null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

不要な介護サービスを提供されているかも?自分でチェックする方法

介護サービスの種類は非常に多く、必要とする人の状況に合わせて、その組み合わせも様々です。その複雑さゆえ、ケアプランの作成をケアマネージャーにすべて一任してしまいがちです。しかし、万が一不要なサービスを提供されたときにそのまま利用すると利用料金を請求されてしまいます。今回は不要な介護サービスを見極めるポイントをご紹介します。

不要な介護サービスの勧誘や提供に注意

介護が必要な方がいると、本来必要でない介護をすすめられたり、不要なサービスを提供されて後から請求されたりすることがあります。サービス付き高齢者向け住宅で、不要な介護サービスを提供するという事件もありました。調査により不当な介護報酬の返還を求められる施設も増えています。本当に必要な介護かどうかを見極める方法や、勧誘・提供があった場合の対処法を知っておきましょう。

介護サービスは最小限のほうが良い

不要な介護と思えるものに、過剰な生活支援があります。介護の基本は本人ができないことを手伝うことです。逆にいえば、できることは見守ることが必要で、そうでないと残っている能力が衰えてしまい、できることもできなくなってしまいます。生活支援・介護サービスは最小限にするというのがポイントです。家族が良く観察して、何ができて何ができないのかを把握することがまず大事です。その上で、ヘルパーを派遣する事業所やケアマネジャーに相談して具体的なケアプランを立てるようにします。

施設での様子を見学・チェックしてみる

施設での様子を見学したり、管理者と話をしたりすることも過剰介護を避けるのに有効な方法です。介護の基本は自立支援です。通所者や入所者の様子を見て、自分のことは自分でやる環境にあるのかどうかチェックしてみましょう。余分なサービスをしているところでは、被介護者に元気がないことが多いものです。
本当にいいサービスはとは、「過剰」ではなく「適切」に行われるものではないでしょうか。

不要な介護サービスに気づいたら

国では不必要な介護サービスが行われないように、行政主導でチェックする制度を整え始めています。実務経験5年以上のケアマネジャーと市町村の専門職員とで、介護サービスの内容をチェックすることになっています。悪質な施設には立ち入り検査も予定されています。現段階では、もし過剰介護に気がついたら、まずはケアマネジャーに報告して相談するようにしましょう。

どうしてもケアプランの内容・説明に納得できないときは

不要な介護サービスに気づき、ケアマネージャーに相談してもどうしても納得出来ない時もあるかと思います。
そうした際には、ケアマネージャーを変更することも出来ます。
介護サービスを利用するにおいて、ケアマネージャーの存在は非常に重要です。
変更することに罪悪感を感じる方も多いようですが、あくまで主体は介護を受ける方です。納得出来ず、我慢したまま提供サービスを受け続けるより思い切って変更したほうが、いいケースもあります。
また同じケアマネージャーといっても、出自により得意領域が異なります。
変更することにより、相性がピッタリの方と出会える場合があります。

相性が合わない!ケアマネージャーを変更する方法
https://mamoria.jp/erabikata/5

家族で介護サービス内容を点検しよう

基本的には介護には専門的な知識・判断が必要です。しかし、家族が見極めることができる場合もたくさんあります。
過剰介護は介護保険の悪用であるだけでなく、被介護者の状態を悪化させる場合もありますから注意が必要です。
本当に自分たちが求めるサービスは何であるのか。何がベストの選択なのか。
施設などからすすめられるサービスを鵜吞みにせず、本当に必要なサービスなのか家族でチェックすることが大事です。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • ひょっとしたら認知症?気になる初期症状とチェックポイント
    ひょっとしたら認知症?気になる初期症状とチェックポイント
    厚生労働省の調査で、65歳以上の約15%が発症していると明らかになった認知症。認知症の初期症状は、物忘れや何度も同じ話をするなど、家族でもなかなか気づきにくいものです。認知症にはいくつかの種類があり、それに応じた対応をしなくてはなりません。今回は認知症のタイプ別初期症状とチェックポイントをご紹介します。
    記事を見る
  • この症状が出たら注意!脳こうそくの前触れ発作
    この症状が出たら注意!脳こうそくの前触れ発作
    がん、心臓疾患、肺炎と並んで日本人の4大死因の一つに挙げられる脳卒中。脳卒中の一つである、脳こうそくは早期治療が重要とされており、時間が経てば経つほど重度の後遺症が残るとされています。今回は脳こうそくの早期発見のポイントについてご紹介します。
    記事を見る
  • その薬は本当に必要?医師が提唱する「薬のやめどき」
    その薬は本当に必要?医師が提唱する「薬のやめどき」
    医療の専門分科が進む中、多剤投与の危険性への関心が高まっています。 『高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015』(日本老年医学会)では、薬物有害事象が増加する要因として、多剤併用、併科受診が挙げられています。 今回は「365日無休の外来診療と24時間体制」の在宅医療に取り組み、2016年には地域の介護職員のレベルアップを目的に「国立かいご学院」を開設、近著『痛くない死に方』、『薬のやめどき』を始め、多くの著書を世に送り出し続ける長尾クリニック院長、長尾和宏先生にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 介護が必要になるきっかけの原因1位は?予防法まで一挙に紹介!
    介護が必要になるきっかけの原因1位は?予防法まで一挙に紹介!
    高齢になると足腰が弱くなり、段差でつまずきやすくなったり、転倒しやすくなったりします。杖や手押し車を日常利用していても、人の手を借りる介護はどうしても必要になってきます。実際に、要介護になるにはどんな原因があるのでしょうか。その原因と症状、予防法などの対策も合わせてご紹介します。
    記事を見る
  • 「死」についてフラットに話せる場。対等に学び合う死生学カフェ
    「死」についてフラットに話せる場。対等に学び合う死生学カフェ
    静岡県のとあるカフェに、「死ぬこと、生きること」について学ぶ場があります。 死生学カフェでは、隔月の土曜日に30名程度の人が集まります。年代も性別も様々な人が話すテーマは「死」。 普段生活していく上で、「死ぬこと」について話す機会はなかなかないのではないでしょうか。 今回は死生学カフェの世話人代表でもある、静岡大学教授の竹之内裕文様にお話を伺いました。
    記事を見る