null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

【介護予防】自治体が行っている健康診断を受けよう!

高齢になると、何よりも日々の健康が最大の関心事になります。中には初期症状が出にくい病気もありますから、特に不調がなくても積極的に健康診断を受けたいものです。市区町村が行う健康診断なら、無料または安価に健康チェックすることができます。

こんな検査をしてもらえる

各市町村では、いろいろな種類の健康診断を行っています。年齢別に検診項目を分けている場合が多く、75歳以上の後期高齢者を対象にした健康診断も実施されています。検診項目はだいたい次のようになります。

  • 既往歴の調査
  • 自覚症状の調査
  • 身長、体重、BMI値、血圧の測定
  • 血液検査(肝機能、血糖値)
  • 尿検査(糖、タンパク)
  • 貧血検査
  • 心機能検査(心電図)

この他にも自治体によって眼底検査をしてくれるところもあります。詳しくは自治体に確認してみて下さい。

無料検査と有料検査がある

75歳以上を対象にした上記のような検査は、無料で行っている自治体がほとんどです。さらに自治体で行っている検査には各種がん検査や骨密度測定などがありますが、こちらは有料で実費負担になります。それでも自治体が費用補助しているので数千円程度で非常に安く受けることができますから、ぜひ受診するようにしましょう。市内の主な病院が対応していて、最寄りの病院を自分で選ぶことができます。

健康診断を受けるときに気をつけたいこと

せっかく健康診断を受けるのですから、上手に活用したいものです。大事なのは日頃の体調を自分でよく把握しておくことです。健康診断ではまず問診が行われます。その際、具体的に不調を訴えることができれば、医師も詳しいアドバイスをすることができます。おかしいなと思うことがあっても時間が経てば忘れてしまいますから、毎日健康日記をつけておくことをおすすめします。

上手に活用していつまでも健康でいよう

健康は自分の心がけ次第です。毎日の体調を自分で管理して、定期的に健康診断を受けていれば、重大な病気であっても早期に見つけることができます。市町村の行っている健康診断なら費用もさほどかかりません。身近な行政のサービスを上手に利用して、いつまでも健康な生活を送りたいですね。健康でいることは介護予防にもつながります。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 「親が介護になったら?」を考える機会を -PwCあらた有限責任監査法人
    「親が介護になったら?」を考える機会を -PwCあらた有限責任監査法人
    今回は、仕事と介護の両立支援・介護離職防止支援のテーマ第二弾!企業へのインタビューとして、PwCあらた有限責任監査法人システム・プロセス・アシュアランス部江原様にインタビューを実施させていただきました。
    記事を見る
  • 家族の歴史を一枚の額におさめる「思い出写真整理活用アドバイザー」
    家族の歴史を一枚の額におさめる「思い出写真整理活用アドバイザー」
    デジカメが主流になり、家に残る古いアルバムの整理・活用情報に関する書籍やセミナーが話題になっています。 せっかくの家族の思い出が、クローゼットや本棚に眠ったままではもったいないですよね。 本日は、古いアルバム写真の中から、家族の歴史を一枚の額におさめてくれる、GOOD LUCK PICTURE(グッドラックピクチャ)代表、「思い出写真整理活用アドバイザー」の生江(イクエ) 賢一郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 認知症の方にみられる徘徊行動。原因と対応方法をポイント解説!
    認知症の方にみられる徘徊行動。原因と対応方法をポイント解説!
    認知症の方が家の中や外をぐるぐると歩き回ることを徘徊といい、認知症の方によく見られる行動ですが、実はこの徘徊、本人なりの目的があって徘徊する場合が多いことをご存知でしょうか。 そこで今回は、徘徊とはどういった行動なのか、認知症による徘徊の基本的な知識と対策をご紹介します。
    記事を見る
  • その薬は本当に必要?医師が提唱する「薬のやめどき」
    その薬は本当に必要?医師が提唱する「薬のやめどき」
    医療の専門分科が進む中、多剤投与の危険性への関心が高まっています。 『高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015』(日本老年医学会)では、薬物有害事象が増加する要因として、多剤併用、併科受診が挙げられています。 今回は「365日無休の外来診療と24時間体制」の在宅医療に取り組み、2016年には地域の介護職員のレベルアップを目的に「国立かいご学院」を開設、近著『痛くない死に方』、『薬のやめどき』を始め、多くの著書を世に送り出し続ける長尾クリニック院長、長尾和宏先生にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【PR】体を通して心が変わる「脳科学ストレッチ」
    【PR】体を通して心が変わる「脳科学ストレッチ」
    脳と体の関係を活かした「脳科学ストレッチ」が注目を浴びています。 本日は脳科学ストレッチの開発者であるパーソナルトレーナーのNATSUKI様にお話を伺いました。
    記事を見る