null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

料理しづらいと思ったら、調理器具を見直そう

高齢になると調理する際、重い鍋や柄の長い包丁など通常の調理器具を使い辛い、使うのが怖いと感じる可能性があります。高齢者にとって使いやすい調理器具とはどのようなものでしょうか。

高齢者は調理器具にも工夫したい

高齢になると若いときには当たり前にできたことが苦手になってきます。なるべく手がかからず安全に使えて便利なものに替えていく必要があります。たとえば調理器具もそのひとつです。高齢者の時代はガスコンロを使って火で調理をすることが当たり前ですが、万一消し忘れでもあれば大変なことになってしまいます。

使いやすい調理器具とは

高齢者にとって使いやすいのは、とにかく扱いが楽な調理器具です。実は一般的に使われている調理器具のほとんどが、高齢者には使い勝手が悪いものになっています。たとえば、包丁は持ち手の延長に刃があっては切るのに大きな力が要ります。なべ蓋のつまみも通常サイズでは小さいので、持てずに火傷をしてしまう可能性があります。また、できるだけ火を使わないですむ調理に切り替えて、火災の危険性を少なくしていく方が良いでしょう。

おすすめは電磁調理器

高齢者におすすめなのが電磁調理器です。コンロならばIHコンロ、卓上で鍋料理などができる電磁調理器もあります。火を使いませんし安全装置もついているので、火災を起こす心配はまずありません。電磁調理器はお手入れも楽なのでキレイに使い続けることができます。ただし、いくつか注意点もあります。まず、電磁調理器で使える鍋類は決まっていますので、なければ購入しなければなりません。また、火で調理をすることが当たり前の年代では、使い方をしっかり覚えてもらう必要もあります。消費電力に気をつけないとブレーカーが落ちる場合もありますので気をつけましょう。

電磁調理器には購入補助がある自治体も

自治体によっては、電磁調理器の購入に対して補助金を出してくれるところも出てきています。火災報知器設置費用の助成などとともに、一人暮らしも多い高齢者が調理などで火災を起こさないように配慮しています。
例えば、神奈川県秦野市では軽度の認知症があり一人暮らしの高齢者に対し、電磁調理器、最高20,000円の助成金制度を設けています。条件や金額などは自治体によって異なりますので、自治体の福祉課やケアマネージャーなどに問い合わせてみて下さい。

上手に使って安全・快適な調理を

高齢者の調理で一番心がけたいことは、楽で安全なことです。ある程度の年齢になったら、これまで使っていたものを全て見直すことも必要です。電磁調理器は安全でとても使いやすいものです。助成金などを上手に活用しながら、電磁調理に切り替えてみてはいかがでしょうか。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    若年性認知症とは64歳以下で発症する認知症の総称です。働き盛りの年齢で発症するため、高齢になってから発症する認知症と比べ、社会や家庭において問題を抱えることが少なくありません。また仕事の疲労やうつといった症状の可能性などを考えてしまい、発見が遅れてしまうことも多く、そのため診断が遅れてしまうことの多い病気です。高齢者に多く発症する認知症は女性が多いことに対し、若年性認知症は男性に比較的多いのが特徴です。しかし女性でも発症の可能性がないとはいえません。特に専業主婦の場合は症状に気づきにくく、症状がかなり進行してから判明するといったことも少なくありません。若年性認知症を予防するために、その症状についてよく知るとともに、普段の生活からできる予防方法について見ていきましょう。
    記事を見る
  • 【九州】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【九州】車椅子で行けるお花見スポット3選
    春は、土にも色とりどりの草花が芽吹いて、外に出るのが楽しみな季節です。 そんな春のイベントといえばお花見。お花見は、短い期間しか楽しめないからこそ、その年の思い出作りになります。今回は九州のなかから、車椅子で行っても楽しめるお花見のスポットを3か所ご紹介します。
    記事を見る
  • 「抱きしめて看取る」~マザー・テレサの夢の続き
    「抱きしめて看取る」~マザー・テレサの夢の続き
    日本は、諸外国に例をみないスピードで高齢化が進行し、65歳以上の人口は現在3,000万人を超え(国民の約4人に1人)、団塊の世代(約800万人)が75歳以上となる2025年以降、医療・介護の需要が、さらに増加することが見込まれています。 今回は、この2025年問題を解決するために「在宅での看取り」の仕組みを構築し「看取り士」を育成する、日本看取り士会代表理事の柴田久美子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 高齢者の「外食したい!」を叶える介護食対応のレストラン【関東近郊】
    高齢者の「外食したい!」を叶える介護食対応のレストラン【関東近郊】
    介護食とは、咀嚼(そしゃく)や嚥下(えんげ)の機能に合わせて、食事をとりやすいように調整された食事のことです。普段は自宅や施設で介護食をとられている方も外食だといつもと違った雰囲気で楽しめるかもしれませんね。今回は関東近郊で介護食を提供しているレストランをまとめてみました。
    記事を見る
  • 認知症の方にイライラしないための対応法
    認知症の方にイライラしないための対応法
    認知症は、原因によっては治癒可能なものもありますが、長く付き合う必要がある病気でもあります。認知症患者は、激しい感情の起伏や物忘れなどの症状を見せ始めます。それによって、本人だけでなく周囲の人々にもイライラが生じることがあります。認知症に伴うストレスにうまく対応するには、どうしたら良いのでしょうか。
    記事を見る