null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

介護保険料の地域差について考える

介護保険料についての問題で、最近大きく注目を集めているのが、「地域格差」です。昨年10月中旬、厚生労働省は介護保険料を全国的に比較することができるオンラインシステムを構築しました。そのことによって、地域による保険料の違いをなくしていくよう、高い自治体で過剰なサービスが行われていないかなど分析し、見直しに努めるようにと促していく方針を打ち出したのです。その具体的な内容についてまとめました。

地域格差における課題点や政府の対策

介護保険料についての問題で、最近大きく注目を集めているのが、「地域格差」です。昨年10月中旬、厚生労働省は介護保険料を全国的に比較することができるオンラインシステムを構築しました。そのことによって、地域による保険料の違いをなくしていくよう、高い自治体で過剰なサービスが行われていないかなど分析し、見直しに努めるようにと促していく方針を打ち出したのです。その具体的な内容についてまとめました。

#地域格差の背景と理由
介護保険料を定める上で基準となるのは、高齢化率や必要なサービス量などです。これは各市町村が決めており、3年ごとに改定しています。居住地によって介護保険料が異なるという事実には、こうした背景があるのです。その差は最大で3.1倍にまでなっています。これほどの差額が出た理由として考えられるのは、それぞれの地域において、高齢者人口と介護事業所の数が異なるという点が挙げられます。

高齢化社会に向けて格差をなくすことの重要性

都市部は比較的高齢者が少ないため、介護保険の利用者も少なく、よって保険料は低く抑えられます。一方、山間部などでは高齢者が多いため、保険料が高くなってきます。また事業所の数という点で比べてみると、高齢者人口とは別の見方になります。都市部では利用者が少ない反面、事業所の方が多く、サービスを行う側はどんどん提供できるので、保険料が高くなるという仕組みです。山間部などの過疎地域においては、高齢者が多く、それでいてサービスを提供できる事業所が少ないので、保険料は低く抑えられています。こうした偏りをなくすためには、保険料の負担やサービスの提供が平均化されていく必要があります。

今後に向けた政府の方針は

政府はこれまで、各地域の住民がそれぞれ納得しているものとして、介護保険料の地域差を認めてきたのです。その方針を転換していくことで、今後は、年間10兆円もの介護費用を抑え、地域差による不公平感を解消していけるものと期待されています。具体的な策としては、オンラインシステムを導入することにより、介護保険料が高くなってしまう要因を全国的に比較・分析して見直しにつなげる方針です。そのことは、これからの高齢化社会が安心できるものとなるための重要な足がかりとなるでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 【中国・四国地方】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【中国・四国地方】車椅子で行けるお花見スポット3選
    高齢者の方も足が不自由になると、車椅子に頼ることになり、お花見に行くのは無理なのではと考えている人もいるかもしれません。しかし、最近の公園はバリアフリー化も進み、車椅子でも快適に花見ができるのです。そんな、花見が楽しめる公園を厳選して3つ紹介します。
    記事を見る
  • みんなが、みんなを助け合う場に。がん共同勉強会の取り組み
    みんなが、みんなを助け合う場に。がん共同勉強会の取り組み
    1981年以来、日本人の主な死因トップの座にあり続ける「がん」。国立がんセンターの統計では、全がんは60歳代から増加し、「高齢になるほど死亡率が高い」との統計が発表されています。 本日は、腫瘍内科医で『孤独を克服するがん治療〜患者と家族のための心の処方箋〜』の著者であり、患者さん同士が治療体験を話しあう場を提供し続ける、NPO法人宮崎がん共同勉強会理事長の押川勝太郎医師にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 保険外の介護サービスも上手く使おう!行政サービス編
    保険外の介護サービスも上手く使おう!行政サービス編
    介護保険制度のサービスは1割負担(※)で受けることができますが、介護度によって利用できるサービスの範囲や回数が決まっており、万全ではありません。自己負担で様々なサービスを受けることができますが、行政が行っているサービスをまず確認してみましょう。利用料の補助が出ており、民間よりも安く利用できる場合があります。今回は行政が行っている保険外サービスの事例をご紹介します。 ※一部、所得によって2割負担となります。
    記事を見る
  • いつ起こるかわからない自然災害、要介護者がいる家庭に必要な備えとは?
    いつ起こるかわからない自然災害、要介護者がいる家庭に必要な備えとは?
    地震や津波、台風などの自然災害はいつどこで起こるかがわかりません。とくに要介護の高齢者がいる家庭では、不安が大きいことでしょう。実際に自然災害が起きてから慌てふためくことのないよう、日ごろの備えや心構えが大切です。
    記事を見る
  • 認知症のひと集まれ!最近話題の認知症カフェとは?
    認知症のひと集まれ!最近話題の認知症カフェとは?
    認知症カフェとは、認知症の方やその家族、介護・医療従事者、地域の人々が集い、交流や情報交換を行うカフェのことです。ヨーロッパではじまり、日本では全国で約30か所ほどあり、年々増加傾向にあります。今回は認知症カフェとは何か、その特徴をまとめました。
    記事を見る