null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

要介護者を自立させる!【和光市の取り組み】

介護資金は、要介護度が重度であればあるほど、利用者やその家族にとって大きな負担となります。しかし、要介護者が自立して生活していくことができれば、介護にかかる自己負担は減ります。そこで和光市が力を入れている、要介護者の自立に繫がる取り組みについてご紹介します。

アンケート・訪問聞き取り調査の実施

和光市では、65歳以上を対象にした独自のアンケートを実施し、地域ごとに市民の意見を把握し、その地域に合った介護サービスの充実を図っています。この調査は介護保険法が施行された2003年度から毎年行われ、アンケートに未回答の人にも個別に訪問して聞き取りを行うなど、徹底されてきました。

隔週で行われる地域ケア会議

この会議は、2015年度から全国の自治体に義務付けられましたが、和光市ではそれに先駆けて2001年から行われてきました。和光市役所で「和光市コミュニティケア会議(地域ケア会議)」を隔週で開き、調査で得た情報を基に、和光市内の地域ごとに高齢者の求める介護サービスとは何かを議論し、整備・設置しています。例えば、在宅介護を必要としている高齢者の多い地域には、デイサービスを中心としたショートステイや訪問介護を合わせて利用できる「小規模多機能型居宅介護施設」を設置したり、認知症の人が多い地域には「グループホーム」を設置したりと、様々な工夫をしています。

介護を予防する為の事業

まだ介護を必要としていない高齢者に対してのケアも、和光市では行われています。高齢者が歩いていける距離の介護施設で、運動や料理教室、さらにはカジノも取り入れるなど、バラエティに富んだ活動を行っています。このサービスは民間企業と協力して無料で提供しています。栄養士や看護師なども待機しているので、高齢者の交流の場になる以外に、認知症予防や栄養改善、口腔機能の改善にも繫がっています。そして介護を必要としなくなった後もほぼ同じサービスを利用できます。

和光市から学ぶ私達が今すべきこと

一人一人にかかる介護費用は今後、さらに増えていくかもしれません。和光市は今までの取り組みにより、毎年、要介護者の4割以上が自立しています。「介護は一旦必要としてしまえば最期まで必要」という考え方を「介護は一時利用に過ぎず、また自立していく」という和光市のような考え方に改めることが重要になります。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • ポイント解説!アルツハイマー型認知症の初期症状と特徴
    ポイント解説!アルツハイマー型認知症の初期症状と特徴
    アルツハイマー型認知症は、予備軍である軽度認知症からやがて発症へと至り、進行する病気です。治療で進行の抑制は可能ですが、完治はせず早期の発見が重要になります。しかし初期症状では、本人が物忘れを周囲に気付かれない様カバーする場合が多く、発見し難いのが一般的です。重症化させないためにも初期症状を家族や周囲にいる人が見落とさない様にしましょう。ここではアルツハイマー型認知症の予備軍であるMCIや、初期症状、特徴について紹介します。
    記事を見る
  • 【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    かつては身近な生活の一部であったお寺や神社。近年の統計ではお墓参り、初詣、法事のみの関わりになっている方が増加傾向にある一方で、若い世代でも座禅や写経、法話に関心を示す人々も増えてきました。信仰や宗派を超えて、人々のこころの平穏のためにお釈迦さまの教えを知ってもらおうと、様々な活動を展開する神社・仏閣も多く見受けられるようになってきました。 今回は、多くの人に仏教の癒しを届けることを目指して、伝統仏教声楽「聲明(しょうみょう)」を現代音楽とコラボレーションさせた「現代仏教音楽」を各所で演奏している、高野山真言宗南山進流の龍源山功徳院(くどくいん)住職であり、一般社団法人 現代仏教音楽研究会 代表理事の松島龍戒さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 音楽に学習療法、認知症治療に効果的な方法は?
    音楽に学習療法、認知症治療に効果的な方法は?
    認知症にかかると治療が難しいといわれることがあります。しかし、実際にそうなのでしょうか。認知症になる予防も大切ですが、認知症を発症したとしても現代医学の進歩により様々な治療法があります。そのため、予防の知識を得るとともに、認知症を発症した場合の治療法も知っておくことが大切です。
    記事を見る
  • プチボランティアで介護に関わる
    プチボランティアで介護に関わる
    介護や高齢者に関わりたいと感じている若者でも現在の仕事や学業を辞めて介護業界に踏み込むことはハードルが高くなかなか実現するのは難しいものです。気軽に関わってみる方法の一つとして、NPO法人ドットファイブトーキョーが主催するプチボランティアに参加してみてはいかがでしょうか。今回は、このプチボランティアの取り組み内容についてまとめてみました。
    記事を見る
  • 【前編】『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方ー矢作直樹氏
    【前編】『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方ー矢作直樹氏
    「死を心配する必要はない」30万部を超えるベストセラー『おかげさまで生きる』の冒頭でそう語る矢作直樹・東京大学名誉教授。 2017年3月末まで東京大学医学部附属病院救急部・集中治療部部長を務め、生と死の境界線で命と向き合い続け、確信した“魂”の存在。 現在は執筆・講演活動、“日本のこころ”を取り戻すために「我が国のこころ塾」を主宰し、“いかに生きるか”を考える機会や日本の歴史・文化・伝統を学ぶ場を提供しておられます。 与えられた目の前の仕事に没頭し続けることを日々大切にする矢作名誉教授に、今回は2回に渡って近著『身軽に生きる』、30万部超ベストセラー『おかげさまで生きる』について、お話を伺いました。
    記事を見る