null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

正しい使い方を!介護ベッドまわりの事故事例まとめ

在宅介護の増加に伴い、家庭での電動式介護ベッドの利用が多くなっています。しかし、誤った使い方による重大な事故が発生しています。今回は介護ベッドの事故事例をまとめました。

介護ベッドの危険性

身体的な介護が必要な場合、家庭に介護ベッドを入れていることは少なくありません。電動によるマットレスの背上げ機能や膝上げ機能、高さ調整機能や、転落防止手すりのサイドレール、自立を助けるベッドグリップなど日常動作のサポートに便利な機能が工夫されています。しかし、誤った使い方による重大な事故も発生しています。機能や操作方法を正しく理解したうえで、利用者の身体状況がベッドに合っているか確認することが必要です。

介護ベッドで起きる事故事例

介護ベッドには便利な機能がある一方で、正しい使い方をしていないことが原因の事故も数多く起きています。一番多い事故は、転倒防止のサイドレール周辺で起きています。横に並んだ2つのサイドレール間に頭や首がはさまってしまい死亡する事故や、サイドレール内のすき間に腕や足が入ってしまい、無理やり引き抜こうとして骨折してしまうという事例もあります。自立を助ける固定レバーでは、ベッドから離れようとして要介護者の衣服がレバーにひっかかり首が絞まって窒息死する事故が起きるなど、ベッドから離れるときにも注意が必要です。介護者や家族が巻き込まれる事故としては、背を上げたベッドの裏側で子どもが遊んでいることに気がつかず背を下げるスイッチを押してしまい、ベッド本体とヘッドボードにはさまれて大けがを負わせてしまう事故もあります。

事故防止のための注意点

平成19年から重大な事故が多数発生していることを受けて厚生労働省は介護ベッドの安全点検の指針を出しました。それを受けて医療・介護ベッド安全普及協議会が設立され、安心して介護ベッドを利用できるルール作りと周知活動がおこなわれています。特に事故が多い横に並んだ2つのサイドレール間は6センチの球状のものが入らないよう指導されています。すき間がある場合はクッションや毛布などで埋めるなどの対策が必要です。さまざまな事故事例をもとに危険を回避するチェックリストつきのパンフレットが配布されているので参考にするとよいでしょう。利用者の機能障害はさまざまで身体の麻痺や認知障害など注意するべきポイントは異なります。ベッドの利用者への注意はもちろんですが、介護者や家族も介護ベッドの取り扱い方法と危険性を理解しておく必要があります。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 改めて知っておきたい、入れ歯の役割
    改めて知っておきたい、入れ歯の役割
    高齢になるにつれ、歯や口腔機能の老化も進行していきます。口腔機能を維持することは体全体の健康を維持するために軽視できません。今回は、高齢者の口腔機能の健康維持を助ける入れ歯についてまとめました。
    記事を見る
  • 介護福祉士シンガーかんのめぐみ「歌で介護の現場をつなぐ」
    介護福祉士シンガーかんのめぐみ「歌で介護の現場をつなぐ」
    介護をしていると、誰にも言えないことや諦めてしまうことが折り重なっていくことがあるかもしれません。 介護福祉士シンガーソングライターとして、介護の現場で働きながら、アコースティックギターの弾き語りで、大好きなお年寄りの歴史や介護にまつわる喜怒哀楽を歌にして届けている方がいらっしゃいます。 今回は、県内を中心に活動の場を全国に拡大していっているシンガーソングライター、かんのめぐみさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 介護初心者なら、介護講習会を受けてみよう
    介護初心者なら、介護講習会を受けてみよう
    いざ介護開始となっても、実際具体的にどうやって介護していいか戸惑うものです。そんな方に利用してほしいのが、自治体や介護施設が開催している家族向けの介護セミナーです。介護の相談ができるものや実際の介護のやり方を実技で学べるところもあります。ぜひ有効に活用しましょう。
    記事を見る
  • 喪失の哀しみを解放する専門家“グリーフ専門士”
    喪失の哀しみを解放する専門家“グリーフ専門士”
    今後の高齢社会に向けて、喪失の悲しみをケアする“グリーフケア”が注目されています。特に介護家族や医療・介護従事者へのケアは社会課題として顕在化することが見込まれ、各大学・研究機関での取組みが進められています。 今回は、大切な人との死別、加齢による身体機能の低下、怪我や病気など、様々な喪失による悲嘆を抱える人が、悲しみとともに自分らしく生きていけるように専門的立場からサポートする一般社団法人日本グリーフ専門士協会代表理事の井手敏郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【セミナーレポート】哀しみをいやす講演会/主催:日本グリーフ専門士協会
    【セミナーレポート】哀しみをいやす講演会/主催:日本グリーフ専門士協会
    2017年11月23日に国際ファッションセンターで日本グリーフ専門士協会主催の「哀しみをいやす講演会」が開催されました。 グリーフ(悲嘆)に寄り添う専門家5名によるスライドや映像を使った講演会、パネルディスカッションがメインコンテンツとして提供されました。 会場には、グリーフ(悲嘆)ケアを学んでいる方、興味がある方だけでなく、喪失の哀しみを抱えている方もいらっしゃいました。
    記事を見る