null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)について知ろう!

サービス付き高齢者向け住宅、通称サ高住は、バリアフリーになっている賃貸住宅で、各種介護サービスを受けられる住宅のことをいいます。今回はサ高住の特徴や入居条件などをご紹介します。

サ高住とはどんなもの?

サ高住とは、サービス付き高齢者向け住宅のことです。具体的にどんなものかというと、バリアフリーになっている賃貸住宅で、各種介護サービスを受けられる住宅のことをいいます。民間事業者が運営し、自治体で認可を受けた住宅です。介護スタッフが常駐しており、介護相談や生活援助を行ってくれます。

有料老人ホームとの違い

高齢者の住まいというと他に有料老人ホームがありますが、これとは異なります。両者の違いは契約内容の違いです。有料老人ホームは、施設の居室や各種サービスを使う利用権を契約するものであるのに対し、サービス付き高齢者向け住宅は、あくまで住居について建物賃貸借契約を結び、別途介護サービスも契約可能とするものです。どちらも終身、居室を使用したりサービスを受けたりすることが可能です。

サ高住のメリット、デメリット

サービス付き高齢者向け住宅のメリットは、まず高齢者でも借りやすい賃貸住宅であることです。また、賃貸借契約なので居住権が有料老人ホームよりも保護されているといえ、敷金などを返還してもらうこともできます。また、数が多いのでいろいろな住宅の中から自分のニーズに合った住宅を選ぶことができます。デメリットとしては、家賃が有料老人ホームよりも高めになることがあります。家賃(月額利用料)は10~30万円くらいまで幅があります。また、介護サービスは住宅の賃貸借とは別途の有料契約になります。自立している高齢者か要介護度が低い高齢者向きで、特別な介護が必要になる場合は基本的に入居できません。

サ高住の入居基準

入居条件としては、まず60歳以上の高齢者、要介護者、要支援者またはその同居者であることが必要です。その他、施設ごとに独自の条件を定めている場合があります。基本的には要介護度が高くないことがポイントで、身の回りことは自分でできる、認知症ではないことなどを条件にしているところがあります。

一度見学してみよう

サ高住は身近な地域に意外とたくさんあります。高齢者でも借りやすく、高齢者のケアにも厚い良い住宅です。一つの選択肢として、ぜひ一度見学してみることをおすすめします。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 徘徊から家族を守るためにできること
    徘徊から家族を守るためにできること
    認知症の症状の一つに徘徊行動があります。認識障害を起こしている上に外を歩き回るため、徘徊行動には事故や事件のリスクがたくさん存在しています。大切な家族を徘徊のリスクから守るために何ができるでしょうか。
    記事を見る
  • 老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼は、一般的に40歳を過ぎたころから自覚症状始まると言われていますが、最近はパソコンや携帯電話の利用者の増加から、目を酷使する環境下にあるため、早い人では30代で症状を訴える人も少なくないようです。高齢による老眼と身体能力の低下が重なっても生活しやすい状態にするにはどういったことに気を付けるべきでしょうか。
    記事を見る
  • ミスユニバースさいたま指導者直伝!無理なく楽しい「姿勢ストレッチ」
    ミスユニバースさいたま指導者直伝!無理なく楽しい「姿勢ストレッチ」
    高齢になり運動機能が低下すると「転倒」による怪我が、寝たきり状態のキッカケになる危険性があります。 『平成27年版高齢社会白書』では、「骨折・転倒」が要介護になった主な原因の12.2%を占め、特に女性は15.4%で男性の6%を大きく上回っています。 重症化リスクを予防するためには、無理なく運動できる「ストレッチ」がオススメです。 今回は『ミスユニバースさいたま2017』の育成・指導を始め、多くのモデル指導の経験を活かし、独自の高齢者向けストレッチを提案する「魅ボディ研究所」代表の比嘉美佐子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    2025年には65歳以上の認知症患者数が約700万人、高齢者の5人に1人は認知症になると見込まれています。(『平成28年版高齢社会白書』より) これまで「予防できない」と言われていた認知症ですが、近年の脳科学研究では、記憶・学習等の脳機能、認知症やパーキンソン病等の脳病態等が明らかになってきています。 今回は「生涯現役」をテーマに、音楽の効果を活用した健康促進、介護・認知症予防に取り組む、日本音楽レ・クリエーション指導協会理事長の堀口直子さん、会長の小野惣一さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • ペッパーくんの介護導入事例まとめ
    ペッパーくんの介護導入事例まとめ
    2015年に発売され大きな話題となったソフトバンク社が開発したロボット『ペッパー君』。発売から即完売となり、さまざまなところで導入が広がってきています。今回は、介護現場での導入事例についてご紹介します。
    記事を見る