null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

【お知らせ】『介護離職ゼロ』セミナー実施します!

いつもマモリアニュースをご覧いただきありがとうございます。
この度、本サイト『mamoria』をご紹介するセミナーを実施することとなりましたので、お知らせいたします。
「介護離職」をテーマとした、PwCあらた監査法人様、サイボウズ様とのコラボセミナー!
当日は『介護と仕事の両立に向けた組織の構築』と題して、介護離職リスクの未然防止のアプローチ方法、ワークライフバランスに向けた取り組み事例などを交え 多角的に解説します。
日程:3月9日(水)
時間:14:20~16:45(14:00 受付開始)
会場:サイボウズ株式会社 東京本社
東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー 27F
▼お申し込みは下記ページから▼
http://www.pwc.com/jp/seminar15
お申込みお待ちしております!

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 意外と知らない!?自治体による高齢者向け配食サービスとは
    意外と知らない!?自治体による高齢者向け配食サービスとは
    高齢になればなるほど食事の用意は体力的負担になり、またコンロの火の消し忘れなど思わぬ事故に繋がる危険性も出てきます。 高齢者世帯に対し自治体によって配食をしてくれるサービスがあり、企業が提供する配食サービスより比較的安価に利用することができます。今回は自治体による配食サービスをいくつかご紹介します。今回紹介できない自治体でも配食サービスを実施しているところはたくさんあるので、調べてみてはいかがでしょうか。
    記事を見る
  • アプリで「住み慣れた地域とつながる。」新しい“見守りのカタチ”
    アプリで「住み慣れた地域とつながる。」新しい“見守りのカタチ”
    厚生労働省の「平成27年 国民生活基礎調査の概況」によると、高齢者(65歳以上)がいる2,372万世帯のうち、全体の57.8%を「単独、または夫婦のみ世帯」が占めているとの推計が発表され、家族だけでは支えきれない不安が浮き彫りになっています。 今回は、高齢者、家族、地域が携帯アプリでつながり、共に、無理なく助け合う。 新しいカタチの見守りサービスを創造する、リバティ・イノベーションの森社長にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 認知症で時計が読めなくなった!対処法は?
    認知症で時計が読めなくなった!対処法は?
    アルツハイマー型認知症の症状の一つに失認や失行などの見当識障害があります。これは、例えば今日の日付が分からなくなってしまったり、アナログ式の時計が読めなくなるなどです。今回は認知症で時計が読めなくなった場合の対処法をまとめました。
    記事を見る
  • 限界が来る前に!自宅で介護をするコツをご紹介
    限界が来る前に!自宅で介護をするコツをご紹介
    現在の日本は、全人口の約13%が75歳以上の後期高齢者という超高齢社会を迎えています。その結果、大きな社会問題になっているのが介護の問題です。長年に渡る身内の介護の結果、体力的及び精神的に追い詰められて、不幸な事件に結びついている例も少なくありません。そのような事態を回避するために何を行うべきなのか、そのコツをご紹介します。
    記事を見る
  • 実際どのくらいの人が介護受給者なのか
    実際どのくらいの人が介護受給者なのか
    メディアやニュースで高齢化や介護について目にしない日は無いというくらい、超高齢化社会を迎えようとしている日本ですが、実際介護を必要としいている人はどのくらいいるのでしょうか。
    記事を見る