null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

徘徊から家族を守るためにできること

認知症の症状の一つに徘徊行動があります。認識障害を起こしている上に外を歩き回るため、徘徊行動には事故や事件のリスクがたくさん存在しています。大切な家族を徘徊のリスクから守るために何ができるでしょうか。

危険がいっぱいある徘徊から守ろう

あるデータによれば、65歳以上の高齢者では実に15%もの人が認知症と言われています。2014年には徘徊を巡って痛ましい事件も起きました。91歳の認知症の男性が踏切内に立ち入り電車にはねられて死亡してしまったのです。認知症高齢者が増加しつづけている今、このような事件はいつでもどこでも起こりうることです。

なぜ徘徊してしまうのか

認知症になるとさまざまな認知の障害が起こりますが、徘徊は見当識障害といって、自分のいる場所や知っているはずの人が分からなくなるという障害によって引き起こされます。外出行動のきっかけは何か目的があったはずなのですが、いったん外出してしまうと何をしに出かけたのか、今どこにいるのかが分からなくなってしまうのです。

徘徊予防のために家族ができること

徘徊はまず予防をすることが大切です。何か理由があって家を出たくなっているはずですから、徘徊を始めたらしばらく付き添ってみて、どんなことがきっかけで徘徊を始めてしまうのか理解するようにしましょう。家の中に何かストレスがあるのかもしれません。また徘徊に気づいたら、すぐに居場所を見つけて保護することが大事です。徘徊センサーや、GPS機能付きの携帯電話を持ち歩かせましょう。介護保険の適用があるものや自治体の貸し出しを受けられるものもありますから、よく調べて普段から慣れておくことが必要です。特に家族不在の時の対策が最も重要です。設置カメラが徘徊を感知したら家族の声で適切な声がけをしてくれ、家族へも通報してくれる装置などもあります。

地域全体で見守ることが必要

徘徊は、まず家族がいろいろな工夫をしておくことが大事です。加えて地域全体で見守るシステムを構築することが重要です。施設や自治体と連携しあって、認知症高齢者の完全を確保したいものです。


関連記事

なんでそんなに歩き回るの?認知症にみられる徘徊行動とは?

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 【認知症基礎知識】認知症の原因・症状をポイント解説
    【認知症基礎知識】認知症の原因・症状をポイント解説
    高齢社会が進む日本で問題となっているのが、認知症患者の急増です。しかし認知症はただの呆けと誤解されるなど、当事者家族以外に正しい知識が定着しているとは言い難い状況です。今回は決して他人事ではない認知症の原因や症状、予防法についてお話していきます。
    記事を見る
  • 意外な盲点!?高齢者が運動する際に注意すべきポイント
    意外な盲点!?高齢者が運動する際に注意すべきポイント
    高齢者になってから運動を始める人は少なくありません。趣味として行う場合や健康のために行う場合などがあります。運動自体は決して悪いことではありません。しかし、高齢者の場合、不用意に運動をしてしまうと怪我の原因になることもあります。そこで今回は、高齢者が運動する際に注意した方が良いポイントについて紹介します。
    記事を見る
  • 車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【九州】
    車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【九州】
    紅葉シーズンは早い地域だと9月からはじまり、遅い地域では12月中旬ころまでと言われています。秋の風景を堪能できるこの季節をご家族で楽しんではいかがでしょうか。今回は車椅子でも楽しめる九州の紅葉スポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 通販有効活用のコツ!悩みの種のおむつ購入はこれで解決!
    通販有効活用のコツ!悩みの種のおむつ購入はこれで解決!
    今や高齢者や忙しい家族向けに、インターネットでほとんどの介護用品が購入できるようになりました。そんな介護用品の中でも消耗品として頻繁に買う必要のある『おむつ』。持ち運びはかさばるので気が重いですよね。今回はそんなおむつを玄関先まで届けてもらえる、インターネット通販利用のコツやおすすめ購入サイト(お店)をご紹介します。
    記事を見る
  • 圧倒的な「つけ心地」。整体×下半身美人ベルトの効果とは?
    圧倒的な「つけ心地」。整体×下半身美人ベルトの効果とは?
    日本では認知度の低い“骨盤臓器脱”は性器脱とも言われ、膀胱脱、子宮脱、直腸脱などの臓器が外に突出してしまう症状です。圧倒的に女性患者数が多く、海外の報告では女性の生涯羅患率が11.1%と報告されている文献もあります。 羞恥心から我慢を重ね、症状が進んでから病院を受診すると手術しかないと言われるケースが多いのが現状のようです。 今回は、独自開発の整体プログラムと“下半身美人ベルト”でメスを入れずに改善を目指す、バランス工房代表の岡林秀和さんにお話を伺いました。
    記事を見る