null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

自宅で安心して看取る。看取り寄り添いナースとは?

超高齢化社会が進む現在、自宅で最期を迎えたいと考える人が増えています。しかしひとり暮らしの高齢者も多く、家族は今まで誰かを看取ったという経験がなく、戸惑うことも少なくありません。そこで今回はその強力な助っ人となる看取り寄り添いナースについてまとめてみました。

看取り寄り添いナースとは

終末期にある高齢者が自宅で最期を迎えたいと希望した場合、その環境が整っていない場合があります。独居で介護をする家族がいなかったり、家族が看取りの経験がなく適切な対応ができなかったりすることもあります。終末期の看取りを支援するのが看取り寄り添いナースです。

看取り寄り添いナースの支援業務

主に利用者の体調管理を行い、利用者を担当する医師や介護スタッフに伝達します。また看取りの経験がない介護スタッフのフォローも行っています。看取り寄り添いナースは看取りの経験も豊富なため、利用者とその家族の精神的支えにもなっています。

看取り寄り添いナースはどのような経歴か

現役を退いた元看護師が就いていることが多く、60代以降の方が活躍しています。その場合、現役のナースではないので医療行為に関わることはできませんが、長年の豊富な看取り経験を生かして活動しています。利用者と年齢が大きく離れすぎていないため、安心感を覚える利用者も多いです。

看取り寄り添いナースを探すには

看取り寄り添いナースは宮崎県のNPO法人の取り組みで始められたもので、まだ全国規模で探すのは難しい状態です。この法人では全国から研修生を受け入れており、今後増えていくと思われます。現在は看護師による有償ボランティアが看取り寄り添いナースに近い役割を担っています。

看取り寄り添いナースの今後

団塊の世代が70代を迎えようとしている今、看取り寄り添いナースの需要が増えていくと予想されます。慣れ親しんだ自宅で最期を迎えたいという希望者だけでなく、病院で治療ができなくなった終末期の患者が、予期せず自宅で最期を迎えることになる場合もあるでしょう。国や自治体が、看取り寄り添いナースの雇用促進を進めることが期待されます。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 地域での孤独死防止のために自分たちが出来ること
    地域での孤独死防止のために自分たちが出来ること
    高齢者の増加に伴い、孤独死の件数も増加しています。孤独死を防止するために、地域では見守りサービスなどが整えられつつあります。また、孤独死を防ぐためには、食事に対する配慮、すなわち孤食をなくすことも重要です。今回は孤独死の実情や対策を紹介します。
    記事を見る
  • 今日からでも始めよう、認知症予防のためのトレーニング
    今日からでも始めよう、認知症予防のためのトレーニング
    高齢になると認知症のリスクが高まりますが、認知症を予防できる取り組みがあるのをご存知でしょうか。今回は認知症予防に有効とされているトレーニングやゲームなどをまとめてみました。
    記事を見る
  • 物忘れ外来ってどんなところ?
    物忘れ外来ってどんなところ?
    物忘れには正常加齢によるものと病的認知症の初期段階であるものがあり、早期診断が重要となります。物忘れ外来では、ちょっとした物忘れが病的認知症によるものかどうかを診断し治療を行います。今回は物忘れ外来の特徴や受診のポイントについてご紹介します。
    記事を見る
  • 料理しづらいと思ったら、調理器具を見直そう
    料理しづらいと思ったら、調理器具を見直そう
    高齢になると調理する際、重い鍋や柄の長い包丁など通常の調理器具を使い辛い、使うのが怖いと感じる可能性があります。高齢者にとって使いやすい調理器具とはどのようなものでしょうか。
    記事を見る
  • 「死」についてフラットに話せる場。対等に学び合う死生学カフェ
    「死」についてフラットに話せる場。対等に学び合う死生学カフェ
    静岡県のとあるカフェに、「死ぬこと、生きること」について学ぶ場があります。 死生学カフェでは、隔月の土曜日に30名程度の人が集まります。年代も性別も様々な人が話すテーマは「死」。 普段生活していく上で、「死ぬこと」について話す機会はなかなかないのではないでしょうか。 今回は死生学カフェの世話人代表でもある、静岡大学教授の竹之内裕文様にお話を伺いました。
    記事を見る