null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

自宅で安心して看取る。看取り寄り添いナースとは?

超高齢化社会が進む現在、自宅で最期を迎えたいと考える人が増えています。しかしひとり暮らしの高齢者も多く、家族は今まで誰かを看取ったという経験がなく、戸惑うことも少なくありません。そこで今回はその強力な助っ人となる看取り寄り添いナースについてまとめてみました。

看取り寄り添いナースとは

終末期にある高齢者が自宅で最期を迎えたいと希望した場合、その環境が整っていない場合があります。独居で介護をする家族がいなかったり、家族が看取りの経験がなく適切な対応ができなかったりすることもあります。終末期の看取りを支援するのが看取り寄り添いナースです。

看取り寄り添いナースの支援業務

主に利用者の体調管理を行い、利用者を担当する医師や介護スタッフに伝達します。また看取りの経験がない介護スタッフのフォローも行っています。看取り寄り添いナースは看取りの経験も豊富なため、利用者とその家族の精神的支えにもなっています。

看取り寄り添いナースはどのような経歴か

現役を退いた元看護師が就いていることが多く、60代以降の方が活躍しています。その場合、現役のナースではないので医療行為に関わることはできませんが、長年の豊富な看取り経験を生かして活動しています。利用者と年齢が大きく離れすぎていないため、安心感を覚える利用者も多いです。

看取り寄り添いナースを探すには

看取り寄り添いナースは宮崎県のNPO法人の取り組みで始められたもので、まだ全国規模で探すのは難しい状態です。この法人では全国から研修生を受け入れており、今後増えていくと思われます。現在は看護師による有償ボランティアが看取り寄り添いナースに近い役割を担っています。

看取り寄り添いナースの今後

団塊の世代が70代を迎えようとしている今、看取り寄り添いナースの需要が増えていくと予想されます。慣れ親しんだ自宅で最期を迎えたいという希望者だけでなく、病院で治療ができなくなった終末期の患者が、予期せず自宅で最期を迎えることになる場合もあるでしょう。国や自治体が、看取り寄り添いナースの雇用促進を進めることが期待されます。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    1950年代以降、病院や介護施設等、自宅外で死を迎える割合は増加し続け、厚生労働省が発行した『平成29年 我が国の人口動態』では、2015年の自宅外死亡の割合は87.3%を占めています。 近年、感染・腐敗防止(エンバーミング※1)と、個人の葬送・遺族ケア、2つの目的を持つ、「エンゼル・ケア(※2)」が、遺族ケアの第一歩として注目され始めています。 今回は家族の最後の大切な時間を共に作る死化粧師として活動するキュア・エッセンス代表の宿原(じゅくはら)寿美子さんにお話を伺いました。 宿原さんは、法医学の復元方法を学び、死化粧師の後進育成、専門学校や医療・介護施設でのエンゼル・ケア講座も多数開催しています。 ※1:エンバーミング:薬品などを用いて防腐・保存のための処置を施すこと。特に遺体に対していう(三省堂大辞林) ※2:エンゼル・ケア:死亡した患者に看護師らが、遺族とともに、死者の旅立ちの準備を施すエンゼル・メイクなどの死後処置(『用例でわかるカタカナ新語辞典』出版/株式会社学研教育出版)
    記事を見る
  • 認知症の方を見守る地域サポーターや民間企業の活躍とは!
    認知症の方を見守る地域サポーターや民間企業の活躍とは!
    高齢者数の増加に伴い、認知症を持つ高齢者も増加しています。認知症の方が、施設ではなく住み慣れた地域で安心して暮らすために、現在日本では様々な対応が進められています。その中の1つが、見守り活動です。地域のボランティア活動から、企業によるサービスまでをご紹介します。
    記事を見る
  • いつ起こるかわからない自然災害、要介護者がいる家庭に必要な備えとは?
    いつ起こるかわからない自然災害、要介護者がいる家庭に必要な備えとは?
    地震や津波、台風などの自然災害はいつどこで起こるかがわかりません。とくに要介護の高齢者がいる家庭では、不安が大きいことでしょう。実際に自然災害が起きてから慌てふためくことのないよう、日ごろの備えや心構えが大切です。
    記事を見る
  • 「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    日本では1991年に登場したと言われる「エンディングノート」。2012年の経済産業省の統計では70歳以上の作成意向は69.2%に上り、年々向上していると予測されます。 延命措置、介護、相続等について、もしもの時、代わりに意思決定を迫られる家族の心的負担を減らすための意思表示を目的に、認知度も向上しています。 今回は、誰しもに訪れる「死」をゴールに「いかに生きるか?」を子供から大人まで、世代問わず考えることができるエンディングノートを開発した「マンダラエンディングノート普及協会」代表の小野寺秀友さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 介護保険を利用してお得に手すり設置しよう!
    介護保険を利用してお得に手すり設置しよう!
    介護が必要でなくとも、体を思うように動かせなくなってきた高齢者にとって手すりがあることは大きな助けとなります。今回は自宅を改修して手すりを設置するノウハウについてまとめてみました。
    記事を見る