null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

薬の飲み忘れ危険!服薬支援サービスの内容とは?

高齢になるにつれ、様々な持病や疾患が生じ、毎日の薬が欠かせなくなる場合があります。そんな時、正しい種類・量の薬を正しい時間に服用することが重要になります。しかし高齢者にとって服薬管理は難しく、1度の失敗が生命に関わることもあります。そのような状況を受け、居宅療養管理指導を始めとする服薬支援のサービスが充実しつつあります。

薬の飲み忘れの危険性

高齢になるにつれ、種類や分量が増えていく薬。それを高齢者自身が管理するのは、困難な場合があります。薬の飲み忘れは、発作を引き起こしたり持病を悪化させたりと、大きな影響をもたらします。特に高齢者の場合、心臓など循環器関係の薬を処方されていることが多く、生命の危険につながる可能性もあります。厚生労働省では2013年度に、家庭にある残薬に関する調査を行いました。その結果、患者の半分以上が薬を余らせた経験があると回答しています。一方で、既に飲んでしまったことを忘れ、過剰に服薬してしまう場合もあります。薬の用量や用法を管理できない高齢者に対して、周囲の人間が手助けをすることで、薬による健康リスクを避けることができるのです。

居宅療養管理指導

居宅療養管理指導とは、医師や看護師などの専門家が定期的に患者の自宅に訪問し、往診や管理指導を行うサービスです。薬剤に関しては、介護状況などにより通院が困難な患者に対し、薬剤師が訪問し管理指導を実施します。具体的には、患者の基本情報の把握や、調剤日・調剤内容の管理記録、服薬状況の管理記録、合併症や副作用の確認、患者の家族との相談・アドバイスなどです。高齢者に処方された薬に対し、処方時から服用中、服用後のサポートまでを専門家が行うため、家族では見逃しがちなトラブルも未然に防ぐことができます。介護保険を適用して利用するサービスで、料金は訪問先やサービス内容によって異なりますが、大体500円程度で受けられるものです。

服薬支援ロボ

テクノロジーの発達により、医療介護分野でもロボットの活躍が聞かれるようになっています。服薬支援ロボは、ケアボット株式会社が開発したロボットです。服用する薬の種類、量や時間を事前に設定しておき、その時間に合わせて自動的に薬が分配されるという機能を持っています。 飲み忘れや飲み間違い、過剰服薬を防止するだけでなく、履歴をデータ化することで、誰でも簡単に処方薬の管理を行えます。タッチパネル式のため高齢者にも操作しやすく、お知らせ音がついているため気づきやすいという配慮もなされているロボットです。介護を担う家族や介護スタッフの負担を減らすこともでき、介護生活をトータルでサポートできるロボットだともいえます。

クラウドサービス服薬管理

服薬支援クラウドサービスは、株式会社日立システムズが開発したサービスです。服薬支援ロボと組み合わせることによって、一層スムーズな服薬管理を実現しています。薬局や介護事業所がこのクラウドサービスを導入することで、患者の服薬履歴や残薬情報を共有することができます。遠隔管理が可能なため、離れた場所にある調剤薬局や施設でも常に情報を確認でき、訪問サービスに活かすことができるというメリットがあります。服薬支援ロボには1回分の薬をセットでき、誤飲防止が可能。さらに薬を飲み忘れた場合に、クラウドサービスを通じて通知メールが届くため、薬に関する失敗を極力減らすことができます。高齢者への支援だけでなく、調剤薬局や介護事業所の効率化も図れるサービスです。

まとめ

高齢者にとって、複数種類の服薬は負担なもの。飲み忘れや飲み過ぎは、重大な事故につながりかねません。しかしロボットやクラウドサービスといった先端技術を利用することで、高齢者や家族、介護スタッフの負担を減らしながら、確実な服薬が実現できます。また居宅療養管理指導を利用すれば、専門家による綿密な管理指導も可能です。高齢者の介護状況や、家族の状況を踏まえた上で、このようなサービスを選んでみてはいかがでしょうか。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 高齢者向けに人気のスポーツ4選!介護予防にもおススメ!
    高齢者向けに人気のスポーツ4選!介護予防にもおススメ!
    高齢者がスポーツをすることは、体力の衰えを防ぎ、ストレスを解消し、健康を維持することに役立ちます。 また、複数人で行うスポーツは、仲間との絆を深め、日々に張り合いをもたらしてくれます。スポーツをするには体力に自信がない...。今回はそんなシニアの方でも気軽に楽しめるスポーツについてまとめてみました。離れて暮らす親の体力が心配という方、おすすめしてみてはいかがでしょうか。
    記事を見る
  • 相談・知る事が正しい選択を生む。スキルス胃がんのこと
    相談・知る事が正しい選択を生む。スキルス胃がんのこと
    2016年の国立がんセンターによる『最新がん統計予測』で、近年減少傾向にあった患者数が増加予測に転じた「胃がん」。 胃がんの10%前後を占めると言われる「スキルス胃がん」は、自覚症状がほとんどなく、胃壁の中をしみこむように浸潤するため、内視鏡検査でも見つけにくいことが特徴です。 今回は、スキルス胃がんの早期発見・治療のために活動を続ける、がん患者団体「認定NPO法人 希望の会」理事長の轟浩美さんにお話を伺いました。 轟さんは「みいクリニック がんサバイバーシップ室長」として、がん患者さんとご家族の不安を和らげ、理解を促す場づくりにもご尽力されています。
    記事を見る
  • 今から始める介護予防!お手軽介護予防教室の中身とは?
    今から始める介護予防!お手軽介護予防教室の中身とは?
    高齢者の増加により介護の必要性が高まっています。しかし、介護は費用も労力もかかり、本人の暮らしにも大きな影を落とします。元気なうちから介護予防をするために教室やサービスを利用していきましょう。 気軽に利用しやすいサービスも多く登場しています。
    記事を見る
  • 終活|終末期を安らかに過ごすために、仏教の力を借りてみた
    終活|終末期を安らかに過ごすために、仏教の力を借りてみた
    長い人生をどう生きるかとともに、最期のときをどう迎えるかは人生にとって大きな課題です。終末期のケアにおいて、日本人に馴染み深い仏教観を取り入れた「ビハーラケア」が最近注目されています。ここでは、ターミナルケアの1つである「ビハーラケア」についてまとめました。
    記事を見る
  • 「死」についてフラットに話せる場。対等に学び合う死生学カフェ
    「死」についてフラットに話せる場。対等に学び合う死生学カフェ
    静岡県のとあるカフェに、「死ぬこと、生きること」について学ぶ場があります。 死生学カフェでは、隔月の土曜日に30名程度の人が集まります。年代も性別も様々な人が話すテーマは「死」。 普段生活していく上で、「死ぬこと」について話す機会はなかなかないのではないでしょうか。 今回は死生学カフェの世話人代表でもある、静岡大学教授の竹之内裕文様にお話を伺いました。
    記事を見る