null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

家族と同居のとき、ホームヘルパーは頼めない!?

在宅介護の重要な担い手であるのが、ホームヘルパーです。しかし、同居の家族がいて人手がある場合はヘルパーを頼むことができない場合があるのです。依頼できる条件や内容、どこまで頼めるのか知っておきましょう。

同居家族がいると頼める?頼めない?

ホームヘルパーに介護保険で依頼できる仕事内容は、身体介護・生活援助・相談・助言の3つです。このうち生活援助を受けるにはいくつか要件があり、同居家族の有無が問題になります。
  • 利用者が一人暮らし
  • 同居家族が障害・病気などで家事を行えない
  • 同居家族が障害・病気以外の理由で家事を行えない

同居家族がいても一定の場合には生活援助を受けられますが、基本的には受けられないということになります。

頼める場合の仕事内容

ホームヘルパーは同居家族がいても身体介助は依頼することができます。たとえば、頼める仕事としては要介助者の食事介助やおむつ交換などがあります。しかし、掃除洗濯・買い物といった生活援助は、上記のような要件を充たさない限りはホームヘルパーに依頼ができないことになります。

頼めない理由とは

ホームヘルパーに頼めない仕事があるのは、同居家族がいると同居家族自身が行うべきことと区別がつきにくい場合があるからです。たとえば、掃除洗濯・買い物などは同居家族が自分でも行うべきことなので、本当に要介助者の介助になるのかがあいまいです。こうしたことは基本的に同居家族がいるなら家族がやるべきことともいえるので、ヘルパーは不要とみなされることが多いです。一方、食事介助やおむつ交換などは明らかに要介助者のために行われることなので、認められるというわけです。

ケアマネジャーに相談しよう

同居家族がいると生活援助のほうは、家族に家事ができない理由が認められない限りホームヘルパーに頼むことができません。この特別な理由が認められるのかどうかは個々の家庭の事情なので、ケアマネジャーに相談しましょう。もし、認められない場合でも、身体介助の範囲なら依頼できます。どこまでが身体介助の範囲かは明確に線引きされているので、これもケアマネジャーに相談してしっかり把握しておくことが大切です。きちんと理解して上手にホームヘルパーを活用したいものです。


関連記事

知っておきたいホームヘルパーの仕事内容

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 限界が来る前に!自宅で介護をするコツをご紹介
    限界が来る前に!自宅で介護をするコツをご紹介
    現在の日本は、全人口の約13%が75歳以上の後期高齢者という超高齢社会を迎えています。その結果、大きな社会問題になっているのが介護の問題です。長年に渡る身内の介護の結果、体力的及び精神的に追い詰められて、不幸な事件に結びついている例も少なくありません。そのような事態を回避するために何を行うべきなのか、そのコツをご紹介します。
    記事を見る
  • 圧倒的な「つけ心地」。整体×下半身美人ベルトの効果とは?
    圧倒的な「つけ心地」。整体×下半身美人ベルトの効果とは?
    日本では認知度の低い“骨盤臓器脱”は性器脱とも言われ、膀胱脱、子宮脱、直腸脱などの臓器が外に突出してしまう症状です。圧倒的に女性患者数が多く、海外の報告では女性の生涯羅患率が11.1%と報告されている文献もあります。 羞恥心から我慢を重ね、症状が進んでから病院を受診すると手術しかないと言われるケースが多いのが現状のようです。 今回は、独自開発の整体プログラムと“下半身美人ベルト”でメスを入れずに改善を目指す、バランス工房代表の岡林秀和さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 動脈硬化を予防!食事で注意すべきポイントをご紹介
    動脈硬化を予防!食事で注意すべきポイントをご紹介
    動脈硬化は血管の老化現象とも呼ばれます。血管は普段目に見えない部分ですので、意識することは少ないかもしれません。しかし、血管も確実に老化現象が進んでいるのです。今回は血管年齢を若返らせることができる方法をご紹介します。
    記事を見る
  • ポイント解説!アルツハイマー型認知症の初期症状と特徴
    ポイント解説!アルツハイマー型認知症の初期症状と特徴
    アルツハイマー型認知症は、予備軍である軽度認知症からやがて発症へと至り、進行する病気です。治療で進行の抑制は可能ですが、完治はせず早期の発見が重要になります。しかし初期症状では、本人が物忘れを周囲に気付かれない様カバーする場合が多く、発見し難いのが一般的です。重症化させないためにも初期症状を家族や周囲にいる人が見落とさない様にしましょう。ここではアルツハイマー型認知症の予備軍であるMCIや、初期症状、特徴について紹介します。
    記事を見る
  • 自分で自分らしさを取り戻すために。マギーズ東京センター
    自分で自分らしさを取り戻すために。マギーズ東京センター
    厚生労働省『平成26年受領行動調査(概数)の概況』によると、外来患者の診察時間は67.7%が10分未満です。 外来受診の目的は診察・治療・検査等の受診が主のため、病気に伴う日常生活の不安や詳しい治療方針、心身の影響などについては、なかなか医師にじっくり相談することは難しい状況にあると言えます。 今回は、がんに影響を受けるすべての人に専門的サポートと第二の我が家のような居場所を提供するNPO法人maggie’s tokyo(マギーズ東京センター)センター長の秋山正子さんにお話を伺いました。 マギーズ東京センターは、相談者に無料で支援を提供するためにチャリティ活動やクラウドファウンディングに積極的に挑戦し続けています。
    記事を見る