null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

徘徊から家族を守るためにできること

認知症の症状の一つに徘徊行動があります。認識障害を起こしている上に外を歩き回るため、徘徊行動には事故や事件のリスクがたくさん存在しています。大切な家族を徘徊のリスクから守るために何ができるでしょうか。

危険がいっぱいある徘徊から守ろう

あるデータによれば、65歳以上の高齢者では実に15%もの人が認知症と言われています。2014年には徘徊を巡って痛ましい事件も起きました。91歳の認知症の男性が踏切内に立ち入り電車にはねられて死亡してしまったのです。認知症高齢者が増加しつづけている今、このような事件はいつでもどこでも起こりうることです。

なぜ徘徊してしまうのか

認知症になるとさまざまな認知の障害が起こりますが、徘徊は見当識障害といって、自分のいる場所や知っているはずの人が分からなくなるという障害によって引き起こされます。外出行動のきっかけは何か目的があったはずなのですが、いったん外出してしまうと何をしに出かけたのか、今どこにいるのかが分からなくなってしまうのです。

徘徊予防のために家族ができること

徘徊はまず予防をすることが大切です。何か理由があって家を出たくなっているはずですから、徘徊を始めたらしばらく付き添ってみて、どんなことがきっかけで徘徊を始めてしまうのか理解するようにしましょう。家の中に何かストレスがあるのかもしれません。また徘徊に気づいたら、すぐに居場所を見つけて保護することが大事です。徘徊センサーや、GPS機能付きの携帯電話を持ち歩かせましょう。介護保険の適用があるものや自治体の貸し出しを受けられるものもありますから、よく調べて普段から慣れておくことが必要です。特に家族不在の時の対策が最も重要です。設置カメラが徘徊を感知したら家族の声で適切な声がけをしてくれ、家族へも通報してくれる装置などもあります。

地域全体で見守ることが必要

徘徊は、まず家族がいろいろな工夫をしておくことが大事です。加えて地域全体で見守るシステムを構築することが重要です。施設や自治体と連携しあって、認知症高齢者の完全を確保したいものです。


関連記事

なんでそんなに歩き回るの?認知症にみられる徘徊行動とは?

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 【関東】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【関東】車椅子で行けるお花見スポット3選
    東京では先週桜が開花し、本格的なお花見シーズンが到来しました。今回は、ご家族と一緒に車椅子の方もい楽しめるバリアフリー化が特徴のお花見スポットをご紹介します。
    記事を見る
  • サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)について知ろう!
    サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)について知ろう!
    サービス付き高齢者向け住宅、通称サ高住は、バリアフリーになっている賃貸住宅で、各種介護サービスを受けられる住宅のことをいいます。今回はサ高住の特徴や入居条件などをご紹介します。
    記事を見る
  • 地域での孤独死防止のために自分たちが出来ること
    地域での孤独死防止のために自分たちが出来ること
    高齢者の増加に伴い、孤独死の件数も増加しています。孤独死を防止するために、地域では見守りサービスなどが整えられつつあります。また、孤独死を防ぐためには、食事に対する配慮、すなわち孤食をなくすことも重要です。今回は孤独死の実情や対策を紹介します。
    記事を見る
  • コンビニによる高齢者向サポート最新事情
    コンビニによる高齢者向サポート最新事情
    コンビニの利用者と言えば、若者を思い浮かべる人が多いと思いますが、実は若者より高齢者の利用率のほうが年々高くなってきています。各社配食サービスや高齢者向けのお惣菜を揃えるなどのサービスを行っており、高齢者にとってコンビニはさらに利用しやすいスポットとなっています。今回はコンビニが行っている高齢者向けサービスの最新情報をまとめました。
    記事を見る
  • かゆいところに手が届く!自治体による軽度生活支援事業
    かゆいところに手が届く!自治体による軽度生活支援事業
    軽度生活支援事業という言葉を知っていますか?この事業は、高齢者に対し日常生活の援助を行うことにより、自立した生活の継続、要介護状態への進行を防止することを目的として各自治体が行っています。今回は自治体による軽度生活支援事業の実施例をご紹介します。
    記事を見る