null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

徘徊から家族を守るためにできること

認知症の症状の一つに徘徊行動があります。認識障害を起こしている上に外を歩き回るため、徘徊行動には事故や事件のリスクがたくさん存在しています。大切な家族を徘徊のリスクから守るために何ができるでしょうか。

危険がいっぱいある徘徊から守ろう

あるデータによれば、65歳以上の高齢者では実に15%もの人が認知症と言われています。2014年には徘徊を巡って痛ましい事件も起きました。91歳の認知症の男性が踏切内に立ち入り電車にはねられて死亡してしまったのです。認知症高齢者が増加しつづけている今、このような事件はいつでもどこでも起こりうることです。

なぜ徘徊してしまうのか

認知症になるとさまざまな認知の障害が起こりますが、徘徊は見当識障害といって、自分のいる場所や知っているはずの人が分からなくなるという障害によって引き起こされます。外出行動のきっかけは何か目的があったはずなのですが、いったん外出してしまうと何をしに出かけたのか、今どこにいるのかが分からなくなってしまうのです。

徘徊予防のために家族ができること

徘徊はまず予防をすることが大切です。何か理由があって家を出たくなっているはずですから、徘徊を始めたらしばらく付き添ってみて、どんなことがきっかけで徘徊を始めてしまうのか理解するようにしましょう。家の中に何かストレスがあるのかもしれません。また徘徊に気づいたら、すぐに居場所を見つけて保護することが大事です。徘徊センサーや、GPS機能付きの携帯電話を持ち歩かせましょう。介護保険の適用があるものや自治体の貸し出しを受けられるものもありますから、よく調べて普段から慣れておくことが必要です。特に家族不在の時の対策が最も重要です。設置カメラが徘徊を感知したら家族の声で適切な声がけをしてくれ、家族へも通報してくれる装置などもあります。

地域全体で見守ることが必要

徘徊は、まず家族がいろいろな工夫をしておくことが大事です。加えて地域全体で見守るシステムを構築することが重要です。施設や自治体と連携しあって、認知症高齢者の完全を確保したいものです。


関連記事

なんでそんなに歩き回るの?認知症にみられる徘徊行動とは?

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 車椅子の事故原因で多いフットレスト!使用方法のまとめと注意点
    車椅子の事故原因で多いフットレスト!使用方法のまとめと注意点
    車椅子は、多くの要介護者に必要とされている移動手段の1つです。お手洗いに行く時など室内間でのちょっとした移動から、買い物や散歩といった外出時の移動まで幅広く活躍してくれます。しかし、一見すると安全に見える車椅子の移動にも危険が伴う場合があります。中でも意外と多いのがフットレストによる事故。そこで、フットレストによる事故例やその対策、フットレストの選び方についてご紹介します。
    記事を見る
  • ポイント解説!アルツハイマー型認知症の初期症状と特徴
    ポイント解説!アルツハイマー型認知症の初期症状と特徴
    アルツハイマー型認知症は、予備軍である軽度認知症からやがて発症へと至り、進行する病気です。治療で進行の抑制は可能ですが、完治はせず早期の発見が重要になります。しかし初期症状では、本人が物忘れを周囲に気付かれない様カバーする場合が多く、発見し難いのが一般的です。重症化させないためにも初期症状を家族や周囲にいる人が見落とさない様にしましょう。ここではアルツハイマー型認知症の予備軍であるMCIや、初期症状、特徴について紹介します。
    記事を見る
  • 相談・知る事が正しい選択を生む。スキルス胃がんのこと
    相談・知る事が正しい選択を生む。スキルス胃がんのこと
    2016年の国立がんセンターによる『最新がん統計予測』で、近年減少傾向にあった患者数が増加予測に転じた「胃がん」。 胃がんの10%前後を占めると言われる「スキルス胃がん」は、自覚症状がほとんどなく、胃壁の中をしみこむように浸潤するため、内視鏡検査でも見つけにくいことが特徴です。 今回は、スキルス胃がんの早期発見・治療のために活動を続ける、がん患者団体「認定NPO法人 希望の会」理事長の轟浩美さんにお話を伺いました。 轟さんは「みいクリニック がんサバイバーシップ室長」として、がん患者さんとご家族の不安を和らげ、理解を促す場づくりにもご尽力されています。
    記事を見る
  • 2017年に介護休業の分割取得が可能に。改正の意味とは?
    2017年に介護休業の分割取得が可能に。改正の意味とは?
    厚生労働省では、介護休業制度をより使いやすいものとするため、制度の見直しを進めています。介護休業は「育児・介護休業法」によって定められており、2010年の改正では、介護休暇や父親の育児休業などの分野で改善が行われました。今回の見直しでは、介護休業の分割が焦点となり、「改正育児・介護休業法」が、2017年に施工されることが決まりました。休業の分割取得は何の意味があるのでしょうか?
    記事を見る
  • たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    大切な人がターミナル期に入ると、家族の緊張はピークに達し、その人にしてあげられることが限られていくことに悲しみを抱くことも多くあるのではないでしょうか。 少しでも穏やかに、安らかに過ごしてほしいと祈る思いを、直前まで機能が維持されるといわれる聴覚に訴えかけることのできる音楽で届ける方がいます。 今回は、リミナル・ハープ奏者の佐野正子さんにお話を伺いました。
    記事を見る