null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

要介護者を自立させる!【和光市の取り組み】

介護資金は、要介護度が重度であればあるほど、利用者やその家族にとって大きな負担となります。しかし、要介護者が自立して生活していくことができれば、介護にかかる自己負担は減ります。そこで和光市が力を入れている、要介護者の自立に繫がる取り組みについてご紹介します。

アンケート・訪問聞き取り調査の実施

和光市では、65歳以上を対象にした独自のアンケートを実施し、地域ごとに市民の意見を把握し、その地域に合った介護サービスの充実を図っています。この調査は介護保険法が施行された2003年度から毎年行われ、アンケートに未回答の人にも個別に訪問して聞き取りを行うなど、徹底されてきました。

隔週で行われる地域ケア会議

この会議は、2015年度から全国の自治体に義務付けられましたが、和光市ではそれに先駆けて2001年から行われてきました。和光市役所で「和光市コミュニティケア会議(地域ケア会議)」を隔週で開き、調査で得た情報を基に、和光市内の地域ごとに高齢者の求める介護サービスとは何かを議論し、整備・設置しています。例えば、在宅介護を必要としている高齢者の多い地域には、デイサービスを中心としたショートステイや訪問介護を合わせて利用できる「小規模多機能型居宅介護施設」を設置したり、認知症の人が多い地域には「グループホーム」を設置したりと、様々な工夫をしています。

介護を予防する為の事業

まだ介護を必要としていない高齢者に対してのケアも、和光市では行われています。高齢者が歩いていける距離の介護施設で、運動や料理教室、さらにはカジノも取り入れるなど、バラエティに富んだ活動を行っています。このサービスは民間企業と協力して無料で提供しています。栄養士や看護師なども待機しているので、高齢者の交流の場になる以外に、認知症予防や栄養改善、口腔機能の改善にも繫がっています。そして介護を必要としなくなった後もほぼ同じサービスを利用できます。

和光市から学ぶ私達が今すべきこと

一人一人にかかる介護費用は今後、さらに増えていくかもしれません。和光市は今までの取り組みにより、毎年、要介護者の4割以上が自立しています。「介護は一旦必要としてしまえば最期まで必要」という考え方を「介護は一時利用に過ぎず、また自立していく」という和光市のような考え方に改めることが重要になります。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • いよいよ開始!マイナンバーが介護に及ぼす影響とは?
    いよいよ開始!マイナンバーが介護に及ぼす影響とは?
    いよいよ2015年10月からマイナンバー交付がはじまりました。今月から一斉にマイナンバーの通知がはじまります。今回はマイナンバー導入により現在の介護の現場がどのように変わるのかまとめました。
    記事を見る
  • シニアの幸せとともに。社会的な大家族をつくる
    シニアの幸せとともに。社会的な大家族をつくる
    2000年にWHO(世界保健機関)が「健康寿命」という概念を提唱しました。 それ以降、各国では数々の取り組みが推進され、日本においても定年を迎え、豊かな経験を持つアクティブシニアが健康に過ごすために、様々な取組みが行われているようです。 今回は、定年を迎えた後のシニアが社会で豊かに活躍出来る「グランドシッター養成認定講座」を主催する株式会社BOA代表取締役武市様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    日本では1991年に登場したと言われる「エンディングノート」。2012年の経済産業省の統計では70歳以上の作成意向は69.2%に上り、年々向上していると予測されます。 延命措置、介護、相続等について、もしもの時、代わりに意思決定を迫られる家族の心的負担を減らすための意思表示を目的に、認知度も向上しています。 今回は、誰しもに訪れる「死」をゴールに「いかに生きるか?」を子供から大人まで、世代問わず考えることができるエンディングノートを開発した「マンダラエンディングノート普及協会」代表の小野寺秀友さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 終活|終末期を安らかに過ごすために、仏教の力を借りてみた
    終活|終末期を安らかに過ごすために、仏教の力を借りてみた
    長い人生をどう生きるかとともに、最期のときをどう迎えるかは人生にとって大きな課題です。終末期のケアにおいて、日本人に馴染み深い仏教観を取り入れた「ビハーラケア」が最近注目されています。ここでは、ターミナルケアの1つである「ビハーラケア」についてまとめました。
    記事を見る
  • ひょっとしたら認知症?気になる初期症状とチェックポイント
    ひょっとしたら認知症?気になる初期症状とチェックポイント
    厚生労働省の調査で、65歳以上の約15%が発症していると明らかになった認知症。認知症の初期症状は、物忘れや何度も同じ話をするなど、家族でもなかなか気づきにくいものです。認知症にはいくつかの種類があり、それに応じた対応をしなくてはなりません。今回は認知症のタイプ別初期症状とチェックポイントをご紹介します。
    記事を見る