null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

認知症の方の介護に関わる方向け。ストレス解消に大事なポイント

介護はする側もされる側もストレスを抱えることが多いものですが、お互いストレスを抱えていると介護もスムーズにいかないものです。
介護をする側のストレスも意外に抱え込みやすいもの。
今回はご家族様向けにストレスを解消・発散する方法をご紹介します。

家族ストレスケアの重要性

認知症の方を介護するご家族のストレスケアは非常に重要です。
介護は長期間に渡るケースも多々あり、ストレスを抱え込むと介護者も辛くなってしまいます。
特にご家族が自宅で介護を行う在宅介護は、ストレスが多く掛かってしまいます。
「この状態がいつまで続くのか?」といった緊張・不安な状態が続く事が理由に挙げられます。
真面目で責任感の強い方は特に、自分を追い詰めてしまいます。
心身共に疲弊し、何もかもやる気が失せ、ストレスに押しつぶされそうになったとしても、決しておかしい事ではありません。
自分が弱いわけではなく、ごくごく普通のことです。
介護をする側の心身を含めた健康維持は非常に重要であると言えます。
介護される側にも気持ちよく介護を受けてもらうためにも、介護をする側は何に気をつければよいでしょうか?

自分一人で抱え込みすぎない

まず、基本の心構えですが、悩みや不安を自分一人で抱え込まないことが非常に重要です。
在宅介護の場合は24時間付きっきりのケースもあるかと思います。
親戚や家庭内での無理解や配慮の無さから、なんでこんなに頑張っているんだろう、辛い、理解されないなど、思ってしまうかもしれません。
自分一人で考え込んでいても、辛くなってしまうばかりです。
その際はとにかく外に悩みを吐き出す方法があります。

相談する

担当ケアマネージャー、地域包括支援センター、家族会などの介護者の集まり、相談窓口を使い、自分の悩み・不安を吐き出しましょう。
特に同じ悩みを持つ、家族の集まりなどは共感も深いかと思われます。
また、相談窓口のケアマネージャー、社会福祉士、保健師は高齢者介護にまつわる専門家です。自分の悩みを打ち明ければ、具体的な解決方法が見つかるかもしれません。

不安・悩みを書き出してみる

自分の悩み・不安など頭の中で考えている事を全て、ノートに書き出してみるのもいい方法です。
目の前に自分の悩みが可視化されるため、スッキリするだけではなく自分の置かれている状況が客観的に把握できます。

介護保険サービスを利用する

自分一人の時間が作れないために苦しんでいる方もいらっしゃるかもしれません。
その際は介護保険サービスを利用してみてはいかがでしょうか?
訪問介護に、デイサービス(通所介護),居宅管理療養指導など在宅で利用できるサービスも、多様化しています。
現在の状況に合わせた、サービスがあるかと思われます。
介護保険のサービスを利用するなら、まずはケアマネージャーに相談してみましょう。

ケアマネージャーの選び方
https://mamoria.jp/erabikata

リフレッシュ出来る趣味を持つ・身体を動かす

自分の時間が出来たら、何か趣味を持つ・身体を動かすといいかもしれません。
特にスポーツは身体だけではなく、心もほぐす効果があると言われています。
風邪を引いた際に、急に心細くなってしまった事はないでしょうか?
やはり、身体と心は繋がっているため、心が固まって来たら、身体からアプローチしてみるのもいいのではないでしょうか?

自分の心と身体の健康も大切

相手への気遣いは、自分の心の余裕から生まれます。
まずは自分の心が健康であることが大事ですから、自己管理を行いましょう。
かといって、管理しなくては!と無理なさらなくても大丈夫です。
介護では大変なことも多いですからストレスも溜まります。うまく気分転換したり、休息をとったりして自分の心がまず健やかであるよう留意します。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 高齢者の住み替え・賃貸住宅事情
    高齢者の住み替え・賃貸住宅事情
    高齢者になるにつれて住みやすい家の内容はどんどん変化していきます。家族がいたころは一軒家や部屋数の多い部屋が良かったが、独居や病気などの理由により、利便性が良く部屋数も少ない家に引越したいという要望も増えているようです。 今回は高齢者向け賃貸住宅事情についてまとめてみました。
    記事を見る
  • 認知症で時計が読めなくなった!対処法は?
    認知症で時計が読めなくなった!対処法は?
    アルツハイマー型認知症の症状の一つに失認や失行などの見当識障害があります。これは、例えば今日の日付が分からなくなってしまったり、アナログ式の時計が読めなくなるなどです。今回は認知症で時計が読めなくなった場合の対処法をまとめました。
    記事を見る
  • 既存のショートステイを利用したユニマットの新規事業
    既存のショートステイを利用したユニマットの新規事業
    今回は介護事業者大手のユニマットが新たに行う介護事業についてご紹介します。
    記事を見る
  • 【PR】「脳トレ×コミュニケーション」新しいカタチのもの忘れ対策とは?
    【PR】「脳トレ×コミュニケーション」新しいカタチのもの忘れ対策とは?
    日本では高齢化が進むとともに認知症患者数が増加しており、今後もますます増えていくと考えられています。厚生労働省の推計では、65 歳以上の方の認知症有病率は15%、約462 万人となっており、高齢者の7 人に1 人が認知症有病者と言えます。現代の医学には認知症を完治させる治療法や薬はまだないと言われています。したがって認知症予防が非常に重要です。本日は、もの忘れ対策に関するサービス『脳レク』を展開する株式会社エストコーポレーションの脳レク事業部担当者の水谷さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 寝たきり老人がいない?スウェーデンの介護事情
    寝たきり老人がいない?スウェーデンの介護事情
    福祉大国と呼ばれているスウェーデン。高福祉高負担と言われ、スウェーデンは税金が非常に高いが、良い福祉サービスが受けられるというイメージが強くあります。今回はスウェーデンの介護の実情についてまとめました。
    記事を見る