null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

改めて知っておきたい、入れ歯の役割

高齢になるにつれ、歯や口腔機能の老化も進行していきます。口腔機能を維持することは体全体の健康を維持するために軽視できません。今回は、高齢者の口腔機能の健康維持を助ける入れ歯についてまとめました。

高齢者にとっては重要なアイテム

高齢者にとって入れ歯はとても重要なものです。高齢になれば歯を失っていきますが、歯がないまま放置してしまうと健康を損なうことになります。入れ歯の機能と正しいお手入れ方法をぜひ知っておきましょう。

なぜ入れ歯は必要か

歯が無くなっていくのは自然のことではありますが、そのままにしておくと健康に悪影響が出ます。噛む力が弱くなると食べ物も制限されますし、脳への刺激も少なくなってしまいます。奥歯を噛みしめて踏ん張ることができないので、足腰の力も弱くなりふらついたり、転びやすくなる可能性も出てきます。

入れ歯の種類

入れ歯は、人工歯と義歯床からできており、部分入れ歯と総入れ歯があります。義歯床がレジンプラスチックでできているものが一般的で、ピンク色をしており厚みがあるのが特徴です。保険適用で作れます。この他、保険適用外にはなりますが、金属製やシリコン製もあります。

就寝時には外して保管

入れ歯は起きているときのみ装着し、寝る時は外してお手入れします。一日使用して顎も疲れていますし、夜は唾液の分泌が減るので口腔内に細菌が繁殖しやすくなります。ですから、夜は専用ケースに入れて保管しておきます。乾燥すると入れ歯は傷むので必ず専用ケースで保管することが大事です。

入れ歯の手入れ

入れ歯のお手入れは、まず義歯のブラッシングです。入れ歯の形状に合わせた入れ歯専用ブラシを使って汚れを落としていきます。歯磨き粉は傷がついてしまうので使いません。使う場合は専用歯磨き粉にします。そして必ず流水の下で汚れを洗い流しながら磨きます。入れ歯にはデンチャープラークというヌルヌルした細菌のかたまりが付着しますので、これを取り除くのがブラッシングの目的です。義歯床を持って歯を磨きますが、入れ歯は滑りやすいので洗面所に落として損傷しないよう、洗面器などを置いて磨くことがポイントです。次に、義歯洗浄剤を溶かした専用容器に入れて保管します。朝装着するときも、流水下でブラッシングして義歯洗浄剤をしっかり落としてから装着します。

上手に入れ歯を使いましょう

入れ歯は高齢者が豊かな食生活を楽しむのに必要ですし、健康にも影響を与えます。上手にお手入れをして使っていきましょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    1950年代以降、病院や介護施設等、自宅外で死を迎える割合は増加し続け、厚生労働省が発行した『平成29年 我が国の人口動態』では、2015年の自宅外死亡の割合は87.3%を占めています。 近年、感染・腐敗防止(エンバーミング※1)と、個人の葬送・遺族ケア、2つの目的を持つ、「エンゼル・ケア(※2)」が、遺族ケアの第一歩として注目され始めています。 今回は家族の最後の大切な時間を共に作る死化粧師として活動するキュア・エッセンス代表の宿原(じゅくはら)寿美子さんにお話を伺いました。 宿原さんは、法医学の復元方法を学び、死化粧師の後進育成、専門学校や医療・介護施設でのエンゼル・ケア講座も多数開催しています。 ※1:エンバーミング:薬品などを用いて防腐・保存のための処置を施すこと。特に遺体に対していう(三省堂大辞林) ※2:エンゼル・ケア:死亡した患者に看護師らが、遺族とともに、死者の旅立ちの準備を施すエンゼル・メイクなどの死後処置(『用例でわかるカタカナ新語辞典』出版/株式会社学研教育出版)
    記事を見る
  • 【後編】30万部越ベストセラー『おかげさまで生きる』矢作直樹氏
    【後編】30万部越ベストセラー『おかげさまで生きる』矢作直樹氏
    「死を心配する必要はない」30万部を超えるベストセラー『おかげさまで生きる』の冒頭でそう語る矢作直樹・東京大学名誉教授。 2017年3月末まで東京大学医学部附属病院救急部・集中治療部部長を務め、生と死の境界線で命と向き合い続け、確信した“魂”の存在。 現在は執筆・講演活動、“日本のこころ”を取り戻すために「我が国のこころ塾」を主宰し、“いかに生きるか”を考える機会や日本の歴史・文化・伝統を学ぶ場を提供しておられます。 後編では、与えられた目の前の仕事に没頭し続けることを日々大切にする矢作名誉教授に『おかげさまで生きる』について、お話を伺いました。 前編はコチラ→『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方-矢作直樹氏インタビュー @link{https://mamoria.jp/clip/20170818/live}
    記事を見る
  • 【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    かつては身近な生活の一部であったお寺や神社。近年の統計ではお墓参り、初詣、法事のみの関わりになっている方が増加傾向にある一方で、若い世代でも座禅や写経、法話に関心を示す人々も増えてきました。信仰や宗派を超えて、人々のこころの平穏のためにお釈迦さまの教えを知ってもらおうと、様々な活動を展開する神社・仏閣も多く見受けられるようになってきました。 今回は、多くの人に仏教の癒しを届けることを目指して、伝統仏教声楽「聲明(しょうみょう)」を現代音楽とコラボレーションさせた「現代仏教音楽」を各所で演奏している、高野山真言宗南山進流の龍源山功徳院(くどくいん)住職であり、一般社団法人 現代仏教音楽研究会 代表理事の松島龍戒さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【信州・北陸】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【信州・北陸】車椅子で行けるお花見スポット3選
    信越・北陸方面にお住まいの高齢者の方で、お花見をしたいと思っても車椅子で行けるところはない、とあきらめている人はいませんか。調べてみると、バリアフリー対応の花見ができる公園を見つけることができます。今回は信越・北陸地方の車椅子でも快適に花見ができるスポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 正しい使い方を!介護ベッドまわりの事故事例まとめ
    正しい使い方を!介護ベッドまわりの事故事例まとめ
    在宅介護の増加に伴い、家庭での電動式介護ベッドの利用が多くなっています。しかし、誤った使い方による重大な事故が発生しています。今回は介護ベッドの事故事例をまとめました。
    記事を見る