null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

介護初心者なら、介護講習会を受けてみよう

いざ介護開始となっても、実際具体的にどうやって介護していいか戸惑うものです。そんな方に利用してほしいのが、自治体や介護施設が開催している家族向けの介護セミナーです。介護の相談ができるものや実際の介護のやり方を実技で学べるところもあります。ぜひ有効に活用しましょう。

介護を始めた家族向けのセミナーがある

いざ介護が始まってみると、まったく初めての経験に戸惑ってしまう人がほとんどです。大変な介護に加えて慣れないことばかりで、毎日辛い思いをしている人が少なくありません。初めての介護ですから悩んで当たり前ですが、家の中でひとり悩むよりも外へ出て勉強してみてはいかがでしょうか。介護を始めたばかりの家族向けに、さまざまな介護セミナーが開催されています。

家族の悩みはこんなこと

介護をしていて、次のような悩みはありませんか。
  • お風呂や食事介助が思いのほか難しい
  • 認知症を発症し始めたらどうすればいいのか
  • 他の人はどんな介護をしているのか知りたい
  • 介護保険や介護サービスなど、使い方がよくわからない
こうした悩みは、人に話したり専門家に相談すしたりることで解決する場合が多いです。介護セミナーなら、専門家が揃っているので相談ができます。

自治体のセミナーから始めよう

各自治体では、さまざまな介護セミナーを開催しています。「やさしい介護セミナー」「家庭介護のためのハートフルケアセミナー」「認知症を学びましょう」など自治体によって名称は異なりますが、家族の介護負担を軽減するための講座が全国の自治体で開催されています。具体的な講座の内容や日時などは随時市報に掲載されますから、気をつけてチェックしておきましょう。介護相談だけでなく、実践的なケア技術を教えてくれる講習会もあります。日常の介助を楽にするコツや、家庭でも簡単にできる筋力アップ運動などを楽しく学ぶことができます。

これから介護という人にもおすすめ

介護セミナーはまだ介護に入っていない人にとっても有効です。これから親の介護が始まりそうで不安という人も、少しでも知識を持っておくことで気持ちの備えができます。未知のものには不安を感じますが、きちんと勉強しておけば不必要に憂えることもありません。講習会に参加することで、地域の福祉環境について情報を得ることもできます。

自分から出かけて行こう

介護は各家庭の中の問題になりがちですが、同じように悩んでいる人はたくさんいますし、悩みを相談できる場所も意外と多くあります。一人で悩むより、セミナーなどに積極的に参加して自分で介護負担を減らしていくことが大事です。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 病院からの自宅復帰までをサポートする「老健」って?
    病院からの自宅復帰までをサポートする「老健」って?
    骨折をして入院をすると、すぐに家に戻って以前の生活をするのは難しいですよね。そんなときに利用したいのが、介護老人保健施設(通称:老健)です。どういったサービスが利用できるのか、そのメリット・デメリットを見てみましょう。
    記事を見る
  • 高齢者と大学生でルームシェア?異世代ホームシェアの魅力とは
    高齢者と大学生でルームシェア?異世代ホームシェアの魅力とは
    ホームシェアといえば、若者が友人や知らない人と家賃を負担しあい、一緒に暮らすというイメージがありますが、異世代ホームシェアという言葉はまだまだ認知されていません。 今回は日本でも広がりを見せつつある異世代ホームシェアについてご紹介します。
    記事を見る
  • 認知症の方にみられる徘徊行動。原因と対応方法をポイント解説!
    認知症の方にみられる徘徊行動。原因と対応方法をポイント解説!
    認知症の方が家の中や外をぐるぐると歩き回ることを徘徊といい、認知症の方によく見られる行動ですが、実はこの徘徊、本人なりの目的があって徘徊する場合が多いことをご存知でしょうか。 そこで今回は、徘徊とはどういった行動なのか、認知症による徘徊の基本的な知識と対策をご紹介します。
    記事を見る
  • 介護認定の申請条件と不満が残った時にはどうすればいいの?
    介護認定の申請条件と不満が残った時にはどうすればいいの?
    介護サービスを受ける際には、介護認定が必要です。認定基準によって受けられるサービスが異なるため、本人や家族が納得できる認定を受けることが大切です。認定の仕組みや申請方法、不満が残った際の対応方法をご紹介します。
    記事を見る
  • 「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    日本では1991年に登場したと言われる「エンディングノート」。2012年の経済産業省の統計では70歳以上の作成意向は69.2%に上り、年々向上していると予測されます。 延命措置、介護、相続等について、もしもの時、代わりに意思決定を迫られる家族の心的負担を減らすための意思表示を目的に、認知度も向上しています。 今回は、誰しもに訪れる「死」をゴールに「いかに生きるか?」を子供から大人まで、世代問わず考えることができるエンディングノートを開発した「マンダラエンディングノート普及協会」代表の小野寺秀友さんにお話を伺いました。
    記事を見る