null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

正しい使い方を!介護ベッドまわりの事故事例まとめ

在宅介護の増加に伴い、家庭での電動式介護ベッドの利用が多くなっています。しかし、誤った使い方による重大な事故が発生しています。今回は介護ベッドの事故事例をまとめました。

介護ベッドの危険性

身体的な介護が必要な場合、家庭に介護ベッドを入れていることは少なくありません。電動によるマットレスの背上げ機能や膝上げ機能、高さ調整機能や、転落防止手すりのサイドレール、自立を助けるベッドグリップなど日常動作のサポートに便利な機能が工夫されています。しかし、誤った使い方による重大な事故も発生しています。機能や操作方法を正しく理解したうえで、利用者の身体状況がベッドに合っているか確認することが必要です。

介護ベッドで起きる事故事例

介護ベッドには便利な機能がある一方で、正しい使い方をしていないことが原因の事故も数多く起きています。一番多い事故は、転倒防止のサイドレール周辺で起きています。横に並んだ2つのサイドレール間に頭や首がはさまってしまい死亡する事故や、サイドレール内のすき間に腕や足が入ってしまい、無理やり引き抜こうとして骨折してしまうという事例もあります。自立を助ける固定レバーでは、ベッドから離れようとして要介護者の衣服がレバーにひっかかり首が絞まって窒息死する事故が起きるなど、ベッドから離れるときにも注意が必要です。介護者や家族が巻き込まれる事故としては、背を上げたベッドの裏側で子どもが遊んでいることに気がつかず背を下げるスイッチを押してしまい、ベッド本体とヘッドボードにはさまれて大けがを負わせてしまう事故もあります。

事故防止のための注意点

平成19年から重大な事故が多数発生していることを受けて厚生労働省は介護ベッドの安全点検の指針を出しました。それを受けて医療・介護ベッド安全普及協議会が設立され、安心して介護ベッドを利用できるルール作りと周知活動がおこなわれています。特に事故が多い横に並んだ2つのサイドレール間は6センチの球状のものが入らないよう指導されています。すき間がある場合はクッションや毛布などで埋めるなどの対策が必要です。さまざまな事故事例をもとに危険を回避するチェックリストつきのパンフレットが配布されているので参考にするとよいでしょう。利用者の機能障害はさまざまで身体の麻痺や認知障害など注意するべきポイントは異なります。ベッドの利用者への注意はもちろんですが、介護者や家族も介護ベッドの取り扱い方法と危険性を理解しておく必要があります。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    大切な人がターミナル期に入ると、家族の緊張はピークに達し、その人にしてあげられることが限られていくことに悲しみを抱くことも多くあるのではないでしょうか。 少しでも穏やかに、安らかに過ごしてほしいと祈る思いを、直前まで機能が維持されるといわれる聴覚に訴えかけることのできる音楽で届ける方がいます。 今回は、リミナル・ハープ奏者の佐野正子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • シニア世代が無理なくできる!”自分らしさ“に還るアシュタンガヨガ
    シニア世代が無理なくできる!”自分らしさ“に還るアシュタンガヨガ
    介護予防の一環として、柔軟性、筋力アップ効果が期待できるヨガが注目されています。一般のヨガスタジオを始め、保健機関や自治体主催のシニア世代向けヨガ教室も増加傾向にあります。 今回は、ヨガの流派の中でも人気の高い「パワーヨガ」の前身として知られる「アシュタンガヨガ」をシニア世代でも無理なく出来るように指導する、IYCインターナショナルヨガセンター講師のゆきのさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【介護予防】自治体が行っている健康診断を受けよう!
    【介護予防】自治体が行っている健康診断を受けよう!
    高齢になると、何よりも日々の健康が最大の関心事になります。中には初期症状が出にくい病気もありますから、特に不調がなくても積極的に健康診断を受けたいものです。市区町村が行う健康診断なら、無料または安価に健康チェックすることができます。
    記事を見る
  • 早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    若年性認知症とは64歳以下で発症する認知症の総称です。働き盛りの年齢で発症するため、高齢になってから発症する認知症と比べ、社会や家庭において問題を抱えることが少なくありません。また仕事の疲労やうつといった症状の可能性などを考えてしまい、発見が遅れてしまうことも多く、そのため診断が遅れてしまうことの多い病気です。高齢者に多く発症する認知症は女性が多いことに対し、若年性認知症は男性に比較的多いのが特徴です。しかし女性でも発症の可能性がないとはいえません。特に専業主婦の場合は症状に気づきにくく、症状がかなり進行してから判明するといったことも少なくありません。若年性認知症を予防するために、その症状についてよく知るとともに、普段の生活からできる予防方法について見ていきましょう。
    記事を見る
  • 【セミナーレポート】哀しみをいやす講演会/主催:日本グリーフ専門士協会
    【セミナーレポート】哀しみをいやす講演会/主催:日本グリーフ専門士協会
    2017年11月23日に国際ファッションセンターで日本グリーフ専門士協会主催の「哀しみをいやす講演会」が開催されました。 グリーフ(悲嘆)に寄り添う専門家5名によるスライドや映像を使った講演会、パネルディスカッションがメインコンテンツとして提供されました。 会場には、グリーフ(悲嘆)ケアを学んでいる方、興味がある方だけでなく、喪失の哀しみを抱えている方もいらっしゃいました。
    記事を見る