null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

改めて知っておきたい、入れ歯の役割

高齢になるにつれ、歯や口腔機能の老化も進行していきます。口腔機能を維持することは体全体の健康を維持するために軽視できません。今回は、高齢者の口腔機能の健康維持を助ける入れ歯についてまとめました。

高齢者にとっては重要なアイテム

高齢者にとって入れ歯はとても重要なものです。高齢になれば歯を失っていきますが、歯がないまま放置してしまうと健康を損なうことになります。入れ歯の機能と正しいお手入れ方法をぜひ知っておきましょう。

なぜ入れ歯は必要か

歯が無くなっていくのは自然のことではありますが、そのままにしておくと健康に悪影響が出ます。噛む力が弱くなると食べ物も制限されますし、脳への刺激も少なくなってしまいます。奥歯を噛みしめて踏ん張ることができないので、足腰の力も弱くなりふらついたり、転びやすくなる可能性も出てきます。

入れ歯の種類

入れ歯は、人工歯と義歯床からできており、部分入れ歯と総入れ歯があります。義歯床がレジンプラスチックでできているものが一般的で、ピンク色をしており厚みがあるのが特徴です。保険適用で作れます。この他、保険適用外にはなりますが、金属製やシリコン製もあります。

就寝時には外して保管

入れ歯は起きているときのみ装着し、寝る時は外してお手入れします。一日使用して顎も疲れていますし、夜は唾液の分泌が減るので口腔内に細菌が繁殖しやすくなります。ですから、夜は専用ケースに入れて保管しておきます。乾燥すると入れ歯は傷むので必ず専用ケースで保管することが大事です。

入れ歯の手入れ

入れ歯のお手入れは、まず義歯のブラッシングです。入れ歯の形状に合わせた入れ歯専用ブラシを使って汚れを落としていきます。歯磨き粉は傷がついてしまうので使いません。使う場合は専用歯磨き粉にします。そして必ず流水の下で汚れを洗い流しながら磨きます。入れ歯にはデンチャープラークというヌルヌルした細菌のかたまりが付着しますので、これを取り除くのがブラッシングの目的です。義歯床を持って歯を磨きますが、入れ歯は滑りやすいので洗面所に落として損傷しないよう、洗面器などを置いて磨くことがポイントです。次に、義歯洗浄剤を溶かした専用容器に入れて保管します。朝装着するときも、流水下でブラッシングして義歯洗浄剤をしっかり落としてから装着します。

上手に入れ歯を使いましょう

入れ歯は高齢者が豊かな食生活を楽しむのに必要ですし、健康にも影響を与えます。上手にお手入れをして使っていきましょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 男性介護者が追い詰められないために!相談先まとめ
    男性介護者が追い詰められないために!相談先まとめ
    女性が多いと思われがちな介護ですが、介護者のうち約3分の1は男性だということが分かっています。そして男性介護者による介護殺人、無理心中なども多く報告されるようになっています。なぜ男性は、このような事件を起こしやすいのでしょうか。今回は男性介護者をめぐる現状と、相談先を紹介します。
    記事を見る
  • 音楽に学習療法、認知症治療に効果的な方法は?
    音楽に学習療法、認知症治療に効果的な方法は?
    認知症にかかると治療が難しいといわれることがあります。しかし、実際にそうなのでしょうか。認知症になる予防も大切ですが、認知症を発症したとしても現代医学の進歩により様々な治療法があります。そのため、予防の知識を得るとともに、認知症を発症した場合の治療法も知っておくことが大切です。
    記事を見る
  • コンビニによる高齢者向サポート最新事情
    コンビニによる高齢者向サポート最新事情
    コンビニの利用者と言えば、若者を思い浮かべる人が多いと思いますが、実は若者より高齢者の利用率のほうが年々高くなってきています。各社配食サービスや高齢者向けのお惣菜を揃えるなどのサービスを行っており、高齢者にとってコンビニはさらに利用しやすいスポットとなっています。今回はコンビニが行っている高齢者向けサービスの最新情報をまとめました。
    記事を見る
  • かゆいところに手が届く!自治体による軽度生活支援事業
    かゆいところに手が届く!自治体による軽度生活支援事業
    軽度生活支援事業という言葉を知っていますか?この事業は、高齢者に対し日常生活の援助を行うことにより、自立した生活の継続、要介護状態への進行を防止することを目的として各自治体が行っています。今回は自治体による軽度生活支援事業の実施例をご紹介します。
    記事を見る
  • その薬は本当に必要?医師が提唱する「薬のやめどき」
    その薬は本当に必要?医師が提唱する「薬のやめどき」
    医療の専門分科が進む中、多剤投与の危険性への関心が高まっています。 『高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015』(日本老年医学会)では、薬物有害事象が増加する要因として、多剤併用、併科受診が挙げられています。 今回は「365日無休の外来診療と24時間体制」の在宅医療に取り組み、2016年には地域の介護職員のレベルアップを目的に「国立かいご学院」を開設、近著『痛くない死に方』、『薬のやめどき』を始め、多くの著書を世に送り出し続ける長尾クリニック院長、長尾和宏先生にお話を伺いました。
    記事を見る