発見が重要になります。しかし初期症状では、本人が物忘れを周囲に気付かれない様カバーする場合が多く、発見し難いのが一般的です。重症化させないためにも初期症状を家族や周囲にいる人が見落とさない様にしましょう。ここではアルツハイマー型認知症の予備軍であるMCIや、初期症状、特徴について紹介します。
    記事を見る
  • 知らないと損!意外と負担になる介護用おむつ費用の節約術
    知らないと損!意外と負担になる介護用おむつ費用の節約術
    毎日利用するのに介護保険の対象にはならず、大きな荷物になるため買い物も大変、そんな頭を悩ませる存在の介護用おむつ。きちんと制度やサービスを利用してできるだけ負担を軽減できるようにしたいものです。今回は介護用おむつの意外と知られていない節約術をご紹介します。
    記事を見る
  • 音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    2025年には65歳以上の認知症患者数が約700万人、高齢者の5人に1人は認知症になると見込まれています。(『平成28年版高齢社会白書』より) これまで「予防できない」と言われていた認知症ですが、近年の脳科学研究では、記憶・学習等の脳機能、認知症やパーキンソン病等の脳病態等が明らかになってきています。 今回は「生涯現役」をテーマに、音楽の効果を活用した健康促進、介護・認知症予防に取り組む、日本音楽レ・クリエーション指導協会理事長の堀口直子さん、会長の小野惣一さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 誰でも書ける!感謝と喜びが循環する「笑い文字」
    誰でも書ける!感謝と喜びが循環する「笑い文字」
    年明けが近くなり、年賀状の準備をはじめる方も多いのではないでしょうか。 手書きの手紙や葉書の価値を感じても、「字に自信がない。絵心もない」と、ためらう方も増えている印象です。 今回は、字を書ける人なら誰でも短時間で笑顔あふれる文字の書き方を習得できる「笑い文字」を全国に広げている、一般社団法人 笑い文字普及協会代表理事の廣江まさみさんにお話を伺いました。 約3年間で受講者数1.5万人(2017年春)が受講した「90分で書ける ありがとう講座」、地域限定の日本郵便とコラボした笑い文字フレーム切手(2017年12月発売)が大人気です。
    記事を見る