null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)について知ろう!

サービス付き高齢者向け住宅、通称サ高住は、バリアフリーになっている賃貸住宅で、各種介護サービスを受けられる住宅のことをいいます。今回はサ高住の特徴や入居条件などをご紹介します。

サ高住とはどんなもの?

サ高住とは、サービス付き高齢者向け住宅のことです。具体的にどんなものかというと、バリアフリーになっている賃貸住宅で、各種介護サービスを受けられる住宅のことをいいます。民間事業者が運営し、自治体で認可を受けた住宅です。介護スタッフが常駐しており、介護相談や生活援助を行ってくれます。

有料老人ホームとの違い

高齢者の住まいというと他に有料老人ホームがありますが、これとは異なります。両者の違いは契約内容の違いです。有料老人ホームは、施設の居室や各種サービスを使う利用権を契約するものであるのに対し、サービス付き高齢者向け住宅は、あくまで住居について建物賃貸借契約を結び、別途介護サービスも契約可能とするものです。どちらも終身、居室を使用したりサービスを受けたりすることが可能です。

サ高住のメリット、デメリット

サービス付き高齢者向け住宅のメリットは、まず高齢者でも借りやすい賃貸住宅であることです。また、賃貸借契約なので居住権が有料老人ホームよりも保護されているといえ、敷金などを返還してもらうこともできます。また、数が多いのでいろいろな住宅の中から自分のニーズに合った住宅を選ぶことができます。デメリットとしては、家賃が有料老人ホームよりも高めになることがあります。家賃(月額利用料)は10~30万円くらいまで幅があります。また、介護サービスは住宅の賃貸借とは別途の有料契約になります。自立している高齢者か要介護度が低い高齢者向きで、特別な介護が必要になる場合は基本的に入居できません。

サ高住の入居基準

入居条件としては、まず60歳以上の高齢者、要介護者、要支援者またはその同居者であることが必要です。その他、施設ごとに独自の条件を定めている場合があります。基本的には要介護度が高くないことがポイントで、身の回りことは自分でできる、認知症ではないことなどを条件にしているところがあります。

一度見学してみよう

サ高住は身近な地域に意外とたくさんあります。高齢者でも借りやすく、高齢者のケアにも厚い良い住宅です。一つの選択肢として、ぜひ一度見学してみることをおすすめします。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    故人との最後のお別れである「葬儀」が年々多様化しています。生前葬、家族葬、自由葬、直葬など価値観の多様化に伴い「自分らしい最後」も色々な選択肢が出てきています。 今回は、単に簡素化を目的とせず、形式や時間に縛られず故人とゆっくりお別れをする「自宅葬」を提案する、株式会社鎌倉自宅葬儀社の馬場翔一郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 自分の親・高齢者のリハビリが必要になったけど、どうすれば?
    自分の親・高齢者のリハビリが必要になったけど、どうすれば?
    身体機能が低下した状態にある高齢者は、ちょっとした疾病やけがで寝たきりになってしまうことがあります。寝たきりを防ぎ、自立支援のために利用したいリハビリですが、いつどのようなリハビリを行えば良いのでしょうか。リハビリが必要になる疾病・けがやリハビリの費用、期間などについてご紹介します。
    記事を見る
  • 【PR】認知症予防の現場でも活躍中!臨床美術士とは?
    【PR】認知症予防の現場でも活躍中!臨床美術士とは?
    絵を描くことで認知症の予防・改善に繋がる「臨床美術」が注目を浴びています。本日は臨床美術士養成講座を開講している株式会社芸術造形研究所・代表取締役西田様、彫刻家・NPO法人日本臨床美術協会常任理事・蜂谷様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 最期の晴れ舞台衣装、ウエディングドレスならぬエンディングドレス!?
    最期の晴れ舞台衣装、ウエディングドレスならぬエンディングドレス!?
    近年では、お葬式の内容も多様化して来ました。海や山へ散骨する「自然葬」や、故人が好きだった曲を生演奏する「音楽葬」、生きているうちにお世話になった人々へ感謝を伝える「生前葬」など...。「終活」という言葉も生まれ、「自分らしい最期を迎えたい」と考える人が増えて来ています。そんな中、「エンディングドレス(死装束)」の人気が上昇中です。
    記事を見る
  • 介護認定の申請条件と不満が残った時にはどうすればいいの?
    介護認定の申請条件と不満が残った時にはどうすればいいの?
    介護サービスを受ける際には、介護認定が必要です。認定基準によって受けられるサービスが異なるため、本人や家族が納得できる認定を受けることが大切です。認定の仕組みや申請方法、不満が残った際の対応方法をご紹介します。
    記事を見る