null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

がん治療で注目の「緩和ケア」とは?

がんの緩和ケアをご存知でしょうか。緩和ケアとは、病気に伴う心と体の痛みを和らげるために行われる対処方で初期からケアを行うことにより治療に必要な体力と気力の低下を防ぐ効果があるとされています。今回は緩和ケアについてまとめました。

緩和ケアとは?どんな人が利用するもの?

「緩和ケア」とは、「病気に伴う心と体の痛みを和らげるために行われる対処によって、患者と家族の生活の質を改善するのこと」が定義になっています。日本では、主に治療の施しようのない末期のがん患者を対象に、苦しみを和らげる目的で行われるケアだとイメージする人が多いかもしれません。しかしながら、今や、がん緩和ケアは終末期に限りません。2007年の「がん対策推進基本計画」で、がん緩和ケアをがん治療の3大治療法「手術・化学療法・放射線治療」に加えていこうという流れができました。がんと診断されたら、治療の初期段階から患者は緩和ケアを利用でき、医療現場でもがん治療の柱にするべく、がん緩和ケアが推進されているのです。

緩和ケアが行われるメリットと効果

がんの治療と併用して緩和ケアが行われるメリットとして、身体的・精神的な苦しみを緩和することで心身の衰弱と生活の質の低下を防ぎ、治療に必要な体力を回復させることができるという点があります。また、がんを治療するチームと緩和ケアのチームが完治に向けて連携することで、抗がん剤の副作用に苦しんでいないかを早期に発見できたり、強い副作用が表れないように予防することもできるというメリットもあります。
このように、緩和ケアをがん治療の初期段階から行うことで、予後の改善も見られたという報告もあります。緩和ケアのチームには、医師や看護師、薬剤師をはじめ、ソーシャルワーカーや心理士、栄養士などの専門スタッフが集まっています。それぞれの担当分野での適切なアドバイスによって、がん患者が抱える不安を軽減する効果があります。

がん緩和ケアは初期から積極的に

がん緩和ケアは、がん治療と併用することで高い効果があることがお分かりいただけたでしょうか。ところが、がんの初期から緩和ケアを受けることができるということを知っている人は、4割弱にとどまっています。病気の痛みや治療の辛さは我慢して当然と思われがちですが、もはやそれらは適切ではなく、緩和することでより効果の高い治療になるのです。痛みや苦しみ、不安を和らげることができる緩和ケアを、がん治療の早い段階で取り入れることを考えてみることをおすすめします。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • みんなは一体どうしてる?仕事と介護の両立実態の調査まとめ
    みんなは一体どうしてる?仕事と介護の両立実態の調査まとめ
    仕事と介護の両立という事は、これから高齢者が増えていく日本では大きな課題となっていきます。しかしその実態は見えにくく、実際に自分がその立場に立たないとわからないことも多いものです。現在どのような状況にあるのか、実態をつかむことも大切です。また、企業でどのような支援体制があるかもチェックしてみましょう。
    記事を見る
  • かゆいところに手が届く!自治体による軽度生活支援事業
    かゆいところに手が届く!自治体による軽度生活支援事業
    軽度生活支援事業という言葉を知っていますか?この事業は、高齢者に対し日常生活の援助を行うことにより、自立した生活の継続、要介護状態への進行を防止することを目的として各自治体が行っています。今回は自治体による軽度生活支援事業の実施例をご紹介します。
    記事を見る
  • シンプルイズベスト!高齢者向け家電が今熱い!
    シンプルイズベスト!高齢者向け家電が今熱い!
    高齢者向け家電は、高齢者のニーズに合って使い勝手を追求し開発された商品です。遠方に住むご両親が高齢になり、生活面で何かと心配をしている方もいるのではないでしょうか。今回はご両親の家事をサポートしてくれる家電をご紹介します。
    記事を見る
  • 保険外の介護サービスも上手く使おう!行政サービス編
    保険外の介護サービスも上手く使おう!行政サービス編
    介護保険制度のサービスは1割負担(※)で受けることができますが、介護度によって利用できるサービスの範囲や回数が決まっており、万全ではありません。自己負担で様々なサービスを受けることができますが、行政が行っているサービスをまず確認してみましょう。利用料の補助が出ており、民間よりも安く利用できる場合があります。今回は行政が行っている保険外サービスの事例をご紹介します。 ※一部、所得によって2割負担となります。
    記事を見る
  • グループホームの特徴と選び方のポイント!
    グループホームの特徴と選び方のポイント!
    現在、日本は4人に1人がお年寄りといわれている、超高齢化社会に突入しています。そんな中、親御さんや親戚の将来を考え始めた人も多いのではないでしょうか。今は一人暮らしができていても、5年後、10年後を考えた時、どうしても介護が必要になってしまうでしょう。自宅に介護人を呼ぶ、デイサービスを受けるなどの方法もありますが、自立した生活が難しい場合は、介護施設を利用するのが一般的になっています。そんな中、従来の老人ホームとは一風変わった、グループホームという施設が注目されています。しかし、聞いたことはあっても、グループホームとは具体的にどのようなものなのか、何に注意をして選ぶべきなのか、わからない方も多いのでは?そこで今回は、グループホームの特徴とメリット、デメリットを紹介したうえで、選び方も紹介します。
    記事を見る