null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

寝たきり老人がいない?スウェーデンの介護事情

福祉大国と呼ばれているスウェーデン。高福祉高負担と言われ、スウェーデンは税金が非常に高いが、良い福祉サービスが受けられるというイメージが強くあります。今回はスウェーデンの介護の実情についてまとめました。

高福祉高負担制度の危機

高福祉高負担を支えるのは、働いて税金を納めることです。スウェーデンは近年、世界的な不況の影響のおかげで、失業率が上がっています。同時に高齢化も進んでいます。つまり、税収は減っているのに失業保険や年金などの支出が増えています。この対策として、定年の引き上げや、介護料の一部負担などが検討され始めています。

孤独死や寝たきり老人も存在する

また、介護の民間委託が進むにつれ、コストを削減して収益を上げるためにサービスの質をさげるという事件もありました。要介護者をベッドに縛り付けたり、おむつ交換の回数を減らしたりなどのずさんな介護が明らかになり、社会に大きな衝撃を与えました。また、日本より核家族化が進んでいるので、孤独死も多く発生しています。スウェーデンには寝たきり老人がいない、と言われますが、現実には身体が弱くなればベッドで一日を過ごす高齢者もいるのです。

出来るだけ長く自宅で生活でき、満足度が高い

このようにスウェーデンの介護は夢のように素晴らしいものではありません。しかし、「高齢になっても、医療や介護が必要な状態になっても、できるだけ長く自宅で生活できる方法をとるべきだ」という方針がとられています。それにより、スウェーデンでは、80歳以上の高齢者のうち、特別住宅に入居している人が15%ほど、在宅で介護サービスを受けている人が24%しかいないのです。また、多くの高齢者が在宅介護サービスや特別住宅に満足しているという調査結果もあります。

孤独死問題の対策

また、55歳以上の人を対象にした、「シニア住宅」もあります。プライバシーは確保されながらも、同じ高齢者がすぐ隣に住む集合住宅です。イベントがたくさんあるので、それに参加することにより、周りの住民との繫がりができ、孤独死の防止になるものです。

介護サービスや福祉の質の向上を目指して

このようにスウェーデンの介護事情は夢のようではなく、多くの問題を抱えています。そして現在サービスの向上や透明性などの改善に向けた国をあげての議論がなされているのです。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼は、一般的に40歳を過ぎたころから自覚症状始まると言われていますが、最近はパソコンや携帯電話の利用者の増加から、目を酷使する環境下にあるため、早い人では30代で症状を訴える人も少なくないようです。高齢による老眼と身体能力の低下が重なっても生活しやすい状態にするにはどういったことに気を付けるべきでしょうか。
    記事を見る
  • 徘徊から家族を守るためにできること
    徘徊から家族を守るためにできること
    認知症の症状の一つに徘徊行動があります。認識障害を起こしている上に外を歩き回るため、徘徊行動には事故や事件のリスクがたくさん存在しています。大切な家族を徘徊のリスクから守るために何ができるでしょうか。
    記事を見る
  • 注意!よくある高齢者をターゲットに対する詐欺
    注意!よくある高齢者をターゲットに対する詐欺
    高齢者に対する詐欺事件が多く発生しています。自分は騙されないと思っている人でも引っかかってしまうケースも多いようです。高齢者ならではの介護などの不安に付け込んだ事件も多いです。現在どういった事件が多く起きているのか知っておきましょう。
    記事を見る
  • 男性介護者が追い詰められないために!相談先まとめ
    男性介護者が追い詰められないために!相談先まとめ
    女性が多いと思われがちな介護ですが、介護者のうち約3分の1は男性だということが分かっています。そして男性介護者による介護殺人、無理心中なども多く報告されるようになっています。なぜ男性は、このような事件を起こしやすいのでしょうか。今回は男性介護者をめぐる現状と、相談先を紹介します。
    記事を見る
  • 【北海道・東北】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【北海道・東北】車椅子で行けるお花見スポット3選
    桜の季節になると老若男女を問わず心まで春めいて、お花見に出かけたいという気持ちになるものですよね。ご年配の方でも、寒い冬の季節は家の中に閉じこもりがちだったものの、春になってあたたかくなると外に出かけても良いかなと感じる人は多いでしょう。そこで、今回は車椅子に乗ったままでもお花見がしやすい北海道や東北地方のお花見スポットをご紹介します。
    記事を見る