null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

がん治療で注目の「緩和ケア」とは?

がんの緩和ケアをご存知でしょうか。緩和ケアとは、病気に伴う心と体の痛みを和らげるために行われる対処方で初期からケアを行うことにより治療に必要な体力と気力の低下を防ぐ効果があるとされています。今回は緩和ケアについてまとめました。

緩和ケアとは?どんな人が利用するもの?

「緩和ケア」とは、「病気に伴う心と体の痛みを和らげるために行われる対処によって、患者と家族の生活の質を改善するのこと」が定義になっています。日本では、主に治療の施しようのない末期のがん患者を対象に、苦しみを和らげる目的で行われるケアだとイメージする人が多いかもしれません。しかしながら、今や、がん緩和ケアは終末期に限りません。2007年の「がん対策推進基本計画」で、がん緩和ケアをがん治療の3大治療法「手術・化学療法・放射線治療」に加えていこうという流れができました。がんと診断されたら、治療の初期段階から患者は緩和ケアを利用でき、医療現場でもがん治療の柱にするべく、がん緩和ケアが推進されているのです。

緩和ケアが行われるメリットと効果

がんの治療と併用して緩和ケアが行われるメリットとして、身体的・精神的な苦しみを緩和することで心身の衰弱と生活の質の低下を防ぎ、治療に必要な体力を回復させることができるという点があります。また、がんを治療するチームと緩和ケアのチームが完治に向けて連携することで、抗がん剤の副作用に苦しんでいないかを早期に発見できたり、強い副作用が表れないように予防することもできるというメリットもあります。
このように、緩和ケアをがん治療の初期段階から行うことで、予後の改善も見られたという報告もあります。緩和ケアのチームには、医師や看護師、薬剤師をはじめ、ソーシャルワーカーや心理士、栄養士などの専門スタッフが集まっています。それぞれの担当分野での適切なアドバイスによって、がん患者が抱える不安を軽減する効果があります。

がん緩和ケアは初期から積極的に

がん緩和ケアは、がん治療と併用することで高い効果があることがお分かりいただけたでしょうか。ところが、がんの初期から緩和ケアを受けることができるということを知っている人は、4割弱にとどまっています。病気の痛みや治療の辛さは我慢して当然と思われがちですが、もはやそれらは適切ではなく、緩和することでより効果の高い治療になるのです。痛みや苦しみ、不安を和らげることができる緩和ケアを、がん治療の早い段階で取り入れることを考えてみることをおすすめします。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 注意!よくある高齢者をターゲットに対する詐欺
    注意!よくある高齢者をターゲットに対する詐欺
    高齢者に対する詐欺事件が多く発生しています。自分は騙されないと思っている人でも引っかかってしまうケースも多いようです。高齢者ならではの介護などの不安に付け込んだ事件も多いです。現在どういった事件が多く起きているのか知っておきましょう。
    記事を見る
  • 【セミナーレポート】哀しみをいやす講演会/主催:日本グリーフ専門士協会
    【セミナーレポート】哀しみをいやす講演会/主催:日本グリーフ専門士協会
    2017年11月23日に国際ファッションセンターで日本グリーフ専門士協会主催の「哀しみをいやす講演会」が開催されました。 グリーフ(悲嘆)に寄り添う専門家5名によるスライドや映像を使った講演会、パネルディスカッションがメインコンテンツとして提供されました。 会場には、グリーフ(悲嘆)ケアを学んでいる方、興味がある方だけでなく、喪失の哀しみを抱えている方もいらっしゃいました。
    記事を見る
  • 【注意!】車椅子の事故・事例まとめ。事前に知っておけば予防にも!
    【注意!】車椅子の事故・事例まとめ。事前に知っておけば予防にも!
    足の不自由な人とって車椅子は非常に便利です。しかし、事故が起こることもあるので注意しなければなりません。車椅子の事故には、どのような事例があるのかを知っておくと良いでしょう。事前に知っておけば用心できるので、事故を回避しやすくなるからです。そこで今回は、車椅子に関して起こり得る事故について紹介します。
    記事を見る
  • 介護予防にも!フィットネスクラブの高齢者向けサービスまとめ
    介護予防にも!フィットネスクラブの高齢者向けサービスまとめ
    近年高齢者の健康志向が高まっており、その影響で高齢者によるフィットネスクラブの利用者は年々増加傾向にあります。またそういったニーズに応えるようにフィットネスプクラブ側も高齢者向けのさまざまなサービスを提供しはじめています。今回は高齢者向けのフィットネスクラブのサービスをご紹介いたします。
    記事を見る
  • 【後編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    【後編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    前回に続き「苦しむ人への援助」について、「一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会」理事、めぐみ在宅クリニック院長の小澤竹俊先生にお話を伺いました。 小澤先生は、援助者養成講座や執筆・講演活動等を通じて「スピリチュアルな苦しみに対する具体的援助」の普及に取り組んでおられます。 前編はこちら→@link{https://mamoria.jp/clip/20170621/end-of-life}
    記事を見る