null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

徘徊から家族を守るためにできること

認知症の症状の一つに徘徊行動があります。認識障害を起こしている上に外を歩き回るため、徘徊行動には事故や事件のリスクがたくさん存在しています。大切な家族を徘徊のリスクから守るために何ができるでしょうか。

危険がいっぱいある徘徊から守ろう

あるデータによれば、65歳以上の高齢者では実に15%もの人が認知症と言われています。2014年には徘徊を巡って痛ましい事件も起きました。91歳の認知症の男性が踏切内に立ち入り電車にはねられて死亡してしまったのです。認知症高齢者が増加しつづけている今、このような事件はいつでもどこでも起こりうることです。

なぜ徘徊してしまうのか

認知症になるとさまざまな認知の障害が起こりますが、徘徊は見当識障害といって、自分のいる場所や知っているはずの人が分からなくなるという障害によって引き起こされます。外出行動のきっかけは何か目的があったはずなのですが、いったん外出してしまうと何をしに出かけたのか、今どこにいるのかが分からなくなってしまうのです。

徘徊予防のために家族ができること

徘徊はまず予防をすることが大切です。何か理由があって家を出たくなっているはずですから、徘徊を始めたらしばらく付き添ってみて、どんなことがきっかけで徘徊を始めてしまうのか理解するようにしましょう。家の中に何かストレスがあるのかもしれません。また徘徊に気づいたら、すぐに居場所を見つけて保護することが大事です。徘徊センサーや、GPS機能付きの携帯電話を持ち歩かせましょう。介護保険の適用があるものや自治体の貸し出しを受けられるものもありますから、よく調べて普段から慣れておくことが必要です。特に家族不在の時の対策が最も重要です。設置カメラが徘徊を感知したら家族の声で適切な声がけをしてくれ、家族へも通報してくれる装置などもあります。

地域全体で見守ることが必要

徘徊は、まず家族がいろいろな工夫をしておくことが大事です。加えて地域全体で見守るシステムを構築することが重要です。施設や自治体と連携しあって、認知症高齢者の完全を確保したいものです。


関連記事

なんでそんなに歩き回るの?認知症にみられる徘徊行動とは?

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • かゆいところに手が届く!自治体による軽度生活支援事業
    かゆいところに手が届く!自治体による軽度生活支援事業
    軽度生活支援事業という言葉を知っていますか?この事業は、高齢者に対し日常生活の援助を行うことにより、自立した生活の継続、要介護状態への進行を防止することを目的として各自治体が行っています。今回は自治体による軽度生活支援事業の実施例をご紹介します。
    記事を見る
  • 終活|終末期を安らかに過ごすために、仏教の力を借りてみた
    終活|終末期を安らかに過ごすために、仏教の力を借りてみた
    長い人生をどう生きるかとともに、最期のときをどう迎えるかは人生にとって大きな課題です。終末期のケアにおいて、日本人に馴染み深い仏教観を取り入れた「ビハーラケア」が最近注目されています。ここでは、ターミナルケアの1つである「ビハーラケア」についてまとめました。
    記事を見る
  • プロと一緒に片づける。「お部屋とココロの整理収納アドバイス」
    プロと一緒に片づける。「お部屋とココロの整理収納アドバイス」
    平成26年度「高齢者の日常生活に関する意識調査」では「自分や配偶者の健康や病気への不安」が、最も多く67.6%を占めています。 具体的な不安の内容は、「体力の衰え」が62.2%、「認知症」が55.0%と続きます。 体力があるうちに、自分流儀の心地良く暮らせる環境作りをしておくことが、QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)向上に繋がるかもしれません。 今回は、対話重視のお片づけサービスを提供する、トトノエトトノウ代表、「お部屋とココロの整理収納アドバイザー」オオタニナオコさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 認知症のひと集まれ!最近話題の認知症カフェとは?
    認知症のひと集まれ!最近話題の認知症カフェとは?
    認知症カフェとは、認知症の方やその家族、介護・医療従事者、地域の人々が集い、交流や情報交換を行うカフェのことです。ヨーロッパではじまり、日本では全国で約30か所ほどあり、年々増加傾向にあります。今回は認知症カフェとは何か、その特徴をまとめました。
    記事を見る
  • 車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【東海】【歴史】
    車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【東海】【歴史】
    東海地方は、美味しい海の幸や山の幸、歴史的な名所に恵まれたエリア。お出かけを楽しめる場所も沢山あります。最近はバリアフリー対応の施設も増えてきているため、車椅子を利用している方でもお出かけしやすいでしょう。特にGWは気温も温かいため外出するにはぴったりではないでしょうか。そこで車椅子利用の方でも安心して利用できる、東海地方のおでかけスポットを見つけてみました。
    記事を見る