null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

注意!よくある高齢者をターゲットに対する詐欺

高齢者に対する詐欺事件が多く発生しています。自分は騙されないと思っている人でも引っかかってしまうケースも多いようです。高齢者ならではの介護などの不安に付け込んだ事件も多いです。現在どういった事件が多く起きているのか知っておきましょう。

判断力の低下に付け込んだ詐欺

高齢者は認知症やその前段階にあることが多く、判断力が十分でないことも多いです。そこに付け込んだ詐欺が多くなっています。まずはセールスのような形でやってきて高額なものを売りつけたり、必要のないリフォームなどを行うという事です。誤った情報をもとに購入や契約を勧められるという点では詐欺ですが、本人が気づいていないことが多く、家族が知った時には手遅れになりやすいものです。

また、家族が気がついても本人はかたくなに信じているという事があります。一人暮らしで寂しく暮らしているところに、親切に話をしてくれるセールスマンが来ることで信用しやすくなるという事もあります。こういったことにならないよう、離れて暮らすご家族は十分コミュニケーションをとり、大きな契約の前にはきちんと話してもらえる関係を作っておきましょう。

オレオレ詐欺に注意

一時期非常に話題となったオレオレ詐欺ですが、いまだに起こり続けています。子供や孫などを装って、仕事の失敗などを理由に多額の現金を振り込みや手渡しという形で受け取ろうとします。困っている状況を演じられるため、離れている家族を思う気持ちが強い人ほど引っかかりやすいのがこのオレオレ詐欺です。わかった時には家族からも責められることになり、本人の心にも多大なダメージを与えます。これも高齢者の判断力の低下や一人暮らしのさみしさという事が原因となります。

予防のためにはやはり家族とのまめな連絡が大切です。また、そのようなお金のやり取りが発生するときには元の電話番号にかけ直してみたり別の家族に相談をしたりといった形で確認してもらえるように、高齢者にお願いしておきましょう。

マイナンバーを題材にした詐欺も

マイナンバー制度が施行され、それにまつわる詐欺というものも増えてきています。マイナンバーのセキュリティにお金がかかる、漏洩したマイナンバーを削除するためにお金がかかる、といった具合に金銭を請求するものが多いです。マイナンバーについてよく知らない、という方も多いでしょう。高齢者ならなおさらです。自分の知らないものに対して親切に教えてくれ、対処方法を教えてくれる人が出てきたら、それを信じてしまうという事もあります。

現時点でマイナンバーを必要とするケースはあまりありません。マイナンバーが関わるような契約や事案であれば、家族が確認することが必要でしょう。その旨を高齢者ときちんと話し合い、マイナンバーの提示を求められたら家族に相談してから行うようにしておくと良いでしょう。

介護の不安も詐欺につながる

高齢者になると介護の不安が出てきます。介護施設への入居や介護サービスの利用にはお金がかかります。それを利用してお金を巻き上げるという詐欺が生まれているのです。その人には必要のない介護サービスの契約や、そもそも架空の施設への入居契約をもとに金銭を請求する場合があります。

また、高齢者施設への入居権が当たったという連絡の後、その入居権を譲ってほしいという電話がかかってきて、同情心からその話を受けるとそれが犯罪だという事でもみ消すための費用を請求されるというケースがあります。いずれにしても、サービスの契約などについては家族に相談してから契約や支払いをする、という事を徹底していくことがこうした介護にまつわる詐欺を予防するためには重要です。

まとめ

高齢になると判断力の低下のほか、一人暮らしのさみしさなども感じがちです。また、離れているからこそ自分のできることで家族などに貢献したいという思いを持つ方もいます。そういったところにだまそうとする人は付け込んでいきます。予防のためには普段から家族とのコミュニケーションを密にしてさみしさを軽減し、暮らしの状況を家族が把握していくことが大切です。まずは定期的に電話をして近況を聞くことから始めてみましょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • ミスユニバースさいたま指導者直伝!無理なく楽しい「姿勢ストレッチ」
    ミスユニバースさいたま指導者直伝!無理なく楽しい「姿勢ストレッチ」
    高齢になり運動機能が低下すると「転倒」による怪我が、寝たきり状態のキッカケになる危険性があります。 『平成27年版高齢社会白書』では、「骨折・転倒」が要介護になった主な原因の12.2%を占め、特に女性は15.4%で男性の6%を大きく上回っています。 重症化リスクを予防するためには、無理なく運動できる「ストレッチ」がオススメです。 今回は『ミスユニバースさいたま2017』の育成・指導を始め、多くのモデル指導の経験を活かし、独自の高齢者向けストレッチを提案する「魅ボディ研究所」代表の比嘉美佐子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • これだけ知っておけば安心!介護の臭い対策集
    これだけ知っておけば安心!介護の臭い対策集
    家族に介護が必要になった場合、まず問題となるのが臭いの対策です。介護に慣れないうちは、毎日行うことになる排泄物の処理とその臭いにどう対応すればいいのか頭を悩ませる方も少なくありません。さらに排泄物以外にも、介護スペースには様々な臭いが充満します。介護する側も介護される側にとっても、この臭いは気が滅入るだけでなく衛生的にも問題があります。そのため早急に解決し、改善する必要があります。長い時間を過ごすスペースだからこそ、臭いの対策は万全にしておきたいものです。介護をはじめる際に、知っておきたい臭いの原因とその対策方法についてまとめました。
    記事を見る
  • 保険外の介護サービスも上手く使おう!行政サービス編
    保険外の介護サービスも上手く使おう!行政サービス編
    介護保険制度のサービスは1割負担(※)で受けることができますが、介護度によって利用できるサービスの範囲や回数が決まっており、万全ではありません。自己負担で様々なサービスを受けることができますが、行政が行っているサービスをまず確認してみましょう。利用料の補助が出ており、民間よりも安く利用できる場合があります。今回は行政が行っている保険外サービスの事例をご紹介します。 ※一部、所得によって2割負担となります。
    記事を見る
  • 【北海道・東北】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【北海道・東北】車椅子で行けるお花見スポット3選
    桜の季節になると老若男女を問わず心まで春めいて、お花見に出かけたいという気持ちになるものですよね。ご年配の方でも、寒い冬の季節は家の中に閉じこもりがちだったものの、春になってあたたかくなると外に出かけても良いかなと感じる人は多いでしょう。そこで、今回は車椅子に乗ったままでもお花見がしやすい北海道や東北地方のお花見スポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 認知症の方の介護に関わる方向け。ストレス解消に大事なポイント
    認知症の方の介護に関わる方向け。ストレス解消に大事なポイント
    介護はする側もされる側もストレスを抱えることが多いものですが、お互いストレスを抱えていると介護もスムーズにいかないものです。 介護をする側のストレスも意外に抱え込みやすいもの。 今回はご家族様向けにストレスを解消・発散する方法をご紹介します。
    記事を見る