null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

加齢による衰え?本当は『フレイル』かも

フレイルという言葉をご存知でしょうか。ごく簡単にいうと、高齢者が心身ともに弱くなっていく状態をいいます。高齢になれば足腰など弱くなるのが自然ですが、何もしなければ介護が必要な状態になってしまいます。できるだけ早くにフレイル状態に気づいて改善することで、要介護になるのを防ぐことができます。

チェックポイントを押さえよう

フレイルには徐々になっていきますから、本人も周囲も見逃してしまうことがあります。チェックポイントをおさえて、日々気をつけておくことをおすすめします。ある大学の研究によれば、次のような様子が二つ以上当てはまるとフレイルを疑うべきとされています。

  • 週に1回以上外出していない
  • 以前よりも歩く速さが遅くなった
  • ここ半年で2~3kg以上痩せた
  • 5分前のことを思い出すことができない
  • 特に何も理由がないのに疲れを感じる"

予防が大切

上記のチェックポイントに見られるように、フレイルというのは単に身体機能が弱まるだけではありません。精神面も弱くなってふさぎ込んだり引きこもりになったりすることもあります。心身ともに必要以上に弱くなってしまうと、あらゆる機能がどんどん衰えていってしまい、介護に至る確率が高くなります。高齢者の心身の問題は、運動能力の衰え、認知機能の衰え、うつなど多岐にわたります。フレイルにいち早く気づくことで、要介護状態になるリスクを減らすことが大事です。

生活習慣病を持っている人は要注意

生活習慣病を持っている人は、特にフレイルに気をつける必要があります。フレイルで問題となる身体機能低下の多くは筋力の衰えによって引き起こされますが、糖尿病などの生活習慣病を持っている人は運動不足や過栄養など、そもそも筋力低下を引き起こす要因を持っているからです。生活習慣はさまざまな病気の原因になりますから、意識的に改善することが重要です。

早く気づいて介護予防につなげよう

心身の衰えは年齢とともに自然と出てきます。しかし、何でも年齢のせいにしていては重大な衰えを見逃してしまうことがあります。徐々に衰えていくので分かりにくい部分もありますが、チェックポイントを意識して、周囲の人が注意深く見守ってあげることが大切です。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 知らないと損!意外と負担になる介護用おむつ費用の節約術
    知らないと損!意外と負担になる介護用おむつ費用の節約術
    毎日利用するのに介護保険の対象にはならず、大きな荷物になるため買い物も大変、そんな頭を悩ませる存在の介護用おむつ。きちんと制度やサービスを利用してできるだけ負担を軽減できるようにしたいものです。今回は介護用おむつの意外と知られていない節約術をご紹介します。
    記事を見る
  • まだ間に合う!敬老の日のプレゼント4選
    まだ間に合う!敬老の日のプレゼント4選
    もうすぐ始まるシルバーウイーク、もう予定は決まりましたか?シルバーウイークといえば「敬老の日」です!今回は今からでも間に合う敬老の日のプレゼントをご紹介します。プレゼント予定の無かった方もこの機会に検討してみてください。
    記事を見る
  • 不要な介護サービスを提供されているかも?自分でチェックする方法
    不要な介護サービスを提供されているかも?自分でチェックする方法
    介護サービスの種類は非常に多く、必要とする人の状況に合わせて、その組み合わせも様々です。その複雑さゆえ、ケアプランの作成をケアマネージャーにすべて一任してしまいがちです。しかし、万が一不要なサービスを提供されたときにそのまま利用すると利用料金を請求されてしまいます。今回は不要な介護サービスを見極めるポイントをご紹介します。
    記事を見る
  • 自分の親・高齢者のリハビリが必要になったけど、どうすれば?
    自分の親・高齢者のリハビリが必要になったけど、どうすれば?
    身体機能が低下した状態にある高齢者は、ちょっとした疾病やけがで寝たきりになってしまうことがあります。寝たきりを防ぎ、自立支援のために利用したいリハビリですが、いつどのようなリハビリを行えば良いのでしょうか。リハビリが必要になる疾病・けがやリハビリの費用、期間などについてご紹介します。
    記事を見る
  • 要介護認定調査とは?気を付けるべきポイントを徹底解説!
    要介護認定調査とは?気を付けるべきポイントを徹底解説!
    介護保険のサービスを利用するためには、要介護認定を受けなければなりません。 認定結果は自立(非該当)以外、『要支援1~2』『要介護1~5』の7段階に分かれ、この介護度によって、受けられるサービスの範囲や負担額などが違ってきます。 ですので、間違った介護認定をされないよう、注意が必要です。 今回は要介護認定を受ける際のポイントをご紹介します。
    記事を見る