null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

要介護者を自立させる!【和光市の取り組み】

介護資金は、要介護度が重度であればあるほど、利用者やその家族にとって大きな負担となります。しかし、要介護者が自立して生活していくことができれば、介護にかかる自己負担は減ります。そこで和光市が力を入れている、要介護者の自立に繫がる取り組みについてご紹介します。

アンケート・訪問聞き取り調査の実施

和光市では、65歳以上を対象にした独自のアンケートを実施し、地域ごとに市民の意見を把握し、その地域に合った介護サービスの充実を図っています。この調査は介護保険法が施行された2003年度から毎年行われ、アンケートに未回答の人にも個別に訪問して聞き取りを行うなど、徹底されてきました。

隔週で行われる地域ケア会議

この会議は、2015年度から全国の自治体に義務付けられましたが、和光市ではそれに先駆けて2001年から行われてきました。和光市役所で「和光市コミュニティケア会議(地域ケア会議)」を隔週で開き、調査で得た情報を基に、和光市内の地域ごとに高齢者の求める介護サービスとは何かを議論し、整備・設置しています。例えば、在宅介護を必要としている高齢者の多い地域には、デイサービスを中心としたショートステイや訪問介護を合わせて利用できる「小規模多機能型居宅介護施設」を設置したり、認知症の人が多い地域には「グループホーム」を設置したりと、様々な工夫をしています。

介護を予防する為の事業

まだ介護を必要としていない高齢者に対してのケアも、和光市では行われています。高齢者が歩いていける距離の介護施設で、運動や料理教室、さらにはカジノも取り入れるなど、バラエティに富んだ活動を行っています。このサービスは民間企業と協力して無料で提供しています。栄養士や看護師なども待機しているので、高齢者の交流の場になる以外に、認知症予防や栄養改善、口腔機能の改善にも繫がっています。そして介護を必要としなくなった後もほぼ同じサービスを利用できます。

和光市から学ぶ私達が今すべきこと

一人一人にかかる介護費用は今後、さらに増えていくかもしれません。和光市は今までの取り組みにより、毎年、要介護者の4割以上が自立しています。「介護は一旦必要としてしまえば最期まで必要」という考え方を「介護は一時利用に過ぎず、また自立していく」という和光市のような考え方に改めることが重要になります。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • “終活大学”の学生になって終活のオモテウラを楽しく学ぼう!
    “終活大学”の学生になって終活のオモテウラを楽しく学ぼう!
    長寿国日本の平均寿命は今年、男女とも過去最高を更新し、男性80.75歳、女性86.99歳と発表されました。(厚生労働省 第22回生命表) 平均寿命は今後も伸びると予測される中、自分自身の人生の幕引きの準備と共に、介護・医療・葬儀・埋葬の準備について、選ぶ側の知識と選別眼がより重要になってくると思われます。 今回は、全体像が見えにくい終活について、業界のウラ事情も含めて、みんなでたのしく講義形式で学ぶことができる“終活大学”を主催するNPO法人終活サポートセンター理事の水上由輝德さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    大切な人がターミナル期に入ると、家族の緊張はピークに達し、その人にしてあげられることが限られていくことに悲しみを抱くことも多くあるのではないでしょうか。 少しでも穏やかに、安らかに過ごしてほしいと祈る思いを、直前まで機能が維持されるといわれる聴覚に訴えかけることのできる音楽で届ける方がいます。 今回は、リミナル・ハープ奏者の佐野正子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【セミナーレポート】哀しみをいやす講演会/主催:日本グリーフ専門士協会
    【セミナーレポート】哀しみをいやす講演会/主催:日本グリーフ専門士協会
    2017年11月23日に国際ファッションセンターで日本グリーフ専門士協会主催の「哀しみをいやす講演会」が開催されました。 グリーフ(悲嘆)に寄り添う専門家5名によるスライドや映像を使った講演会、パネルディスカッションがメインコンテンツとして提供されました。 会場には、グリーフ(悲嘆)ケアを学んでいる方、興味がある方だけでなく、喪失の哀しみを抱えている方もいらっしゃいました。
    記事を見る
  • え、家が美容室に!?高齢者向け訪問サービスで清潔感を持って暮らす
    え、家が美容室に!?高齢者向け訪問サービスで清潔感を持って暮らす
    高齢者は外出が難しくなることが多くなります。そのため、若いころなら普通にできていたことが困難になるというケースも出てきます。家に閉じこもりがちになり他人と触れ合う機会も少なくなり、生きがい等も失われていきます。こうしたときに訪問サービスが暮らしの質を高める役に立つのです。
    記事を見る
  • 【後編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    【後編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    前回に続き「苦しむ人への援助」について、「一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会」理事、めぐみ在宅クリニック院長の小澤竹俊先生にお話を伺いました。 小澤先生は、援助者養成講座や執筆・講演活動等を通じて「スピリチュアルな苦しみに対する具体的援助」の普及に取り組んでおられます。 前編はこちら→@link{https://mamoria.jp/clip/20170621/end-of-life}
    記事を見る