null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

認知症の方にイライラしないための対応法

認知症は、原因によっては治癒可能なものもありますが、長く付き合う必要がある病気でもあります。認知症患者は、激しい感情の起伏や物忘れなどの症状を見せ始めます。それによって、本人だけでなく周囲の人々にもイライラが生じることがあります。認知症に伴うストレスにうまく対応するには、どうしたら良いのでしょうか。

認知症の中核症状と周辺症状

認知症の症状には、中核症状と周辺症状とがあります。中核症状とは、認知症の患者すべてに現れるもので、物忘れなどの記憶障害、自分が現在いる場所や日時・季節などが分からなくなる見当識障害、理解力や判断力の低下などがあります。脳細胞が壊れたことによる脳機能の低下を、直接反映した症状です。

一方周辺症状は、すべての患者に現れるわけではありません。行動・心理症状とも呼ばれ、最近ではBPSDという略語も使われています。患者本人の性格や、生活の環境などが大きく影響しており、症状の有無や種類は人によって異なります。たとえば妄想や暴力、暴言、徘徊などがこれにあたります。中核症状と周辺症状の組み合わせにより症状は多様になるため、個々人に合わせたケアが必要です。

認知症の方が怒りやすくなる原因

認知症の初期症状として、同じことを何度も話したり、新規の物事を覚えられなくなったりする他、怒りっぽくなるというものがあります。原因としては、認知症により感情コントロールが困難になることが挙げられます。また認知症患者は、日常生活で過去にできていたことが、できなくなる場合があります。それが自信のなさや将来への不安につながり、情緒不安定になることもあります。

さらに脳の異常も、怒りっぽさが生じる原因です。たとえば脳のうち、感情・理性を司る部分が萎縮してしまうと、感情のコントロールに失敗し怒りを呼び起こすことがあります。

このように認知症の初期には、脳そのものの機能低下と、病気によるストレス・不安とが生じ、怒りっぽさへつながるのです。

こちらがイライラすると症状悪化の原因にも

認知症は、外部から与えられたストレスによって悪化する場合があります。認知症の初期には、徐々に現れはじめた、個々人で異なる症状に対し、試行錯誤の中で対応していかなければなりません。試行錯誤は本人にとっても負担ですが、家族にとってもイライラの原因になります。

何度も同じことを言っても覚えてもらえなかったり、自宅にいるにも関わらず「家に帰りたい」と騒ぐなどが繰り返される中で、家族のストレスがピークに達し、怒ったり無視したりしてしまうこともあるでしょう。しかし家族の苛立った感情が本人に伝わると、不安や恐怖が増幅され、脳への悪影響になり認知症悪化の引き金になります。患者本人の不安や苦しみを理解しながら対応することが大切です。

対応のポイント

認知症患者への対応として家族が心がけることは、まず冷静さを保つことです。患者の感情の起伏に左右されて冷静さを失うと、患者に悪影響を与え、症状や事態を悪化させる可能性があります。また1つの話題にこだわらず、臨機応変に話題を変えていくことも大切です。怒りが増す前に、他の話題に転換してしまいましょう。

さらに、一から十まで家族が対応を担っていると、お互いの息が詰まってしまうかもしれません。介護疲れを避けるためには、割りきって介護サービスの利用を検討することも重要です。また、脳機能の低下が症状に影響している場合は、医師の協力を得る必要があります。抱え込まず、ケアマネージャーや医師への相談もしてみましょう。

まとめ

認知症の初期は、本人にとっても家族にとっても初めての経験で、病気との付き合い方を模索する時期になります。患者は情緒不安定に陥ったり、周囲に暴力や暴言を振るうかもしれませんが、家族は冷静に受け止めることが大切です。認知症の問題を家族のみで抱え込むと、お互いにとって悪影響が生じる可能性もあります。
本人と適度な距離をとりながら、周囲の人々に相談することで打開策を見つけることも、認知症と上手に付き合う1つの方法です。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • みんなが、みんなを助け合う場に。がん共同勉強会の取り組み
    みんなが、みんなを助け合う場に。がん共同勉強会の取り組み
    1981年以来、日本人の主な死因トップの座にあり続ける「がん」。国立がんセンターの統計では、全がんは60歳代から増加し、「高齢になるほど死亡率が高い」との統計が発表されています。 本日は、腫瘍内科医で『孤独を克服するがん治療〜患者と家族のための心の処方箋〜』の著者であり、患者さん同士が治療体験を話しあう場を提供し続ける、NPO法人宮崎がん共同勉強会理事長の押川勝太郎医師にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    故人との最後のお別れである「葬儀」が年々多様化しています。生前葬、家族葬、自由葬、直葬など価値観の多様化に伴い「自分らしい最後」も色々な選択肢が出てきています。 今回は、単に簡素化を目的とせず、形式や時間に縛られず故人とゆっくりお別れをする「自宅葬」を提案する、株式会社鎌倉自宅葬儀社の馬場翔一郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 介護予防に効果あり!高知発祥で話題のいきいき百歳体操とは?
    介護予防に効果あり!高知発祥で話題のいきいき百歳体操とは?
    高知市で開発された介護予防を目的とした体操、通称『いきいき百歳体操』が、全国に広がりを見せています。今回はいきいき百歳体操の内容や効果についてご紹介します。
    記事を見る
  • 老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼は、一般的に40歳を過ぎたころから自覚症状始まると言われていますが、最近はパソコンや携帯電話の利用者の増加から、目を酷使する環境下にあるため、早い人では30代で症状を訴える人も少なくないようです。高齢による老眼と身体能力の低下が重なっても生活しやすい状態にするにはどういったことに気を付けるべきでしょうか。
    記事を見る
  • 認知症があっても大丈夫”共感のギャップを埋める“VR認知症プロジェクト
    認知症があっても大丈夫”共感のギャップを埋める“VR認知症プロジェクト
    認知症を問題と定義するのではなく、認知症になっても生きやすい社会をつくろうとしている企業があります。認知症を体験できる「VR(※1)認知症プロジェクト」に取り組んでいる株式会社シルバーウッド。高齢者住宅の運営から、テクノロジーを用いたアプローチまで幅広く事業を展開しており、現在、注目を浴びています。今回は代表取締役下河原忠道様にお話を伺いました。
    記事を見る