null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

既存のショートステイを利用したユニマットの新規事業

今回は介護事業者大手のユニマットが新たに行う介護事業についてご紹介します。

これまでのユニマット リタイアメント・コミュニティの事業内容

ユニマット・グループである「 ユニマット リタイアメント・コミュニティ」は、短期入所生活介護としてはシェア1位を誇る業界大手です。介護付き有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅、デイサービス、グループホーム、ショートステイ、訪問介護、訪問看護など、高齢者複合介護施設を「そよ風」ブランドで全国展開し、運営しています。また、グループ保有資源を活かしたリゾート型の不動産分譲事業を沖縄県宮古島にて展開するリタイアメント・コミュニティ事業も行っています。

新規事業(1)特化型デイサービス

ユニマット リタイアメント・コミュニティは、既存施設の一部改装という初期投資の抑制と建設期間の短縮で、新事業を展開することを発表しました。新規事業として、特化型デイサービスの通所介護事業所「梅郷ケアセンターそよ風」が2015年10月に開設され、こちらの施設ではシアタールーム始め12種類の個室など、利用者の趣味に合わせたさまざまなレクリエーションが実施できるという特色を持っています。また、すでに2015年7月より、業界初となる料理を通じてのケアサービスを特色とした「なないろクッキングスタジオ」を自由が丘に開設しており、高齢者の可能性を新しい視点で引き出すデイサービス事業所ということで注目を集めました。ユニマット リタイアメント・コミュニティは、今後このような特化型デイサービスの介護事業を拡充していくとのことです。

新規事業(2)自立高齢者向けシェアハウス

介護保険外事業として、既存の施設を改装した60歳以上の自立高齢者向けシェアハウスを開設する予定です。アクティブシニアに向けた、セカンドハウスや一人暮らしの不安解消など、家族の近くに住む「近居」や短期間のみの「ワープステイ」というニーズに応えることを目的としています。1月には船橋ケアセンターそよ風(1Fにてデイサービス運営)にて、開催見学会が行われています。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • みんなどう思ってる?自分の老後についての意識調査
    みんなどう思ってる?自分の老後についての意識調査
    みなさんは自分の老後や介護について心配になったり不安になったりしたことはありますか。今回は中年の男女に聞いた「老後の生活に関する意識調査」の内容をまとめました。
    記事を見る
  • 「抱きしめて看取る」~マザー・テレサの夢の続き
    「抱きしめて看取る」~マザー・テレサの夢の続き
    日本は、諸外国に例をみないスピードで高齢化が進行し、65歳以上の人口は現在3,000万人を超え(国民の約4人に1人)、団塊の世代(約800万人)が75歳以上となる2025年以降、医療・介護の需要が、さらに増加することが見込まれています。 今回は、この2025年問題を解決するために「在宅での看取り」の仕組みを構築し「看取り士」を育成する、日本看取り士会代表理事の柴田久美子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 「親が介護になったら?」を考える機会を -PwCあらた有限責任監査法人
    「親が介護になったら?」を考える機会を -PwCあらた有限責任監査法人
    今回は、仕事と介護の両立支援・介護離職防止支援のテーマ第二弾!企業へのインタビューとして、PwCあらた有限責任監査法人システム・プロセス・アシュアランス部江原様にインタビューを実施させていただきました。
    記事を見る
  • 知っておけばもう安心!遠距離介護のポイント解説
    知っておけばもう安心!遠距離介護のポイント解説
    仕事や家庭の都合で、遠距離介護の必要に迫られることも少なくありません。常に目を配れないため不安が伴いがちですが、ポイントを押さえておけば遠距離介護でも安心です。また無理な呼び寄せは、逆に両者にとって負担になる可能性もあります。 遠距離介護の例やポイント、呼び寄せ症候群などについて紹介します。
    記事を見る
  • みんなが、みんなを助け合う場に。がん共同勉強会の取り組み
    みんなが、みんなを助け合う場に。がん共同勉強会の取り組み
    1981年以来、日本人の主な死因トップの座にあり続ける「がん」。国立がんセンターの統計では、全がんは60歳代から増加し、「高齢になるほど死亡率が高い」との統計が発表されています。 本日は、腫瘍内科医で『孤独を克服するがん治療〜患者と家族のための心の処方箋〜』の著者であり、患者さん同士が治療体験を話しあう場を提供し続ける、NPO法人宮崎がん共同勉強会理事長の押川勝太郎医師にお話を伺いました。
    記事を見る