null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

料理しづらいと思ったら、調理器具を見直そう

高齢になると調理する際、重い鍋や柄の長い包丁など通常の調理器具を使い辛い、使うのが怖いと感じる可能性があります。高齢者にとって使いやすい調理器具とはどのようなものでしょうか。

高齢者は調理器具にも工夫したい

高齢になると若いときには当たり前にできたことが苦手になってきます。なるべく手がかからず安全に使えて便利なものに替えていく必要があります。たとえば調理器具もそのひとつです。高齢者の時代はガスコンロを使って火で調理をすることが当たり前ですが、万一消し忘れでもあれば大変なことになってしまいます。

使いやすい調理器具とは

高齢者にとって使いやすいのは、とにかく扱いが楽な調理器具です。実は一般的に使われている調理器具のほとんどが、高齢者には使い勝手が悪いものになっています。たとえば、包丁は持ち手の延長に刃があっては切るのに大きな力が要ります。なべ蓋のつまみも通常サイズでは小さいので、持てずに火傷をしてしまう可能性があります。また、できるだけ火を使わないですむ調理に切り替えて、火災の危険性を少なくしていく方が良いでしょう。

おすすめは電磁調理器

高齢者におすすめなのが電磁調理器です。コンロならばIHコンロ、卓上で鍋料理などができる電磁調理器もあります。火を使いませんし安全装置もついているので、火災を起こす心配はまずありません。電磁調理器はお手入れも楽なのでキレイに使い続けることができます。ただし、いくつか注意点もあります。まず、電磁調理器で使える鍋類は決まっていますので、なければ購入しなければなりません。また、火で調理をすることが当たり前の年代では、使い方をしっかり覚えてもらう必要もあります。消費電力に気をつけないとブレーカーが落ちる場合もありますので気をつけましょう。

電磁調理器には購入補助がある自治体も

自治体によっては、電磁調理器の購入に対して補助金を出してくれるところも出てきています。火災報知器設置費用の助成などとともに、一人暮らしも多い高齢者が調理などで火災を起こさないように配慮しています。
例えば、神奈川県秦野市では軽度の認知症があり一人暮らしの高齢者に対し、電磁調理器、最高20,000円の助成金制度を設けています。条件や金額などは自治体によって異なりますので、自治体の福祉課やケアマネージャーなどに問い合わせてみて下さい。

上手に使って安全・快適な調理を

高齢者の調理で一番心がけたいことは、楽で安全なことです。ある程度の年齢になったら、これまで使っていたものを全て見直すことも必要です。電磁調理器は安全でとても使いやすいものです。助成金などを上手に活用しながら、電磁調理に切り替えてみてはいかがでしょうか。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 『拘縮(こうしゅく)』って知っていますか?
    『拘縮(こうしゅく)』って知っていますか?
    海外のリハビリ先進国では、以前よりリハビリの早期開始の重要性がうたわれてきました。高齢になり体を一定期間動かさないと、体の関節が固くなってしまう『拘縮』になりがちです。今回は、拘縮とその予防方法についてご紹介します。
    記事を見る
  • 誰でも5分で分かる!レスパイトサービスの意味と具体例
    誰でも5分で分かる!レスパイトサービスの意味と具体例
    レスパイトケアとは乳幼児や障害児・者、高齢者などを在宅でケアしている家族を癒やすため、一時的にケアを代替し、リフレッシュを図ってもらう家族支援サービスのことです。在宅介護をされている方はデイサービスやショートステイなどの介護保険サービスを利用されている方もいると思いますが、それらもレスパイトサービスの一部と言えます。
    記事を見る
  • 元気なうちに話しておくべき『親の老後』
    元気なうちに話しておくべき『親の老後』
    親が65歳になり定年を迎え、年齢の上では高齢者でも、実際の65歳はまだまだ元気!老後という感覚でない方も多いはず。元気なうちだからこそ、老後について話し合ってみませんか?
    記事を見る
  • 【介護予防】自治体が行っている健康診断を受けよう!
    【介護予防】自治体が行っている健康診断を受けよう!
    高齢になると、何よりも日々の健康が最大の関心事になります。中には初期症状が出にくい病気もありますから、特に不調がなくても積極的に健康診断を受けたいものです。市区町村が行う健康診断なら、無料または安価に健康チェックすることができます。
    記事を見る
  • 「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    日本では1991年に登場したと言われる「エンディングノート」。2012年の経済産業省の統計では70歳以上の作成意向は69.2%に上り、年々向上していると予測されます。 延命措置、介護、相続等について、もしもの時、代わりに意思決定を迫られる家族の心的負担を減らすための意思表示を目的に、認知度も向上しています。 今回は、誰しもに訪れる「死」をゴールに「いかに生きるか?」を子供から大人まで、世代問わず考えることができるエンディングノートを開発した「マンダラエンディングノート普及協会」代表の小野寺秀友さんにお話を伺いました。
    記事を見る