null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

加齢による衰え?本当は『フレイル』かも

フレイルという言葉をご存知でしょうか。ごく簡単にいうと、高齢者が心身ともに弱くなっていく状態をいいます。高齢になれば足腰など弱くなるのが自然ですが、何もしなければ介護が必要な状態になってしまいます。できるだけ早くにフレイル状態に気づいて改善することで、要介護になるのを防ぐことができます。

チェックポイントを押さえよう

フレイルには徐々になっていきますから、本人も周囲も見逃してしまうことがあります。チェックポイントをおさえて、日々気をつけておくことをおすすめします。ある大学の研究によれば、次のような様子が二つ以上当てはまるとフレイルを疑うべきとされています。

  • 週に1回以上外出していない
  • 以前よりも歩く速さが遅くなった
  • ここ半年で2~3kg以上痩せた
  • 5分前のことを思い出すことができない
  • 特に何も理由がないのに疲れを感じる"

予防が大切

上記のチェックポイントに見られるように、フレイルというのは単に身体機能が弱まるだけではありません。精神面も弱くなってふさぎ込んだり引きこもりになったりすることもあります。心身ともに必要以上に弱くなってしまうと、あらゆる機能がどんどん衰えていってしまい、介護に至る確率が高くなります。高齢者の心身の問題は、運動能力の衰え、認知機能の衰え、うつなど多岐にわたります。フレイルにいち早く気づくことで、要介護状態になるリスクを減らすことが大事です。

生活習慣病を持っている人は要注意

生活習慣病を持っている人は、特にフレイルに気をつける必要があります。フレイルで問題となる身体機能低下の多くは筋力の衰えによって引き起こされますが、糖尿病などの生活習慣病を持っている人は運動不足や過栄養など、そもそも筋力低下を引き起こす要因を持っているからです。生活習慣はさまざまな病気の原因になりますから、意識的に改善することが重要です。

早く気づいて介護予防につなげよう

心身の衰えは年齢とともに自然と出てきます。しかし、何でも年齢のせいにしていては重大な衰えを見逃してしまうことがあります。徐々に衰えていくので分かりにくい部分もありますが、チェックポイントを意識して、周囲の人が注意深く見守ってあげることが大切です。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 家事にもヘルパーを!便利な「家事代行」賢く
    家事にもヘルパーを!便利な「家事代行」賢く
    介護疲れで家事が辛い、忙しくて手が回らないなど、誰かに家事を頼みたいときはありますよね。そんなときに便利なのが家事の代行サービスです。介護のサポートは、自治体だけでなく企業の手を借りるのもひとつの手段。ここでは、介護中の家事負担を軽減できる便利なサービスをご紹介します。
    記事を見る
  • 必要な時に、必要な情報が届くように-大成建設株式会社
    必要な時に、必要な情報が届くように-大成建設株式会社
    ご自身は四国で現場の工事事務や収支管理などの事務職を経験。4年前、夫と同居するために本社の人事部いきいき推進室へ異動に。育児や介護との両立支援、女性・外国籍・障がい者の活躍推進、そして働き方改革を実施する部署で、仕事と介護の両立担当としてご活躍中だそうです。そんな緒方さんに、今回大成建設様の仕事と介護の両立支援について、お話を伺いました!
    記事を見る
  • 遠距離介護で困ったら徹底サポート -NPO法人海を越えるケアの手
    遠距離介護で困ったら徹底サポート -NPO法人海を越えるケアの手
    仕事と介護の両立第4弾!今回は、最近多くの企業が会員登録をされている、働く介護者のための介護のトータルコーディネートを提供する「NPO法人海を越えるケアの手」をご紹介いたします!代表の勝部様、事務局の入谷様にお話をお伺いしました。
    記事を見る
  • 認知症で時計が読めなくなった!対処法は?
    認知症で時計が読めなくなった!対処法は?
    アルツハイマー型認知症の症状の一つに失認や失行などの見当識障害があります。これは、例えば今日の日付が分からなくなってしまったり、アナログ式の時計が読めなくなるなどです。今回は認知症で時計が読めなくなった場合の対処法をまとめました。
    記事を見る
  • 認知症でも仕事ができる!仕事をするためのコツ
    認知症でも仕事ができる!仕事をするためのコツ
    認知症と聞くと、何もかも忘れてしまうのではないかと思ってしまいがちですが、初期から重症化するまでには期間があります。「認知症=何もかも忘れてしまう、何もかもができなくなってしまう」ということではありませんので、初期段階で軽度の認知症であれば、十分に日常生活はできますし、仕事を続けられる可能性があります。
    記事を見る